略式手続

一般

略式手続

りゃくしきてつづき

簡易裁判所において、50万円以下の罰金又は科料が相当とされる事件について、公判を開かずに書面審理のみによって裁判を行う手続(刑事訴訟法461条以下参照)。