Hatena::ブログ(Diary)

絶食法によるチキン体質の改善試験

2009-04-20

02 2着目はえらい、けど2着はえらくない


前回の続きみたいなもの。


最終的に 2 着に滑り込めようものならそりゃうれしいんですが、あまりにも 3 着がえらすぎるので、 2 着という結果にこだわりすぎる必要はまったくありません。


特に、トップが独走して「 2 着か 3 着か 4 着か…」みたいな展開で 2 着確保のため過剰に突っ込むことは、通常時のトップラス麻雀よりもいくらかアホくさい行為といえます。


『オーラスで親がダントツ、以下 3 人は競ってて自分は 2 着目』


こんな展開でラス目と 3000 点(もしくは 3100 点)以上の差あれば、放銃しない限りはまずラス落ちしません。普段気にしたりしなかったりだと思いますが、確かなんですよねこれ。

オーラス 2 着目、なんて素晴らしいんでしょう。


なので、この場合はいつでもオリが可能な体勢をとっておくと気が楽です。


リーチに対してオリることはそう難しくありません。

いざリーチを受けたならば通りそうな牌を切るだけだし、その前段階として「今あの人にリーチされたらアンパイ 1 枚しかないよ〜」みたいな状況を作らないように気を付けていれば、当面は安心です。


ただ、対ダマや対フーロはそうもいかないので、ダマや仕掛けへの引き加減が分からないという人はもう配牌からオリたっていいとも思います。

 2 〜 4 着を 1 回ずつ取るよりは、 3 着ばかり 3 回取るほうが優秀。それが天鳳ってもんですし。


上のようなケースでは親も配牌オリに近いことをしてくれる場合が多いので、オリようと思えばわりと楽なんですよ。

逆に親がごく普通の河であれば、捨牌の違和感を度外視すればダマを最も警戒すべき相手は親になっちゃいます。テンパイした時に一番曲げる理由がないから。


んー、単発なのか連載なのかハッキリしない。

「それでもオーラス 2 着目から前に出たい!」

という場合の注意点だとか、次はそういったところになりそうです。


2009-04-18

01 3着はえらい


天鳳では五段以上になると、 3 着がいちばんえらくなるんです。

ラス回避が大事と言われる所以ですが、大体どういうことかというと…


五段   4 → 3   >   2 → 1   >   3 → 2 

六段   4 → 3   >>   2 → 1   >   3 → 2 

七段   4 → 3   >>>   2 → 1   >   3 → 2 


こんな感じ。

段位が上がるにつれて 4 着から 3 着になることの価値が大きくなるのに対し、 3 着から 2 着になることの価値は相対的に薄れていきます。

また、逆に順位低下となれば、左のものほど痛手が大きくなりますよね。


この部分を意識せずに平均順位重視(同じ順位差 1 であれば常に等価)の麻雀を打つと、ちょっぴりの 2 着とそれなりのラスが増えるはずで、 ('(ェ)'o) さんなんかはおそらくその典型。

レベルそのものは置いといて、、、実力のわりに段位ポイントが稼げないという事態が起こります。


 3 着への執着という観点から、ここで具体例をひとつ。




(拡大あり)

f:id:kudtem:20090418100717p:image:w460




前巡に 3 フーロ・手出し f:id:kudtem:20080819223734g:image の下家に差し込もうと、 f:id:kudtem:20080819223737g:image を切りました。

( 5800 までなら打っても 3 着)

この時点で自分の和了は捨てることになりますが、それは問題ありません。

 3 着になりたくて仕掛けたんだから、その目的は変わらず最短ルートが変わっただけです。


『まっすぐ打って自力で遠い和了までこぎつけるよりも、おとなしく下家の和了を待つよりも、対面の攻撃が入りもつれる前に 3 着を確定させる』


“ラス回避が大事なのは当然”という認識が十分に浸透しているのであれば、こういう打牌がもっとあってもいいと思うんですよ。

トップを確保するための鳴かせ・差込はよく見かけても、 3 着を確保するための鳴かせ・差込はそれほど目にすることがない気がしますが、どうでしょう?


