Hatena::ブログ(Diary)

kurage0147130の日記

2012-02-05 無能+光 / 道 [順不同]

引っ越します

http://kurage0147130.hatenablog.com/

Ctrl+クリック移転先に来てください。別タブにウィンドウができます

2012年2月5日(日曜日

Ctrl+Scroll=文字⇒大




無能+光」



るのぽサイトで排出する。

 僕は、今日散歩に出かける。玄関を出て、いつものコースを歩く。下を向いて、鬱々と歩く。景色は眼に入ってくる、太い道路排雪されて道幅が広い。僕は毎日を同じようにすごし、同じような感情を持ち、同じような目線で見ている。


 家に帰ってきた。パソコンを開き、文字を打ち込む。僕が打ち立てようとしてきたことは、砂上の楼閣だった。バベルの塔を建てようとしてきただけだった。ないものをあるように見せ、示そうと、周りを欺き、自分に嘘を重ねてきた。そう、有用な振りをしてきた。自分有用だと言おうとしてきた。示そうとしてきた。これはもちろん裏返る。そう、僕は無能なんだ。無能。何の役にも立たず、嘘をつき、虚勢を示す、バカな輩。僕は無能なんだ。難しい本を読むのも、無能を隠すため、英語勉強するのも、有用だと示すため、自分は偉大で、立派で、頭がよく、スマートな将来有望だと示そうとする、有用だと言い張ろうとする、何にもない奴。僕は有用だと言おうとする無能人間自分の眼を欺いてきた。



 こすっているのも無能な象徴だ。自分を慰める。無能を隠そうと必死に抵抗してきた。欺きが核になって、広げよう示そうと躍起になった。無能に蓋をして、暗い井戸に沈めた。今立ち現われようとしている。無能はすべてで、すべてに示す重要な道具だ。父は無能で、母は無能で、もちろん僕は無能だ。無能こそ重要言葉。言おうとしているタイトルは書く前から決まっていた。無能からすべては始まる可能性がある。Iceageが流れている。言い立てる。創作と壊しが重なる。僕は無能から始めたい。嘘をつく必要はないじゃないか。佇(たたず)みたい。そっと静かに立ちたい。木々の中で、寒い中、樹木の呼吸を感じ、木々に同化しようとするのか、森に重ねて、呼吸したい。無能はい言葉じゃないか。



 手をこすって、垢が出る。手から落ち、地面に撒かれる。吸い込まれ、土の中深く落ちていき、どもまでも溶けて、融かして、熱を持ち、光を放ち、解けていく。土の中で光は、四方に広がり、大地までが光り始める。その光は、大気を照らし、光線が伸びていく。光がジグザグに放たれる。月に届くくらい光は伸びていき、消えた。







「 道 」



 空を叩く、コンコンこんにちは。 いますか。部屋の中は静まり返っているようだ。誰もいないんだな。コンコン。ドカッと蹴っ飛ばして、ドアを壊した。中に入り、ポケットに入れておいたりんご齧る。だれもいない。あいつはどこに行ったんだ。どこへ。港かな。行ってみよう。


 部屋を出て、坂を下って漁港に向かった。たぶん奴はいない。どこへ行ったんだ。なんで奴を追っているんだ。ようもないのに追いかけ回す。空が曇ってきた。雨が降りそうだ。ポツポツと顔に当たり始める。風も吹いてきた。どこかで雨宿りをしないといけない。さてどうする。ドアを開け、商店に入る。ここで雨宿りだ。おやじかおばさんは出てこない。するめがぶら下がっている。缶詰も並んでいる。地元の人間だけを相手にしている地方都市の商店音楽が流れていて、たぶんおやじかおばさんが聞いているのだろう。リクエストだろうiceageがかかっている。空で何かが光った。雷か? ズドーン。遠くに落ちる。ズドーン遠くに落ちる。ズドーン少し近くなってきた。おじさんが出てきた。いらっしゃい。なんにいたします。おじさん、あまやどりしているだけなんだ。おじさんの顔が曇り、早く出ていってくれと言っている顔になった。雨も雷も遠くなったので、そこを出る。

