Hatena::ブログ(Diary)

かくの如く語りき

10億分の1の男〜ハズレがあるならアタリもあるわけだ。

常識のなせるワザなのか。

人間って、可能性を自分から狭めているとこあるよな。例えば、宝くじ。当たるはずない。100分の1程度でも、自分が99人になる可能性の方が高い、とか、どっかで思ってる。

まあ、なんて夢のない話、なんて思わないでね。

この映画にはサムさん、サミュエルさんという老人がいる。

で、世界中の運試しさんたちが、このサミュエルさんを目指してトーナメント状態になってるわけなんだな〜。彼に挑める挑戦権を得るために、数々の運試しギャンブルが企画されている。

例えば、目隠しして、車が往来する道を横断してみる。

車に当たって死ぬ確率。

車に当たらずに横断出来る確率。

どちらも0じゃない、0じゃないのだ。

夢のない話になってきました。ハズレじゃなくて、アタリがある。

でも、アタリじゃなくて、ハズレもある。

くじがなくなったら、当たったヒトとハズレたヒトがいるわけだ。

サミュエル老人への挑戦は究極のギャンブルである。

6つのうち、5つの弾丸が込められたピストルを持ち、サム老人のこめかみを狙う。

彼を殺すことが出来たら、大当たりである。

だが、これまで多くの方々が挑戦して、失敗してきた。

失敗したら、老人の順番だ、ピストルを渡さなければならない。

バーン

そんなこんなで、主人公が出てこないまま、映画のお話をしとりますがな。

でも、サミュエル老人にいきつくことが、映画の全てであります。

人類の巨大な「運」ピラミットの頂点。

アタリ続けたハズレなしのたった一人の場所にいる老人。

彼に夢があったとは思えない、むしろ、ハズレを見続けて日々。

ユダヤ人だから、彼が主人公に話すガス室エピソードは、サム老人をピラミットの頂点へ向かわせる入口だった。

「運」というものの、見えないもんを見事に映像化した、スゴイ作品。

スゴイとしか、いいようがないよ、あるんだよ、「運」。アタリはあるのだよ。

ハズレばっかりもあるけどね、アタリもあるのだよ。

映画は乾いて、殺風景だけど、「愛」で終わるのだな。

写真の扱い方がとっても興味深い。ヒトの写真を持つことって、そのヒトの「運」ももらうことなんだな。

10億分の1の男

■Staff

監督: フアン・カルロス・フレスナディージョ Juan Carlos Fresnadillo

製作総指揮: フェルナンド・ボヴァイラ Fernando Bovaira

エンリケ・ロペス・ラビニュ Enrique Lopez Lavigne

脚本: フアン・カルロス・フレスナディージョ Juan Carlos Fresnadillo

アンドレス・M・コッペル Andres M. Koppel

撮影: シャビ・ヒメネス Xavi Gimenez

編集: ナチョ・ルイス・カピヤス Nacho Ruiz Capillas

音楽: ルシオ・ゴドイ Lucio Godoy

 

■Cast

レオナルド・スバラグリア Leonardo Sbaraglia トマス

ユウセビオ・ポンセラ Eusebio Poncela フェデリコ

マックス・フォン・シドー Max Von Sydow サム

モニカ・ロペス Monica Lopez サラ

アントニオ・デチェント Antonio Dechent アレハンドロ