Showman~ショウマン~のブログ

2018-04-28

公演のお知らせ 16:18

劇座公演のご案内です‼️

紙屋町さくらホテル」作:井上ひさし

日時:

6月8日(金)13:00◆/18:00●

6月9日(土)13:00●/18:00◆

6月10日(日)11:00◆/15:00●

(一部ダブルキャスト

会場:愛知県芸術劇場小ホール

料金は3,000円

出演:

天野 鎮雄・岡田 一彦・岩田 和丈・

末吉 康治・麓 貴志・堀 優子

(以下ダブルキャスト

◆寺田 美香・山下 ゆり・尾藤 涼和

●西脇 瑞紀・とおやま 優子・松本 広子

昭和20年5月の広島

紙屋町さくらホテルは

移動演劇隊さくら隊の宿舎になっている。

さくら隊の隊長は名俳優の丸山定夫

そして丸山を師と仰ぐ、女優の園井恵子

二人は三日後に「無法松の一生」が上演出来るように、現地採用の素人を集めて稽古に熱心だ。

ところが。

舞台立つ予定の、さくらホテルのオーナー、神宮純子が特高の監視下に入ってしまった。

ホテルには特高刑事が入り込み、また謎の薬売りに、傷痍軍人もいてと様々な人間が集まってくる。


はたして。

公演は無事に終わるのか⁉️

戦争も激しくなる中。

イキイキと時代を生きた人間たちの物語です。

劇座 http://gekiza.sub.jp/

2018-01-09 9連覇?

先日。

大学ラグビー帝京が9連覇した。

僕はその「9連覇」に驚いた。

「いつの間に?」

ラグビーに興味を無くしてから10年になるんだ。


僕が夢中でラグビーをテレビで見ていたのは、

林、大八木、平尾、大西、堀越 などなど。

神戸製鋼が七連覇した時代だった。

中でも平尾に始まり、平尾が引退したら興味が薄れ

ラグビーを見なくなってしまった。

その平尾氏も早すぎる死だった。

その間に大学ラグビーで9連覇が。

毎年、顔ぶれが変わる大学で連覇は非常に難しい。

それをやってのけた帝京には何があったのだろうか?

興味が湧く。



演劇も一緒。

今はまた劇団という「集団」が見直されている。

同じメンバーで作品を作り続ける重要性。

そりゃそうだろう。

相手が分っているから呼吸も分りやすい。

ところがプロデュース公演となると、

いろんな劇団から人が集まってくる。

当然、間が合わなかったり、しっくりいかなかったりする。

芝居が噛み合なくてギクシャクする。

案の定、寄せ集めの公演で幕が上がる降りる。

そうなると技術の問題ではなくて、

いかに全員が同じ方向に向いているかが焦点になる。

しかし個々にプロとアマの違いが出る。

向き合い方が違うと「差」が出て来て纏まらない。


話はズレたが。

学生は毎年入れ替わる。

その環境の中で、1年生から4年生迄、

シッカリと方向を見つめて纏まり9連覇したことは凄い。


そんな時代が来るとは思わなかった。

いろんな事が日々進化していくんだね。

2018-01-07 新年

f:id:mabikitei:20171102115041j:image

f:id:mabikitei:20180107224541j:image

「暮らしの詩」

希代のジャーナリスト花森安治

彼の才能と苦悩を描いた作品。

2月に名古屋市の四会場で上演。

2017-09-10 眼鏡

やっと?

近くも遠くも見にくくなった。

近くはボケる

遠くもボケる

2.0だった視力が1.0をとうとう下回った。

このままだと視力が0になるのではないかと不安になる。

免許の書き換えの時に、視力検査のあと、別室に呼ばれて再検査。

0.7と0.3と判断され「次回の書き換えの時は眼鏡持参」と言われていた。

でも。

そのままにしていたのだが。

やはりここらで眼鏡を購入する事にした。

街の眼鏡屋に行って視力をはかり直してもらい、

やっと眼鏡を購入。

今回は遠くをはっきりと見える眼鏡。

かけてみたらなんと!

それまでボケていた世界がくっきりと見える!

素晴らしい!


これから眼鏡をかけた生活が始まります。

2017-09-01

どこからか菌をもらってしまい、

二日間、38度の熱に身体がぐったりとした8月上旬。

公演の疲れがどっと出たのか?

身体がだるくて重たかった。

ようやくウィルスから解放されたと思ったら、

虫歯が痛み出す。

慌てて歯医者へと駆け込むがもう手遅れだった。

「抜くしかないですよ」

「出来れば歯は抜かない方が良い」

「でもここまで蝕まれたら・・・」

上の奥歯は20年ほど前、別の歯医者で処置をしてもらった。

その時に「10年、もしくは20年後には抜かなければならない。でもそれまでは持つように治療を」と言われて治療した歯だった。

治療を重ねすり減った歯は割れてしまい、そこから菌が入って「中で膿んでます」と言われた。

その膿が痛みの原因だった。

あまりにも痛いのでしばらく鎮痛剤のお世話になる。

が、痛みが続くのは嫌だから、さっぱりと抜くことにした。

麻酔を打ってもらったが、何故か効き目がない。

グイグイと歯を引っ張られると、頭を突き抜ける痛みが走る。

どうやら膿はアルカリ性

麻酔は酸性で。

中和されて効き目が薄いらしい。

何本が麻酔をかけてもらい、

「堪えるから抜いて」とお願いをして抜いてもらった。

保険が効くからと言っても治療費は馬鹿にならない。

夏風邪に、虫歯、そして一旦停止の罰金


痛い出費の8月だった(苦笑)