monksiiru(もんくしーる)の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-08-17

monksiiru2016-08-17

[]義母の死から・・・和解〜そしてお盆を迎えて

民事裁判というのは、ホントに心身を削られるなぁと、ここ数回の相手弁護士とのやりとりでしみじみと感じています。

裁判所から6月の弁論期日までにこちらも資料を出すように提出を求められたので、義母が主婦として家事をしていたという証拠として家計簿を提出しました。

私は今回初めて見たのですが、夫から聞いていた通り、家計簿には義母の文字で事故の前日までしっかりと記入されていました。そこには義母と義弟の日常生活の記録がありました。あの日の事故以降書かれることのなくなった家計簿は見ているだけで筆まめだった義母を思い出して、ただただ悲しいです。

7月初頭に弁護士さんから連絡が来て、裁判所から、原告、被告双方の提出内容から算定が出たということで明細内容が送られてきました。

内容はこちらの主張がほぼ通った算定になっていました。

事故の時に義母が乗っていた、相手弁護士の主張によると1円の価値のない意味のないものとされた自転車も算定に入っていました。

相手弁護士からすれば、たかだか乗り古した自転車と思うのかもしれませんが、あの自転車は義母がどこに行くにも乗っていた大事な自転車なのです。事故の時に、車輛の下に入り込んでしまいやむを得ず切断してしまって消滅したけれど、あの自転車は私たち家族にとっては大事な遺品なのです。だから、価値のあるものと算定してもらえたことがうれしかったのです。

そして、相手弁護士が無意味と主張していた、義母が主婦として家事をしていたということも認められて算定されていました。

この算定をみていて、私たち夫婦はなんともやりきれない気持ちになりました。

刑事裁判の時に加害者の情状酌量材料として、加害者の父親が息子の職場への送り迎え、自宅の掃除などの面倒をこれから見てゆきますと言っていたのです。40歳超えている成人男性の息子に随分と過保護だなぁと思ったものですが、それが通っているわけです。加害者の父母も母と同年代の70代です。

なのに、義母が義弟の日常の家事をしていた、主婦をしていたことは、高齢者でできるわけがないとか無意味と相手弁護士さんはおっしゃっていたわけです。相手弁護士の主張って一体なんなのか?やはり今もって私たちには理解できません。多分、一生理解できない。

そして、7月の半ばに和解期日がやってきました。

これまでの民事裁判は弁護士さんだけで出廷をしてもらっていたのですが、今回だけは、遺族を代表して、夫も出廷することにしました。

私は直接の身内ではないので、和解をする部屋に入室出来ないと弁護士さんから言われていたのですが、建物内の待合席にいるならオッケーと言われたので、同行させてもらいました。

弁護士さんと指定時間になったので、行ってみると女性の方が一人椅子に座っておられました。

夢にまでみた(悪い意味で)相手弁護士との対面が実現してしまった瞬間でした。ドラマティックなことがあるわけでもないのですが、私の心情としてご尊顔を見ておきたかったのです。ただそれだけなんですけれど、どうしても見たかったのです。まぁ見た目は普通の女性でしたけれどね。当たり前か・・・。

夫と弁護士さんが裁判官に呼ばれて室内に入る前に、弁護士さんから聞いたのですが、相手弁護士があれだけ不知!不知!不知!と主張して徹底的にやりあうわよ!とやる気まんまんだったはずなのに、前日に全面的に和解に合意しますという連絡が裁判所に入っていたそうです。

結論としては、こちらはすでに和解に合意する意向だったので、双方合意で本当にあっけなく終わってしまいました。私も待っていたのは10分くらいだったので、何があったのかと結果を聞いてあっけにとられてしまいした。

相手弁護士はこちらの弁護士さんに一礼をしてさっさとお帰りになられました。

ホント、あっという間のできごとでした。まさにポカーン状態な私・・・。

後日、和解調書が弁護士さんより送られてきて、民事裁判は終わりました。


和解調書が来たのが調度、7月の半ばでうちの地域のお盆の前だったので、お盆のお迎えで帰ってきた義母に裁判の結果を報告することが出来て良かったです。これでやっと一区切りなのだなぁと思いました。

・・・・とこれだけで終わればよかったのですが、後日談が一つありました。

裁判で加害者の謝罪や弔いは勝手にきた葬儀や事故現場の献花で充分したからもう必要ないでしょ!とあれだけ言っていたくせになぜか、加害者らから義母の墓参りをしたいという打診が弁護士さんにあったそうです。

私たちの返答はもちろん「不知」です。

和解と赦すというのは全く別の問題なのです。

謝罪とは何か?

