ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

人類猿の惑星化計画の軍団 このページをアンテナに追加 RSSフィード


検索やはてなダイアリー経由で来られた方は、
こちらからフレームありのページに入れます


↑ネタとか小説とか面白かったら、あるいはツッコミや激しく同意なときにいただければ幸い。コメントには、須く日記でお返事させていただきます。

2016-12-23

[]おひさしぶりです

 とりあえず生きてます(^^;twitterの方では呟いてますが、ほとんど料理の写真アップしかしてないので、そっちで俺を知った人は俺を趣味が料理の人だと思っているでしょう(^^;

 それはともかく、前回の更新でお知らせした、我が家にやってきた子猫たち。順調にすくすく育ち、すっかり姿は子猫らしさを失っております(^^;

 食欲も旺盛で、早くもデブ猫の予感。でもまあ、健康に長生きしてくれることが何よりなので、よしとしましょう。

f:id:mayuda:20161105205106j:image

f:id:mayuda:20160917203316j:image

f:id:mayuda:20160917125539j:image

 気が付いたらこんな時期になっていたので慌てて更新してますが、年内にもう一回くらいは更新したいものです。

[]壊滅的

 今年は本当に壊滅的。前回更新からの三ヶ月で、活字の本は2冊しか読めてないのでありました。13冊か。あと二冊くらい年末年始に読めると嬉しいが…難しいかなあ(^^;

ポイズンドーター・ホーリーマザー

ポイズンドーター・ホーリーマザー

 ここ数年のハートウォーミング路線にいまひとつ乗り切れていなかった私としては、おかえり!イヤミスの女王様!という漢字でウェルカム。人の醜悪な面を抉りつつ、しっかり最後の1ページで物語が反転する珠玉の短編集でした。一番気に入ったのは、やはり表題作にもなっている対の2編、「ポイズンドーター」と「ホーリーマザー」ですかね。子には子の、親には親の言い分があって、近すぎるが故に理解し合うことがいかに難しいか…考えさせられます。

アンマーとぼくら

アンマーとぼくら

 奇しくも、上の本に続いて親子の絆の物語。ただし、こちらは素直に美しく感じられる方の。沖縄の美しい風景を巡りながら、一つ一つ思い出されてゆく親子のエピソードは、沖縄の海の青さのように深く深く胸に染みいってくる。有川さん的にはこれがご自身の最高傑作とのことで、それはたしかにそうかなと思うのですが、最近「図書館戦争」や「自衛隊シリーズ」のようなエンタメ路線の作品を書いていただけないので、「空の中」で大ファンになった俺としては少し寂しい…

 ちなみに、今読んでいるのは冲方丁さんの「十二人の死にたい子どもたち」。んーー。これが年越し読書になってしまうと、若ダークネスな年越しになってしまうなあ(^^;

[]最近読んだコミック

 コミックはとにかく大量に読んでおりますです。だから活字の本がはかどらないのか。

 アニメも出来が良くてニャーたちが可愛くて最高です。ニャー将棋最高(笑)

屍鬼 11 (ジャンプコミックス)

屍鬼 11 (ジャンプコミックス)

 たまたま一気買いして一気読み。原作は読んでいないけれど、面白かった…藤崎氏の繊細な絵柄と、屍鬼達の禍々しくも儚いキャラクターがピッタリマッチしてました。

だがしかし 6 (少年サンデーコミックス)

だがしかし 6 (少年サンデーコミックス)

 10年以上こち亀読んでいなかったんですが、最終回と聞いて。やっぱり久々に読むと面白かったなあ。ジャンプの方もしっかりゲット。

オデットODETTE(3) (ポラリスCOMICS)

オデットODETTE(3) (ポラリスCOMICS)

 かっこいいけど、変な漫画…(笑)

聖☆おにいさん(13) (モーニング KC)

聖☆おにいさん(13) (モーニング KC)

鬼灯の冷徹(23) (モーニング KC)

鬼灯の冷徹(23) (モーニング KC)

87CLOCKERS 9 (ヤングジャンプコミックス)

87CLOCKERS 9 (ヤングジャンプコミックス)

きのう何食べた?(12) (モーニング KC)

