Hatena::ブログ(Diary)

Photo & More.....

2013-03-11 Zydecoで踊りたきゃ.....

Blues&Soul Recordっていう雑誌はご存知?
偶数月の25日頃に店頭に並ぶ、ブルースとソウルの専門誌です。
2月に出た最新号はジャグ・バンドの特集号。楽しいです!

さて、その本の34ページで紹介されているのがザディコやらR&Bやらを聴きながらコーヒーを飲めるお店、Creole Coffee Stand。お店については本誌を読んで頂くとして、店長さん・中林ヨシタケ君の店長さんじゃない時の姿がこちら。


f:id:mitzuko:20130311115222j:image
Yoshitake Nakabayashi

みんな大好き!ザディコ・バンドZydeco Kicksのセンター。

f:id:mitzuko:20130311115223j:image
zydeco kicks

こちらも、楽しいです!!
蛇腹、よ〜く伸びます。
「日本でザディコを聴きたきゃ、Zydeco Kicksのライブへ行け。」
これ、21世紀の常識。

Zydeco Kicksのサイトはこちら







homesick record

2013-02-23 日本の中心

f:id:mitzuko:20130223161840j:image
Seiji Morinaga 2010

徳山には出張で2年に一度くらいの割合で、行きます。
初めての徳山で、開店時間を待って待って訪ねたBoogie House。
とりあえず灯りも点いているし、扉は開くしで入ったら、森永さんが靴下はいてる所でした。
それが初対面。

写真は2010年の東京はJirokichiでのライブ時のもの。
ギターを弾く森永さんは初めてだったけど、とにかくカッコ良かった!
他に言いようがある?

森永さん曰く「日本のBluesの中心は徳山」ですって。
人づてに聞いたので直接確認したら「いやぁ、酔っぱらって言ったんだな」って照れてましたけど。

Boogie Houseは閉まっちゃったけど、次に徳山に行ったら「また日本のBluesの中心に来れた!」って、思うと思う。






homesick record

2012-03-14 TUBE

愛しのチュービスト、チューバー、なんて呼べばいいの?あ、Talkboxか。
でもやっぱり、チューブシンガー・LUVRAWです。


f:id:mitzuko:20120314112500j:image
LUVRAW

昨年のアルバム『Hotel Pacifica』も良かった〜。爽やかだけじゃなくて、+エロ+不良+だるだる〜な感じ。夏はもちろん、冬もイケる。
LUVRAWはCDよりライヴで先に知って、Bigg Robb好きの私には衝撃の日本人現る!だったのですが、もうその出で立ち、歌声(これはtube越しなのですが....)、機材を片付ける時に使うバッグまで、可愛くて(失礼!)ヤラレちゃったんです。
なんと言っても名前が「ラヴロウ」だし。

写真は3.11ライブでImagineを歌っている姿。この日のトリを飾る、メインの、泣かせの、貴重な一曲。そんな重責を担って、ちょっとイッちゃった感ある歌声(くどいですが、Tube越しね)、本当に素敵でした。
これから春だし、暖かくなって暑くなったらLUVRAWのシーズンだね!
シーズン・イン・ザ・サーン♫だね!




Homesick Record

2012-02-17 WAR 1+2

今やブルースハーピストと呼んでいいのか、チカーノなのか、ラテン歌謡なのか、とにかく多才の人・仲村テツヤa.k.a.TEXの来日ライブへ。
お店の席はゆったりと埋まるくらい。すごく良いムードの中で始まった2nd.セットに客席からハープを持ってステージに上がったのはLee Oskar。

f:id:mitzuko:20120217105805j:image

LeeとTEXと言えば、初代&2代目のWARのハーピスト。
こんな贅沢ってある?
もちろん演奏は素晴らしいのひとことに尽きる。どちらも余裕とリスペクトとエンジョイのプレイでした。