これから長い時間をかけて加害者らには考えてほしいと思います。

2016-08-16

monksiiru2016-08-16

[]お盆に土用干しをしました

毎年恒例の梅の土用干しがお盆休み中にやっと終わりました。

今年漬けた梅は全部で9キロです。

2Lと3Lの南高梅を使い、18パーセントの塩で漬け込みました。この夏は天候が安定せずに土用干しの日を選ぶのに一苦労。天気予報を見ながら毎日一喜一憂してましたが、このままでは夏が終わると一念発起、母にも応援を頼んで、8/8から8/13までの5日間、土用干しをしました。

初日の様子 

f:id:monksiiru:20160816104753j:image

f:id:monksiiru:20160816104752j:image

最終日

f:id:monksiiru:20160816104755j:image

f:id:monksiiru:20160816104754j:image

途中で曇りの日もあって、雨がふるんじゃないかとひやひやした時もありましたが、なんとか、無事に土用干しを終えることができました。

味見は来年の春までお預けです。

2016-05-17

monksiiru2016-05-17

[]禁煙してから10年が経過しました

2006年1月21日からこのブログを始めたのですが、きっかけは当時、15年以上吸っていたタバコの禁煙でした。

先日、久々にパソコンのデスクトップにある禁煙カウンターを開いてみたら下記のような内容が出ました。

禁煙時間10年 2月 2日17時間 3分

吸わなかった煙草 111501本

浮いたタバコ代 1561014円

延びた寿命 425日20時間55分

禁煙して10年が経過していました。

浮いたタバコ代を見てビックリ・・・・。

156万円!を超えています。これだけあれば、新車が買えますね。

とはいえ、タバコを長年吸っていた後遺症なのかわかりませんが、タバコの煙と臭いが全く受け付けなくなったのと同じ位に芳香剤とか香水、衣類柔軟剤などなど、人工的な香料などががとても苦手になりました。私には今も乗っている10年目のマーチ、走行距離139000キロが、すっかり臭いも取れていい感じなのです。

軽い、化学物質過敏症にはなってしまったようで、これは長年のツケなのかなぁと受け入れています。

そんなこんなありますが、禁煙をして健康になったし、やっぱり良かったと思います。

2016-05-13

monksiiru2016-05-13

[]義母の死から・・・しょせん高齢者の死なんだから大したことはないという相手弁護士って人ナノ?何ナノ??

先週の日曜日は母の日でした。亡き義母の仏壇の前にもカーネーションの花を供えました。

気が付けば、昨年の母の日に加害者と加害者の勤務先の社長及び損保会社の担当者が実家にやってきてから一年という月日が経っていました。

一年という時間が過ぎても私は未だ加害者を許すという寛容な気持ちにはありません。お義母さんを返してほしい、元気なあの頃のお義母さんに、ただそれだけをしてくれたら許せると思います。それは無理な話なのできっと一生許しません。

昨年、刑事裁判の軽減を願うためだけにやってきた加害者本人と雇用主ということでイヤイヤながらやってきた社長と損害保険会社の利益だけを減らさないように、そのためだけにその場に来た損保会社の担当者は、今思うと家にあげてお線香を上げさせなきゃよかったと今更ながら苦々しく思います。

母の日がこれから先ずっと辛い思い出になるなんて・・・。

先日、弁護士さんより書類が届きました。弁論準備に備えての被告側の準備書面の写しでした。こちらで作成した準備書面を前回同様ことごとく否定。不知という言葉のオンパレードの書面を読みながら私は湧き上がる怒りを抑えることができませんでした。

簡単にまとめるとこんな感じです。

その1・ 年寄りの義母は家事労働なんて無意味なの!成人した息子の面倒を見るのは小さな子供の面倒をみるのとは違うから、そっちの都合は勝手でこっちの知ったことじゃないの!専業主婦っていうのは小さい子供の世話をするお母さんのことをいうのよ、あんた達はバカですか?この本(交通事故の賠償算定基準の本、いわゆる赤い本というやつです)にもそう書いてあるからコピーつけておきますからよく読んでね!!