きのう何食べた?(12) (モーニング KC)

 ハンスもかっこいいが、秋水もファウストもかっこいい。

ジョジョリオン 14 (ジャンプコミックス)

ジョジョリオン 14 (ジャンプコミックス)




 

2016-09-25

[]また子猫が増えました(^^;

 ここしばらく、猫関連で悲しい報告ばかりが続いていましたが、6月に我が家にやってきた子猫の生き残り、アルは幸いにも元気いっぱいで、無事予防接種も済み体もすっかり大人になってます。唯一、お腹が妙に緩いのが心配事として残っていますが、基本的には食欲もすごくあるし走り回っているしで、特に差し迫った健康不安はなさそうなので一安心です。

 …で、8月の終わり頃、またまたご縁があって我が家に子猫がやってきました。

f:id:mayuda:20160821120309j:image

f:id:mayuda:20160820102200j:image

 サビトラの活発な女の子は、名前は「ヴィクトリカ」…いや、うちで付けたわけじゃなくて、うちに来たとき既に名付けられていました。この名前の由来が分かる人は、確実にラノベ好きでしょう(笑)。…普段は呼びにくいので、通称「ビーちゃん」と呼んでます。とあるお家の車の下に迷い込んでいたところを保護されたそうですが、元野良とは思えない人懐こさ。あっという間に我が家に馴染みました。アルとは、来てから2〜3日くらいは火を噴きあって喧嘩していたのですが、現在はすっかりと仲良しになり…

f:id:mayuda:20160912210706j:image

 ご覧のとおりです(^^;ただ、仲良し過ぎて、朝晩ばったんばったん駆け回るので五月蠅い(笑)。なんにせよ、アルに友達が出来て良かったし、何より体調は全く健康そのものなのが有り難い。アルともども、猫っかわいがりに可愛がりますよー。

[]今年も不作なり…?

 そんなこんなで、もう10月も近いというのに、読書は捗りません。

 ようやく11冊。このままだと、20冊を下回るか今年…?

血鬼の国

血鬼の国

 バンパイアハンターD言わずもがな、吸血鬼を愛して止まない菊地さんがなんと柳生十兵衛対吸血鬼!という垂涎もののシチュエイション。堪能しました。願わくば、山風御大に倣って魔界転生風に「吸血鬼化した剣豪どもとの大乱戦!」なんて夢想もしてしまいますが、既にこの一冊でお腹一杯なので良いのです。

 以前紹介した「翼を持つ少女」で知ったビブリオバトルについて、もうちょっと深く知りたくて手に取りました。知ったときの第一印象から、このゲームの発明は文系な人々によるものと勝手に想像していたので、実は理系大学の勉強会の一方式から生じたという事実には驚愕。人を知り、本を知るという行為がジャンルを問わず有効な学びの一形態であることをしみじみ感じました。あー、本読みたくなる(笑)

日本懐かし10円ゲーム大全 (タツミムック)

日本懐かし10円ゲーム大全 (タツミムック)

 あー、幼少時は田舎の商店の店先からフェリーの食堂のゲームコーナー(笑)、どこかしこで10円つぎ込んで散財しましたわー懐かしい(笑)。本書で紹介されてたように、未だ現役で活躍している10円ゲームが存在し、愛好家の手によって守られている場所があることに感動。巡礼したい(笑)

[]読む漫画が多すぎるのか…

 読む漫画が多すぎるから活字の本の量が減ってるのか…??活字も漫画も、読むスピードが随分加齢と共に落ちたのが一番の原因(笑)

 劇場版はコケたわけですが、そのまま実写化する試みがなくなってしまうと惜しいなあ…ちなみに地球編も燃えます。

 銀英伝コミック化はなかなか完結まで行き着かない印象があるのですが、この藤崎版で是非完結まで行って欲しい。是非是非。

だがしかし 5 (少年サンデーコミックス)

だがしかし 5 (少年サンデーコミックス)

 時期は遅れてますが大人買い。ちなみに「うまい棒」を大人買いして職場に常備しているのはこの私(笑)

 原典を読みたくなったけど、電子書籍版しかないのねー。是非紙ベースでも復刊してほしいです。

昭和元禄落語心中(10)<完> (KCx)

昭和元禄落語心中(10)<完> (KCx)

 ラストまで涙止まらず。

進撃の巨人(20) (講談社コミックス)

進撃の巨人(20) (講談社コミックス)

 アニメ2期では完結まで見られるのか…??