 もうあいつのことはどうでもよくなった。女の尻でも追いかけたほうが得策だ。あんな奴追いかける価値もない。どうでもいいや。駅に向かい、350円の切符を買った。ローカル普通に乗る。各駅停車でいちいち駅に停まる。急いでいるわけでもないのでこれでいいや。これしかない。この汽車に付き合う。駅のあたりでは揺れる。ゴトゴト。汽車は進んでいく。レールの上を実直に進んでいく。時たま下りとすれ違う。窓の外には、工場景色が続いている。鉛色の空気。重い。乾いていて重い。景色を眺めていると、旅もいいもんだと、自分目的もない旅に心地よさを感じる。目的はないけれど、350円の切符なので、350円のところの駅で降りた。



 ここにも350円の町が広がっている。商店があり、パン屋があり、飲食店がある。安っぽい街の景色。貸自転車屋があったので700円払って乗っかる。高い。吹っかけやがって。でもこのママチャリが気に入った。3段変速。かなりスピードが出せる。坂を上り、下って、川があったので、ママチャリを投げ捨て、乗り捨て川に歩いていく。いかにも地方都市の地方の川。2級河川とかいうのだろうか。濁った茶色い水が流れていく。川の中に入っていき、沐浴した。そう俺は出家したんだ。今日から俺は坊主になる。

 そんな気分になった。実際の俺は川には入らず、眺めていた。川にはビニールとかが流れてくる。水は恐い。なにもかも飲み込む。強い力と吸引力を持っている。何でもかんでも飲み込んでパワーとしていく。恐くなって川を離れた。魂まで流されそうだった。かわいい女の尻はどこにあるんだ。俺は尻を求めてこの町に下りたのに、尻はいない。遠くで汽笛が鳴った。汽車は動いている。自転車に乗る気はなくなった。歩いて行こう。草をかき分け、土手に上る。土手沿いの両側の道の片側を歩いていく。ずっと続く。トボトボ歩く。咳き込む。ゴボッとなった。日が暮れてきた。駅に帰る気はなかった。川沿いの道を歩いていく。どこにつながるのだろう。いなかに、どこかの森につながるのか。それとも町に行くのか。砂利が撒かれた土の道を、ランニングシューズで歩く。どうでもよくなってきた。腹が減る。腹へったあ。疲れたあ。歩く。ドンドン歩く。トボトボ歩く。道は続いていく。

 悪魔が出てきた。悪魔はこういう。女の尻が欲しいか。欲しければくれてやろう。だが、お前から支払いがないと尻はやれんなあ。悪魔、何が欲しいんだ。俺は尻が欲しい。お前の髪の毛が欲しい。そうかくれてやろう。おれはきっとハゲになるんだ。つるっパゲになるだろう。俺は悪魔と取引した。俺は女を得て、悪魔は俺のハゲを手に入れる。なかなかいい取引じゃないか。でも、俺のハゲ価値なんかあったっけ? 俺は発射した。夢だった。俺はあの川で背中を丸くしてしゃがみ込んで、小さく眠りこけていただけだった。さっき捨てた自転車を拾って、さっきの町を目指した。駅について、汽車に乗り、いつもの日常に戻ろう。もどるしかない。毎日から

2012-02-01 日記

 読み終わりました。


「増補新版 カラー版 世界服飾史」、監修=深井晃子美術出版社、2010

8. 20世紀後半 深井晃子 氏

日本のファッション・デザインの広がり

p181

〜〈ファム・オブジェ(男性の視線でみた女性)〉のための服ではない、理性的な服の存在を示した。つまり女性の身体を彫塑する服ばかりではなく、抽象的で身体の形とは直接的に関係のない服が着られたとき、初めて着る人と一体化する。服を制御するのは着る人であり、それがまたきわめて官能的でもありうることの発見だった。〜



引用者:ここのところの文章はすごくエキサイティングです。現代の服の話なので、わかりやすい。服と人間との関わり方の新しい提示があっておもしろい。

 身体に合わせて作ってきた、組み立ててきたのを、身体の上に別物として新しい形として作り上げ、服として身体とのシンパシー、友好関係を断って組み上げたとき、着る人の服として新たに立ち上がってくる別の地平が現れる、それを日本人デザイナーがやったという凄さがあったのだろうと、読んで感じました。ここの文章にはしびれました。







