Hatena::ブログ(Diary)

kinneko@転職先募集中の日記

検索エンジンから来た方へ: 申し訳ないですが、日記なので日々積み重なっています。
目的の情報にたどり着くには、右の検索窓から日記内を再検索してください。
北陸エリア内(もしくはエリア外でも)で転職先を探しています。
(マジです。ネタではありません。ホントですって...)
詳細履歴書をご希望の方はメールでご連絡下さいませ。(kinneko at gmail.com)
chromeで見ると、死ぬほど出るGoogleの広告がブロックできないので、
firefoxでABPを入れるとすっきり見られます。

2017-06-27

Raspi3で内蔵USB Audioを無効にしてみたが...

とても遠回りな話になるので、結果だけ知りたい人は一番最後をどうぞ。


Raspi3のイヤホンジャックでもノイズは乗るので、内蔵USB-AudioをRaspi1と同じように止める。

pi@raspberrypi:~ $ cat /etc/modprobe.d/blacklist-snd_bcm2835.conf
blacklist snd_bcm2835
pi@raspberrypi:~ $ sudo reboot

後刺ししたUSB Audioだけを認識するようになったのだけど...

pi@raspberrypi:~ $ cat /proc/asound/cards
 1 [Xmod           ]: USB-Audio - Creative Xmod
                      Creative Technology Ltd Creative Xmod at usb-3f980000.usb-1.4, full speed

alsaがダメっぽい。

pi@raspberrypi:~ $ ./aquestalkpi/AquesTalkPi -v f2 主に音声合成について思ったこ とを書いてみようと思います。 | aplay
ALSA lib confmisc.c:768:(parse_card) cannot find card '0'
ALSA lib conf.c:4259:(_snd_config_evaluate) function snd_func_card_driver returned error: No such file or directory
ALSA lib confmisc.c:392:(snd_func_concat) error evaluating strings
ALSA lib conf.c:4259:(_snd_config_evaluate) function snd_func_concat returned error: No such file or directory
ALSA lib confmisc.c:1251:(snd_func_refer) error evaluating name
ALSA lib conf.c:4259:(_snd_config_evaluate) function snd_func_refer returned error: No such file or directory
ALSA lib conf.c:4738:(snd_config_expand) Evaluate error: No such file or directory
ALSA lib pcm.c:2239:(snd_pcm_open_noupdate) Unknown PCM default
aplay: main:722: audio open error: No such file or directory

Card0を見に行ったけどないという言い分。

なるほどUSB AudioはCard1になっている。

pi@raspberrypi:~ $ cat /proc/asound/modules
 1 snd_usb_audio

Card 0は予約になっているのかな?

設定を変更しようにも起動しない。

pi@raspberrypi:~ $ sudo amixer controls
amixer: Control default open error: No such file or directory

これはできる。

pi@raspberrypi:~ $ aplay -L
null
    Discard all samples (playback) or generate zero samples (capture)
default:CARD=Xmod
    Creative Xmod, USB Audio
    Default Audio Device
sysdefault:CARD=Xmod
    Creative Xmod, USB Audio
    Default Audio Device
front:CARD=Xmod,DEV=0
    Creative Xmod, USB Audio
    Front speakers
surround21:CARD=Xmod,DEV=0
    Creative Xmod, USB Audio
    2.1 Surround output to Front and Subwoofer speakers
surround40:CARD=Xmod,DEV=0
    Creative Xmod, USB Audio
    4.0 Surround output to Front and Rear speakers
surround41:CARD=Xmod,DEV=0
    Creative Xmod, USB Audio
    4.1 Surround output to Front, Rear and Subwoofer speakers
surround50:CARD=Xmod,DEV=0
    Creative Xmod, USB Audio
    5.0 Surround output to Front, Center and Rear speakers
surround51:CARD=Xmod,DEV=0
    Creative Xmod, USB Audio
    5.1 Surround output to Front, Center, Rear and Subwoofer speakers
surround71:CARD=Xmod,DEV=0
    Creative Xmod, USB Audio
    7.1 Surround output to Front, Center, Side, Rear and Woofer speakers
iec958:CARD=Xmod,DEV=0
    Creative Xmod, USB Audio
    IEC958 (S/PDIF) Digital Audio Output
dmix:CARD=Xmod,DEV=0
    Creative Xmod, USB Audio
    Direct sample mixing device
dsnoop:CARD=Xmod,DEV=0
    Creative Xmod, USB Audio
    Direct sample snooping device
hw:CARD=Xmod,DEV=0
    Creative Xmod, USB Audio
    Direct hardware device without any conversions
plughw:CARD=Xmod,DEV=0
    Creative Xmod, USB Audio
    Hardware device with all software conversions

優先度設定だけか。


ここじゃなさそう。

pi@raspberrypi:~ $ cat /lib/modprobe.d/aliases.conf
# These are the standard aliases and dependencies.
# This file does not need to be modified.

