メルボルンでこつこつとやる

2009-06-18 Scopro Chardonnay 2006

lateral552009-06-18

[]Scopro Chardonnay 2006 06:29

キリッとして旨かった。この辺のワインも数年前の山火事のせいでしばらくは厳しいらしい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/lateral55/20090618

2009-02-11 日本対オーストラリア

[]日本オーストラリア 20:53

さあ,今日はワールドカップ出場のために両者負けられない一戦です。とくにワールドカップ招致を目指す両国は決定時期が近づいてきたこの時期にやはり良い印象を残したいはず!

てなわけで,当地メルボルンも大盛り上がり,,,,なわけなくてテレビ放送すらない始末ですよ。クリケットは何時間もやってんだどなあ。

とほほ。

フジイフジイ 2009/02/21 20:30 どうも、後輩のフジイです。
今メルボルンにいらっしゃるのですね。
今日ブックマークの整理をしていて、たまたま気がつきました。
ワールドカップといえば、何年か前ご自宅にお邪魔して、みんなで
観戦したのを思い出します。
サッカー音痴の私には、いつの大会かすらも思い出せませんが・・・。
いつまでそちらなのでしょうか。ご帰国されたら、また美味しいモノを食べに行きましょう。

lateral55lateral55 2009/02/26 07:04 どーもどーも

もう帰国しました。みんなで観たのはフランス大会(1998)じゃ
ないすかね。もう10年!まえですよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/lateral55/20090211

2009-02-09 もやしっ子

[]もやしっ子 06:04

オーストラリアでわたしがやはりひしひしと感ずるのは暑さでも,気性の違いでもありません。そう体格差です。

全員とは言いませんが,ガタイがいいのがすごく多い。XLサイズの服が着られなくなってきたし,スーツをつくっても割り増し料金を取られそうなので,そろそろ体をしぼって行こうかななんて思っていましたが,甘ちゃんの自分を反省する機会になりました。いやあ,こんな私もまだまだここではもやしっ子。なんかね,昔の少年ジャンプに載っていたブルワーカーのマンガに出てくる男の子のような気分ですよ。胸囲は110 cm,二の腕腕廻りも40 cmはあるんですけどね。

やっぱり若いうちからトレーニングをやりこんでいると,体のできあがりがちがうよなー。ちょっと計画を練り直そう。

takashitakashi 2009/02/11 00:07 http://f.hatena.ne.jp/psychologist/20090210233228
(ガチムチ兄貴集合写真)

欧米人はアジア人より5kgほど筋肉量が多いというエビデンスがあるようですが、何か上の写真を見ると、それ以上あるような気がします。まあ、ウェイト・トレーニング人口もケタが違いと思いますが。

>もやしっ子
>胸囲は110 cm,二の腕腕廻りも40 cm

ちょwwww、どこが「もやしっ子」ですか(笑)。ちなみに私は胸囲が95cm、上腕は35cm、前腕は28cmぐらいです。そんな私も、正月にゴールドジムにビジターで行ったときは、「もやしっ子」の気分になりました(苦笑)。80.5kgのダンベルを生で見たときは感動しました。

>ブルワーカー

懐かしすぎて涙が出そうになりました(笑)。

>やっぱり若いうちからトレーニングをやりこんでいると,
>体のできあがりがちがうよなー。

私も28歳のときから始めたので----もっと早くやりたかったと後悔しまくりです。筋肉は、年輪のように積み重なっていくものですよね。

クライミングは、最近多いときは週2日ほどやっています。月1回ほどは県外のクライミングジムに遠征しています。筋トレorクライミグを週3回する感じですね。最近の筋トレメニューは、クライミング強化+クライミングであまり鍛えられない筋力や拮抗筋・拮抗運動の強化をテーマに組んでいます。

心理屋同士なのに、心理の話がいっさいゼロ(苦笑)。

lateral55lateral55 2009/02/11 08:10 どーもどーも。アーッ!な写真をどうもです。

若いヤツが集まるとその写真くらいの体が10人中,3,4人いるんですよね。そうするとどうしてももやしっ子気分になりますね。

トレーニングしないと太るような食文化がある国ってどうしても体がデカくなりますね。基本,肉と芋しか食わないみたいなとこです。例えば,アメリカ,オーストラリア,ドイツ。豊かな食文化があるイタリア,フランスなんかは,あんまりゴツイ人っていないすからね。まあ,骨格差もありますけど。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/lateral55/20090209