2012年2月1日(水曜日

Ctrl+Scroll=文字⇒大


 昨日も何もしないで寝てしまいました。

 今朝起きてから午前中いっぱい調子が悪かったです。帰り道はだいぶよかったです。

 今日は起きていられそうです。

 したっけ。(じゃあ、また)

2011-12-26 素顔



2011年12月26日(月曜日

Ctrl+スクロール で文字を太く大きくできます






 風邪を引いて元気でないので、作業所を休ませてもらいました。

 でも起きていられるので放送大学勉強をしています

功利主義分析哲学、一ノ瀬正樹、2010 を視聴勉強していまして、10 ウィトゲンシュタインの出現 まで来ました。

 ここで、規則のパラドックスが出てきました。僕は、ルールを覚えてルールに乗っ取ってやるというのが苦手です。どうしてルールの通りにやらなければいけないのか、別の方法もあるのではないのかと付き合うことに拒絶反応が出ます。裏を読み取ることのどこがいけないのかとか。



 ウィトゲンシュタインによると、規則を規則通りにやらなければならないという暗黙のルール矛盾をあぶりだしています。2ずつ足していけといった場合、996、998、1000、1004、1008と、1000を超えたら4を足すと理解しても間違いにならないというのです。この考え方は僕にしっくりきます。数学の嫌いなところは、ルール通りにやっていくことです。別のやり方や、解釈を変えたり、違う行動が認められていないところです。



 僕と世界とのやりにくさは、僕が額面通りに物事を受け取ることを拒否しているところにあるのかもしれない。どうしても、裏の意図や、真意、その人の核心部分はどうなっているのかに向いてしまう。人物をそのまま受け取れない。それはそのまま、僕自身がそのままではなく、自己矛盾を持ち、表面的な顔の裏に、本当の自分とでも言われているような、別の顔を持っているからかもしれない。僕には、自分自分を追いやり、閉じ込めてしまっている素顔を隠しているところが大きくあると思う。素顔に気付き、掘り起こしていかないと、僕の現体制の表の顔とは別の押し殺した本音の素顔を見つけ出すという作業が必要に思う。ほんとうに出てくるのかはわからない。僕の現体制はでっち上げだと思う。

2011-11-26 透明なセロファン(病気)

2011年11月26日(日曜日

Ctrl+スクロール で文字を太く大きくできます。




「透明なセロファン(病気)」






 唇と唇を重ね合わせ、吸いあった。きみは本当にきみなのか。ほんとうにいるのか。輪郭があやふやだ。はっきりしない。肩を抱いているつもりだけれど、実感がない。僕に女は存在するのか。女の輪郭も、自分の輪郭もぼやけている。なにもかもが記憶の中の出来事のように触れられない。きみの手を握っているつもりだけれど、きみをちかくに感じない。僕はなんなんだ。きみはなんなんだ。もうどうでもいい。僕は人間ではないんだ。動物でもない。無機質なガラスで、均質なプラスチックで、ゴムなのかもしれない。飴のように、伸びたりとけたりするのか。


 

 きみのぬくもりが欲しい。心の溶解が欲しい。血管があり、血の流れる温かな交流が欲しい。けれど、きみを感じらない。僕はもうだめなのか。もうだめなのだろう。もうだめなんだ。

 けれど、安住もしない。だめなりに道は残されている。逃げ道がある。細いけれど、確実に続いていく、どこかにつながり、人間が回復し、底上げがなされる、明日を見せてくれるような、ひっかかりを残す逃げ道がきっとある。ぼくはしんじている。きみがふたたび登場し、僕も立ち現れる日を信じている。僕らが輝く日はきっと来る。その日をしんじている。だから、ぼやけた、手触りのない、失調の毎日に甘んじる。転換点を見据えている。現れなくても、それを夢想することで、ぼやけた毎日に甘んじる。この崩れた豆腐のような毎日を引き受け、ローテーションを組み、動かすことを受け入れ、心血を注ぎ、機械を回し続けるんだ。このシステムを回すことが、明日をつくるとしんじているから今日もぼやけた毎日を動かすんだ。僕の歯車は、消えてもいい、なにもなくてもいい、かならず触れる日は来る。僕は触ることになる。かならず、感触を得る。

