健康家族

2015-11-25 「野菜生活100」から「「GREENS(グリーンズ)」へ、でもちょっと

カゴメの「野菜生活100」が伸び悩んでいるのだとか。

まぁ、言い方はアレですけど、野菜ジュースって、イメージ戦略で勝ってきた商品ですよね。

それが、昨今のネット記事等の暴露によって、陰りが出てきたということでしょう。

実際にこの商品がどうなのかについては、直接調べたわけではないので、何とも言えません。

ただ、これまでの「野菜ジュース=健康的」というイメージが強かったために、「糖質が多いなどの理由から、必ずしも健康的ではない」という逆のイメージに振れてしまったというのが実際のところでしょう。

ただ、記事によると、原価率が高いので、他の水や水に近い清涼飲料水のように、広告費をたくさんかけるということができないのだそうです。

しかし、これは実質によって評価される土壌があるというようにも言えるわけで。

そうなると、本当の意味で体に良い、健康に寄与する度合いの高いものを、どうやって押し出していくかということになるのではないでしょうか。

フレーバーが20種類以上もあるそうですが、そこじゃない気がかなりしますね。

力を入れるところが、どうにもおかしい。

で、生鮮飲料「GREENS(グリーンズ)」という新ブランドを立ち上げたのだそうです。

最近テレビを見ていないせいか、全然、知りませんでした。

フレッシュ感を押し出しているそうですが、やっぱり、そこもちょっと違う気がしますね。

「若手のバイタリティーがカゴメを変える」という思いを語っていますが、これまた微妙な気が。

個人的には、健康イメージでも、フレッシュ感でもなく、しかも、トクホだからというのでもなく、納得できるようなカタチで健康に寄与するということを示して欲しいと思います。

じゃないと、飲まない。

2012-06-27 メラニンとL-システインの効果・効能

メラニンってなんだべな。

シミの原因ってのは確かだよね。

じつはメラニンには、2種類ある。らしい。

薄いのと濃いの。

それぞれ、フェオメラニンとユウメラニンという。

別名もついてて、黄色メラニンと真性メラニンともいう。

メラニン生成の過程は次のとおり。

チロシン(アミノ酸)⇒ドーパ⇒ドーパキノン⇒真性メラニン

一回目と二回目の変化のときに、チロシナーゼという酵素が働く。

ドーパキノンは、勝手に申請メラニンになるけど、

システインというのがあったら、くっつく。

くっついて、淡色のメラニンになる。

単色メラニンは、シミの原因にはならない。

L-システイン配合の化粧品は、新生メラニンを生成させないために、

配合されている

つまり、黄色メラニンにしちまおうということを狙ってるワケだ。

2010-03-27 豊胸ブラと体操

女なら大きな胸にきっと憧れる方も、実際、いるでしょう。

男も、胸が大きな女を求めているような人もいるでしょう。

ですが、豊胸は何も本物の乳房だけが、実際、勝負ではありません。

現在は機能的な感じのブラも販売されていて、それを身に付けるだけできちんと胸が大きく見える感じのブラもあります。

パットがかなり厚めに入っていて形そのようなものを作ってくれる感じのブラもあります。

豊胸の筋トレやマッサージに力を入れているような女もいらっしゃれば、あるいは、こうして乳房は関係性なしに、外見だけ良ければいいと思っている感じの女もいます。

ですから、こうした豊胸ブラが売れる訳です。

確かに自らを、実際、よく見せようとして、パットの厚いようなブラを使う感じのこともよいと思われます。

ですが、これは本当に外見だけかなり良くなって、実際に裸になったとき、さほどの落差に自らでもがっかりするだろうと思います。

反対にブラに関しては頼らず、豊胸のために体操をする女もいらっしゃるでしょうが、身体を鍛えるというようなことは基本的によいようなことです。

新陳代謝が良くなり、加齢が要因で衰えてしまう筋肉に関しても、それを鍛えれば、まだまだ若いような人に関しては負けません。

ですから、豊胸のために体操やトレーニングをしても、それは結果、身体によいというようなことになっているんですから、やったほうがよいというようなことになります。

購入したブラで胸の大きさ、形をごまかすことより、体操で豊胸するというようなことは、意義があると、実際、私は思います。

2010-02-12 癌の確定診断

癌の確定診断はhistologic生検試料の検査を必須とするのです、悪性の初期のしるしが徴候的であるかX線写真の印象異常であると思いますが。 殆どの癌を治療される感じのことができるでしょう、また、特定の種類、位置、及びステージに頼っていて、或るというようなものは改善しました。 いったん診断されると、普通、癌は外科、化学療法、及び放射線療法の組み合わせで治療されます。 研究が展開するようなとき、処理は異なったバラエティーの癌に関しては、より特定になっています。 ある腫瘍で特に検出可能な分子的異常性に影響して、標準電池への損害を最小にする標的療法ドラッグの開発における重要な進歩がありました。 癌患者の予後は癌のタイプによって最も影響を及ぼされます、ステージ、もしくは疾患の程度とだいたい同じように。 そして、更に、特定の分子マーカーの組織学的グレーディングと存在も予後を確立して、個々の処理を決定するような際に役に立つケースがあります。

2009-08-21 日本穀類協会

日本国内で穀類を普及し、実際、食育や健康増進を目的として、啓発活動やあるいは、資格制度を運営している感じのものが日本穀類協会です。

平成16年に実際に設立された感じの団体です。

一時期かなり廃れてしまった穀類を再び健康ブームにのって、ニーズがかなり高まって市場が拡大してきたようなことで発足しました。

穀類を生産するというようなことにより日本の食品の自給率に関しても向上させて、農業全体の発展にも、実際、力を注いでいます。

協会は穀類の生産者、加工業者、あるいは、流通業者で、実際、構成されています。

具体的な感じの活動としては、機関紙や本を実際に発行して普及活動を行っています。

更には講演会や見学会などに関しても開催しています。

更に自ら穀類専門ショップも経営しています。

安全な食品提供の目的のために、常に穀類の研究を行い、品種の改良や育種なども、実際、行っています。

穀類に関する情報収集にもかなり努めて、情報提供についてもしています。

更に心おきなく消費者が穀類を口にできるように、資格制度の制定と運営に関しても行っています。

また製品が、一体、いつどこから入荷して、実際、どこに出荷したのか各業者が個々にきちんと記録して、食品の移動を把握できるようにする感じの「トレーサビリティ」なども行っています。

このトレーサビリティがきちんと確立していると、問題が起きたときに、実際、すばやく製品を回収できるでしょう。

消費者に安全性の確かな製品を提供する感じのことができるんです。

そしてそれらの生産農家についても情報提供や技術指導などを実際に行っています。

更に加工業者や流通業者ともちゃんと連携し、穀類の流通を円滑に行えるようにしています。

こんな風に協会の活動により、我々は安全性の確かな穀類を心おきなく食べる感じのことができるんです。