 先の予測が全く出来ません…

 今回は発売早っ!嬉しい悲鳴。このペースで是非完結まで突き進んでいただきたいです!

 連載開始以来最も重々しい展開のような…(^^;どうか解決して明るい展開に戻りますように。

 マスターアジアはアニメでも漫画でも格好良かった…合掌

 以下、書影のみでご容赦を。

銃夢火星戦記(3) (KCデラックス イブニング)

銃夢火星戦記(3) (KCデラックス イブニング)

がんぼ ナニワ悪道編(6) (イブニングKC)

がんぼ ナニワ悪道編(6) (イブニングKC)

鬼灯の冷徹(22) (モーニング KC)

鬼灯の冷徹(22) (モーニング KC)

ジョジョリオン 13 (ジャンプコミックス)

ジョジョリオン 13 (ジャンプコミックス)

 

2016-08-24

[]サイト移転のお知らせ

 久々に更新したと思ったらこんな内容でごめんなさい(^^;

 長らく利用していたniftyの@homepageサービスが終了になるとのことで、同社の別プランに移行したことに伴い、URLが下記のように変更になりましたー。

http://mayudaya.a.la9.jp/

…といっても、サービスが完全に消滅する9/28の午後3時までは前のアドレスでも普通に表示されるんですけどね(^^;

 今後も細々と続けていきますので、よろしくお願いします。

 ちなみに、はてなの方のアドレスは変わってないです。引き続き、ニフティHPを表玄関にしてフレームではてなとぶっ繋げる外道構成は存続します(笑)

2016-07-06

[]もう夏か

 本気で季刊ペースの更新。前回は3月春、もう梅雨も明けそうで真夏ですよ。ただ、後述しますが、いつにも増してこんなに更新間隔が空いたのは、一応理由がありまして…

[]愛猫たちとの別れ、出会い

 惰性で読んだ本と漫画をだらだら並べる以外には猫写真を載っけるくらいしかやってないこのサイトですが、前回更新時に「くま」とのお別れの話をしました。その後、我が家で暮らしていた猫たちは相次いで旅立っていってしまいました。

 4月には、猫白血病で闘病中だった「ひーちゃん」ことヒムラ。

 白血病のせいで口内炎を引き起こしてご飯をまともに食べられなくなり、どうにか流動食的なご飯を注射器で与えて、一時はもうダメかと感じた時期の後、なんと奇跡的に自分からフードをばくばく食べるようにまで元気になっていたのですが、ある朝、急に容態悪化し、そのまま逝ってしまいました。もともと、この病気で症状が出た猫はあっという間に弱り死んでしまう場合が多い中、随分頑張ってくれたと思うべきなのでしょうが…

f:id:mayuda:20150110193927j:image

 そしてその約一ヶ月後、くまと兄弟で17年共に過ごしたホルが、旅立ちました。長年数匹の猫と暮らしてきた我が家の、最後の一匹となった彼は、やはり寂しそうで元気がなかったのですが、仲間の猫がいない分俺と妻にさんざ甘えていましたが…

 彼はここ1年ほど、時々、突然倒れて痙攣を起こすことがあったのですが、ある日、1日の間に二度も発作を起こした時があり、そこから急激に弱ってご飯を食べなくなり、頑張って無理にでも栄養食を口に押し込んでどうにか命をつないでいたのですが、やはり長持ちせず。ついには立てなくなり、最後は眠るように逝ってしまいました。…ただ、この子はすごい子で。無気力にただ虚ろな目で横たわるようになってからも、名前を呼ぶと生気を取り戻し、頑張って返事をしていたし、時折よろよろしながらも立ち上がって懸命に歩こうとしていました。亡くなった日の朝も、私が出勤前に「行ってきます」と言うとちゃんと返事しました。…ああ、この子はちゃんと、私たちの言うことが分かるんだ…と思いました。

f:id:mayuda:20101212100400j:image

 ホルを失って、ここ20年ほどで猫がいない初めての生活となっていたのですが、ひょんなことからご縁があり、親猫が育児放棄した子猫を保護した方から、二匹の子猫を譲り受けました。