もう一度、冒頭の表を思い出してみて下さい。

天鳳において、より価値があるのはどちらか。

きっとそれが見えてくるはずです。


―――昨日いっぱいラスった五段より


2009-04-16

00 何がしたいんだか


天鳳(のラス回避重視系赤アリ東風順位戦)のセオリーのようなものは、まだ確立されていません。

いろいろと原因があるのでしょうが、ひとつはアレです。


「天鳳で高段位になれるような人、すなわち左 4 をある程度攻略済の人は、そのノウハウを他人のためにまとめるなどということをせず、自分のためだけに打ち続けるタイプである可能性が高い」


冗談でもなんでもありません。

高段位に上り詰めるにはとにかく試合数が必要なので、天鳳(で採用されている特殊ルール)の歴史が浅い今の段階では、まぁ当たり前っちゃ当たり前の話です。


特定の人に向けてちょっとしたアドバイスをする機会はあっても、万人向けの本格的なものをまとめるには労力が必要で、それに取り組むことで打てる回数は確実に少なくなるでしょう。

そうするともうその時点で、「オレは人に教えられるぐらい天鳳攻略のためにベストを尽くしている」と言える状態ではなくなってしまうんです。なんてこったい。


国立君が挑戦しているようですが、そんなわけでどうか温かく見守ってあげてください。

僕も個人的にはそりゃ、ものすごく興味がありますけど。


ということで…


『数だけは打って天鳳を一旦は理解したつもりになった人が、いろいろあって今は鬼打ちとかできないし、自分で当時のことを思い出していくためにもなんとかしてみよう。鳳凰卓で打ったことないけど』


こんな感じで時々書いてみることにしました。

エラそうなカテゴリタイトルになってしまっていますが、「七段は工夫次第で意外になんとかなる」というのを、麻雀の戦術という基本からはちょっとかけ離れた部分に絞って伝えていければなと思います。


第 1 回が始まる前に最終回もあるよ!


2009-04-14

また通常モード


昨日も天鳳を打ってきました。

というか、ヘンなもん書き始めた時からずっと打ってました。

思ったより早くなんとかなるかもと、つい連戦を…

焦りすぎかもしれないですね。


きっかけは小四喜

をあがった局で、しょぼいミスをしたこと。


f:id:kudtem:20080819223738g:imagef:id:kudtem:20080819223738g:imagef:id:kudtem:20080819223745g:imagef:id:kudtem:20080819223746g:imagef:id:kudtem:20080819223750g:imagef:id:kudtem:20080819223752g:imagef:id:kudtem:20080819223804g:imagef:id:kudtem:20080819223804g:imagef:id:kudtem:20080819223741g:imagef:id:kudtem:20080819223741g:imagef:id:kudtem:20080819223753g:imagef:id:kudtem:20080819223753g:imagef:id:kudtem:20080819223742g:imagef:id:kudtem:20080819223742g:image


いや、、、麻雀にこんなイーシャンテンとかないから!

必死に『麻雀ってなんだっけ?』と思い出そうとしてはいたものの、根本的に間違ってたような気がします。


その後、

f:id:kudtem:20080819223733g:imagef:id:kudtem:20080819223734g:imagef:id:kudtem:20080819223736g:imagef:id:kudtem:20080819223735g:imagef:id:kudtem:20080819223738g:imagef:id:kudtem:20080819223738g:imagef:id:kudtem:20080819223746g:imagef:id:kudtem:20080819223746g:imagef:id:kudtem:20080819223747g:imagef:id:kudtem:20080819223759g:imagef:id:kudtem:20080819223730g:imagef:id:kudtem:20080819223730g:imagef:id:kudtem:20080819223730g:image   ツモ f:id:kudtem:20080819223750g:image

これを高速ツモ切りできた時、なんとなくもう大丈夫かなと思ったりもしました。

え? 当然ですかそうですか…

赤じゃなければどうしたか、それはまだちょっと分かりません。


ひとり麻雀的な絵合わせを抜けることができたら、同時になんだか周りも見え始めて、最近ずっと調子は悪くないです。

確変(上に書いたような迷うべき場面が少ない)を抜きにしても、いずれ七段 R2000 をクリアできるイメージは一応できた、のかな…


以前とは根底にあるものが同じというだけで、見た目には相当違う感じになりつつありますが、いつか鳳凰卓に乗り込めるよう…引き続き、様子を見つつ向き合ってみます。


2009-04-12

駄作パラレル読みきれず短編 1-4(END)