2011-11-14 世界最遅。

2011年11がつ14日(月曜日

Ctrl+スクロールで文字を太く大きくできます




 世界最遅。



 これが世界に誇る最遅(さいち)だ。今までに例を見たことがないほどに遅い、ノロい、イライラする。あまりの遅さにみんなに迷惑をかけ、煙たがれる最遅。


 しかし、イライラしていていいのか。なぜ遅いことを嫌うのか。速ければいいとだれが決めた。わざと遅くし、スピードを下げ、遅いことを誇ろうではないか。先を急いで何を得ようというのか。他人に後れを取り、置いて行かれることの何が悪いのか。自分のペースを守り、自分の守備範囲をがっちり固め、やることの核にある本質・何が本当に求められているのかを他人任せにしないで自分で決めていく、それが最遅だ。


 最遅は世界に誇れる標準規格であり、それを超えていくものだ。これからの世界を担うのは最遅以外にない。

借りものの人生でいいのか。自分の足で立とうとはしないのか。世界価値観が逆転するところを見ないですます手はないはずだ。


 きみに寄り添う最遅。ぜひ手にとってご覧いただきたい。その素晴らしさに驚愕することになるだろう。


 あなたとともに。

2011-11-12 ママ

2011年11月12日(日曜日

Ctrl+スクロール で文字を太く大きくできます。




ママ



 トマトが落ちてきた。潰れた。とんびは飛んでいた。空をクルクル回って悠々と。トンビはそんなに安泰ではない。カラスなどは何とも思っていないようで、攻撃を仕掛けたりする。テレビで見たんだ。

 乳母車を押していた。乗っているのは子猫なんだ。空には太陽がギラギラ。まぶしい。暑い。アイスキャンディーが食べたいな。前を歩く女の子のお尻が欲しい。

 日は陰(かげ)ってきた。乳母車の子猫をどうしよう。どこに連れて行こう。きっとママにしかられる。ママーッ。

 僕は男で、ママを恐れている。ママのどこが怖いかって。規則と歯車と、強制だと思う。ママにはかなわない。ママーッ。

 お月さまと太陽が同時に昇ってきて、暗い空を皓皓(こうこう)と照らす。ママの顔を思い出そうとするけれど、輪郭が浮かばない。僕の頭はおかしいのかって。子猫にミルクをあげなきゃ。お腹を空かせているようだ。僕も腹が減ってきた。ママのご飯を食べに急いでお家に帰ろう。ママーッ。

 クルマがひっくり返って駐車してある。タイヤが4個空を向いている。スポーツカーだけれど、あれでは走れないだろう。よく見たら、運転手もひっくり返って座席に座ってらあ。ハンドルを握って、煙草を吹かせている。態度が悪そうで、目つきも変そうだ。運転しているところなのだろうけれど、進んでいないよ、オッサン。

 ママ呪文に負けているうちは、僕には女は手に入らないだろう。ママーッ。

 僕がママ呪文を掛ければいいや。ハンドロコンチロキロプンドー。今度は僕の番だ。

 太陽は沈み、月も沈んで、ステンレスの電燈が灯(とも)った。暗い空は明るくなり、蛾が集まり、気分はしぼんだ。また明日が始まる。今日は終わる。僕の居場所はなく、空は空気が一列にどこまでも並び、遠くまで伸びている。足首風船※を乳母車に縛り付け、どこまでも歩いて行った。

※足首風船とは、足首を切り落とし、逆さにしたもの、血が滴り落ちている男の足の形をした風船。切断面もリアルに作ってあり、スネ毛も見える。


 きみは遠く、僕はうつむいてトボトボ家路につく。

2011-10-29 「鼻水賢人」

2011年10月29日(土曜日

Ctrl+スクロール で文字を太く大きくできます。




「鼻水賢人」


 わしは帰ってきたぞ。でも今回は、前回ほどじゃないんじゃ。そんなに盛り上がらない。

 わしの最新の伝授情報は、股くぐりじゃ。大人の男の股をくぐると、金運と恋愛運がアップじゃよ。お薦めじゃ。

 わしもこの屈辱的な方法を考案した時は、どうかなと思ったのじゃが、屈辱屈辱と思わないときに運が開けるんじゃよ。映画、酔拳ジャッキー・チェンじゃったと思ったが、あの時、ジャッキーの運はアップしたのじゃよ。皆も気がついたかな? この世に股くぐりという屈辱的なこと以上に運がアップすることはないんじゃよ。

