external storage

2017-11-28

postgres クエリ停止

18:45

2. pidから実行中のクエリを殺す
殺したいクエリのpidさえ分かれば、以下のクエリでプロセスを殺すことが出来る
SELECT pg_cancel_backend(847);
これは SIGINT にあたる。
これでも死なない場合は、
SELECT pg_terminate_backend(847);
を使えば、 SIGTERM に相当するので死ぬはず。
これを実行した際に起こることには責任は持てないので、使うときは自己責任で。
現在実行中のSQLクエリを殺す流れ - Qiita

2017-11-09

NFS

18:12

NFSの稼働状況確認 - mikedaの日記

NFS FreeBSD


NFS OSX

-o resvport

https://thornelabs.net/2013/10/15/operation-not-permitted-mounting-nfs-share-on-os-x-mountain-lion.html

Use autofs on Mac OS X to mount network shares automatically during access ? GitHub


Leopard -

がんちゃんのブログ: nfsで公開されているディレクトリをLeopardでマウントする方法


synology

https://www.synology.com/en-us/knowledgebase/DSM/tutorial/File_Sharing/How_to_access_files_on_Synology_NAS_within_the_local_network_NFS

セキュリティ フレーバー:

特定のユーザー アカウントで NFS を介して共有フォルダにアクセスする場合:

AUTH_SYS セキュリティが導入されている場合:クライアントは NFS クライアントと Synology NAS で全く同じ UID(ユーザー識別子)と GID(グループ識別子)を持っていなければなりません。そうしなければ、クライアントが共有フォルダにアクセスするときに、「others」という許可が割り当てられます。権限が競合しないように、[Squash] から [全ユーザーを admin にマップ] を選択するか、共有フォルダに「すべてのユーザー」権限を割り当てます。

https://www.synology.com/ja-jp/knowledgebase/DSM/help/DSM/AdminCenter/file_share_privilege_nfs

https://amigotechnotes.wordpress.com/2014/11/24/using-nfs-to-share-files-on-synology-between-os-x-and-linux/

ダウングレード

Synology DSM はバージョンダウンが出来ない仕様となっており、どうしてもバージョンを下げたい場合は

SSHでログインし、バージョン管理ファイル直接編集する必要があります。

以下ではターミナルソフトを使用する方法でバージョンを偽造し、DSMを更新するふりをさせて古いバージョンへ書き換える方法を紹介します。

ASK - FAQ - DSMのバージョンダウンが出来ません、どうしたら出来ますか? ターミナル編

https://archive.synology.com/download/DSM/

2017-11-02

メール sendmail Gmail 再送

12:16

sendmail tips relay先の冗長化とか再送間隔とか。 - Qiita

Gmail

受信制限 - G Suite 管理者 ヘルプ

SMTP エラー リファレンス - G Suite 管理者 ヘルプ

Gmailが大量にメールを受信したら450-4.2.1エラーになってメール受信が遅延した - F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

sendmail

Linux:sendmailのメールキューを削除するには? | KAKIMASSE

fine(`confTO_QUEUERETURN', `1d')dnl

キューに溜め込んだメールをどれ位の期間保存しておくかを指定させる。

ここで指定した時間を過ぎると、メールは消去され、送信者にその旨

報告するメールを送る。

この例では1日(24時間)に指定している。

sendmail-8.12.10の設定

Postfix

Postfix でメール送信量の制限方法

2017-10-26

2017-09-01

munin rrdcached

23:13

http://munin-monitoring.org/wiki/rrdcached

http://munin.jp/wiki/rrdcached

https://www.tumfatig.net/20150731/enabling-rrdcached-for-munin-on-openbsd/

http://pocketstudio.jp/log3/2013/07/31/bring_back_io_with_munin_and_rrdcached/

https://github.com/munin-monitoring/munin/blob/master/plugins/node.d.debug/rrdcached

freebsd

vi /etc/rc.conf
rrdcached_enable="YES"
rrdcached_flags="-s munin -l /var/run/rrdcached.sock -p /var/run/rrdcached.pid -w 1800 -z 1800 -f 3600"

vi /etc/group
munin:*:842:www

vi /usr/local/etc/munin/munin.conf
rrdcached_socket /var/run/rrdcached.sock

munin plugin

cd /usr/local/share/munin/plugins/
wget https://raw.githubusercontent.com/kurita0/munin-freebsd/master/rrdcached
chmod +x rrdcached
ln -s /usr/local/share/munin/plugins/rrdcached /usr/local/etc/munin/plugins/

vi /usr/local/etc/munin/plugin-conf.d/rrdcached.conf 
env.peer /var/run/rrdcached.sock

2017-08-31

munin グラフを非表示にする

22:36

[localhost]
    address 127.0.0.1
    use_node_name yes
    ...
    sensors_temp.graph no
    hddtemp_smartctl.graph no

最後の2行は、既存の sensors_temp プラグインと、 hddtemp_smartctl プラグインのグラフを表示しなくするための設定です。 これらのグラフのデータはまとめて全て描画するようにしたので、表示するだけ無駄ですよね。ここでnoと設定していても、無効になるのはグラフ生成だけで、データの取得は行われるので問題無しです。

muninの設定(つづき) - 玉虫色に染まれ!

http://grokbase.com/t/sf/munin-users/1024bvmx4e/hiding-graphs-without-deleting-plugins

