スマートフォン用の表示で見る

UPC

一般

UPC

ゆーぴーしー

バーコードの規格の一種。

1970年米国フードチェーン協会が食品の統一商品コードとして作ったUPGIPを元にして、1973年アメリカカナダを対象として制定された統一商品コードの草分け。

AバージョンはNS1桁、メーカーコード5桁、アイテムコード5桁、チェックデジット1桁の合計12桁で構成されている。

アメリカカナダでは12桁のこのUPCを基本にしたシステムが普及しているので、現在13桁のEANシンボルが使えないため、両国への輸出商品にはUPCのメーカーコードを取得して、UPCシンボルを表示しなければならないが、2005年を目処にUPCとEANの互換性の実現が図られている。

って、もう2006年だよ。どうなってんだよ!←EANコードGTINコードにすれば、UPCメーカーコードを取得しなくても米国に輸出できるっぽい。