ナナミの雑記部屋

2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 12 |
2018 | 07 | 12 |

<< 2006/08 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
   
・カウンター(クリックで詳細表示)
・ひまわり動画プロフィール
・自己プロフィール / ・Twitter

    ・アニメ(+ゲーム、漫画)の感想・情報サイト。ネタバレ推奨
    ・萌えキャラ至上主義
    ・IE6.0表示確認。画面は1024×768以上、文字は中のサイズを推奨
    ・満足度(★☆☆☆☆…最小/★★★★★…最大/限界突破有り)
    ・リンクについて / 掲示板 / チャット / メール / メッセ
   

    ・ブログランキング
     にほんブログ村 アニメブログ
     にほんブログ村 萌えアニメ(ノンアダルト)
     にほんブログ村 深夜アニメ
     にほんブログ村 アニメ感想
     →ランキング参加中です。1日1クリックずつ押して頂けると励みになります。
  ・年間最萌え(俺の正妻)リスト00年代前半:
    02年度 (トップ)かおりん@あずまんが、(次点)ジルハーツ@東京UG
    03年度 (トップ)レナ@腕伝、(次点)朝倉音夢@ダ・カーポ
    04年度 (トップ)山瀬千早@まぶらほ、(次点)コヨミ@ガールズブラボー
・放送中アニメランキング 【ランクS】ファフナー>新妹>アリアAA
                                         
【ランクA】セラフ>ゆるゆり>ヴァルドラ>小隊
                                         
【ランクB】ごちうさ>うたわれ>オルフェンズ>ランマス
                                         
【ランクC】庶民>落第>ハッカ>DB>あにトレ>Goプリ

・今期俺の嫁ランキング 【ランクS】野中胡桃@新妹>間宮ののか@アリアAA
                                       
【ランクA】見城ひびき@ヴァルドラ>君月未来@セラフ
                                                    >保登心愛@ごちうさ>西園寺うさぎ@小隊
                                       
【ランクB】五十嵐冴@ランマス>エーコ@オルフェンズ
                                       
             >マナ@モノクロ>樋口えり@あにトレ
                                       
【ランクC】ルルティエ@うたわれ>大室花子@ゆるゆり

・年間最萌え(俺の正妻)リスト00年代後半以降:
  05年度 (トップ)倉内安奈@これが私の御主人様、(次点)桜梅歩@極上生徒会
  06年度 (トップ)桐原きらは@アリス輪舞曲、(次点)涼水玉青@ストパニ
  07年度 (トップ)葉山小十乃@セイントオクトーバー、(次点)アーニャ@ネギま
  08年度 (トップ)乃木坂美夏@乃木坂春香の秘密、(次点)小林タマ子@ケメコ
  09年度 (トップ)乃木坂美夏@乃木坂春香の秘密、(次点)河合アメリ@タユタマ
  10年度 (トップ)孫尚香@真・恋姫†無双、(次点)土田さつき@はなまる幼稚園
  11年度 (トップ)日出佳乃@戦国乙女、(次点)天乃翼@聖痕のクェイサーII
  12年度 (トップ)西住みほ@ガールズ&パンツァー、(次点)鷹ノ宮ありさ@おにあい
  13年度 (トップ)神田優子@さくら荘、(次点)箱庭ゆらぎ@のうコメ
  14年度 (トップ)夢乃マホ@咲-Saki-全国編、(次点)有川かぐや@ひめゴト
  15年度 (トップ)森野きりん@幸腹グラフィティ、(次点)シルヴィア@クロスアンジュ

(C)まぶらほ製作委員会 / (C)渡瀬悠宇・小学館・ぴえろ
(C)Studio e・go! 「IZUMO」アニメ製作委員会
・最近の女神 ククリ@グルグル
(C)衛藤ヒロユキ
               ・お持ち帰りNo1 小野寺春@ニセコイ
(C)古味直志/集英社・アニプレックス
・お持ち帰りNo2 高町ヴィヴィオ@なのは
(C)NANOHA ViVid PROJECT
・お持ち帰りNo3 結城美柑@To LOVEる
(C)矢吹健太朗・長谷見沙貴/集英社
・お持ち帰りNo4 乙坂歩未@Charlotte
(C)Visual Art's/Key/Charlotte Project
               ・お持ち帰りNo5 小花鈴@それが声優
(C)あさのますみ・畑健二郎/イヤホンズ応援団
・お持ち帰りNo6 櫻田光@ダンデライオン
(C)城下町のダンデライオン製作委員会
・お持ち帰りNo7 間宮ののか@アリアAA
(C)赤松中学・KADOKAWA刊/ProjectAA
・お持ち帰りNo8 保登心愛@ごちうさ
(C)Koi・芳文社/ご注文は製作委員会ですか?

