なえ日記

2018-08-19 本の雑誌

nae586252018-08-19

また台風が来るそうで、暑さがぶり返す。ずっと本屋に行きたいと思い

ながら、ずるずると行けない日が続いていたけどやっと電車に乗った。

まだまだ短パンに裸足でサンダル姿の人が多い。暑いもんねー

今日の目的は新刊で、J堂でやっと「本の雑誌」を手に取った。気には

なってたものの手にとり開いてみて、あらまぁ!びっくり。まさか名差

しされてるとは思わなんだ。じっくり読むのも何なのですぐ購入する。

素直にうれしい。思えば、今年なってからこの雑誌を買うのは三回目

四月から隔月で買ってるな。どうして?まー読めばわかります。他にも

新刊で出てるハズの本があるんだが、神戸まで配本されないのか見かけ

ない。

今日は、もうひとつの目的の眠眠で焼飯を食べる。時どき食べたくなる

んだね。そういう時に食べると必ずうまいのだな。他の、おっさん方は

皆さんビールを飲んでいるが、飲まず。昼間は飲まないのだ。帰る前に

喫茶店でまたシコシコと短文を書く。どうも頭で浮かんだ時に文章は

書いた方が良いらしい。家の机でああでもないと考えて書くのより良い

気がする。しかし誰からもメールが来ないのは、誰も知らないのかなぁ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nae58625/20180819

2018-08-18 今朝は涼しい

nae586252018-08-18

お盆五山送り火も過ぎて、ようやく平常の日が戻ってくる。家人も

娘も仕事に出たので、久しぶりに一人でゆっくり。朝はこの夏から始め

て涼しい朝だ。いきなり夏も終わらないだろけど、ほっとするね。

朝のコーヒーをいつもの店で飲んでいると、喫茶の友のYさんが入って

きて、えらい目に遭ったと言うので何かと思えば、昨夜急に体の具合が

悪くなり救急車で病院へ運ばれるが熱中症だった。点滴して検査して

朝、家に帰ってきてここに私が待ってるから来たとか。ふーんそれはまぁ

大変やったねぇしかしよく来るねと呆れる。奥さんは入院中で話してない

そうだ。まぁそれぐらいで治って良かったね。何故か隣の人が田舎に帰って

きた土産の出雲そばを茹でてまで食べないからとくれた。

いきなり涼しくなると体調が狂う人も多いだろう。気をつけてくださいね

今日は私の遅い盆休みと、午後からも何もせず夕方に肉屋でミンチカツを

買い、実家のそばにある某店へ行くとびっしり客で座れないが顔馴染みの

人が椅子をずらしてくれ座る。やっとビールが飲めたーうまい。この店は

いつも客で一杯だ。その後にハイボールを飲みいい気分になる。隣の長崎

が田舎の二宮さんがお姉さんから五十万お金を送ってくれと言われたのを

左となりのおじさんが送るな。と言ってる。アカの他人なのに前も健保料

の用紙を出して相談されていたな。どちらも九州の人なので面倒みてしまう

んだろうか。芦屋の精中先輩等はまだ来てなかったが、どうも当時は全然

知らないのに同じ中学の先輩だと大きい顔をするらしい。まぁそんなもの

かもね。とりあえず、こうしてまた日々がはじまった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nae58625/20180818

