猿板 RSSフィード

2018-06-18 河童の日々遊山 うつわ日月

家宴会

 翌日も休みのTommyさんと

下山後我が家での反省会を設けた。

 明日はこの器の故郷に行こう。


◆雨の遊山

 「前から行きたかったんです」

tochikoのお気に入り須崎在住の陶芸家

小坂明さんのギャラリーを訪れた。


f:id:kurokoshusaru:20180618190530j:image

                  f:id:kurokoshusaru:20180618190509j:image

◆職人の話

 小坂さんは武蔵野美術大学

21年間陶芸の講師をされていた。


f:id:kurokoshusaru:20180618190815j:image


「僕より教え子たちが

  みんな有名になっちゃって…」

 と謙遜されるが

                  f:id:kurokoshusaru:20180618190802j:image

ご自身も日本のみならず

中国台湾などでも個展に呼ばれ

明さんの焼きものファンは

世界に沢山いらっしゃる。


f:id:kurokoshusaru:20180618190749j:image

 「なんでこんなに

   なっちゃんたんだろうねぇ」

いま中国などの富裕層の注文が殺到し

新作を手がける時間がなかなかとれないと言う。


                f:id:kurokoshusaru:20180618191410j:image

◆温かい人生を送る

“普段の暮らしで使う器を焼く”

それが小坂さんの一貫したスタイルで

目の肥えた外国の富豪の心を引きつけている。

 「今の日本人は100均なのにね」


f:id:kurokoshusaru:20180618191356j:image


 私も私なりに中国に行き

中国人と接して感じたのですが

みんな日本のことが大好きですよね。

                f:id:kurokoshusaru:20180618191343j:image

 「私もそう思うなぁ

   じゃなきゃ爆買いなんかしないよ」

そして今の日本人にはもっと

知的好奇心を持ってもらいたいと仰る。


f:id:kurokoshusaru:20180618191732j:image


 「これ最近お気に入りだけどどう?

   この象牙のような仕上がりがいいでしょう」

 夏は磁器ですよね。

早速今晩晩酌に使います (^_^)


                 f:id:kurokoshusaru:20180618191719j:image


  春の月ありしところに梅雨の月  高野素十

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kurokoshusaru/20180618