Hatena::ブログ(Diary)

名大文芸サークルのブログ

   名古屋大学文芸サークルが広報・本の紹介・リレー小説などを載せていきます。

   最新作品はこちら→名大文芸サークルアップ板
   旧作品はこちら→作品データベース
   お問い合わせはこちらから→ meidaibungei[at]gmail.com

9999-12-31

はじめに

15:31

名古屋大学文芸サークルのブログへようこそ!

ブログでは主にリレー小説・企画小説の掲載やイベントの告知などを行っています。

その他の作品については、名大文芸サークルアップ板でご覧になれます。

 

現在、連載・進行中のリレー小説・企画小説

なぜこんな挑戦を?

リカラス

ななそじあまりむつ

シェアードワールド 

 

 

以下、続きを読むは掲載している作品一覧です。

 

続きを読む

2018-09-01

2018年9月9日(日) 第六回大阪文学フリマ 参加&「我楽多」の販売告知

12:19

 こんにちは、部誌編集担当の朝揺紫杏です。

 今年も名古屋大学文芸サークルは、第六回大阪文学フリマに出店させて頂くことになりました。

 その際、新たな部誌「我楽多」を出品させて頂きます!


文学フリマ公式サイト:https://bunfree.net/event/osaka06/

開催日時:2018年9月9日(日)11:00〜17:00

会場:OMMビル 2F B・Cホール (大阪府大阪市)   ブースB-23

タイトル:我楽多

  価格:500円

f:id:mei-bun:20180711212926j:image

(表紙イラスト:嶋尾みよ 編集:朝揺紫杏)

 今年もこの時期がやって参りました。

 今回のルールは「使い所のない『ガラクタ』を用いる」です。

 どうしようもなく使い所に困る物を、各々の執筆者はどのように登場させ、あるいはどのように活かし立てたのか。総勢10名が集いましたこの度の部誌、是非とも手に取って、お楽しみいただけたらばと存じます。

 以下、掲載作品とあらすじです。

続きを読む

2018-06-04 2018年 名大祭について

 2018年 名大祭について

| 11:06

今年度の名大祭のお知らせです。

今年の名大祭でも、例年の部誌の販売と作品展示、来場者参加型の企画を行います。

 

メインとなる部誌、『泡 vol.19』は総勢17名のサークル員による多様な作品が揃っております。是非お買い求めください。

 

◇会場案内&日時

場所 全学教育棟本館C36

日時 6/9(土)10:00〜18:00

6/10(日)10:00〜16:00

 

(詳細は続きより)

続きを読む

2018-04-09

サークル説明会のお知らせ

22:07

こんにちは!

名古屋大学文芸サークルです。

下記の日程に、サークル説明会を開催します。

4月12日(木) 全学教育棟 C15教室 18:15〜

4月18日(水) 全学教育棟 S15教室 18:15〜

4月19日(木) 全学教育棟 S10教室 16:30〜, 18:15〜

4月25日(水) 全学教育棟 C32教室 16:30〜, 18:15〜

4月26日(木) 全学教育棟 S10教室 16:30〜, 18:15〜

各々30分ほど教室で説明をし、その後にサークル室へ移動します。

文芸サークルに興味をお持ちの方、またはサークルへ参加を希望される方は、

ぜひお越しください!

ご都合がつかない方は、サークルのアドレスまで直接ご連絡ください。

内容はすべて同じですので、いずれかの機会に参加して頂ければと思います。

ご参加、お待ちしております。(朝揺紫杏)

2017-09-04

2017年9月18日(月祝) 第五回大阪文学フリマ 参加&「花束」の販売告知

18:24

 こんにちは、部誌編集担当の朝揺紫杏です。

 この度、名古屋大学文芸サークルは、第五回大阪文学フリマに出店させて頂くことになりました。

 その際、新たな部誌「花束」を出品させて頂きます!


文学フリマ公式サイト:http://bunfree.net/?osaka_bun05

開催日時:2017年9月18日(月祝)11:00〜17:00

会場:堺市産業振興センター イベントホール   ブースB-23


タイトル:花束   価格:500円

f:id:mei-bun:20170904163247p:image

(表紙イラスト:夕雨 編集:朝揺紫杏)

 今年もこの時期がやって参りました。

 今回のルールは「花言葉をテーマにすること」です。

 各自が選んだ花々が、花言葉としてどのような意味を持っているのか。花言葉は各話の末尾に記載しましたので、その読後感に添えて、感じ、楽しんで頂ければと思います。計13名が集いました、この度の部誌、どうぞ手に取ってお楽しみください。

 以下、掲載作品とあらすじです。

続きを読む