スマートフォン用の表示で見る

keepalived

コンピュータ

keepalived

きーぷあらいぶでぃー

LVS と組み合わせて使う、ロードバランサの冗長性確保用デーモン

keepalived は二つの役割を果たす。

  1. LVS でロードバランスしているリアルサーバーヘルスチェック
  2. VRRP を用いた LVS 自身の冗長化

ロードバランサの冗長化というと、そのロードバランサがパケットを振り分ける相手、つまりバックエンドのサーバ群が落ちたときにどうするかということと、ロードバランサそのものが故障したらどうするかという2点について考えなければならないが、keepalived はその両方ともを解決する。

また、keepalivedLVSAPI を用いて LVS の設定を行うようになっている。keepalived.conf を編集して keepavlied を立ち上げると、LVS のエントリが自動で設定される。keepalivedLVS のフロントエンドとしての役割も果たすということ。