 とても元気な男の子の兄弟で、「エド」と「アル」と名付けました。

f:id:mayuda:20160617222921j:image

 左がエドで、右がアルです。見ての通りの仲良しで、二匹で走り回って遊んでいるのがすごく可愛かった。ところがエドの方は、回虫が原因と思われる腸閉塞を起こし、うちに来て二週間を迎える直前に、もう逝ってしまいました。手のひらに乗るほどちっちゃいのに、せっかくご縁があって来てくれたのに、助けてあげられませんでした。

f:id:mayuda:20160618180718j:image

 こうして、立て続けに愛猫とのお別れにあって強く感じたのは、あたりまえのように猫たちと一緒に暮らした日々が、実はいかに貴重で愛おしかったかということ。結構長いこと体調を崩した猫の世話をしましたが、こんな風にお別れすることが分かっていたら、もっともっと大事にするんだったと悔やまれることばかりです。幸い、エドの兄弟アルはご飯もよく食べ、元気です(子猫なので、時々心配なことはあるので獣医さんとは縁が切れませんが…)。失った猫たちの分も、この子を、この子と過ごす日々を大事にしていきたいと思います。絶対長生きしてね、アル。

f:id:mayuda:20160616005136j:image

 …久々の更新が、なんか壮絶に湿っぽい内容ですみません(^^;。また、折りを見てアルの元気な姿をお届けできればと思います。

2016-07-05

[]最近読んだ本

 そんなこんなで、本当に読書が滞ってます。新年の好調さはどこへ行ったのか。現在8冊。

倒れるときは前のめり

倒れるときは前のめり

「翼を持つ少女」でビブリオバトルというものを初めて知りましたが、この小説読んでると本当にもっともっと本を読みたくなってくる(^^;読書がままならない現在の環境と、年々落ちていく読書スピードがほんとに恨めしい。ハミルトン〜 ちなみに、「夢の船乗り」は私も名曲だと思います。

[]最近見たDVD

 いや、特撮じゃなかったりもしますが。

 ものすごく感動する話ではなかったりしますが、主演二人の雰囲気も作品全体の感じもよくて、優しい仕上がり。有川ファンとしても素敵な映画化だと思います。

イニシエーション・ラブ DVD

イニシエーション・ラブ DVD

 あのクセのある原作をどう映像化するのか楽しみでしたが、そう来たか!という感じで脱帽。どうも映画に出ると評価がいつもイマイチな印象がある前田敦子も、この難しい役ドコロを上手くこなしていると思います。複雑なニュアンスの、ラストシーンのあの表情といったら…

 テレビ版見た後だと、展開が早すぎてついて行けない^^;

2016-07-04

[]最近読んだコミック

 積み上がりすぎ(^^;

暗殺教室 21 (ジャンプコミックス)

暗殺教室 21 (ジャンプコミックス)

 単行本ラスト2冊、泣きっぱなしでした。生徒達と完全に感情がシンクロしてたわー。素晴らしい作品でした。

 待ちくたびれた…次が読めるのはいつかと思うと目眩が。だけど面白いけど。

デストロ246 7 (サンデーGXコミックス)

デストロ246 7 (サンデーGXコミックス)

 終わるの早すぎるような気もします。まだまだ暴れて欲しかった。

 長かった…

ペン太のこと(6) (イブニングKC)

ペン太のこと(6) (イブニングKC)

鬼灯の冷徹(21) (モーニング KC)

鬼灯の冷徹(21) (モーニング KC)

87CLOCKERS 8 (ヤングジャンプコミックス)

87CLOCKERS 8 (ヤングジャンプコミックス)

ジョジョリオン 12 (ジャンプコミックス)

ジョジョリオン 12 (ジャンプコミックス)

進撃の巨人(19) (講談社コミックス)

進撃の巨人(19) (講談社コミックス)

大奥 13 (ジェッツコミックス)

大奥 13 (ジェッツコミックス)

 明治に近づいてきて、そろそろ史実との辻褄が厳しくなってきた気もするので、完全パラレルワールドと思った方が良いのかな?(^^;相変わらず目が離せず面白いですが。

 ここに来てサクサク単行本が出るので嬉しいです。

 …これで完結??

