ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

エル・ライブラリー 大阪産業労働資料館 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

震災復興支援
エル・ライブラリーは博物館・美術館、図書館、文書館、公民館(MLAK)の
被災・救援情報サイト「saveMLAK」の活動に参画しています。

2016-05-22

新着雑誌です(2016.5.21)

| 16:50 | 新着雑誌です(2016.5.21)を含むブックマーク 新着雑誌です(2016.5.21)のブックマークコメント


今週の新着雑誌です。
新着雑誌は閲覧のみです。貸出はできません。
労務事情 No1318 2016.5.15 (201252095)
労務事情 No1317 2016.5.1 (201252129)
賃金事情 No2717 2016.5.5 (201252038)
賃金事情 No2718 2016.5.20 (201252061)
人事実務 No1160 2016.5.1 (201252046)
労働経済判例速報 2271号 2016.4.30 (201252137)
労働法律旬報 1861号 2016.4.10 (201252160)
労働法律旬報 1862号 2016.4.25 (201252178)
労働法学研究会報 No2620 2016.5.1 (201251972)
労働法学研究会報 No2613 2016.1.15 (201252004)
ビジネスガイド No822 2016.6.10 (201252087)
企業と人材 No1039 2016.5.5 (201251980)しょ
労働基準広報 No1888 2016.5.11 (201252111)
労働基準広報 No1887 2016.5.1 (201252145)
労働基準広報 No1886 2016.4.21 (201251949)
賃金と社会保障 1656号 2016.4.25 (201252152)
賃金と社会保障 1657号 2016.5.10 (201251956)
旬刊福利厚生 No2198 2016.4.26 (201252079)
地域と労働運動 188 2016.1.25 (201252012)
労働法令通信 No2408 2016.2.8 (201252103)

詳細な目次はこちら

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/l-library/20160522

2016-05-21

l-library2016-05-21

「繊維女性労働者の生活記録運動」

| 15:59 | 「繊維女性労働者の生活記録運動」を含むブックマーク 「繊維女性労働者の生活記録運動」のブックマークコメント

『繊維女性労働者の生活記録運動:1950年代サークル運動と若者たちの自己形成』
 辻 智子著(北海道大学出版会/2015/A5判508頁) 

 本書は1950年代の生活記録運動と生活綴り方運動を、繊維女性労働者の生活記録運動と結びつけて展開する。東亜紡績泊工場(三重県)における「生活を記録する会」の活動を舞台に、「書く」という作業を通して自己を対象化し「自己内対話」を重ね、仲間たちと討議し合う過程で「自己改造」を遂げていくさまが、彼女たちのナマの文章・言葉によって検証されている。

 出版元の北海道大学出版会による本書の特徴は以下の通りである(本書は「北海道大学学術成果刊行助成」を受けている)。
 

彼女たちは何を悩み、書き、考えたのか。紡績工場の労働組合文化活動から生まれたサークル「生活を記録する会」に残されたガリ版刷りの文集や通信、メンバーの個人日記やインタビューから、10代、20代の工員たちが、書くことで問題を対象化し、仲間で語り合い、解決していく実践を、社会情勢も踏まえて、具体的・多角的に記述。50年代後半以降の工員たちの人生にも着目する。「母の生き方と自分の生き方」や「仲間のなかの恋愛」「寮自治」「農村に嫁ぐこと」など書くこと・語り合うことで問題にじっくり向き合い、理解と納得を導いてきた女子工員たちの実践の記録。

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/l-library/20160521

2016-05-10

バザーフェスタを開催しました(2016.5.7)

| 14:40 | バザーフェスタを開催しました(2016.5.7)を含むブックマーク バザーフェスタを開催しました(2016.5.7)のブックマークコメント

f:id:l-library:20160507143044j:image:w360:right「まちライブラリー・ブックフェスタ2016in関西連携企画」の第2弾として、バザーフェスタを開催しました。
当日は開催時間の1時間以上も前から待っている方々もいらっしゃいました。開場とともに一気に品物を積み上げて買っていかれました。古本も台車でなんども運ぶほど購入してくださるなど、予想以上の売れ行きでした。


f:id:l-library:20160507143000j:image:w360:left展覧会の図録、古い特集雑誌、絵本、楽譜、専門書などいろいろなジャンルを送っていただた古本は、来場者の方々に「発掘」も楽しみながら購入していただきました。フェスタ当日も、バザー用品を持参していただいたりもしました(会場にだすやいなや速攻売れてしまいました)。


廊下に広げた古本は、同じくブックフェスタ2016in関西の企画行事で来館された方々に運んで片付けていただきました。助かりました!

