なえ日記

2017-06-22 ビリーホリディの歌

nae586252017-06-22

水曜日は、久しぶりに雨が降った。梅雨入りしてから、嫌味のように晴れの日

が続いたけど、雨の日がこうしてあるとなんだかホッとする。

今日はビリーホリディのCDが手に入ったので、ずっと聞いている。心疲れる

日には、どうしても聞きたくなる歌があるけど、ビリーの歌もそんなひとつだ

な。人によれば、古くさいだけのボーカルかもしれないけどね。

CDを流していると、ふっと古ぼけたビルの地下にあったジャズ喫茶のカウンタ

の椅子に座って、ひとりでぼんやりと彼女のしゃがれた歌を聴いているような

感じがしてくる。24頃に、いつも座っていた「さりげなく」にワープして座

ってビ―ルを飲んでレコードを聴いてる。なつかしくて涙が出てきそうだ。

ジャズが好きになったのも、この店でずっと流れていたのを聴いていたから。

狭い奥に長い雨が降ると雨漏りがしそうなボロいビルの地下にある店だったな。

もう無いけど。今はビルは取り壊されて落書きだらけの塀に囲まれた駐車場に

なっている。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nae58625/20170622

2017-06-17 尼崎風景

なんとなく思いだしたので、尼崎のことをもう少し。

私等には尼崎と言えば、中島らも。が一番に出てくるな。らもさんは尼崎

出身で今も実家が立花で歯科医院をしている。今、読んでいる「愛をひっかける

ための釘」にも尼崎の家のことが出てきた。当時昭和30年初めはまだまだ貧し

い時代で、自分の家や向かいの韓国人の住んでいた「まんじゅう」の家でハレ

の日は家の前で鶏をつぶしてトリ鍋にしたり食べていたと。同じような話は、

大阪生野出身の某店のママからも聞いたし他でもある。それを見て鶏が食べれ

なくなった。と今もトリ肉が食べれないとかね。まーそりゃそうだろ。まして

子どもの時だとね。「赤目四十八瀧心中未遂」の車谷長吉さんから直接聞いた

話で、かって出屋敷のアパートで焼鳥の串打ちの仕事をしていた頃、道ばたで

豚を解体しているのを見た。と言っていた。尼崎のことを地の人は「アマ」と

呼ぶ。まぁ今は時代が変わり、生きた鶏などしめる家は無い多分無いだろう。

その代わりに、玉出で安売りのトリ肉を買ってくる。多分

しかし私がちょくちょく行ってビール飲んでいる某店の店長とはカウンタ越し

によく話すが、彼は生まれてから今も尼崎に住んでいるし大学も出ているが

中島らもを知らない。ウソ―と思ったけど、小説読まなくて30代なら知らない

のかもと思った。らもさんが亡くなって一回りはしてるんだから。

今、アマ出身の有名人はダウンタウンだろし、皆知っている。そのうち駅前に

像ができるかも。

ずっともやもやとした事が、やっと晴れ間が見えてきてホッとした。理不尽な

ことはいきなり起こる。この十日ばかりよく我慢したなぁと自分で思う。

私は見た目より窮地に強いのかも知れない。泣きわめきたくなるような時でも

人前では普通そうになる。前にも、そんな強さを言われたことあったなー

何のことかわからないだろけど、ぽろっと言わせてくだせぇませ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nae58625/20170617

2017-06-15 ドトールの朝

nae586252017-06-15

今朝は、いつもと違い尼崎へ行く用事があって出かけていた。ここの駅で

降りたのは、十年以上ぶり。すっかり駅も北側の眺めも変わっている。

ゴミゴミとした雰囲気が消えて、再開発されたばかりらしい巨大なタワー

マンションがいくつも建っている。なんだか馴染めないなぁー

駅の改札を出て、すぐの陸橋を渡る入口に梅川の像が立っていた。近松

の心中に出てくる、文楽の人形をそのまま像にしたもの。尼崎近松の墓

があるそうだ。

その渡り廊下のような陸橋沿いに、ドトールがあり入る。朝のドトール

がらんとしている。コーヒートーストを注文して、狭いテーブルと椅子

が並んでいる端の窓際に座ってトレーにのったコーヒーを飲んでトースト

を齧る。この手の店は新聞が無いので手持ち無沙汰になるね。反対側の

テーブルに帽子を被ったままの小太りな中年後期のおばさん二人が座り、

大きな声で何事かをしゃべっている。ちらと見ると口を開けてパンを食べ

ながらしゃべっているので、口の中が見えてぐちゃぐちゃと音がする。

どうして店の中でおばさんは帽子を脱がない人が多いんだろう、夏だと

黒いサンバイダ―をしたままの、おばさんも見かける。私は、あれが嫌い

だ。コーヒーをずるずると音をたてて飲む音も聞こえる。やれやれ

 父親尼崎の会社で仕事していた昔、子どもの頃何度も尼崎の駅で降り

たことがある。街は煤けて灰色ぽかったし工場が多く、ドトールのあたり

ビール工場があった。黒っぽい塀が長く伸びてあったのを覚えているな。

ビール工場から出る臭いがした。東へ歩くと、真っ黒な川があり水面から

ボコボコとガスが泡になっている、どぶ川があった。

その頃は公害問題より、経済成長優先だったのだ。でも今の街もなんだか

馴染めない。普通の喫茶店が見当たらない。よそいきの顔をしているみたい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nae58625/20170615

