FMノースウェーブ

音楽

FMノースウェーブ

えふえむのーすうぇーぶ

株式会社エフエム・ノースウェーブ

1993年に開局した北海道で2番目の民放FM局。JFL系。

コミュニケーションネームはNorth Waveノースウェーブ)。地元ではノースと呼ばれる。

「ビートトラック」(2006年3月まで「グルーブバス」)と呼ばれる中継車を札幌市内、場合によっては道内各都市に走らせている。

また、福岡CROSS FMとの番組共同制作も行っている。

ビーイング時代の大黒摩季やデビュー当時の宇多田ヒカルがDJをしていたラジオ局でもあり、2003年には韓国ラジオ局と提携を結び、韓流K-POPブームを先取りした。2006年4月現在、倖田來未が唯一レギュラー番組を持っている。

親会社の地崎グループが再建中で経営難に陥っていることから、新千歳空港の管理会社が筆頭株主となった。現在は、電通出身者を社長に迎え、再建中。

2005年4月には函館市にサテライトスタジオがオープンした。7月10日にはAIR-G’と合同で「FM.W?'05」を開催。2006年、2007年も開催された。

先発のAIR-G’同様、宗谷支庁網走支庁などには中継局がなく、ラジオによる直接聴取が難しい地域が残っているが、2015年radikoに参加したことでスマートフォンなどインターネット接続環境が整えば聴取可能になった。

なお、radikoプレミアムや衛星デジタルラジオSOUND PLANETに加入すればこれらの地域のみならず全国で聴取できる。

基幹送信所

札幌市西区平和439(手稲山

中継局

77.2MHz
札幌大通(テレビ塔)
79.4MHz
函館函館山
79.5MHz
小樽手宮公園)
79.8MHz
旭川
80.7MHz
釧路
82.1MHz
帯広十勝川温泉

開局