                ▼Link| MoonPhaseMoonPhase雑記にゅーあきばどっとこむおた☆スケ究最2nd虹神速報光希桃AnimeStation名前のない部屋
                放蕩オペラハウス楽画喜堂アキバBlogやらおん!JAMぐるオタク.comDash chカートゥン☆ワールド旧館カートゥン☆ワールド
                HIROのホームページ徹底放置空色きゃんでぃメルクマールカタコト日記エログちゃんねる恋華恋華のブログII恋華◇◇3rd◇◇
                TransparencyNo Anime No Life初音島情報局せーにんの冒険記Little Colors在宅アニメ評論家二次元空間リリカルマジカルSS
                SnowMousse布達の橋Fake Version Heat Team破滅の闇日記失われた何か空と夏の間あみもねにっきまごプログレッシブPart2
                燃えろ!!AmazonShooting Star日々是深夜アニメムメイサの隠れ家どっかの天魔BLOGEARL.BOXE.M.D.2ndヲタブロ2ヲタブロ
                ニコニコ動画ひまわり動画SayMove!ももいろ動画NosubclipstreamsAnitanぱらすてAny6VS-iTaMoRiニコ検索Gsearch
                水の小屋ゲーム漬け何でも雑記板続・真面目に働くアニオタ日記あきひろのアニメニュース夜鯖の無職な日々日常と紙一重のせかい
                暗黒黙示録荒らし幕府Fuckin' KingdomDegradation東京アンダーグラウンドメロンブックスとらのあなDMM.R18DLsite Maniax
                大炎上Stack-StyleふたばちゃんねるfutaBoardYoutubeアニメ無料動画しぶしぶのオタ日記やっちゃんの日記また〜り不定期日記
                4040秋芳堂seiyu fanアニメを考えるブログヤマカム萌駅萌え連虹2ND@画像掲示板画ぞる.comサイとはいかがlolipuni
                DingDongDongReturnsAnotherDDDpixiv裕の投げ売り遺物改造ロボ変身オカズゲッター何も学べない青空教室ルルドルフ春眠日記
                蹄鉄倶楽部DYNAMITE PUSSY CATひかるのH部屋Heroine SyndoromeLolitaChannelsutadio「A」サイクロンGetchu.com
                Mushroom high!!七曜蒼龍陣堕天使の坑闇処ぱぉぱしっぷサークルアンコ釣りキチ同盟聖リオ萌え.jp双葉過去ログ検索
                ExploaderNowshelfdropbooksE-HentainhentaiMGFVNE研NTRクロニクルLOLI.COM BLOGブログ村ブログ村アニメブログ

 | 

2006-08-31

今日のいぬかみっ! ★★★☆☆

(C)有沢まみず・メディアワークス/犬神使い派遣協会


俺のハーレム世界キタコレwww

啓太って奴はホントよくその辺の事が分かってるなぁ。感心感心。

俺もなでしこちゃんやともはねちゃんやフラノちゃんに囲まれて

奉仕されるハーレム世界を満喫したいよ。あ、せんだんはイラネw

当の薫本人は啓太に要求されなくても自分の犬神を託そうと

考えてたんじゃないかな。だって最近の薫は死亡フラグ立ってるから。

復活した大妖狐の石化攻撃から啓太を救ったのはともはねちゃん。

啓太×ともはねフラグは今回も絶好調、啓太様のお嫁さんが

無理なら妹になろうと言わんばかりの啓太様ラブが(・∀・)イイ!!

最近のともはねちゃんは前以上に啓太寄りなのが好感持てます。

ようこ:「私と啓太はいっぱいいっぱい契ったんだからあああ!!」

な、なんだってーっ!!

契ったってストレートに言うとセックルしたって事だよね?