 どうやってこの、伝授情報を得たかって? わしは、その時、掃除機をかけていたのじゃが、洗濯したカーゴパンツがかけてぶら下がっていたのじゃ。そのパンツの下をくぐらないと前へ進めなくなったのじゃ。わしは自分のじゃがパンツの下をくぐったのじゃ。その時の屈辱感が感動的じゃった。自分のだから屈辱しないんじゃないかって。そんなことはない。すべてのパンツくぐりは、股くぐりにつながるのじゃよ。自分パンツをくぐるのにこんなに屈辱的なら、他人の股をくぐる屈辱がどんなに大きく、強いことか察したのじゃ。じゃから、股くぐりは金運、恋愛運アップの決定的な技術なのじゃよ。この重要な伝授を与えてしまったわしは、また旅に出て修行せにゃならん。新しい技を修めるまで家には帰らんつもりじゃ。


 屈辱感が大事なのじゃよ。男が男の股をくぐる、これは大事じゃよ。わしは自分パンツの股をくぐっても屈辱感を持ったからな。みじめさが原動力じゃ。感じることはどこにつながっていくのじゃろうなあ。見たり聞いたり感じたり、そういうことはどうなってくのじゃろう。消費じゃないぞ、感じることじゃ。わしらはどこに運ばれていくのじゃろう。ただ土に帰るだけなのじゃろうか。人間に生まれ、人間活動をし、人間の中で生かされ、場所を与えられているわしらは人間であることで幸せになるのかもしれん。人間活動はすごいことなのかもしれん。その幅と厚さと高さは一人の人間の知るところではないんじゃろう。わしのような、頭のよくない人間にも薄々は感じるんじゃよ。人間の端くれをやらせてもらっているわしにも感じるところはあるのじゃよ。

2011-09-24 工業製品の靴下

追記


2011年9月24日(土)

Ctrl+スクロール で文字を太く大きくできます。

 今日の歌で、疲れていたから、直線的に歌えなくなった。それで強弱をつけて歌った。演歌歌手みたいに。

 僕は直線的に勢いでしか歌ったことがなかったから、新しい経験だった。弱く歌うところを作ると、負担が減る。聞く人の負担も減るのだろう。





工業製品の靴下」



 暗闇で、MDのブルーライトが光っている。Girlsの曲が終わった。ラジオ番組をそのまま録ったおんがく。



 暗闇でベッドから起き上がり、MDの青い光の中で、手探りで紺の靴下を探った。やわらくて化繊の工業製品の感触。僕は確かに靴下の感触を食べていた。あじわっていた。感じていた。ブルーライトが光るなかで目を開いて靴下を手で感じていた。






2011年9月24日(土曜日

Ctrl+スクロール で文字を太く大きくできます。




 トータルで歌は、60%くらいだったと思う。良くも悪くもなく。とりあえず歌いに行って、感触は残ったくらいだと思う。



 歌に力を入れているけれど、みすぼらしい道を歩くという、自分の現状とそれへの働きかけという関係性、正しい僕の実力、自分の取り組みへの距離感の正しい取り方、自分のための人生という意味でのもの


 僕は長らく華々しい人生にあこがれ、それを歩もうと無駄なあがきをしてきた。けれど、44歳になって自分人生を振り返り、実力、現実、真の姿をみると、みすぼらしい道を歩んで、これからもみすぼらしい道を進んでいくというのが正しい自分との距離感だと感じる。背伸びは一文の得(いちもんのとく)にもならん。実力にあったことをしないと無意味だ。僕にとっての正しい道を歩くには、標語が大事で、僕にとってのキーワードは、背伸びをしなという自戒を込めても、「みすぼらしい道をトボトボ歩く」というのがふさわしい。

2011-07-29 「明子と卑小な僕」

[] 21:53

2011年7月29日(金)

