スマートフォン用の表示で見る

KIROBO

国際宇宙ステーションに滞在するヒト型コミュニケーションロボット。宇宙用ロボット

電通東京大学先端科学技術研究センター、ロボ・ガレージで構成された「KIBO ROBOT PROJECT」によって制作。

国際宇宙ステーション「きぼう」の日本実験棟において、宇宙飛行士と自律動作および遠隔操作によるコミュニケーションを行ったり、地上に向けて情報発信したりする。

地上に滞在する「MIRATA」というロボットとペアである。デザインはロボットクリエイター高橋智隆氏。

名称は公式サイトにおいて、応募総数2452件(延べ1226人)のなかから決定された。

スペック

サイズ身長約34cm
全幅約18cm
奥行き約15cm
重さ約1000g
主な機能音声認識
自然言語処理
音声(発話)合成
情報通信機能
コミュニケーション動作
顔認識カメラ
記録用カメラ