Hatena::ブログ(Diary)

K’s Station HATENA ver. このページをアンテナに追加 Twitter

2017-01-24

考えるより食べてみて! カキとアイスの意外なハーモニー「カキフライソフト」を食す!

カキフライパフェ再び! というわけで岡山は備前市の日生(ひなせ)に行って来ました。

  f:id:koma-chi:20170121115532j:image:h300

ソフトクリームにカキフライがふたつ突き刺さった奇妙なビジュアルに、「考えるより食べてみて!」という怪しいキャッチフレーズ。そんな「から揚げパフェ」と同系列な日生の新名物・カキフライソフト。実は以前にも食べたことがあるのですが、旅行で近くを通ったこともあり、あの独特のハーモニーを再び感じたくて、再び食べに行って来ました。

 f:id:koma-chi:20170121124834j:image:w300 f:id:koma-chi:20170121115853j:image:w300

場所は赤穂線の日生駅から徒歩で15分ほどの五味の市。休日の昼間とあってお客さんもいっぱいでした。そんな中、カキフライソフトは店内の左奥。ひっそりしてるかと思いきや、すでに何人かがカキフライソフトを手にしていて、意外に人気の様子。しかもいつのまにか特製のイヤホンジャックとストラップまで売ってますし
 

  f:id:koma-chi:20170121120223j:image


というわけでさっそく注文。相変わらずかなり無理があるビジュアル

ちなみに、ソフトクリームに薄くかけられているのは何と刺身醤油。醤油の黒にアイスの白。その間を取り持つカキフライ。まさにスイーツ界の薩長同盟。カメラで撮ってる間にもアイスが溶けそうなので、さっそく口に運びます。


…うん。これはこれでイケる!


前に食べた時も思いましたが、クリームの柔らかさとカキフライのサクサク感って意外と合うんですよ。そこにほのかな醤油の味も加わり、見た目ほど互いが自己主張せず、ひとつに上手くまとまってるというか。これはこれで全然アリだと僕は思いましたね。僕からもおススメです!

まあ…「から揚げパフェ」とか「めんたいパフェ」を好んで各地に食べに行くような人間の言うことをどこまで信じるかは、皆さんにお任せしますが。


  
 f:id:koma-chi:20170121113755j:image:w300 f:id:koma-chi:20170121112553j:image:w300

ちなみに日生の一番の名物と言えば、何といっても「カキオコ」。地元のカキをふんだんに使ったお好み焼きで、昼過ぎに行くと店の外まで行列ができるほどの人気。僕も11時の開店と同時に行き「カキ増量」のカキオコを食べてきました。B-1でも上位入選の名物だけに、美味しい。もう本当に美味しい。このために日生まで行く価値充分にありますよ。

2017-01-19

アニメの聖地から鉄むすの聖地へ?! 近江鉄道が「豊郷あかねフェア」開催!

豊郷町×近江鉄道 豊郷あかねフェスタ開催について −近江鉄道


しかし…鉄道むすめの登場以来、近江鉄道もノリノリですな


近江鉄道の鉄道むすめ・豊郷あかね。昨年は「関西鉄道むすめスタンプラリー」にも参加してましたが、今年はついに全国区のスタンプラリーに参戦。会社も鉄道むすめを積極的にPRに起用し、鉄道むすめに舵を切りだした近江鉄道が、2月11日に「豊郷あかねフェスタ」を開催。しかも場所は何と豊郷小学校旧校舎群。


けいおん!」の聖地がこの日は鉄道むすめの聖地になろうとは


当日は新グッズ先行発売のほか、特製のヘッドマークを付けた豊郷あかねフルラッピング列車が運行。八日市〜豊郷間をノンストップで走行するそうです。いやあ…近江鉄道も本気出してきましたね。ラッピング列車は以前にもありましたが、もちろんデザインは変えてくるでしょうし。これはちょっと楽しみですね。

2017-01-16

レイヤーさんもご用達? コスプレしながら飲めるバーが福井にオープン!

福井・片町に「レイヤーズBAR すぎ」 「コスプレしながら飲める店」売りに −福井経済新聞


福井と言うと、何となくコスプレとかそういうサブカルには遠そうなイメージですが、福井の繁華街、片町にレイヤーさん向けのバーがオープンしたそうで。この店、ちょっと違うのは、コスプレしたスタッフが接客するんじゃなくて、来店客がコスプレしたまま店内でお酒が楽しめるんですね。なるほど。アニメや漫画の内容によっては確かに面白そうですね。でもふと思ったんですが、


着替えは店内でするんでしょうか。 もしかしてコスプレ姿のまま家から行くとか…?


記事を見ると、実はオーナーは福井に縁があるわけではなく東京出身。過去には東京でレイヤー向けバーを手掛けたそうですが、70歳にして今まで無縁だった福井に移住。この地で再びレイヤーさんの楽しめる場を作りたいと、人脈ゼロから開店にこぎつけたそうで。70歳とは思えないバイタリティですよね


でも、これがレイヤーさんの隠れ家的な店になったら面白そうですし、僕も一度は行ってみたいかも。