Digital Visual Interface

コンピュータ

Digital Visual Interface

でじたるびじゅあるいんたーふぇいす

パソコンと、ディスプレイ(表示装置)を接続する規格。

略称:DVI

端子を使って受け渡される信号には、アナログ信号・デジタル信号の2種類があり、それぞれ一般的に「DVI-I」「DVI-D」「DVI-A」と呼ばれる事がある。

DVI-A(アナログ)」はVGAコネクタ(アナログRGB信号)と互換性があり、変換コネクタを使う事により相互に変換が可能である。

同様に「DVI-D」は、「DFP」「HDMI」と一部互換性があり、やはり変換コネクタを付ける事により、接続できる場合がある。

ちなみに「DVI-I」は「DVI-D」と「DVI-A」の両方が含まれている。

デジタル・アナログで利用されるケーブル・コネクタは、それぞれ端子に一部違いが有り、対応してないタイプの機器には接続出来ないようになっているが、アナログ・デジタルどちらでも使用できるビデオカード等の機器やケーブルもある。