スマートフォン用の表示で見る

Seasar2

コンピュータ

Seasar2

しーさーつー

Seasarは、V2からDIContainer with AOP(S2Container)になりました。トランザクションの自動制御、トランザクションと連動したコネクションプーリングをPOJO(普通のJavaのクラス)から簡単に利用できます。もう重厚なアプリケーションサーバは必要ありません。TomcatJettyのようなServletコンテナ上でS2Containerをさくっと動かせばよいのです。S2のテーマは次の2つです。

J2EEの解体と再構築

・易しさと優しさ

トランザクション管理やコネクションプーリングといった機能は、これまで(ほとんどの場合)アプリケーションサーバ内でしか使えませんでした。そのため、テストをするのも一苦労でした。Inコンテナアプローチのテストも結構めんどくさいものです。S2では、トランザクション管理やコネクションプーリングといった機能を通常のコンポーネントとして提供します。アプリケーションサーバなしで利用できるのです。J2EEの複雑さを取り除き、おいしいところだけを利用できるようになってます。

(ドキュメントより抜粋)



Seasar projectのはてなグループができました。

http://seasarproject.g.hatena.ne.jp/