Hatena::ブログ(Diary)

mathil-diary

2011-09-13-Tue おいるこーかん

今日は休み。

ナンダカンダの9連チャン出勤かましたので、やってらんね〜休日(笑)

なんて、軽くひと段落着いたからね。

アイマスク耳栓で10:00まで気持ちよく寝れた。いいね!くぅ〜っ。

管理人です。


■起きたらいきなりオフクロから、、、

「アンタ、今日は出かける?」と。

「別に。何で?」

マーチのオイル交換してよ」

「あ、そか。あいよ。」

で、やろうと思ったが(笑)、なかなかの猛暑

「…夕方やるよ」

で、昼過ぎからそんなマーチ号でオイル調達へ。



■非力で小さくてちゃっちいが、街乗りは十分すぎるくらいやね。

ココでちょっと作業レポっぽく書いてみる。

DIYオイル交換に興味がある方必見。でも、自己責任でね。


■【エンジンクールダウン

f:id:mathilda526:20110913203442j:image:w450

※走行直後は熱いので、クールダウン。30分くらい放置。

■【用意するもの】

f:id:mathilda526:20110913153522j:image:w450

ラチェット:(マーチ号は14mmだった)

 レジャーシート:(100均モノで十分=オイルで汚れるし)

 ポイパック:(廃オイルを燃えるゴミで処理できるスグレモノ ホームセンターで安くある)

 f:id:mathilda526:20110913153754j:image:w450 

   ↑ちゃんとタイラップまで奢られている。

 オイル:日産純正(こだわり一切ナシ 爆)

 エレメント:適合サイズのもの(店に適合車種一覧パンフがたいていある。分からなきゃ店で聞く)

 オイルパッキン:(毎回変えましょうここは。漏れ防止策=自動車メーカー別で売ってる)

軍手、ふきん:(お手て保護、オイル拭き用)

 オイルジョッキ(目盛り付きでないとキツイね)

 ウマまたはスロープ:(馬鹿みたいにあげる必要はない。もぐれる程度。管理人はマチ号用の自家製スロープで対応)

 ジョージア+マルボロ:一服用(管理人必須)

■【ポイパックスタンバイ】

f:id:mathilda526:20110913154436j:image:w450

f:id:mathilda526:20110913155554j:image:w450

※上段:オイルパンボルトの位置

 下段:エレメントの位置(大抵なかなかムカつく位置にある 笑)

 これらを確認し、ポイパックをスタンバイ。

■【作業開始】

f:id:mathilda526:20110913153616j:image:w450

 オイルを抜く前にエンジンルームのオイルゲージとキャップを外しておく。(抜けやすくする為)

 もぐってオイルパンのボルトを緩める。この時、飛び出るオイルに注意。熱いと大火傷!

f:id:mathilda526:20110913154459j:image:w450

 

 また、飛び出る勢いでビビッてボルトを落とすと、後で廃オイルのポイパックを手探りしなければならなくなるので、しっかり掴む。管理人、何度も経験あり(爆) 

■【一服 ←結構大事だったりする】

f:id:mathilda526:20110913154635j:image:w450

 100%出すのは不可能と考えてる管理人ですが、滴るオイルがチョロチョロ→ポツポツになるまで待つ。

ここでジョージア君+マルボロ君の出番。 10分くらい放置。

▼▼ゴタクにもれず、この辺から画像が乏しい…撮り忘れ。…ったく。▼▼▼

■【締め付け&エレメント外し】

 一服が終わり、廃オイルがポツポツになった時点で、管理人は締め付けをしてしまう。

 その後エレメントの交換。エレメント外しを駆使して外すが、ここでもエレメント内に残ったオイルがダダ漏れする。

 ここでのポイパックの位置決めはセンスが求められる(笑)。なのでレジャーシートを敷いておく。

 こぼしてしまった場合「処分」となるが、あまり後悔しないから(笑)

■【エレメント交換】

 ここで注意。新しいエレメントを装着する前に、ゴムパッキンの部分にオイルを塗り塗りする。基本です。

 指とかでさ〜っとね。ここは素手で。綺麗なオイルだし、軍手のままだと糸くず着いたりするから。

 f:id:mathilda526:20110913160400j:image:w450

 そんなエレメントを装着。結構ネジの目が細かいので何回も回す。ここで教わったのが「バカみたいに締め付けない事」と教わ った。「エレメントプライヤーとかで思いっきり締めるヤツいるけど、手で限界までくらいでいいんだよ」との事。

 但し、あまり緩いと漏れるし外れるよ。

■【オイル注入!】

 ラブではない。オイルだ。

 オイルジョッキに、容量の半分ずつくらいに分けて入れる。注入量は車によって異なる。マニュアルに記載されてるので参考に。あくまで参考に!エレメントを交換する⇔しないでも量は変わる。

 この時、抜くときと同様、オイルゲージは抜いておく。

 

■【確認】

 マニュアルにある容量を鵜呑みするのではなく、注入後のオイルゲージでの確認をする事。

 注入後、オイルゲージを戻し、キャップを締めてエンジン始動。オイルが各所に行き渡るまで3分ほど。

 この後、エンジンを止め、オイルゲージで確認。ココでL-Hの間にあればいいのだが、真ん中あたりまであったほうがいいでしょう。少ない場合はチョイ足しして再度繰り返し。

 ゲージのHをちょっと超えるくらいの入れすぎなら、多少は燃えて減ると思うので壊れる事はないと思うが、もちろん宜しくはない。

 最悪はスポイト系で吸い取るかな(笑)

 よって、マニュアルにある注入量は、最初に調べるに越した事はない。


■【お疲れ】

 オイル量が合格ならめでたく終了。

 ちなみにポイパックはこうなる。。。

f:id:mathilda526:20110913161425j:image:w450

 ドブに流す訳にはいかないからね。凄く重宝してる。


※※あくまで管理人の自己流です。※※

中居君で言うところの「ここは違うべ?」「そりゃないべ?」等のご意見は、各位胸にしまっておいてください。

また、コレ見てやってみたけど車おかしくなった。等も受け付けませんのであくまで自己責任で。あしからづ…。