S線上のテナ

マンガ

S線上のテナ

えすせんじょうのてな

岬下部せすなの漫画。

まんがタイムきららフォワード芳文社)に連載されていた。単行本全9巻。

ストーリー

事故がきっかけで、命あるものはすべて有するという「命の譜面」が奏でる調べを聞き取る事が出来るようになった響恭介。

ある日彼の前に現れたのは、生命の調和を乱す悪質な音符を追っているという「調律師」テナ。

恭介の持つ特異な音符に注目したテナは、恭介を所有物にする事を一方的に宣言するが―!?

性格はいいが貧乏な「恭介」と、名家の出のものが権力を持つ中、スカウト組として一般人の中から引き抜かれた天才「テナ」そこに、「アルン」「メゾン」「ソプラ」といった個性豊かな調律師も加わり、一体どのような調べを奏でていくのだろうか。恭介の運命は、そして、調律師総本部が目論む真の計画とはなんなのか。今、テナたちの演奏(物語)がはじまる。