昔の楽しかった記憶はあんなにも鮮明に残っているのに、その時のことはよく思い出せないのが不思議だ。

きっと、忘れたかったんだと思う。


葬儀の日以来、丸山と娘の麻美ちゃんには会っていない。

どんな顔をすればいいのか、何を話せばいいのか、もうまるっきり分からなかったから。

───元々ぼくと丸山の関係なんて、そんなもんだったんだし。

今まではそう自分に言い聞かせて、逃げていた。


和田が花など供えてもらって喜ぶやつでないことは分かっていたので、残された 2 人のために何か…。

この機会を逃せば一生会いに行く自信がなかったので、そう心に決めたぼくは、すぐにあの家を訪れた。半年ぶりに。


久しぶりに会った丸山は、やはり以前よりもどこか弱っているように見えて、なんだか直視できなかった。

あの元気だった麻美ちゃんも、さすがにおとなしい。

───ぼくが顔を出したことで、思い出させちゃったかな…


そんなぼくたちの間で会話がまともに成立するはずもなかったので、さっさと本題を告げることにした。


「和田には散々世話になったけど、その、、、なにもしてやれなかった。せめて、丸山たちに何かプレゼントしたくてさ…」

正直断られるかとも思っていたが、彼女は一言

「私はいらない。麻美に聞いてみたら?」

と振ってくれた。せめてもの救いだ。


「麻美ちゃんさ、なんか欲しい物とかある?」

「パパがかえってきてほしい」

───それは…無理なんだ。

「そうだよね。でも、ぼくにできるのは…なにかプレゼントしてあげることだけなんだ。遠慮しないで言っていいよ?」

「……だったら、あのね、、、


───お願いだ。どうか、どうか、小さな物でありま…


クマーさんのだきまくらー!」


あぁ、なんてこった。

きっと、それも無理だ。




あれから何年が経っただろう。

ぼくは、毎日ずっと天凰を鬼打ちし続けている。

でも、いまだに鵬凰民にはなれていない。


あの日、それでもなんとかしたくて、必死になってモニターの中からクマーさんの頭を引っ張り出そうとしたところ、枠が折れてパソコンは壊れてしまった。


今では後悔している。

強行突破させようとして“ショッピング”の権利を失ったことに対してではなく、初めから買ってあげるという発想を失っていたことに対して。

 100 体限定だというその抱き枕は、新しいパソコンを準備した頃にはもう売り切れてしまっていた。


麻美ちゃんにあのクマーさんをプレゼントできなかったことが心残りで仕方ないので、今度こそはどんな願いを言われてもかなえてあげたい。


彼女の欲しいものは自転車だったり携帯だったりかっこいい彼氏だったりと、成長とともにコロコロと変わる。

なので、いざという時に困らないよう、日頃から話を聞きに行っている。

そこですら天凰を打つこともある。丸山は当然、いい顔をしないが。


いつからか、そばで見ていた麻美ちゃんも麻雀、いや、天凰を覚えてしまった。

両親譲りのセンスとぼくのコーチによって、今ではすっかり立派な鵬凰民だ。


今ぼくが天凰を打っているのは、麻美ちゃんのためだ。

毎日50戦は打つ。

そして、ション牌の f:id:kudtem:20080819223754g:image を引くたびにツモ切る。

最近では、カンチャン・ペンチャンよりも f:id:kudtem:20080819223755g:imagef:id:kudtem:20080819223756g:image を落としたほうが、まだ成績は安定することも分かってきた。


それ以外はノーミスで打てるようになったつもりだが、今日もあざ笑われる。

『イミフ』『マジキチ』『鉄雑魚ってレベルじゃねーぞ』

でも、やはりそんなのは気にならない。


こうしていればいつか、“ヤツ”にまた会える気はしているから。






だが、ある日スッパリと天凰をやめてしまった。

なぜだかは分からないが、不思議とどうでもよくなったのだ。

───麻美ちゃんの願い、かなえられなくてごめんね。






『………。………。………………。さあ、願いをひとつ言ってみろ』

 ───う、うーん、ママに幸せになって欲しいかな。

『ほぅ、前回の人間よりはよっぽどまともじゃねぇか。だがダメだ、なんてったって俺は天凰の神。天凰関係だけにしてくれよな』


 ───あ、なら全然問題ないじゃん! 知り合いのおじちゃんがね、天凰中毒なの。お願い、なんとかしてあげて! なんだかんだでいい人だから、それさえなければママも再婚考えるらしいんだけど。「片思いなのは間違いないけど、断られない自信はある」とか言ってた。よく分かんないよねホント……




---------------------------------------------------------------

こんなもん見せられてたまったもんじゃないですよね、ホントごめんなさい。

天鳳打って当面のネタは出てきたような気がするので、今後の目標は「もう書かない」ことです。