# prevent unusual drivers from appearing as the first sound device ###########
options snd-pcsp index=-2
options snd-usb-audio index=-2
options cx88_alsa index=-2
options snd-atiixp-modem index=-2
options snd-intel8x0m index=-2
options snd-via82xx-modem index=-2

# work around other kernel issues ############################################
# The EHCI driver should be loaded before the ones for low speed controllers
# or some devices may be confused when they are disconnected and reconnected.
softdep uhci-hcd pre: ehci-hcd
softdep ohci-hcd pre: ehci-hcd

書き換えてみる。

pi@raspberrypi:~ $ sudo vi /lib/modprobe.d/aliases.conf
#options snd-usb-audio index=-2
options snd-usb-audio index=1
pi@raspberrypi:~ $ sudo reboot

pi@raspberrypi:~ $ cat /proc/asound/modules
 1 snd_usb_audio
pi@raspberrypi:~ $ cat /proc/asound/cards
 1 [Xmod           ]: USB-Audio - Creative Xmod
                      Creative Technology Ltd Creative Xmod at usb-3f980000.usb-1.4, full speed

番号は1のまま。


追っかけたい病になりかかるが、こんなとこで時間使ってもしょうがないので、内蔵ドライバ有効にして設定したら何か吐かれるんじゃないかと再起動。

pi@raspberrypi:~ $ sudo vi /etc/modprobe.d/blacklist-snd_bcm2835.conf
pi@raspberrypi:~ $ sudo reboot
pi@raspberrypi:~ $ cat /proc/asound/modules
 0 snd_bcm2835
 1 snd_usb_audio
pi@raspberrypi:~ $ amixer controls
numid=3,iface=MIXER,name='PCM Playback Route'
numid=2,iface=MIXER,name='PCM Playback Switch'
numid=1,iface=MIXER,name='PCM Playback Volume'
numid=5,iface=PCM,name='IEC958 Playback Con Mask'
numid=4,iface=PCM,name='IEC958 Playback Default'
pi@raspberrypi:~ $ amixer cget numid=3
numid=3,iface=MIXER,name='PCM Playback Route'
  ; type=INTEGER,access=rw------,values=1,min=0,max=2,step=0
  : values=1

アナログ固定になっている。

自動にしたらいいのかな?

pi@raspberrypi:~ $ amixer cset numid=3 0
numid=3,iface=MIXER,name='PCM Playback Route'
  ; type=INTEGER,access=rw------,values=1,min=0,max=2,step=0
  : values=0

pi@raspberrypi:~ $ sudo vi /etc/modprobe.d/blacklist-snd_bcm2835.conf
pi@raspberrypi:~ $ sudo reboot

だめ。

ブート時に無効にする。

pi@raspberrypi:~ $ sudo vi /boot/config.txt
# Enable audio (loads snd_bcm2835)
dtparam=audio=on

にはなっている。

コメントアウトして再起動。

pi@raspberrypi:~ $ cat /proc/asound/modules
 1 snd_usb_audio
pi@raspberrypi:~ $ amixer controls
amixer: Control default open error: No such file or directory

変わらず。


アプローチを変える。Card1はどうなっているのか。

pi@raspberrypi:~ $ ls -l /proc/asound/card0
ls: cannot access /proc/asound/card0: No such file or directory
pi@raspberrypi:~ $ ls -l /proc/asound/card1
total 0
-r--r--r-- 1 root root 0 Jun 27 04:05 id
dr-xr-xr-x 3 root root 0 Jun 27 04:05 pcm0c
dr-xr-xr-x 3 root root 0 Jun 27 04:05 pcm0p
-r--r--r-- 1 root root 0 Jun 27 04:05 stream0
-r--r--r-- 1 root root 0 Jun 27 04:05 usbbus
-r--r--r-- 1 root root 0 Jun 27 04:05 usbid
-r--r--r-- 1 root root 0 Jun 27 04:05 usbmixer

