スマートフォン用の表示で見る

立体機動装置

マンガ

立体機動装置

りったいきどうそうち

諫山創の漫画「進撃の巨人」に登場する、人類が巨人に対抗するべく開発された、兵士が装備する移動装置。

作中ではアンヘル・アールトネンが開発したとされる。ワイヤーを射出して壁や巨人の身体にフックを打ち込み、立体機動装置が噴出するガスでワイヤーを巻き取ることで、巨人との戦闘に必要となる「立体機動」を実現する。巨人の弱点であるうなじを削ぐための「超硬質ブレード」と組み合わせて使用することで、巨人に対抗する。

「立体起動装置」「立体軌道装置」などの表記は誤りなので注意。