立地論

地理

立地論

りっちろん

19世紀中葉から生じた地理学の一ジャンル。

古典的な立地論としては

農業立地論・・チューネン、ダン、アロンゾ

工業立地論・・ウェーバー、フーヴァー、グリーンハット

中心地理論・・クリスタラー、レッシュ、ベリー、ギャリソン

「空間独占の理論」・・ホテリング、チェンバレン

貿易論・・オリーン

などの研究が知られる。

現代においては例えばコンビニエンスストアやチェーン店の配置などで立地論が用いられる。