pi@raspberrypi:~ $ amixer -c 1 controls
numid=4,iface=MIXER,name='PCM Playback Switch'
numid=5,iface=MIXER,name='PCM Playback Volume'
numid=9,iface=MIXER,name='PCM Capture Source'
numid=6,iface=MIXER,name='Line Capture Volume'
numid=7,iface=MIXER,name='Mic Capture Volume'
numid=8,iface=MIXER,name='Auto Gain Control'
numid=3,iface=MIXER,name='Up Down Switch'
numid=2,iface=PCM,name='Capture Channel Map'
numid=1,iface=PCM,name='Playback Channel Map'

Playback Routeがないな?そんなもの?

pi@raspberrypi:~ $ cat /proc/asound/devices
 32: [ 1]   : control
 33:        : timer
 48: [ 1- 0]: digital audio playback
 56: [ 1- 0]: digital audio capture

pi@raspberrypi:~ $ cat /proc/asound/modules
 1 snd_usb_audio
pi@raspberrypi:~ $ cat /proc/asound/cards
 1 [Xmod           ]: USB-Audio - Creative Xmod
                      Creative Technology Ltd Creative Xmod at usb-3f980000.usb-1.4, full speed
pi@raspberrypi:~ $ cat /proc/asound/pcm
01-00: USB Audio : USB Audio : playback 1 : capture 1

普通に見える。

設定はできる?

pi@raspberrypi:~ $ amixer -c 1 cset numid=3
numid=3,iface=MIXER,name='Up Down Switch'
  ; type=BOOLEAN,access=rw------,values=1
  : values=off
pi@raspberrypi:~ $ amixer -c 1 cset numid=3 1
numid=3,iface=MIXER,name='Up Down Switch'
  ; type=BOOLEAN,access=rw------,values=1
  : values=on
pi@raspberrypi:~ $ amixer -c 1 cset numid=1
amixer: Control hw:1 element write error: Operation not permitted

こっち方面からじゃないか。


asound.confを作るしかない?

pcm.!default {

type hw

card 1

}

ctl.!default {

type hw

card 1

}

なんかイヤだな。


ソースのデフォルト0を書き換えてビルドした人の例。

https://www.crifan.com/resolved_amixer_control_default_open_error_no_such_file_or_directory/

さすがにこれはないか。


お作法的に問題ないalsaのデフォルトを変更する設定ファイルを探す。

pi@raspberrypi:~ $ grep "defaults.pcm.card " -R /usr/share/alsa/alsa.conf
defaults.pcm.card 0
pi@raspberrypi:~ $ grep "defaults.pcm.device " -R /usr/share/alsa/alsa.conf
defaults.pcm.device 0
pi@raspberrypi:~ $ grep cards.pcm.default /usr/share/alsa/alsa.conf
pcm.default cards.pcm.default
pcm.sysdefault cards.pcm.default

これを1にしてしまうか、それともUSB Audioロードの番号を1にするか。

USB-Audioのほうには、それっぽいのはなさそう。

pi@raspberrypi:~ $ grep pcm.default -R /usr/share/alsa/cards/USB-Audio.conf
USB-Audio."AudioPhile".pcm.default "cards.USB-Audio.Audiophile USB (tm).pcm.default"
USB-Audio."Audiophile USB (tm)".pcm.default {
USB-Audio.pcm.default {
					"cards.USB-Audio.pcm.default_playback_dmix_"
USB-Audio.pcm.default_playback_dmix_yes {
USB-Audio.pcm.default_playback_dmix_no {

書き換える。

pi@raspberrypi:~ $ sudo vi /usr/share/alsa/alsa.conf
defaults.ctl.card 1
defaults.pcm.card 1
defaults.pcm.device 1
pi@raspi09:~ $ sudo reboot

来た!

pi@raspberrypi:~ $ amixer controls
numid=4,iface=MIXER,name='PCM Playback Switch'
numid=5,iface=MIXER,name='PCM Playback Volume'
numid=9,iface=MIXER,name='PCM Capture Source'
numid=6,iface=MIXER,name='Line Capture Volume'
numid=7,iface=MIXER,name='Mic Capture Volume'
numid=8,iface=MIXER,name='Auto Gain Control'
numid=3,iface=MIXER,name='Up Down Switch'
numid=2,iface=PCM,name='Capture Channel Map'
numid=1,iface=PCM,name='Playback Channel Map'
pi@raspi09:~ $ amixer cset numid=3
numid=3,iface=MIXER,name='Up Down Switch'
  ; type=BOOLEAN,access=rw------,values=1
  : values=on