2018-08-15 盆の終わり

nae586252018-08-15

都合五日間の盆休みもやっと今日で終わりなり。何もしてないのに

疲れる。

朝のコーヒーを駅前のいつもと違う喫茶店で飲み新聞を読む。この店

カウンターがおっさん連で指定席状態で座れないらしい。平日の朝から

何してるかよくわからん旦那風のおやじが並びゴルフの話をしている。

雨がいきなり降ったり止んだりで、店を出て駅から電車に乗って本屋

に行く予定が、ざざ降りの雨で傘持ってないしとあっさり止めてビル

内にあるブック1をウロウロするけど、本が全然動いておらず空しい

時間を過ごしていると、義兄から電話で田舎にある両親の墓参りに一度

行かねばと言う。田舎のおじさんがええ加減に墓参りしろと怒っている

らしい。家人は出かけていないので、伝えると言いついでに私の両親が

ずっと入院していたことや現在の介護の様子を始めて言った。

水くさいやろと言われるが、余計な心配させないようと思いと言う。家人

が昨日、実家の庭の水やりに言ったことを話すと笑っていたな。今は親は

庭に出ることもできないから。この暑さで、枯れるのも仕方ないだろなぁ

何も買う本が無く地下で買い物して外へ出ると、雨が止み地面は水びたし

お昼ご飯に、しょうがの天ぷらと白菜のつけものを刻んで白いご飯で食べ

るけど、この三日間で食べたので一番おいしかった。お茶もおいしい。

阪神で買った本を出して寝ながらパラパラ読み、ラジオで音楽を流すと

うとうとしてくる。「生きているのは、ひまつぶし」と深沢七郎の本を

ふと思いだす。休みで夕方にビールも飲みに行けないし家では飲まない

早くお盆なんか終わって欲しい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nae58625/20180815

2018-08-14 古本探しは一人で

nae586252018-08-14

お盆中日、昨日風邪で寝ていた娘が大分良くなったので朝のコーヒー

を一緒に飲む。娘は某コミケで自費本が売れたと喜んでいた。出店した

人が好意で並べてくれたとかで、今は本作るのがネットで低コストで

できるらしい。知り合いの古本屋に置いてくれて頼んだろか?と母の

好意は「いい。」と受け取らず。本見せるのが、はずかしいんだろね

しかし某コミケに集まったオタ連中の数がすごい。幕張オタクだらけ

古書市なんか足元にも及ばないなー

オタと言えば(どんなつながりや)思いだしたけど、この夏の古書市

固有さんやMさんの姿が見えなかったと気がつく。タイプは違うが、

どの古書市へ行っても必ず姿を見かけたので、そうだなぁと思う。

その反面、ゆずさんの新顔もおられるし古本界つうか顔ぶれも少しずつ

変わっていくのね。私も古顔になるのかなぁ、大阪では昔は大体どこの

古書市へ行っても入口でじーさん連中にジロッと見られて、女が物知った

ふりして何しに来やがった的に思われた。冷やかしならとっとと帰れと

言わんばかりの態度で、そんな時が長かった気がする。女は古本屋の奥さん

ぐらいしか居ないと思われてたのよ。そんな白い目を気づかぬフリして

十何年、今でこそ女性客は増えたがじーさん等の本質はそう変わらない。

だろう変わるのは、世代交代した後だ。かっては古書市内で私だけ女て

ことが本当にあったから。しかし今日も阪神古書市へ残り福を拾いに

大阪へ行く。ひとりでゆっくりと見れたので、あれこれ六冊も買って

これ以上いると果てしがなくなる気になり打ち切る。人が見れば安い

本でも私には欲しい本。良い買い物した。デパート地下を歩いて食品

を何も買わずに、本だけ買って帰る。これでしばらく読む本ができたぞ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nae58625/20180814

2018-08-12 盆休み

nae586252018-08-12

八月十二日は日曜日。もう盆休みに入り、朝からお花と線香を持って

芦屋霊園へ墓参りに車で行く。山の上なので、例年は少し涼しいんだが

今年は暑かった。一年ぶりの墓参りで、娘が花入れをきれいに洗い水を

替えて線香を立てる。家族皆で手を合わせておわり。その間も汗が出る

霊園から芦屋埋立地の団地がよく見え、その先の海が青い。

その後に実家に寄り、親兄弟が集まりお寿司をつまみビールを飲んで

父母の見舞いをする。この前に転倒して母親も外に出れなくなり気落ち

したままだが、子ども等にはお盆の小遣いと各三万円づつくれた。

弟や妹も親を心配して集まっているし、何にも無い時より仲良くなった

気がするぐらい。

夕方に実家を出て、盆休みの街を歩いて家に帰る。この暑いのに京都では

下鴨はじめ、あちこち古書市があり、それぞれハシゴしている様子をネット

で知るが、すごいエネルギーだと思う。私には、とてもそんな元気が無い

し体が持つわけない。それでも、なんだか良いなぁと見て思う。京都の人

は暑さに強いんだろか・・・

これからの盆休み、ぼちぼち古本めぐりしていきたいね。小遣い貰ったし

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nae58625/20180812