スマートフォン用の表示で見る

XML-RPC

コンピュータ

XML-RPC

えっくすえむえるあーるぴーしー

インターネット上でリモートプロシージャコールを実行するためのプロトコルSOAPの基となった仕様。

クライアントXML形式のテキストで記述された型付の引数サーバアプリケーションに渡し、サーバが返り値を同じくXML形式のテキストで返すという動作をする。

シンプルな仕様である XML-RPC ではトランザクションや認証といった高度なプロトコルの実現は難しかったため、当初その拡張として考案されたのが SOAP である。

しかし拡張性の高い SOAP に対して XML-RPC は仕様がシンプルで扱いやすいという理由から、現在も多くの場面で利用され続けている。