スマートフォン用の表示で見る

柴田勝家

社会

柴田勝家

しばたかついえ

戦国武将、織田家臣。(1522年*1〜1583年)

通称は権六で代表的な官位は修理亮。「瓶割り柴田」「鬼柴田」など渾名多数。織田四天王

織田信秀織田信長の二代に仕えた戦国武将*2。戦上手で知られ、おそらくは織田家臣団で最強の戦闘力を有する。越前朝倉氏の滅亡後は国持ちとなり、五大軍団長のひとりとして北陸を担当、「最強の敵」たる上杉家にあたる。

信長死後は自立。清洲会議以降は秀吉と天下を争うも、賤ヶ岳の合戦で敗れる。最後は越前北ノ庄城で自刃。

*1:諸説有り

*2:厳密に言うと本来は織田信勝家老ですが