2017-06-10 雨の日と月曜日は

nae586252017-06-10

しかし入梅宣言が出てから、全然雨が降らないな。今朝も日差しの

きつい晴天だ。気温も日中は30度近くまで上がる。

時どき何もしてないのに理不尽な目に遭うことがあるなーと思うことが

ありますね。それもいきなり。

木曜日の朝、いつものように散歩して喫茶店でコーヒーを飲んでいたら

店はヒマだった、お客さんも少なくて店の女の子のHさんが何か話しかけ

てきて聞いていた時に、マスターが怒りだし「しゃべっとらんとさっさと

仕事せんかいお前の脳みそ腐っとるやろ!」と、ひどい暴言を言いだし

私が思わず「マスターそんなこと言ったらダメだよ」と普通に注意したら

やかましいわっ!と何度も怒鳴りつけられた。それで店内が凍り付き客が

黙って帰り、私も唖然となり黙ってお金を払い出た。Hさんは、おろおろ

している。何かお金の支払いでも考えて虫の居所でも悪かったのかも知れ

ないが、これは自分の店の経営者の「おごり」だろね。言われた方は当然

腹が立つ。二度と行くかと思う。暑くてもクーラーをまだ入れないケチな

喫茶店○信もう長く続かないだろうね。さようなら

もう何年も前だが、同じようなことがあった行きつけのカフェを思いだす

マスターとは友だちのように仲良くしてた積りだったが、やはり暑い日に

疲れて座った途端に、ある店にポスターを持って行ってと言われた。その

店はもう長い間行ってなく余り行きたくなかったので、断ったらマスター

がすごく怒り、ひどい事を言われた。店はひとりでしていたのでよく客に

そんなおつかいを頼んでいたが、こちらだって行きたくない日もある。

それでコーヒーを飲んですぐお金を払い出た。それから一度も行かなかった

ら二年後に、閉店したと人づてに聞こえてどこかやっぱりと思ったな。

その時の方がショックだった。私が或ることで責められて苦しんでいた時に

いつも話相手になってくれた。お客が誰もいない時にカウンター越しに

ぼそぼそと映画のあそこが良いねとしゃべって笑っていたり親密な時間が

あったし、お互いに友だちと思っていたと思う。

それが、こんなくだらない事で行かなくなって終わる。何度もふらっと

こんにちは〜とドアを開けて入ろうと思ったけれどできずに店は無くなって

しまった。あの時のマスターもどこか、おごりがあったのだ。潮時と思う

ような退きの時は、突然理不尽にいつも起こる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nae58625/20170610

2017-06-07 入梅

nae586252017-06-07

朝は雨ふり、外を歩くと肌さむいぐらい。すると今日から梅雨入り

天気予報で伝えている。六月なってからクーラー入れずに過ごしている。

娘が仕事に行き出し、何の因果か毎朝お弁当を作って送りだす。別に

作ってと言われてないが、自分では作らないしパン買って食べたりする

栄養無いし元気も出ないやろなぁと思うと、弁当を作っていた。親バカ

前の仕事の時はすごく朝が早く(午前4時半)家族もまだ寝ている間に

家を出ていたので、お弁当は作らなかったが今は普通の8時台。お弁当

て何かうれしいらしく朝にはいと詰めた弁当箱と箸箱をつけて置くと

喜んでいたな。まぁ毎日はしないが、これからも作ってあげよかと思う。

私の母親は、18歳なってから見事に一度もお弁当を作ってくれなかった。

仕事に行き出して、女子社員が昼休みにお弁当を食べている人多く皆、

母親が朝に作ってくれている。お昼代の節約もできる、仕方無いので週に

三日ぐらい朝起きて自分でお弁当を作って持って行った。ご飯が無い日は

諦めて、おにぎりとカップラーメン買って食べたりした。

今朝は、鮭の切り身を焼いて玉子焼きを作りピーマンを炒め、おにぎり握る。

久しぶりに連続で朝にお弁当を作るのは、結構大変だとわかる。おかずも

弁当用に買うし、ご飯も朝に炊いておかないとダメだ。一度やめると又作る

のが嫌になる親もいるだろね。

前にトンカ書店で「ほんの手帖展」を二週間さしてもらった時、ほぼ毎日

店に行ってた。お昼にお弁当を作って持って行った日にトンカさんのも

余ったおかずとおにぎりを握り本当に小さなのをついでに持っていって

ついでに作ったからと渡したら、こちらがびっくりする位よろこばれた。

学生時代以来に手作りのお弁当を食べたと、すごくおいしいと言われて

恐縮する気持だった。その時に、お弁当のちからの様なのを感じたなー

日頃、料理をしなくなるとご飯を炊いたりするのも面倒になると言う人がいる。

全部レンジでチンのものでおかずを出す料理本が出たりして驚愕する。

お弁当を外で食べるのは私も好きだし、少し手間をかけてよろこばれると

まぁ作ってやるべかと思うんだすね。毎日はイヤだけど。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nae58625/20170607