Ctrl+スクロール で文字を太く大きくできます。




「明子と卑小な僕」





 お前はずるいぞ、おまえはずるい、なんて図々しい奴だ。清は詰問調でこういった。僕は、なんでだよと言い返した。清が言うには、お前は抜け駆けするからなと言われた。


 ははあ、これは、あの時のことを言っているんだな。明子をデートに誘ったことをだ。確かに僕は抜け駆けした。清には悪いが、明子を誘わないで他の奴に取られるのは嫌だった。清に明子を取られるなんて論外だ。こいつにだけは取られたくない。だって、こいつはただの助平な奴だからだ。明子と寝たいだけなんだ。僕には正論があるぞ。明子が好きなんだ。好きで好きでたまらないんだ。でもこういったところで、僕にも明子と寝たいという以上の気持ちは見えなかった。清と同格か。おもしろくないけれど認めよう。俺もあいつも大して変わらない。清が明子を欲しいように、それ以上に俺は明子が欲しいんだ。明子が若いからだ。若い性がまぶしすぎるんだ。明子の肢体は俺を困らせる。俺はただただ明子を求める僕(しもべ)となるだけなんだ。明子という大きな罠に落ちた負け犬なんだ。俺がどんなに明子を求めても、明子という大きな手にからめ捕られ、仕える給仕のようなみじめな立場からは出ていくことができない。清と争っている。清は単純な奴だから、明子と仲良くなろうと努力するだろう。俺は、欲しいけれど、ストレートに求められない。ワンクッション置いて、ごまかそうとするんだ。身体だけが欲しいんじゃない。好きだという気持ち、明子を思う気持ちがあると。身体目当てだなんで自分に対していうわけにはいかない。俺はずるい奴で、臆病で、腰抜けなんだ。いつだって俺は卑怯者なんだ。清のほうがよほど、自分に正直で心を開いていることか。そう、俺の最大の卑怯な点は心を開かないで、鎧を身に着け、鎧を誇示し、自分の惨めで卑小な自身の姿を隠そう、みんなの目から欺こうとするところなんだ。俺の核心は、爪の垢なんだ。

 

2011-07-02 [めぐみ への手紙]

[] 21:51

2011年7月2日(土)

Ctrl +スクロール で文字を太く大きくできます。


「めぐみ への手紙



 僕わー、バービーにんぎょうで遊ぶのが好きなんさ―。だからー皆から気持ち悪いって言われてるんだー。僕はバービー「めぐみ」ってなまえをつけてるんだー。

 めぐみのどこが好きかというとー、肩のあたりが好きなんだー。リカちゃんにんぎょうにはだせない肩のラインが好きなんだーパヨロン。僕わー、めぐみのこと愛しているんさー。毎朝キスしてから起きて、寝る時もキスするんさー。めぐみと結婚もしようとおもってるんだーパロパロ。めぐみLOVEな毎日なんだよー。わかるー? この俺の純な気持ち。めぐみちゃんを愛してるんだー。ダレもめぐみと俺の間に入ることは許されないんだよー、ハッケヨイ。ノコッタ、ノコッタ、ぱくろん山の勝ちー。

 俺ってイカしてるのに、誰も理解してくれないんさー。こんどめぐみを公園に連れて行って、一緒に俺の手作りの弁当を一緒に食べようとおもうんだ。俺がこんなにめぐみのこと愛してるのに。振りむいてくれないんだ―。さびしいなー。さびしいなー。こんなに愛してるのにさーポヨポヨ。

 俺はめぐみとの毎日を充実させたいんだー。最近は、めぐみにいいところを見せようと、腹筋と腕立てだってしてるんだぜい、エイ、ヤマトシビレエイ。この俺のおおきな愛をめぐみはちっとも理解してくれないんだよーーーん。めぐみは無口でしゃべってくれないんだ。こんな無口なめぐみとこれからやっていけるか自信ないなー。俺の一途な愛、わかってくれ、めぐみ。

2011-06-07 ☆代表作「鼻かみ列伝」

[] 21:37

2011年6月7日(火)

Ctrl+スクロール で文字を太く大きくできます。



「鼻かみ列伝」



 鼻をかむこと30年。ついに私は鼻かみの奥義を極めけり。

 ここに来るまで私がどんなに辛酸をなめたことか。きっと民のものにはわからないのだ。

 毎日毎日、鼻がずるずる流れ。交差点では、鼻水がダラーッと1メートルくらいも垂れ下がったのだ(実話)。その伸びた鼻をかむ紙がなかったので、指で切ったのだぞ。どうだ、どんなにこのわしが汚らしい奴かわかったろう。