 バザー会場では熊本学園大学の山田美幸先生からご提供いただいた被災状況の写真をスライド上映し、一部は印刷して掲出しました。

f:id:l-library:20160507142755j:image:w360:right全国からバザー用品、古本をお送りいただいた皆さま、それらの整理をしてくださったボランティアの皆さま、当日の売り子をしていただいたボランティアの皆さま、広報してくださった皆さま、企画の成功を祈ってくださった皆さま、お買い上げくださった皆さま、本当にありがとうございました。皆さまのご支援に支えられているエル・ライブラリーですが、このような折には温情を改めてありがたく噛みしめております。

 おかげさまで売り上げは12万8030円となりました。うち、7万円を熊本大地震で被災された方々の救助活動に取り組んでおられる熊本学園大学に義援金として寄付させていただきます(寄付の詳細につきましては後日ご報告いたします)。(千本)

nobusunnobusun 2016/05/10 20:11 微力でしたが、お役に立てたようで……(~_~;)

l-libraryl-library 2016/05/10 20:21 ありがとうございました!
Facebookでの広報拡散もお役立ち! これからもお頼み申します。

2016-05-09

「困ったときは図書館へ2」大盛況

| 16:58 | 「困ったときは図書館へ2」大盛況を含むブックマーク 「困ったときは図書館へ2」大盛況のブックマークコメント

 4月30日(土)に開催した、「こどももおとなも集まれ! 学校図書館のすごさを知ろう! 困ったときには図書館へ2」は、狭いエル・ライブラリーの閲覧室に大入り満員の34人参加により、盛況裡に終了いたしました。

【まちライブラリー・ブックフェスタ2016in関西連携企画 第1弾】として開催したこのイベントは、去年も行ったトークイベントの続編でもあります。

f:id:l-library:20160510170545j:image:w360

 講師3名による自己紹介と読み聞かせから始まり、三人それぞれの個性あふれるプロの読み聞かせに感動。フロアの参加者を巻き込んで本音トークが繰り広げられました。学校図書館現場のしんどさを聞くにつけ、「一人職場」と嘆く人々の声も、専門図書館の「ワンパーソンライブラリーと変わらないなぁ」という感慨を持ちました。しんどいだけではなく、やりがいのある職場の楽しさもまた語られていて、会場はときとして笑いに包まれ、和やかに議事が進行しました。

 なお、当日の様子はTwitterによって速報し、参加者の「つぶやき」をまとめたtogatterをコーディネーターの井上昌彦さんが作成してくださっています。詳細はこちらをご覧ください。
http://togetter.com/li/968952

 シンポジウムがはねた後は懇親会へ。こちらも約15名が参加し、大いに気炎を上げたことでありました。今後も図書館員や図書館に関心の深い人々とつながり合い励まし合い、情報を交換してよりよい図書館を作っていきたいと思います。

 ご参加いただいた皆様からはカンパを頂戴し、お土産もたくさんいただきました。本当にありがとうございました!(谷合)

【まちライブラリー・Book Festa 2016 in KANSAI 連携企画 第1弾】

  • 学校図書館とはそもそも何のためにあるのか? 今どうなっているのか?これからの学校教育の中でどんな役割を果たしていくのか?
  • 「困ったときには図書館へ2」の著者たちがエルライブラリーに大集合!学校図書館の未来について、今学校に通っているこどもたちとおとなたちとで一緒に考えませんか? そして、専門図書館や資料館と学校図書館との連携の可能性をさぐります。
  • パネリスト:中山美由紀、頭師康一郎、神代浩
  • コーディネーター:井上昌彦
  • 『困ったときには図書館へ2 学校図書館の挑戦と可能性』サイン即売会あり
  • 参加費:無料、カンパ歓迎
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/l-library/20160509

2016-05-06

いよいよ明日! バザーフェスタ開催

| 17:12 | いよいよ明日! バザーフェスタ開催を含むブックマーク いよいよ明日! バザーフェスタ開催のブックマークコメント

※バザーの売り上げの一部を熊本学園大学に義援金として寄付します。同大学では、被災者のために校舎を開放し、教職員・学生が献身的に救助活動をされています。自ら被災した教員たちも連日泊まり込みで奮闘しています※


 「まちライブラリー・ブックフェスタ 2016 in 関西」連携企画第2弾は、「バザーフェスタ」

 5月7日(土)10:00−17:00
 エル・ライブラリーにて
 雑貨バザーと古本市を開催します。


当日はライブラリーを休館して、閲覧室内全体をバザー会場に設(しつら)えます。
みなさまには、バザー用品のご寄付と、当日のお買い物で図書館運営資金へのご支援をお願い申し上げます。
5月7日当日の持ち込によるバザー用品寄付も受け付けております。

◆開催日時:5月7日(土)10−17時
◆場所:エル・ライブラリー内
◆地図:http://shaunkyo.jp/access.html
◆募集:古本(美本歓迎)、中古CD・DVD、日用雑貨(未使用品)、高級ブランド服飾雑貨(服はクリーニング済みに限る)
◆送付先:恐れ入りますが、送料はご負担ください。
540-0031 大阪市中央区北浜東3−14 エル・おおさか4階 エル・ライブラリーまで
◆お問い合わせ:lib@shaunkyo.jp または 電話:06-6947-7722

