スマートフォン用の表示で見る

J・G・バラード

読書

J・G・バラード

じぇいじーばらーど

James Graham Ballard、1930年11月18日〜2009年4月19日。中国上海生まれのイギリス小説家SF作家


経歴

少年時代を上海で過ごすが、第二次世界大戦開戦後、一家は日本軍捕虜収容所に収容された。(このときの体験は後に小説『太陽の帝国』としてまとめられることとなる。)1946年、家族はイギリス帰還。

終戦後、ケンブリッジ大学医学を学ぶ。1956年、『サイエンス・ファンタジー』誌から短編『プリマベラドンナ』でデビュー。

60年代には『ニューワールズ』誌を中心に「思弁小説(スペキュラティブ・フィクション)」と呼ばれる新しいSFの形式を呼びかけ、自らも多く発表した。ニュー・ウェーブSFの中心人物のひとりである。


作品リスト

中・長編小説

『沈んだ世界』 The Drowned World

『狂風世界』 The Wind from Nowhere

『燃える世界』 The Burning World

『結晶世界』 The Crystal World:1970年第1回星雲賞海外長編賞受賞

コンクリートの島』 Concrete Island

『ハイ・ライズ』 High-rise

夢幻会社』 The Unlimited Dream Company:1980年イギリスSF協会賞受賞

22世紀コロンブス』 Hello America

太陽の帝国』 Empire of the Sun

『奇跡の大河』 The Day of Creation

『殺す』 Running Wild

『女たちのやさしさ』 The Kindness of Women

『楽園への疾走』Rushing To Paradise

コカイン・ナイト』 Cocaine Nights

『スーパー・カンヌ』Super-Cannes

Millenium People (2003)

Kingdom Come (2006)

短編集

『時間の墓標』Terminal Beach

『時の声』The Voices of Time And Other Stories

『時間都市』Billenium

『永遠へのパスポート』 Passport to Eternity

『溺れた巨人』 The Impossible Man

『残虐行為展覧会』 The Atrocity Exhibition

ヴァーミリオン・サンズVermillion Sands

『死亡した宇宙飛行士』 Low-flying Aircraft And Other Stories

『ザ・ベスト・オブ・J・G・バラード』 The Best of J. G. Ballard

『ウォー・フィーバー』(『第三次世界大戦秘史』)War Fever

書評、エッセイ集

J・G・バラード千年王国ユーザーズガイド』A User's Guide to the Millennium