いつの間にそんな事してたんだよ!!って親馬鹿の父親から

逃れる為の嘘か。ツマンネ。

そういや「いぬかみっ!」は同人誌もあまり無いよなぁ。

やっぱ犬オチになるのが嫌なんだろうか・・・なわけないw

なでしこ:「これはつわりよ、ようこさん。」

なでしこちゃん空気読みすぎwww

大妖狐VS赤道斎・・・そして川平薫の妹・・・

これからどんな展開が待っているのか、俺のなでしこちゃんに

見せ場は来るのか(次回予告を見る限り、期待出来そう!!)、

注目せずにはいられません。それはそうと大妖狐の人間姿は

意外だったな。もっとゴッツイ化け物かと思っていただけに。

「いぬかみっ!」の萌えキャラランクはこちら。

なでしこ>ともはね>新堂ケイ>フラノ

>ようこ>いまり&さよか>>>>>その他

今日の.hack//Roots ★★★☆☆

(C).hack Conglomerate


ルーツはいつからギャグアニメになったんだよ!!

ガニマタで歩いたり、ハセヲ負けたり、ギャグっぽいBGMが流れたり、次回予告でタビーの肉球戦隊が出てきたり、なんかもうね(ry

シリアスな展開でも主人公のハセヲ自体がヘタレすぎて・・・今では全てギャグに繋がっているんじゃないかと思えてしまうくらいです(^^;)

三郎:「クソッ・・・あんにゃろぉ・・・気になってしょうがない。」

惚れたね!三郎は間違いなくハセヲに惚れたね!!

ハセヲに敗れた後、パイにPCボディ没収されたとばかり

思っていただけにそうならず済んだのは本当に良かった。

仕事としてではなく、興味でハセヲをつけまわす事に決めた

三郎が今後どんな行動していくのか注目せずにはいられません。

ハセヲ:「誰が!どこのどいつが撃退したんだ。」

あぁ、言いたい。言ってやりたい。そいつはお前のよく知る人物、

オーヴァンだって言いてえええええ!!

このネタって最後まで焦らされそうな気がする。必要以上の事は言わない

パイはともかく、碧は藤太に特徴を言ってればそれで済んでたのに。

思い出したくないような光景・・・オーヴァンの真の力とは

それほどのヤバさがあるという事でしょうか?(^^;)

これは酷いwハセヲもうだめぽwwww

ハセヲ無様。3rdフォームでこの様ではどうしようもない。

三爪痕に挑もうとしている奴が碧にやられてちゃ話にもなりません。

所詮ヘタレはヘタレか。一体いつになったら死の恐怖と呼ばれる

勇ましいハセヲが見られるのやら・・・。

2006-08-30

今日のラブゲッCHU〜ミラクル声優白書〜 ★★★☆☆

(C)小泉まりえ/アリコシステム


落ち込んでる桃子ちゃんも可愛いな。

うん。みんなの評価はどうあれ、今回の声優白書は面白い。

声優について思い悩む桃子ちゃん・・・

なんか久々に声優白書らしさが見れた気がするよ。

最初支持しといてこういうのもなんだけど、このアニメが

盛り下がったのは三角関係を映すようになったのが原因だから。

ちょwww江戸川さんハッスルしすぎwwww

桃子ちゃんをそのままお持ち帰りする気かよwwww

皆が見てる前でおっさんが桃子ちゃんに悪戯・・・

このシーンそう思ってもおかしくない。

そして極めつけは「桃子ちゃん可愛いからお持ち帰って堪能するよ。」と言わんばかりの強制連行。

「それじゃぁ私の家へ」と強引に連れていこうとしているようにしか見えません。マジやばいですw

桃子:「自信ありません。」

江戸川:「聞こえなかったよ。」

江戸川:「なーんにも聞こえなかったよ私は。」

江戸川さんクオリティたけえ!!

ここって笑う所なのか?

桃子ちゃん自信喪失してるというのに・・・

そんなのお構いなしに自分の計画を遂行しようとする江戸川さん、

アンタやっぱ大物だよw

相変わらず口はキツイけど、ホントよく出来た娘だよな。

夕海ちゃん賢い可愛いよ夕海ちゃん!!

それに比べて桃子ちゃんは・・・ステージで立ち直るのはいいんだけど

またスケラブか!!「困った時のスケラブ頼み」はどうかと思うな・・・。

一度や二度なら良くても、毎回これだとさすがにちょっとね(^^;)

あはは。ぶったりぶたれたりラブコメ街道まっしぐら

祐理花の立ち直りも早いし・・・これでいいのかよ!!

