スマートフォン用の表示で見る

預金保険機構

社会

預金保険機構

よきんほけんきこう

英名:Deposit Insurance Corporation of Japan

略称DIC

昭和46年1971年)7月、預金保険制度の運用主体として、政府日本銀行及び民間金融機関の出資により設立される。

(現在の資本金は54億5,500万円)

業務

  1. 預金者保護等のセーフティネット
    預金保険制度の運用とりわけ金融機関の破綻処理に伴う資金援助及び保険金支払等の業務
  2. 金融整理管財人等としての破綻金融機関の管理・処分等の業務
  3. 機構の子会社である整理回収機構RCC)に委託等した旧住専及び破綻金融機関からの承継にかかる不良債権の整理・回収等の指導・支援業務並びに元経営者等に対する民・刑事両面にわたる責任追及業務
  4. 健全銀行等を対象とした資本増強及び不良債権買取り・処分業務

さらに詳しくは

預金保険機構の主な出資子会社

平成11年(1999年)4月
株式会社 整理回収機構RCC設立(出資比率100%)
平成14年(2002年)3月
株式会社 日本承継銀行設立、破綻した石川銀行および中部銀行の受け皿となり、処理後の平成16年(2004年)3月に 清算法人へ移行
平成15年(2003年)4月16日
株式会社 産業再生機構 設立(出資比率98.5%)平成19年(2007年)3月15日 業務を完了し解散
平成16年(2004年)3月1日
株式会社 第二日本承継銀行 設立(出資比率100%)

組織:

平成21年度(2009年)
7部2室 体制
職員定員は 361名

職員は、司法行政の各省庁、日本銀行金融界、不動産業界、公認会計士など多種多様な分野から参集


リスト::銀行

目次