スマートフォン用の表示で見る

由比町

地理

由比町

ゆいちょう

静岡県庵原郡由比町は、静岡県中央部にかつて存在した地方自治体

2008年11月1日に静岡市に編入され、町域は現在の静岡市清水区にあたる。

面積は23.03km²、人口は9,085人*1

江戸時代には東海道宿場町として栄えたところである。安藤広重浮世絵東海道五十三次」にその絶景ぶりが描かれている。駿河湾で獲れるサクラエビはこの町の名産である。

沿革

1889年10月1日、町村制施行に伴い、庵原郡由比宿・北田村・町屋原村・今宿村・寺尾村・東倉沢村・西倉沢村・東山寺村・阿僧村・入山村・西山寺村が合併して、由比町が発足。

2008年11月1日、静岡市に編入され、町域すべてが清水区の一部となる。

*1:2008年10月1日当時