あれだけの三角関係修羅場をやっておいて、このスッキリ感は何?と言いたくなる。

祐理花ちゃんが悲しまずに立ち直ってくれるのは嬉しいけど、なんか桃子ちゃん達のやり取りを見てると三文芝居にしか見えないんです。

いやほんと祐理花ちゃんの幼馴染ラブの設定さえ無ければアタリ×桃子ちゃんのカップルは祝福出来ただろうになぁ。

クライマックスの見所は桃子ちゃん達がスケラブ2のオーディション受けて、最終的に主人公特権で桃子ちゃんが勝ち抜いて

アタリのキャラに声当ててENDですか。三角関係修羅場の結末は予想より早く来たけど、こっちの方はそのまま予想通りに終わりそう。

こんな今から予想出来ちゃう結末というのはどうかと思います。

三角関係修羅場が終わってかつての勢いが戻ってきてはいるけどまだまだ。もう残り数話しか無いし何か驚きの展開を見せてほしいです。

「ラブゲッCHU〜ミラクル声優白書〜」の萌えキャラランクはこちら。 桃子>祐理花>仲村夕海>>>>>りんか>翼>>>天音

2006-08-29

今日のつよきす Cool×Sweet ★★★☆☆

(C)きゃんでぃそふと/つよきす製作委員会


「つよきす Cool×Sweet」は今期最強の萌えアニメ!!

俺の静香は見込み以上の活躍してくれるよ!!(≧∇≦)

今期最強?・・・はい。萌え以外の要素もあるストパニ等と違って、つよきすは現在放送中のアニメで一番「萌えに特化したアニメ」、

「萌え」について深く考察・探求されているといって良いでしょうか。これも萌えアニメの監督を多くこなしている木村監督がなせる力技です。

キムシン最高!!監督の作品全部が全部見てるわけじゃないけど、「G-onらいだーす」とか「まぶらほ」とか大好き。

宮崎なぎさ、福田夫妻ともにキムシンは大好きな監督ベスト3に入ります。というわけで今回も見所満載!!俺の嫁は大活躍!!

ここ最近ほのかちゃんの妹パワー全開アピールに押され勝ちな感があったので、静香ちゃんの勇姿が久々に見れたのは満足してます。

ほのか:「お、お姉ちゃんっ!?」

ほのか:「こんなの頼んでないけど・・・」

素奈緒:「仕方ないじゃない。大根の気分だったんだから。」

ほのか:「大根の気分?」

素奈緒:「美味しいよね大根って。私大好き♪」

ほのか:「(^^;)」

今まであれほど毛嫌いしていた大根が大好きだなんて・・・

ほのかちゃんじゃなくても呆れるよなぁ。いや素奈緒らしくて別にいいけど。

それより注目すべきはほのかちゃんの反応リアクション。

声のトーンの使い方が良かったです。

はぅ〜、ほのかちゃんかぁいいよぉ!!

俺の大根も握ってぇ!!舐めてぇ!!

ハァハァ(*´д`*) おん持ち帰りぃ〜っ!!

あぁっ・・・その太くて固いものをちっちゃなお口に・・・・・・

ほのかちゃん早くっ!!俺の大根今にも破裂しそうな勢いだよ!!

将来の嫁候補ほのかちゃんの出番はこれで終わり。

今回ちょい役でしかなかったけど、ほのかちゃんと大根の

組み合わせはなんかこうエロさがあって良い。威力は十分あります。

と・さ・か・き・たー!!

静香:「そんな発声練習あったっけ?」

素奈緒:「いいの。これが今の私の気分なんだから。」

静香:「こんな事してても虚しくない?肝心な舞台は出来ないんだよ・・・。」

こんな発声練習あるわけないw けど何かツボに入ったよ。今度から使ってみようかな?

竜鳴館の文化祭を目前に控え、「とにかく演劇!」したい素奈緒はエリカに出場申請書を提出するも彼女の一存であっけなく却下。

「どうみても個人に対する嫌がらせです。本当に(ry」の行為に素奈緒は相当頭に来てる様子。

素奈緒の事を応援し、一緒に劇をやりたいと思っている静香ちゃんも落胆を隠せません。

それを察してか、前向きな素奈緒はネバーギブアップ宣言して静香ちゃんを元気づけようと・・・

素奈緒:「でもね、何かやりたいじゃない。せっかくの文化祭なんだもん。常に準備だけはしとかなくちゃ。」

静香:「だね♪」

俺の静香ちゃんに明るさが戻って良かった。素奈緒GJ!!これが親友・・・百合友ってもんだよ。

静香:「ところで対馬くんとはあれからどうなったの?」

静香:「素直じゃないなぁ。」

対馬くんネタ禁止!!これやると素奈緒は素直じゃいられないから。

だってツンデレなんだもん。というか「素奈緒ってツンデレだよね。」と静香ちゃんが言ってもおかしくない雰囲気ですが・・・

他のアニメでもそうだけど、ツンデレ娘にツンデレと言っちゃいけない決まりでもあるのでしょうか?