再生してみる。

pi@raspberrypi:~ $ ./aquestalkpi/AquesTalkPi -v f2 主に音声合成について思ったこ とを書いてみようと思います。 | aplay
ALSA lib pcm_dmix.c:1022:(snd_pcm_dmix_open) unable to open slave
aplay: main:722: audio open error: No such file or directory

ダメ。

dmixの設定を変えてないかな?

pi@raspberrypi:~ $ cat /usr/share/alsa/alsa.conf | grep dmix
defaults.pcm.dmix.max_periods 0
defaults.pcm.dmix.rate 48000
defaults.pcm.dmix.format "unchanged"
defaults.pcm.dmix.card defaults.pcm.card
defaults.pcm.dmix.device defaults.pcm.device
pcm.dmix cards.pcm.dmix
pi@raspberrypi:~ $ cat /usr/share/alsa/alsa.conf | grep cards.pcm.dmix
pcm.dmix cards.pcm.dmix

関係ない感じ。


再度方針転換。

オーディオデバイスのストリームを直接指定してみる。

pi@raspberrypi:~ $ aplay -l
**** List of PLAYBACK Hardware Devices ****
card 1: Xmod [Creative Xmod], device 0: USB Audio [USB Audio]
  Subdevices: 1/1
  Subdevice #0: subdevice #0
pi@raspberrypi:~ $ ./aquestalkpi/AquesTalkPi -v f2 主に音声合成について思ったこ とを書いてみようと思います。 | aplay -Dhw:1,0
Playing WAVE 'stdin' : Signed 16 bit Little Endian, Rate 8000 Hz, Mono
aplay: set_params:1239: Channels count non available

ダメだな。

pi@raspberrypi:~ $ ./aquestalkpi/AquesTalkPi -v f2 主に音声合成について思ったこ とを書いてみようと思います。 | aplay -D plughw:1,0
Playing WAVE 'stdin' : Signed 16 bit Little Endian, Rate 8000 Hz, Mono

出た!


最初から、-D plughw:1,1とかにしておけばよかったってことか...

/boot/config.txtとalsa.conf戻してrebootする。

再生。

pi@raspi09:~ $ ./aquestalkpi/AquesTalkPi -v f2 主に音声合成について思ったこを書 いてみようと思います。 | aplay -D plughw:1,0
Playing WAVE 'stdin' : Signed 16 bit Little Endian, Rate 8000 Hz, Mono

できんじゃん... orz

2017-06-26

nodeでループ時間を自己書き換えするテンプレ

メモ。

var counter = 1000; //1sec
var myFunction = function(){
  clearInterval(interval);
  counter *= 2;
  if (counter > 10000 ) {
    counter = 1000;
  }
  console.log(counter);
  interval = setInterval(myFunction, counter);
}
var interval = setInterval(myFunction, counter);

2017-06-25

Raspi1でUSB Audioがかぶるので内蔵を無効にしてみた

調べるといろんなやり方があるのだけど、RASPBIAN JESSIE LITEでは、なんかどれも古かったりする。

おそらく、今の真っ当な方法はこんな感じ。


モジュールロード時にブラックリスト指定をしてロードを止める。

ブラックリストは個別にファイルを作るのが普通。

pi@raspberrypi:~ $ sudo vi /etc/modprobe.d/blacklist-snd-bcm2835.conf
blacklist snd-bcm2835

再起動。

pi@raspberrypi:~ $ sudo reboot

USBに刺したUSB Audioのほうだけ認識されているのを確認。

pi@raspberrypi:~ $ lsusb
Bus 001 Device 019: ID 041e:30d0 Creative Technology, Ltd
Bus 001 Device 018: ID 046d:0825 Logitech, Inc. Webcam C270
Bus 001 Device 017: ID 0424:ec00 Standard Microsystems Corp. SMSC9512/9514 Fast Ethernet Adapter
Bus 001 Device 016: ID 0424:9512 Standard Microsystems Corp. LAN9500 Ethernet 10/100 Adapter / SMSC9512/9514 Hub
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
pi@raspberrypi:~ $ cat /proc/asound/cards
 0 [Xmod           ]: USB-Audio - Creative Xmod
                      Creative Technology Ltd Creative Xmod at usb-20980000.usb-1.3, full speed
 1 [U0x46d0x825    ]: USB-Audio - USB Device 0x46d:0x825
                      USB Device 0x46d:0x825 at usb-20980000.usb-1.2, high speed

