Hatena::ブログ(Diary)

K’s Station HATENA ver. このページをアンテナに追加 Twitter

2018-05-24

南紀白浜においでよ! 白浜駅で鉄道むすめ「黒潮しらら」グッズが販売開始!

初!鉄道むすめ「黒潮しらら」グッズを販売します! −JR西日本


おおっ! しららちゃんのグッズを発売するとは、やるなJR西日本和歌山支社!


昨年から和歌山の白浜駅に登場した鉄道むすめ、黒潮しらら。白良浜(しららはま)をイメージして服もアロハシャツ*1で、パンダしょってる姿がいかにも白浜チックで可愛いですよね。昨年からは白浜駅にもパネルが設置されており、すでに人気となってましたが、そのしららちゃんのオリジナルグッズが、アロハ着用となる6月1日から販売されるそうです!


1日は金曜だけど、ファンは朝イチの「くろしお」で駆けつけるんだろうなあ…


ちなみに6月3日までは改札横の「特設スペース」で販売されるそうで。白浜駅もしららちゃんファンの多さをわかってますね。グッズはクリアファイルやキーホルダー、パスケースなど5種類。数も用意はしてると思いますが、人気の鉄道むすめゆえ、1週間ぐらいで早々に完売しちゃうんじゃないかなあと思いますね。

*1:記事にもあるように、白浜駅では夏の間、駅員もアロハシャツを着用しています

2018-05-22

市内随所でゆいゆいのお姿が拝める?! 小倉唯さん、みどり市のPRポスターに起用!

みどり市観光PRポスター 市観光大使・小倉唯さん起用 ―東京新聞


しかしまあ…小さな町にすごい逸材がいましたね!


みどり市。合併したものの名前が抽象的過ぎてどこなんだか全くわからない地味な都市ですが、そんな群馬県みどり市が、市の観光PRポスターにみどり市出身の声優、小倉唯を起用。市内の公共施設で掲示されるんだそうです。アニメの聖地として、アニメキャラを起用したPRはちらほら見かけますが、声優が全面に出てくるPRは珍しいですよね。


過去には、路線バスの車内アナウンスを担当したり、トークショーなども実施したそうで。今後も観光大使として、みどり市の顔になっていきそうですね。個人的にはわたらせ渓谷鉄道と何かコラボを期待したいところです。ちなみにこのポスター、個人への譲渡はしないそうなので、気になる方はみどり市に足を運んで、そのお姿を確認してみてください!


この流れに「ぐんま観光特使」内田彩さんも続かないかなあ…。


追記) みどり市地域おこし協力隊のツイートによると「ゆいゆいトラベル」略して「#ゆいトラ」でツイートするといいそうでして。みどり市に行った際には「#ゆいトラ」でつぶやくと、協力隊の方が喜ぶと思いますよ。

2018-05-19

瑞浪Mioちゃんも笑顔でお出迎え! 瑞浪市の化石博物館に行って来ました。

瑞浪Mioちゃんに会いに、瑞浪市化石博物館に行って来ました!

  f:id:koma-chi:20180512181607j:image

化石博物館のイメージキャラとして2010年から採用されているこの子。名前を瑞浪Mioちゃんと言いまして。瑞浪市周辺の地層ができた中新世(Miocene:マイオシーン)から命名されたキャラなんですね。2010年に登場して以来、瑞浪のPRキャラとしても積極的に起用されており、僕も以前から存在は知ってたものの、行く機会がなかったのですよ。でも今回、岐阜を旅行したついでに寄ってみようと思い立ち、初めてのご対面となりました。


f:id:koma-chi:20180512181656j:image:w300 f:id:koma-chi:20180512181736j:image:w300

場所は駅から車で15分ほどの瑞浪市民公園の近く。当日は「こいのぼり祭」が開催間近で、Mioちゃんが描かれたのぼりも飾られてました。中に入り、受付でパンフをもらうと、おおっ! さっそくMioちゃんがお出迎えじゃないですか!

 f:id:koma-chi:20180512181845j:image:h300 f:id:koma-chi:20180512181940j:image:h300

昨年開催された「ミュージアムキャラクターアワード2017」では、Mioちゃんが見事4位に入賞したそうで。作者の方からの記念イラストもあわせて展示されてました。4位とはいえ3000票以上の票を集めるとは、Mioちゃんの人気がうかがえますね。


f:id:koma-chi:20180512182114j:image:w300 f:id:koma-chi:20180512182037j:image:w300

館内はクジラやサメ、貝などの貴重な化石が展示されており、説明のパネルにもMioちゃんが登場してるんですよ。いろんなイラストを眺めるのも面白いですが、特に白衣姿のMioちゃんがお気に入りですね。学習コーナーには、Mioちゃんとデスモ*1による館内の紹介映像もあり(もちろん声もついてます)、僕も楽しみながら見せてもらいました!


いや、あの……ちゃんと展示も見てますよ。はい。


f:id:koma-chi:20180512182210j:image:w300 f:id:koma-chi:20180512182257j:image:w300

Mioちゃんウォッチングの後はお買いもの。受付の横にはミュージアムショップがあり、キーホルダーやバッチの他、化石の測定にも使える定規などが売ってるんですね。しかもバッチだけでも6種類ほどあるというから凄い。僕も少しばかり買わせて頂きました。

 f:id:koma-chi:20180512182422j:image


さらにこの化石博物館、展示を見学するだけではなく、申請すれば実際に化石の採集もできるらしく。僕が見学してる時も何名か家族連れが申請してました。採集用具のレンタルはしてないようなので、瑞浪っ子はマイハンマーとマイタガネぐらいは皆持ってるんでしょうね。Mioちゃんのパネルも、家族連れが一緒に写真撮ってましたし、Mioちゃんも瑞浪では身近な存在なのかなと思いました。お子さんに化石採集の楽しさを伝えるために、Mioちゃんもぜひ前面に出て、どんどんPRしてほしいですね!


こういう萌えキャラ好きの独り者も呼んでしまいますが

*1:中新世の哺乳類「デスモスチルス」より。最初に頭骨の化石が発見されたのが瑞浪市だそうです。