BSデジタル放送

テレビ

BSデジタル放送

びーえすでじたるほうそう

2000年より行われているBS放送の方式。BSD

ハイビジョンデータ放送、そして全国で受信可能なのが売り。

2005年8月、受信可能世帯1000万件を超えた。

放送開始以降に周波数再編が何度か行われており、ラジオ放送データ放送専門チャンネルが終了したり、周波数が変更になったり、画質の低下が発生したりしている。

テレビ

4K/8K放送(新4K8K衛星放送)は除く

他、J SPORTS等の有料チャンネルがある。

ラジオ(2006年11月を以てすべて終了)

かつてはラジオも放送されていた。単なるラジオだけではなく、静止画や文字放送での案内や収録風景が数秒ごとに切り替わる放送もあった。

  • WINJ (2006年11月を以て終了)
  • BSラジオNIKKEI (2006年3月を以て終了)
  • LFX488 (2006年3月を以て終了)
  • BSQR 489 (2006年3月を以て終了)
  • JFN BS (2005年11月を以て終了)
  • BS日テレ(2005年9月を以て終了)
  • BS朝日(2005年9月を以て終了)
  • BS-i(2005年9月を以て終了)
  • BSジャパン(2005年9月を以て終了)
  • WOWOW wave(2005年9月を以て終了)
  • BS BIRD(2004年11月を以て終了)

データ

テレビ放送を囲むような形態の放送が中心だが、以前はゲームや双方向機能を利用したイントロクイズなど、データのみの放送も行われていた。