スマートフォン用の表示で見る

陽電子

サイエンス

陽電子

ようでんし

反粒子の一。ポジトロン

電子の反粒子版。たまに正電子とか反電子とも呼ばれる。

1928年に、電子の相対論量子力学を構築していたディラックによって、「負エネルギー電子の海*1の欠損」として存在が予言された。

その後、1932年に宇宙線を観測していたアメリカのカール・アンダーソンが発見した(これによりアンダーソンは1936年ノーベル物理学賞を受賞)。



リスト::物理関連