猿板 RSSフィード

2018-08-21 大暑の梶ヶ森遊山 癒すこと

木段

 頂上まで続く木段が始まる。

この木段は作った頃から歩幅に合わず

また水をせき止めるため土が掘れ

維持を怠れば逆に障害物となる。


◆夏の空

 「自然を知らないものが

   山に関わるとそうなる」

ある山守はそう指摘していた。


f:id:kurokoshusaru:20180821185553j:image


 善意であることは間違いないが

それが仇になることは悲しいことだ。

                 f:id:kurokoshusaru:20180821191218j:image

◆橅の森

 双耳峰である梶ヶ森の

頂上に続く稜線に上がり

稜線を覆うブナ林に入る。


f:id:kurokoshusaru:20180821185938j:image


登りはじめて2時間弱

家から3時間半でブナに会える

これも四国の良さの一つかもしれない。


             f:id:kurokoshusaru:20180821185927j:image

◆隠れ家

 林道が復旧するまで山荘は休業

私たちはいつもの小屋でお昼とした。


f:id:kurokoshusaru:20180821190428j:image


 帰りはお願いします m(_ _)m


                     f:id:kurokoshusaru:20180821190417j:image

夏の運動は汗腺と

筋肉を刺激する程度がよく

過ぎた負荷は身体を痛める。

         f:id:kurokoshusaru:20180821190743j:image f:id:kurokoshusaru:20180821190731j:image

 まあ今日は時間あるし

のんびりして帰ろうや (^_^)

夏は程よい休養も大切だろう。


f:id:kurokoshusaru:20180821191244j:image


 祭りが終わったら

秋が来るがやね。


                f:id:kurokoshusaru:20180821191231j:image


  夏空へ雲のらくがき奔放に  富安風生

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kurokoshusaru/20180821