2009-02-08 Our darkest day

[]Our darkest day 23:42

昨日のメルボルンは最高気温の記録を更新しただけでなく,とんでもないことになりました。

http://www.theage.com.au/national/our-darkest-day-20090208-810q.html

ビクトリア州だけでも山火事で何百軒もの家が燃え落ちてしまいました。死者を含め,犠牲者も多数です。自然の驚異を改めて思い知りました。私自身はシティにいるので山火事の直接被害はありませんが,知り合いのなかには避難しているひともいます。ひとごとではいられません。

なかでも研究室のボスがボランティア消防士として働いているので心配です。現在は消火活動中なのでもちろん連絡はとれていません。注意深い人なので大丈夫だとは思うのですが。。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/lateral55/20090208

2009-02-07 暑い(と言うよりも熱い)

lateral552009-02-07

[]暑い(と言うよりも熱い) 06:42

さあ,今日のメルボルンの天気予報ですが最高気温44度とのこと。もしかするとこれまでの記録を更新するくらい熱くなるかもしれないとのことです。

画像はネット天気予報の一部です。

http://weather.theage.com.au/local.jsp

44度の数字の横に熱風マークが見えると思います。砂漠から熱風が吹き付ける様子を模したものですね。エアコンメーカーダイキンのロゴ広告が天気予報のしたに出ているところにちょっと感心しました。やるなダイキン。こちらではエアコンのない家もまだまだ多いですからね。

40度を超えると,経験としてはレベルを超えた暑さになります。まるでオーブンの中に閉じこめられた感じで唇がひりひりし,鼻の奥まで熱気で焼けるような感じがします。

メルボルンから数十キロの片田舎でボランティア消防士をしている同僚は昨日の夜から酒を控えて,今日に備えています。彼曰く,これだけ乾燥していて,温度が高いと,山火事が起こったらとめることは出来ないそうです。だから,消火よりも,救出と被害の拡大に全力を注ぐと行っていました。

いやはやどうなることか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/lateral55/20090207

2009-02-05 ガソリン高いね

lateral552009-02-05

[]ガソリン高いね 20:34

久々にガソリンを入れてみましたが,ずいぶん高くなりましたね。

3,4年前は,1Lで1ドルを超えることなんてほとんどなかったんだけどなあ。1.24ドルなんてちょっと信じられません。


まあ,今の日本円に換算するとアホみたいに安いけどね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/lateral55/20090205

2009-02-04 限定復活 メルボルンでこつこつとやる

lateral552009-02-04

[]限定復活 メルボルンでこつこつとやる 21:52

いやあ,久々に戻って参りましたメルボルン

先週までは記録的な猛暑とのことでかなり大変だったようですが,今週は過ごしやすい夏の気候と言ったところです。最高気温33度。気持ちいいっす。

空の青さと日差しの強さが何とも心地いいです。

といいつつも,本日は仕事で臨時オフィスから昼飯以外,外に出ることはありませんでした。

うーん残念。真っ黒に日焼けする予定なのになあ。

takashitakashi 2009/02/09 02:09 師匠、お久しぶりです。

あいかわらずのフィジカル・トレーニング&バルクアップの日々でしょうか? あいかわらずキレまくっているのでしょうか? 私は現在、トレイニー以上にフリークライマーしてます(苦笑)。目下の課題は片手懸垂です。プロテインも安くて質のいいものに変え、クライミングやウェイト・トレーニング前にEAAも撮るようになりました。

>真っ黒に日焼けする予定なのになあ。

オーストラリアで大会に出場されるのでしょうか?(笑)

lateral55lateral55 2009/02/10 06:08 どーもどーも。

最近はキレを重視してたんですが,上にも書いたようにハルクも重視するよう方針変更をする予定です。

クライミングいいですよ。クライマーのひとって細いけど腕相撲強いんですよね。一回,体が小さいので油断していたら負けそうになったことがあります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/lateral55/20090204

2008-08-29 力強い文章

[]力強い文章 08:57

アフガンで亡くなられた伊藤和也さんのアフガニスタン派遣への志望動機書を読みました。文中に難しい言葉はひとつもありませんし,凝ったレトリックもありません。しかし,力強く,分かりやすく,心に響く文章でした。