f:id:mitzuko:20120217105903j:image



たまに巡り会える、こういう奇跡みたいなライブ。これがあるから現場通いはやめられない。










http://homesick-record.blogspot.com/

2012-01-22 ライダース日和

4半世紀振りくらいにパンクのライヴ。
雨で寒いけどダウンコートはお預け。ライダースとDr.Martensのブーツを履いて、カメラ担いで会場へ。

小さなスタジオでのライヴは人でいっぱい。しかも8割がライダース。スタイルだよねー。

f:id:mitzuko:20120122104920j:image
IMPARA

ウワサには聞いていて初めて観たIMPARAは、思っていたパンクとは違って、これは前衛?インプロビゼーション??爆音で気持ち良い。


Don't Trust Over 30.
パンクってそういう音楽だったけど、信仰がなくてもゴスペルを歌うように、黒人じゃなくてもブルースを歌うように、失業してなくてもとっくに30歳を超えていてもパンクはできる。スタイルは大事。
外は凍える寒さだったけど、カメラのレンズが曇るくらいの熱気のライヴでした。







homesick record

2011-12-22 from N.O.

今年もセインツは絶好調!
今更ですが、アーマ・トーマス。来日のライブはとってもとっても良かったんですってね。
私は断念組でした。観たら私も泣いちゃったかな。

f:id:mitzuko:20111222213302j:image
Irma Thomas

今ひとつ、私のまわりでの評価は低いですが、私はMarcia Ball, Irma Thomas, Tracy Nelsonの三人で作ったSing it!というアルバムが大大大好き。あのアルバムが出た頃シカゴに居て、レジェンドというクラブで3人でのSing it! Liveを観る事が出来た。トイレに行ったらとレイシー・ネルソンがいて、他のお客のオバさんに「あなた、お名前は?歌じょうずねぇ」と言われててビックリ。トレイシーも普通に「ありがとう。トレイシー・ネルソンよ」って握手してたけど。アメリカ、すごいなーーっていう記憶に残るエピソードの一つでした。

アーマはまた来てくれるかな。こっちから大陸に観に行くか。チャンスを作って。








http://homesick-record.blogspot.com/

2011-12-01 Shot!

昨年、新譜が出たばかりだったのに11月25日に亡くなってしまったLee Shot Williams
かっこよくて、お茶目で、私の中でのMr.Eckoでした。

f:id:mitzuko:20111201094412j:image
Lee Shot Williams,2002


今年も新譜が出る、って勝手に思っていたのに。密かに来日も期待していたのに。
1938年生まれ。この世界ではまだまだだったのに。




homesick record

2011-11-15 大好き!

もうもう、ずっと前から載せたかった写真が、ようやく解禁です。
Soul ムッティリィズです。


f:id:mitzuko:20111115082601j:image


11月13日、新宿Soul Jointの10周年パーティーで新生デビューしました。
毎年大人気だけど、今年のムッティリィズはスゴイ!キュート!ゴージャス!!
なんでこんなに好きになっちゃったんだろう、っていうくらい大ファンです。
3人とも可愛くて仕方ないです。


ああ......、次のステージが待ち遠しい.......。









http://homesick-record.blogspot.com/

2011-07-26 J.W.

青森で毎年行われているジャパン・ブルース・フェスティバルにて。


f:id:mitzuko:20110726211512j:image:w500
J.W.Williams

いやぁ〜〜、超ド級に強力でかっこよかった!
Chicagoで、日本で、どこかで、もしも観れるチャンスがあったら、絶対に観た方がいいですよ。
ホント。






homesick record

2011-07-09

おそらくブルース・ファンの間では「房之助さんにソウルを歌わせた男」としてその名が知られたSWING-Oさん。「黒くなれ」はしびれましたわ〜。
アルバムではプロデューサーとして、そして鍵盤プレイヤーとしても参加しているのですが、今回はプレイヤーSWING-Oさんの撮影。

f:id:mitzuko:20110709203026j:image
45 a.k.a. SWING-O

BOOGIE KINGのTシャツも伊達じゃない、ロール!ロール!なピアノ。
ソロじゃない時は、きっちり全体を聴いている(多分)プロデューサーの顔。


更に、コーラスだって入れる
f:id:mitzuko:20110709203027j:image
SWING-O singing


そんな彼が黒い音源ばかり紹介しているブログが、これ面白い。ホントに好きなのねー。
たくさんたくさん仕事して、日本におけるブラック普及貢献度はとっても高い、これからもきっと凄く貢献されるに違いない、多才な方です。


SWING-Oさんのサイト



homesick record