スマートフォン用の表示で見る

QTE

ゲーム

QTE

きゅーてぃーいー

シェンムー」などのゲームで採用されているゲームシステム。Quick Time Event(クイック・タイム・イベント)の略。

イベントシーン(カットシーン)において、画面に表示される指示(アイコン)にあわせて一定時間内にコマンド入力するだけで、プレイヤーキャラクターが華麗なアクションを繰り出し、シーンが進行していくというもの。従来のイベントシーンはプレイヤーが見ているだけの退屈なものだったが、QTEは簡単な操作でプレイヤーをイベントシーンに介入させることによって、ゲームへの没入感や爽快感を高めるという効果を狙っているが、最近ではQTEが多用されることで逆にゲームへの没入感を下げてしまったり、作業感が増して単調になる、失敗すると即ゲームオーバーになることがあり何度も同じシーンを見る羽目になってしまう、などと批判の的にされやすい。

1999年に発売された「シェンムー」でQTEという用語が確立され、世間に認知されるようになった。その後も「龍が如く」シリーズや「バイオハザード」シリーズ*1など多くのゲームに、QTEまたはそれに類似したシステムが採用されている。

*1:「バイオハザード4」以降