 あるときは、鼻が垂れ、くしゃみをしたら、四方八方に花火のように飛んだのだぞ。その見事なことと言ったらなかった。それはそれはきれいな鼻びらだった。

 またある時は、鼻が垂れるのを止めようと息張ったので、糞も漏れてしまったのだ。おお、なんと汚らしい話題であろう。わしの汚さといったら比べるものがないほどに、見事なものだ。

 わしは、鼻かみと共に青春時代を過ごし、歳をとっていった。場数も踏んでいったのだ。

 鼻かみにもライバルがいたのだ。奴らとの壮絶な戦いは見物だったぞ。わしよりも強い、鼻かみがいたのだがそいつとの戦いを話そう。そいつの技は、両方の鼻から鼻水を垂らし、その伸びた鼻でわしの眼を狙ってくるのだ。そいつの鼻に眼を舐められたら、奴隷になってしまうという、それは怖い鼻かみ野郎だったのだ。そいつにどうやって勝ったのかって? それは、足をかけて転ばしたのじゃ、ワッハッハ。

 

 わしは鼻をかんだり、糞をしたりして自分自身を鍛えたのだ。鼻みず曲げ、鼻筋100回、鼻止め30分など、どの本にも出ていない鍛え方で訓練した。そのおかげで気力は充実し、鼻力もついていったのだ。そんなわしが一番つらかったのは、鼻水が出ない日が1年に2回くらいある、そんな日じゃった。鼻水の訓練をしたのに出なくて、水を鼻から入れて、どんなに痛かったことか。みんなも経験があるじゃろう。

 そんなわしが1年前に、奥義を極めたのだ。どんな奥義かって? そんなすぐには教えられないなあ。わしが30年もかけてたどり着いた、極めの技だからだ。それじゃずるいって? じゃあ少しだけ教えて進ぜよう。


 それはこのようなことじゃ。わしにとって鼻水が流れるのはあたりめじゃった。鼻水を流そうと思わなくても出てきたのだ。そう、訓練してつかむことではないのだ。鼻水の流れに身を任せ、鼻水の意思を聴くのだ。鼻水がどうしたいか。鼻水は答えを知っている。鼻水は進みたがっている。鼻水自身の気持ちがあるのじゃ。その気持ちを汲んで、好きなようにさせてやるのじゃ。こうしよう。ああしようと、考えるのではなくて、鼻水の進む道にジッと付き従うのだ。鼻水に寄り添うのじゃ。鼻水に従っていけば、鼻水は水を得た魚のように自由に大海を泳ぐのだ。いいか、わすれるな。鼻水の出す、ズルズルジュルジュル、ビチョビチョに耳をよく澄まし、聞き取るのじゃ。微妙な音の違いがあるから、その気持ちを汲み取ることじゃよ。少しは分かったかな? ちょってでもそんなものかなあと思えばよろしい。それでいいのじゃよ。


 鼻みず技を極めたわしからの話はこれで終わりじゃ。

鼻みずピチョピチョリン。トンコロニュウロン、チッツーナ。この呪文をよく覚えておけ。いつか役に立つことがあるじゃろう。では。

2011-02-02 追記 + 僕の成功体験

[] 21:44

追記2011年2月2日(水)

希望のつくり方」読み終わりました。ありがとうございました。(読みに対する正しい反応としても含めて)。

 Bud Powellバド・パウエル)を聞きながら、本の読書引用最後しました。バド・パウエルの印象は、昔は壊れていただったけれど、今日感じたのは痛々しさだった。どんな生涯を送ったのだろう。精神病を持っていたと聞いているけれど。僕は好きです。






僕の成功体験

2011年2月2日(水)

 26歳くらいの時、バットをゴミステーションで拾った。木製で割れていた。ビニールテープで補強して使った。素振り用として。

 

 僕がバットを拾った理由は、なんでいいおっさんが、プロ野球、高校野球などで、バットを振るんだという疑問があったから。理由がわからなかった。

 

 この間も、アパートの時に公園に出かけバットを振って、自分を支えてもらった。何もない時(休日)に出かけてやることとして、バットを振った。

 僕にとってバットを振ることは大事になった。今はやっていないけれど、機会があればまた振るだろう。

希望のつくり方」を読んで、僕にもわからないことから成功した体験があったので書きました。

 負荷をかけるということでは、バットのほかに、近所の山のぼりなどもしました。いまはやっていません。