2017-06-24

ゴムライク素材での3Dプリンタ出力テスト

JAGOVISORのスマホストッパー部分は、スチールの骨の入ったゴムを使っている。

ゴムなので劣化するのと、色移りするのと、切断しにくく切断加工してくれないのと、黒しかないのと、単価が高いのがネック。

しかし、入手可能な20種類くらいのエッジモール材を取り寄せて、唯一使えたのがこれ。

7.5mmΦのRにフィットする素材は他にはみつからなかった。


コストダウンと加工の手間を省くため、シリコンでオリジナルを製造できないかというのは前から検討していた。最近は、精度は犠牲になり数は取れないものの簡易金型を使って安価にやるところも出てきている。

そこで、2年くらい前からあたりをつけていた不二ゴムさんに相談してみた。結局、金型があったり、取り数があったりするので、単価はあまり下がらないということがわかったのだけど、フィットする構造と手軽さがあって諦めきれない。


コストが高いこともあって、ぶっつけ本番も怖いので、どんな仕上がりになるのか3Dプリンタでの試作をしてみることにした。


設計はやってほしいということだったので、Rhinocerosでさくさく作る。ゴム系は本番含めて、縮みやヒケはほとんど考慮する必要がないというのも扱い安い。

なので、サイズは実寸ジャストで仕上げる。


ゴムライクは、3Dプリントの出力サービスでも、あんまり扱っているところがない。機材が高価だし、お客もそれほど付かないからかな。


今回、出力に使った機材は "stratasys Objet260 Connex3"。CAD環境とか含めて三千万だって。家が立つわぁ。二種類の素材の同時出力が可能なタイプ。

https://lh3.googleusercontent.com/KyiGt-DQ2DjzWhwu8iXBENnjkNu67foVTPtDRrMw15CidZ94iWJF7EKHMZXdJZ8dlwVEd0hoJ9lLCoenvJFaG2r0r-tnnwSFlg=w640-h400-no?.jpeg

伺った時には、もう出力は終わってしまっていた。

見学できるかも!と思ってメール送った時には、すでに梱包中。残念。

こんな風に出力されるらしい。

https://lh3.googleusercontent.com/pRijxDgJSf9-XjVWnyIKd30gMdHX-o-mQy6FBiiMW-fHoIfa4rY6AKHnma1Ua2NMFxCCkhUK5-qZfX8QdvtVKORW7BI8W63KoQ=w640-h400-no?.jpeg

https://lh3.googleusercontent.com/Og-UC7ajfYBPHGYCYM2NX45M9XX7hBhSVkNZmxbUHemyn6ttXOGmbbYdQd1E9HC1FLCIsiEqUrcGjRzDFn_YF_gtcROmnoRQ9g=w640-h400-no?.jpeg

サポート材は、プラ系のと違って、ほろほろ崩れる感じの素材。

グミを轢き潰したような手触り。臭いはほとんどない。

プラ系と違って溶剤で溶かすようなことはせず、手で取り除いてウォータージェットでクリーニングするそう。

扱いが楽でうらやましい。サポート出力するような高級なプラ機は、サポート剤を溶かす溶剤の管理やら、廃液の処理やらたいへんなので。

https://lh3.googleusercontent.com/mfzbQ9oIGjuD5da-KEeu1PzWSUbNQL67HSWgeIc1JPQp_Sgf3cbhtKB_Fctq0p7HoSCzHGXOblKzYhYnzEsDjdLVfX-3hkVTjw=w640-h400-no?.jpeg


