Hatena::ブログ(Diary)

ふと思うこと

 | 

2017-02-20 後世に伝え残したい記憶〜あぶさん

あぶさん』には、実在の人物プロ野球関係者が多数登場する。


当時の南海ホークス野村克也選手兼任監督は、初期の頃特に、また全編を通して登場頻度が高い。


野球部の高校時代、超特大のサヨナラホームランを打ちながらベース一周中に飲酒がばれ、甲子園出場を逃した景浦安武は、目立たないノンプロチームの会社を懲戒免職され、飲み屋『大寅』で愕然としているところを旧知の南海ホークススカウト・岩田鉄五郎に契約金0円で南海入団を誘われた。


野村克也選手兼任監督は、その長打力に目をつけ、景浦安武獲得に動く。


物語は、ここから始まる。


 | 
Connection: close