容保桜

動植物

容保桜

かたもりざくら

ヤマザクラオオシマザクラの両方の性質を持つ桜。

京都市上京区京都府庁旧本館で発見され、現在府庁がある場所に幕末期に屋敷を構えていた京都守護職松平容保(まつだいらかたもり)にちなんで命名された。

命名は造園家の佐野藤右衛門さん。


通常のヤマザクラよりも大輪の花をつける。