2017-08-28

munin graph_data_size

23:56

http://munin-monitoring.org/wiki/format-graph_data_size

In this format the original values normal/huge can be translated :

normal meaning custom 2d, 30m for 9d, 2h for 45d, 1d for 450d

huge meaning custom 400d

normalだと、hour=5分精度(5分*1)を48時間まで/day=30分精度(5分*6)を9日分/month=2時間(5分*24)精度を45日分/year=1日精度(5分*288)を450日

http://pocketstudio.jp/log3/2012/02/15/munin2beta_review/

normal rrdファイル1つ50kB

huge rrdファイル1つ2.6MB

custom 1w, 30m for 1t, 2h for 6t, 1d for 1y

7日(5分精度) + 31日(30分精度) + 31 * 6日(2h精度) + 365日(1d精度) = 589日

で rrdファイル1つ160KB

rrdtool info nginx_request-request-d.rrd

munin 2 の作成した rrd ファイルを確認する | 技術的生存報告記

2017-08-04

bind

21:55

http://park12.wakwak.com/~eslab/pcmemo/linux/bind/bind2.html

https://futuremix.org/2010/03/bind-named-checkconf-error-check-command

お名前.com セカンダリDNS(Slave)

https://help.onamae.com/app/answers/detail/a_id/7872

ACL ONAMAE {
    210.172.129.81;
    163.44.76.202;
};

のように記述、 zone では

               allow-transfer { ONAMAE; };

http://www.fens.net/modules/wiki/?dialy%2F2016-11-25

2017-08-02

2017-07-26

2017-07-12

2017-07-06

AWS RDS mysql

20:30

デフォルトのパラメータグループは、パラメータの変更ができないため、値を変更したい場合はパラメータグループの付け替えが必要となります。

パラメータグループの付け替えは、RDSの再起動が必要となるため、動的パラメータを変更するときも再起動が必要となってしまいます。

パラメータグループは、デフォルトのものではなく、独自に作成したものを使うのがおすすめです。

Amazon RDS for MySQLでスロークエリーログを出力させる手順 – サーバーワークスエンジニアブログ

2017-07-05

osx リカバリ

17:35

http://qiita.com/chino_tweet/items/5e1b430ef227dc28c038

これまでは、電源を入れた直後に cmd + R を押し続けて起動することで、現在インストールしているバージョンのmacOSを再インストール。option + cmd + R を押し続けて起動することで、Mac購入時にプリインストールされていたバージョンが(インターネット経由で)再インストールされましたが、「macOS Sierra 10.12.4」以降はこれが若干変更されます。

https://ipod.item-get.com/2017/03/macos_sierra_10124macos.php

2017-06-23

Linux swap

12:12

RHEL6.4(kernel 2.6.32-303)以降、vm.swappiness=0 にすると OOM Killer が発動しやすくなるので、1 にしましょうという話を見かけるのでメモ。詳しくは後日調べる予定。

RHEL6.4(kernel 2.6.32-303)以降の vm.swappiness=0 と OOM Killer の関係 - ablog

https://bugs.launchpad.net/charms/+source/nova-compute/+bug/1660248

/etc/sysctl.d/50-nova-compute.conf
vm.swappiness = 1

2017-06-21

bash-completion

15:43

sshのhost名を自動補完させる - Qiita

FreeBSD

sudo pkg install bash-completion

$ vi .bashrc
[[ $PS1 && -f /usr/local/share/bash-completion/bash_completion.sh ]] && \
	source /usr/local/share/bash-completion/bash_completion.sh
if [ -f $(brew --prefix)/etc/bash_completion ]; then
    COMP_KNOWN_HOSTS_WITH_HOSTFILE='' # this suppresses use of /etc/hosts
    . $(brew --prefix)/etc/bash_completion
fi

#124: Exclude /etc/hosts from bash_completion | SelfSolved

2017-06-13

Apache umask

| 14:20

# echo 'umask 2' > /usr/local/etc/apache22/envvars.d/umask.env
# /usr/local/etc/rc.d/apache22 restart

https://forums.freebsd.org/threads/24035/

2017-05-30

varnish 管理

11:44

Varnish Administration Console (VAC) Cluster Management https://www.varnish-software.com/vac

VaaS - Cluster Management https://github.com/allegro/vaas

Vaban Cluster Management https://github.com/martensson/vaban

https://varnish-cache.org/extras/

https://github.com/martensson/vaban

vaban の設定ファイル config.yml の secret: は

>>-S secret-file # Secret file for CLI authentication<<

で指定するシークレット

varnish 認証

11:46

Varnish 4 ではシークレットファイルの扱いが変わっている

V3 のように -S オプションを指定しなかった場合、シークレットファイル $PREFIX/var/varnish/hostname/_.secret を自動的に作成して認証に利用する。

varnishの管理インターフェースの認証について | Siguniang's Blog

http://blog.xcir.net/?p=198

2017-05-23

WordPress ステージング 本番 環境 同期

20:29

GMO WP Cloud -> Z.com WP

Z.com WP

https://hosting.z.com/jp/service/wp/

改良されたステージング環境の利用方法!Z.com WordPressサーバー

本番環境サイトとステージング環境サイト間のサイトコピーは、本番環境サイトのダッシュボード上

に設置してあるオリジナルプラグインでご利用いただけます。

http://support.wpcloud.jp/2335/

https://www.sitepoint.com/synchronize-wordpress-live-development-databases/

wordmove