スマートフォン用の表示で見る

Dirty Projectors

音楽

Dirty Projectors

だーてぃーぷろじぇくたーず

デイヴ・ロングストレス(Dave Longstreth)をリーダーとしてブルックリンを活動拠点とするアメリカ合衆国のバンド。

イェール大学で音楽を学んだデイヴ・ロングストレスのソロ・プロジェクトとして2002年に活動を開始した。不定形バンドとして活動しており、現在はデイブを含めた6人編成である。

2007年に発表した「Rise Above」がアメリカではDead Oceansから、イギリスではラフ・トレードからリリースされ、ダーティ・プロジェクターズの名は世界中に広まることとなる。その後ビョークの目に止まり、デイブが書き下ろした楽曲をビョークとライブで共演するなど話題となった。2008年4月、Domino Recordsと契約を結び、2009年6月に『ビッテ・オルカ』をリリースした。同年、AIDS撲滅のために音楽を通じて貢献しようと始まった、Red Hot Compilationシリーズの20周年記念アルバム『Dark Was the Night』に参加、デヴィッド・バーンと共作している。

2010年3月に初来日。さらに同年のフジロックフェスティバルに出演した。また、ビョークと共作した『Mount Wittenberg Orca』をダウンロードのみでリリースする。

メンバー

Dave Longstreth (G/Vo)

Nat Baldwin (B)

Amber Coffman (G/Vo)

Angel Deradoorian (Kb/B/Vo/Samples)

Haley Dekle (Vo)

Brian Mcomber (Dr)