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/l-library/20160506

2016-04-26

l-library2016-04-26

『日本における女性と経済学 1910年代の黎明期から現代へ』

| 10:48 | 『日本における女性と経済学 1910年代の黎明期から現代へ』を含むブックマーク 『日本における女性と経済学 1910年代の黎明期から現代へ』のブックマークコメント

 栗田啓子・松野尾裕・生垣琴絵 編著(北海道大学出版会/2016/A5判338頁)

 本書は、東京女子大学女性学研究所プロジェクト研究と日本学術振興会の助成を受けた共同研究の成果で、8名が執筆している。テーマは、日本において女性に対する経済学教育はどのように成立したのか、女性の経済学者はどのように誕生したのかの歴史的研究を通して、女性が経済学に関わることによって、どのように既成の経済学を変えていく視点が提出されたのか、その現代的意義を投げかけることにある。そして、経済(学)教育を通じた新しい女性像の検討が新しい社会のビジョンと新しい女性の生き方を浮彫りにすることに期待すると結ばれている。
目次は、以下の3部構成と巻末「対談」が配置されている。

  • 第1部 女性への経済学教育― 新渡戸稲造と森本厚吉
  • 第2部 生活への視点
  • 第3部 労働への視点
  • 対談「女性と経済学」をめぐって 竹中恵美子・村松安子

続きを読む

2016-04-23

バザーフェスタ開催

| 17:12 | バザーフェスタ開催を含むブックマーク バザーフェスタ開催のブックマークコメント

※バザーの売り上げの一部を熊本学園大学に義援金として寄付します。同大学では、被災者のために校舎を開放し、教職員・学生が献身的に救助活動をされています。自ら被災した教員たちも連日泊まり込みで奮闘しています※


 「まちライブラリー・ブックフェスタ 2016 in 関西」連携企画第2弾は、「バザーフェスタ」

 5月7日(土)10:00−17:00
 エル・ライブラリーにて
 雑貨バザーと古本市を開催します。


当日はライブラリーを休館して、閲覧室内全体をバザー会場に設(しつら)えます。
みなさまには、バザー用品のご寄付と、当日のお買い物で図書館運営資金へのご支援をお願い申し上げます。

◆開催日時:5月7日(土)10−17時
◆場所:エル・ライブラリー内
◆地図:http://shaunkyo.jp/access.html
◆募集:古本(美本歓迎)、中古CD・DVD、日用雑貨(未使用品)、高級ブランド服飾雑貨(服はクリーニング済みに限る)
◆送付先:恐れ入りますが、送料はご負担ください。
540-0031 大阪市中央区北浜東3−14 エル・おおさか4階 エル・ライブラリーまで
◆お問い合わせ:lib@shaunkyo.jp または 電話:06-6947-7722

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/l-library/20160423

2016-04-22

新着雑誌です(2016.4.22)

| 16:37 | 新着雑誌です(2016.4.22)を含むブックマーク 新着雑誌です(2016.4.22)のブックマークコメント


今週の新着雑誌です。
新着雑誌は閲覧のみです。貸出はできません。
労政時報 No3908 2016.4.22 (201251964)
賃金事情 No2716 2016.4.20 (201251998)
労務事情 No1316 2016.4.15 (201251832)
労働法学研究会報 No2619 2016.4.15 (20251865)
労働法令通信 No2414 2016.4.8 (201251899)
労働法令通信 No2415 2016.4.18 (201251923)
労働法令通信 No2416 2016.4.28 (201251931)

詳細な目次はこちら

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/l-library/20160422

2016-04-19

8月15日から3月31日までに登録した図書

| 19:26 | 8月15日から3月31日までに登録した図書を含むブックマーク 8月15日から3月31日までに登録した図書のブックマークコメント

 この期間に登録した図書は1304冊。このうち、2013年以降に刊行されたものは以下の114件です。

 閲覧・複写はどなたでもどうぞ。貸出はサポート会員様に限らせていただいております。サポート会員のご案内はこちら。http://shaunkyo.jp/members.html

 お手数ですが、資料の書誌詳細や、貸出中かどうかなどは蔵書検索のページでお調べください。またはお電話やメール(lib@shaunkyo.jp宛)でお問い合わせください。

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/l-library/20160419

2016-04-16

新着雑誌です(2016.4.16)

| 16:41 | 新着雑誌です(2016.4.16)を含むブックマーク 新着雑誌です(2016.4.16)のブックマークコメント


今週の新着雑誌です。
新着雑誌は閲覧のみです。貸出はできません。
賃金事情 No2715 2016.4.5 (201251774)
ビジネスガイド No821 2016.5.10 (201251717)
企業と人材 No1038 2016.4.5 (201251915)
労働判例 No1128 2016.4.1 (201251881)
労働判例 No1129 2016.4.15 (201251790)
労働経済判例速報 2269号 2016.4.10 (201251766)
賃金と社会保障 1655号 2016.4.10 (201251824)
労働基準広報 No1885 2016.4.11 (201251857)
労働法令通信 No2411 2016.3.8 (201251741)
労働情報 933 2016.4.15 (201251808)

詳細な目次はこちら

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/l-library/20160416