出力したのは、こんな感じ。

https://lh3.googleusercontent.com/x4aCKbZLK7jCgaR_hCQp6IAl7ALzb_C4q_E6BlLoVyWxrgCfDK34VoxGn_TtD0uo03BJQbWC1Ix6xpGgs7z7YPY0eGNhnhv3hg=w640-h400-no?.jpeg

https://lh3.googleusercontent.com/neyXbxTwo2rQwvgg1OkAKb3RW7As7oY2wFcyODIVQPR19o1GVnW2rLy0Sl7oZ7dh-Ce6sexTzRI4AJ1GizaDttNcGGX5cnoypQ=w640-h400-no?.jpeg

https://lh3.googleusercontent.com/vPK3y0QOg29-Rhl9l0_qMHXnLPoET9jIF_GyGqkcx2XHQBLOTKpi9yeagPublx70WFOmks1QfZFSOsTKtGyowTva86Bdm1LTvw=w640-h400-no?.jpeg

付けてみる。

https://lh3.googleusercontent.com/VuWYC2QKwh2tbYwXNV-97jw2J_VjZAcAyNH0qIoSavkONLINMxXJQpxV8VONrZKe_dkOmLZRNMe5Rcwd2AGe41VuqerWAZDT1Q=w640-h400-no?.jpeg

ちょっと取り付けが難しい。

https://lh3.googleusercontent.com/Kjg2v64ogx3kSKPfyLjdqekP7CGHsq7pjJjNq0oW1YKEfTL1N8YptY6NTEExnyHRGUzmS6NFCOikxvMX6_duvwiV1C_6t31o1w=w640-h400-no?.jpeg

隙間の1.5mmも忠実に出ている。

https://lh3.googleusercontent.com/cz-jRBRIOXfCUjnRke91XDC8sM3Kif5rqBSvUNGz4Tss9Wo5XyUukxjaTLe5puDum1LExW75HMQyXXinYQQUMn3qM0HHsf_KSg=w640-h400-no?.jpeg

スマホを入れても、しっかり固定されている。

グリップは前ほどじゃないけど、必要十分。シリコンになったら、もうちょっと出るかな。

https://lh3.googleusercontent.com/CvHFces1ueJaAf4cL5WP_pRz4SwbGFeSb-YkZfs_uj231Vb0NzwuSRyCXkrV-h3qEpSFRuW7NjcTW1RGD-quGozMb8ag8m_NjA=w640-h400-no?.jpeg

あとは、金型か。クラウドファンディングでもするかな...

2017-06-15

CentOSでyumがリポジトリを見つけられないのでmirrorlistをオフにする

一年半ぶりくらいに起動したマシン。

最近はクラウドインスタンスばっかりさわっているので、Intelな実機使うのは久しぶり。

中身はこんな感じ。

[root@udptest ~]# cat /etc/centos-release
CentOS release 6.7 (Final)

はじめてnode使って苦労してた頃のテストコードなんかがゾロゾロ入っていた。もう捨ててもいい。


yum updateしたけど、ミラーサイトがことごとく死んでいるので、fastestmirrorするとすごく遅い。

こんなのがゾロゾロ出る。

http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/CentOS/6.7/updates/x86_64/Packages/kernel-2.6.32-573.12.1.el6.x86_64.rpm: [Errno 14] PYCURL ERROR 22 - "The requested URL returned error: 404 Not Found"

他のミラーを試します。

放置してたのが悪いので、OS入れなおせって感じだけど、それもめんどくさい。

fastestmirrorをオフにしてみる。

# vi /etc/yum/pluginconf.d/fastestmirror.conf 

[main]
enabled=0

あれ?

これだけだとじゅんぐりにミラー見に行くのはなくなっていない。


全部vaultに向ければいいのかな?

http://vault.centos.org


設定を見てみる。

[root@udptest ~]# vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
[base]
name=CentOS-$releasever - Base
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=os&infra=$infra
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/os/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6
(snip)

mirrorlistに向いているのね。

mirrorlistをコメントアウトして、baseurlを復活させる。


まだ、SCLでエラーが出ている。

無効にして対処。

[root@udptest ~]# vi /etc/yum.repos.d/CentOS-SCL.repo

[scl]
enabled=0

うざいミラー見つからない表示は出なくなった。

トランザクションの要約

====================

インストール 5 パッケージ

アップグレード 180 パッケージ

総ダウンロード容量: 212 M


こいつが入ったので、SCLの問題もなくなってリポジトリが復活した。

centos-release-SCL.x86_64 10:6-5.el6.centos


6.9に上がった。

(10/185): centos-release-6-9.el6.12.3.x86_64.rpm | 22 kB 00:00

[root@udptest ~]# cat /etc/centos-release

CentOS release 6.9 (Final)