 ファウストもかっこいいです。

 最後まで魅せました!最後まで最高に長谷川節。

女の友情と筋肉(4) (星海社COMICS)

女の友情と筋肉(4) (星海社COMICS)

 また気になる終わり方を…

フルーツバスケット 第23巻 (花とゆめCOMICS)

フルーツバスケット 第23巻 (花とゆめCOMICS)

 何故か今頃一気読みしてみました。いいお話だったわー。透の性格の良さには惚れるしかない。.

2016-03-21

[]新春から桜の季節に(^^;

 結局、2016年明けてから二度目の更新が、こんな時期に。

 読書漫画読みもまあまあしてないわけではないのですが、本っっっ当に更新意欲が湧かない(笑)だったらさっさとサイトを閉じろ、って話なんですが、下手に自分の趣味の備忘録代わりにしてるもんだから、その踏ん切りも付かない。まあ、この辺のなにやらしても中途半端なキャラは自分らしいなあとは思うのですが。気の向いた奇特な方は付き合ってやってください。

[]くまとお別れ

 更新さぼってる間に、それなりに我が家にとっては大きな出来事もありまして。うちの高齢猫の片方、「くま」が、2/26に天に召されました。twitterでは呟いてたので、そちらでご存じの方もいらっしゃるかもですが。

 子猫のヒムラは白血病でほぼ毎日通院中であることは以前書きましたが、先住猫のホルとくまにもしっかり感染はしてまして。それでも発病せずそれなりに元気に過ごしていたわけですが、ある時期から急激に食欲を無くしてしまったので、詳しく検査すると腎機能が著しく衰えておりました。それで、この子も毎日通院と相成ったわけですが、口内炎が急激に悪化したらしく、あっという間に全く食べなくなり、スポイトで栄養食を流し込むなど方法を考えたけど、ダメでした。

 17年も一緒にいたので、いないことがあまりに寂しすぎたわけですが。

 今はもう、そんな生活に慣れつつあります。でも、やっぱり時々、生きてたときのように食卓に着いてたり、いつの間にか人の近くに座ってるんじゃないかと思うときがあります。他の猫が怒られていると間に入ったり、人が泥酔して倒れていると心配そうに周囲をくるくる回ったり。

 …優しい子だったなあ。長いこと、一緒にいてくれて有り難う。

f:id:mayuda:20160322001026j:image

[]1〜3月に読んだ本

 

機龍警察 火宅

機龍警察 火宅

 2016年最初の読書はコレでした。長編とはまた違う、普段は見ないような視点からの描き方が素敵な短編集。お気に入りは、特捜部のメンツも一応家庭ある一個人(^^;であることを思い出させてくれる、宮近警視の奮闘エピソード「勤行」。宮仕えの辛さにシンパシー感じてしまいましたよ。娘さんにいいとこ見せられて良かったね。闘うパパはかっこいい(笑)

掟上今日子の推薦文 (講談社BOX)

掟上今日子の推薦文 (講談社BOX)

 掟上今日子さんシリーズ2冊目。今度は長編ですが、全く長さを感じないリズム感の良さ。犯人なんかは、ドラマの方で見て知っていたわけですが、それでも楽しめました。

 コミックの方については、自分の評価としては微妙なんだけど、コレは面白かった〜。京極さんがおじいさんキャラになっているところとかは、どうなんだろうと思わないではなかったけれど、「殺人探偵」綾辻さん格好良すぎだし、異能アクションのみならず本格ミステリとしてもきっちり作られていて、なんという贅沢な一冊であったことか!綾辻探偵と辻村さんのコンビの活躍は是非また見たいです!

 あとは書影でご容赦を。

 とりあえず、三ヶ月で5冊ですか。1月はなかなか好調だったのですが、2月で一気に減速。理由は、何故か「フルーツバスケット」全巻を衝動買いして読みふけってるせいだったり、最近眠くて夜の読書がまともにできないせいだったりしますが、頑張ります。

カウンタ