ご冥福をお祈りいたします。

以下,http://www.asahi.com/special/08019/TKY200808270302.html より

私がワーカーを志望した動機は、アフガニスタンに行き、私ができることをやりたい、そう思ったからです。

 私が、アフガニスタンという国を知ったのは、2001年の9・11同時多発テロに対するアメリカの報復爆撃によってです。

 その時まで、周辺国であるパキスタンイランといった国は知っているのに、アフガニスタンという国を全く知りませんでした。

 「アフガニスタンは、忘れさられた国である」

 この言葉は、私がペシャワール会を知る前から入会している「カレーズの会」(アフガニスタン医療教育の支援活動をしているNGO)の理事長であり、アフガニスタン人でもある医師のレシャード・カレッド先生が言われたことです。今ならうなずけます。

 私がなぜアフガニスタンに関心を持つようになったのか。

 それは、アフガニスタン復興に関係するニュースが流れている時に見た農業支援という言葉からです。

 このこと以降、アフガニスタンに対しての興味を持ち、「風の学校」(海外で協力活動をする青年を育てるNGO)の設立者である中田正一先生(故人)の番組、偶然新聞で見つけたカレーズの会の活動、そして、カレーズの会の活動に参加している時に見せてもらったペシャワール会の会報とその活動をテーマにしたマンガ、それらを通して現地にいきたい気持ちが、強くなりました。

 私は、関心がないことには、まったくと言っていいほど反応しない性格です。

 反応したとしても、すぐに、忘れてしまうか、流してしまいます。その反面、関心を持ったことはとことんやってみたい、やらなければ気がすまないといった面があり、今回は、後者です。

 私の現在の力量を判断すると、語学は、はっきりいってダメです。農業の分野に関しても、経験・知識ともに不足していることは否定できません。ただ私は、現地の人たちと一緒に成長していきたいと考えています。

 私が目指していること、アフガニスタンを本来あるべき緑豊かな国に、戻すことをお手伝いしたいということです。これは2年や3年で出来ることではありません。

 子どもたちが将来、食料のことで困ることのない環境に少しでも近づけることができるよう、力になれればと考えています。

 甘い考えかもしれないし、行ったとしても現地の厳しい環境に耐えられるのかどうかもわかりません。

 しかし、現地に行かなければ、何も始まらない。

 そう考えて、今回、日本人ワーカーを希望しました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/lateral55/20080829

2008-04-28 Have fun!

lateral552008-04-28

[] Have fun! 18:26

この間まで西の方に出張して学会に出ておりました(写真参照)。

数年前までは学会ってなんか食傷気味だったんですが,最近はまた行くのが楽しみになっています。刺激を受ける機会が相対的に減っているのが原因なのかもしれません。

今回の学会ではノーベル賞級の著名研究者に捧げるシンポジウムが丸一日開催されていました。大物がずらりと並んでいて見ているだけで楽しかったです。

そこでノーベル賞研究者の名言集で紹介されていたのが,

Have fun, or do something else!

という言葉でした。人柄を表すイイ言葉だと思いました。わたしも肝に銘じます。

ほかにも

It's five o'clock! Let's go and grab some beer!

というのもありました。これもまたよし。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/lateral55/20080428

2008-02-15 「日雇い派遣」の全面禁止 民主、労派法改正案提出へ

[]「日雇い派遣」の全面禁止 民主、労派法改正案提出へ 14:01

http://www.asahi.com/politics/update/0215/TKY200802140336.html

わたしは賛成です。

日雇い派遣業なんてのは,大昔の「口入れ屋」の仕事なわけで,言って見りゃ一癖も,ふた癖もある人達の仕事だったわけです。縁もゆかりもない,頼るあてもない裸一貫の人達を「顔役」が面倒見る仕組みですよ。

そんなものをですね,これ幸いとばかりに平気で利用するなんてのはなんて言うんですかね,品がない

単に金を稼ぐ,利益をあげるというだけの発想は卑しい。どんな人にも社会を築く,維持するという視点がなくてはなりません。ましてや人を使う立場の人はそれこそを重視するべきでしょう。

ここ最近起こっている非正規雇用の増加は異常です。日本の社会システム正規雇用者のために出来上がっています。したがって,非正規雇用者はひどく損をすることになります。健康保険だ,失業保険だなんてものをとってもまるで違います。なんとかまともな状態にしなくてはなりません。

そういったなかでとりあえず日雇い派遣を禁止するというのは第一歩としては評価できるとわたしは思います。さらに正規雇用率の規制とか,長期にわたる非正規雇用正規雇用へ転換することへの推奨なんかも目指して欲しいです。正社員よりずっと仕事が出来る長時間勤務のパート,バイト派遣が山ほどいるなんて,大多数が正規雇用をのぞんでいることを考えると絶対おかしいですよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/lateral55/20080215