::::よく読んでみても弁護士さんの主観があるように思えてならないのですが・・・

私の頭が悪いのでしょうか??:::::::::::::::::::::::::::

その2・ いつまでもぐだぐだ謝罪の件を言ってんじゃないのよ!加害者は葬式にも出たし、更に必要ないけれど頑張って事故現場にお花を供えましたよ!刑事裁判終了後ももちろん、献花していーたーの!だから謝罪はしてますってば!いい加減しつこい!!

:::::勝手にその辺に花供えることが謝罪になるというのは、何か判例でもあるのでしょうか?遺族にしたら嫌がらせにしか思えないのですが。::::::::::::::

その3・ いつまでもしつこいけれど、義母は高齢者なの!小さいお子さんが亡くなったのとは意味が違うのあんたたちにわかる??悲しみは小さいお子さんが亡くなった方が大きいに決まっているのよ!(←本当にこんな感じに書いてあってビックリしました・・・)

その他みーんなまとめてあんたたちの言い分は聞きません!不知!不知!不知!

:::::命の値段を弁護士さんが決めるとはびっくりです。彼女は閻魔大王か何かなのでしょうか??女弁護士さんは自分の親にもあんたたちの命は小さい子供の命よりも軽いからね!(キリッ)って言えるのかなぁ?と思いましたね。

:::::::::::::

まぁ、こんな感じの内容だったので読み終えた私は、暴れるくらい怒ってしまい最後には、あまりにも義母の命についてないがしろにされたことが悔しくて涙が止まりませんでした。

翌日、こちら側の弁護士さんに電話をしたら開口一番

「もんくしーるさん、絶対に怒っていると思ったよー。」

と相手弁護士に対して呆れておりました。どうみても和解したい感じじゃないよねーと言ってました。怒らせるために書いているのか知らないけれど、ここまでヒドイのは見たことがないと言っていたので、私が怒るのも無理はないと言われました。

来月に弁論準備があるのですが、また不知!不知!の嵐がやってきそうですねぇ。

まだまだ、先は長いです。不知の女弁護士には負けるつもりはありません。義母の死をここまでコケにされたら徹底的に争うつもりです。

2016-04-30

monksiiru2016-04-30

[]上野動物園 ガイドツアーに参加してみました

若冲展を堪能した後は、東京都美術館のお隣にある上野動物園に行ってきました。いつもの正門から入ろうとしたら只今耐震工事中で入場が出来なくなっており、脇にある入口が臨時の入場口となっていました。

パンダでも見て帰ろうかなぁと思っていてブラブラと歩いていたら、園内放送があって11時からガイドツアーがあるとの告知。では行ってみようかということになり、参加することにしました。

f:id:monksiiru:20160430144429j:image

ガイドツアーでは毎回テーマが決まっているそうで「絶滅のおそれのある動物」というテーマになっていました。

参加者は15人くらいで、中高年の御夫婦が多かったですね。のんびりとガイドツアーがはじまり、まずは人気者のジャイアントパンダからスタートです。

f:id:monksiiru:20160430144430j:image

f:id:monksiiru:20160430144431j:image

そして、お次はインドゾウ、調度お食事タイムに立ち会えました。

f:id:monksiiru:20160430144432j:image

こちらはインドライオン、メスとオス毎日交互に展示しているそうです。

f:id:monksiiru:20160430144433j:image

シロテナガサル。森がパームヤシのプランテーションに変わってしまい、彼らの住む場所がどんどん減ってゆき激減したのだそうです。

f:id:monksiiru:20160430144434j:image

f:id:monksiiru:20160430144435j:image

そしてスマトラトラ

f:id:monksiiru:20160430144436j:image

f:id:monksiiru:20160430144437j:image

ここでふと気が付くのですが、動物園にいるおなじみの人気動物って、絶滅の恐れがあるものが多いのだなぁと・・・。

f:id:monksiiru:20160430144438j:image

ガイドの職員さんの話はとても興味深いものが多く、皆さん熱心に聞き入っていました。私たちは少し前に若冲展を見てきたばかりなので、若冲の描く動物と本物動物との比較が出来てこの見比べがとっても楽しかったのです。特にシロテナガザルの檻の中に一緒にいた孔雀が、良いタイミングで羽を広げた姿は、まさに若冲の描いた孔雀図そのもので改めて若冲の画力に気づかされました。

今回の動物園探索はいつもよりも、二倍楽しめた感がありました。