スマートフォン用の表示で見る

林房雄

読書

林房雄

はやしふさお

(1903-1975) 小説家大分県生まれ。本名、後藤寿夫。東大中退。マルクス主義から出発したが、日本への回帰の形で天皇制護持の超国家主義に転向。小説「都会双曲線」「青年」、評論「大東亜戦争肯定論」など。

三省堂提供「大辞林 第二版」より