スマートフォン用の表示で見る

Celeron D

コンピュータ

Celeron D

せれろんでぃー

Intelが2004年にバリュー向けにリリースしたCPU

コアはPentium4と同じPrescottコアで,コードネームPrescott-V.

Pentium4Prescottと比べて,2次キャッシュが少ない,ハイパースレッディングテクノロジーがオフになっているなど,機能が制限されている.

FSBは533MHzで,2次キャッシュは256kバイト.

CPUのピンはmPGA478(Socket478)とLGA775

E0ステッピング以降のCeleron Dは,LGA775パッケージで提供されており,プロセッサーナンバーの後ろにJがつく.

このJがついたCeleron DWindowsXP SP2のDEP機能に対応している.


シリーズ下位のCeleron D 320(2.40GHz)は,通常FSB533MHz*4.5=2.40GHzで動作しているが,ロットによってはFSB800MHz*4.5=3.60GHzで動作させることが可能で,一部のオーバークロッカー達からMendocinoコアの再来と騒がれている.


2005年6月には,Intel EM64T対応のCeleron Dがリリースされた.

これによりx86-64環境の導入が可能となった.

それに伴いプロセッサナンバーも1を足したものに変更された.(例えば340→341など)

ただし対応しているのはLGA775版のパッケージと,i915/925/945/955チップセットを搭載したマザーボード環境だけである.


なお,CeleronシリーズはCeleron D/Celeron Mからプロセッサナンバーが導入されており,性能の指標がクロック周波数ではなく,客観的な基準から判断できる数字へと変わった.


ラインナップ

/Jは,LGA775版のCeleron Dを意味します.

また,プロセッサナンバーの1桁目が1,もしくは6となっているものはEM64Tに対応したLGA775版です.