静香:「でも・・・本当にこれでいいの?」

「人間について深く考察・探求する同好会」とカモフラージュして演劇参加を強行に進めようとする素奈緒に対し、

「素奈緒らしくない。後で後悔しない?」という感じで心配する静香ちゃん。たぶん素奈緒は素奈緒で

一緒に演劇をやってくれる仲間が増えた事によって引っ込みづかないところがあるのだと思います。

静香:「おーロミオ、ロミオ、どうして貴方はロミオなの?」

素奈緒:「ジュリエット、どうか僕を恋人と呼んでください。今日からそれが僕の名前。」

俺の静香ちゃんは・・・素奈緒のジュリエット!!

ある意味究極のフラグと言えるんじゃないかこれ!!

ロミオとジュリエット再び。この再びというのは「つよきす」だけではなく、ストパニも含めてです。

劇ではあるけれど素奈緒と静香ちゃんが恋人同士の設定なのは最高のシチュエーション。

だから・・・最後までこの設定を貫き通してください。お願いします!!

もし途中で素奈緒がジュリエット役になって、レオがロミオ役にでもなったら私マジで切れますので(^^;)

それはそうと静香ちゃんの大根役者ぶりには爆笑。

恋しい気持ちってどんな気持ちか分からない?素奈緒が無視するって?誰に対してかはともかく素奈緒は照れてるから無視したんだよ。

静香ちゃんも分かる時が来るはずなんだけどなー

素奈緒の事をもっともっと好きになればね!!(≧∇≦)

これが言いたかった。恋しい気持ちが分からなくて大根役者になってしまうのなら恋しい気持ちが分かるようになればいい。

演劇の活動を通して静香ちゃんが素奈緒の事をこれまで以上に好きになればそれで問題解決です。全然難しい事ではありません。

乙女に諭され、自分らしく正々堂々と演劇をする決意をした素奈緒は再び申請しにエリカの元へ。

素奈緒がいくら頑張っても結果が見えている状況に静香ちゃんがまた落ち込みかけた矢先、

レオ:「あのぉ・・・ちょっといいかな?」

レオの手招きがぁぁぁ!!何考えてんのか知らんが・・・

俺の静香を汚したら絶対ぜーったい許さないからな!!

静香ちゃんが危惧した通り、素奈緒の言い分は聞き入れてもらえず演劇を諦めざるをえない状況に

素奈緒が追い込まれていく中で事態を覆す救世主登場。その救世主はも・ち・ろ・ん浅田静香ちゃん!!静香ちゃんしか居ません!!

静香:「ちょっと待って!!」

静香:「すみません。クラス発表の申請が遅れてしまって。これが申請書類です。」

エリカ:「クラス発表?」

静香:「はい。で2−Aの演目は近衛さんに一任する事になりました。」

エリカ:「は?」

静香:「これが委任状です!クラス発表なら素奈緒が何をやろうと問題ありませんよね?」

静香:「ごめんね。みんなの署名貰うのに手間取っちゃって。」

素奈緒:「静香。」

エリカ:「分かったわよ。許可すればいいんでしょ。」

素奈緒:「やったあああああ!!」

救世主静香ちゃんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

やってくれたぜ静香ちゃんGJ!!さすが俺の嫁!!

これぞ友情で生まれた奇跡の瞬間!!愛の力は無限大!!

静香ちゃん関係でここまで感激したのは第1話の「素奈緒って呼ばせて。私ね、素奈緒のファンになっちゃった。」以来かもしれない。

他のところが中の上でも、ここの場面だけは★5つにしても良いくらい。感激が今も目に、心に焼き付いてます。

そう、ここまでは良かったんだ。百合フラグが発展したまま終わらせとけば良かったものを余計な蛇足をつけやがって・・・。

素奈緒:「ありがとう、静香。」

素奈緒:「クラス発表なんてすごいアイディアだよね。」

静香:「あ、え〜と・・・ホントはね、それ私じゃないの・・・口止めされてたんだけど、そのアイディア教えてくれたの実は対馬くんなの。」

またお前か!!対馬レオ!!いい加減にしろよ空気嫁!!

手招きの真相ってこれか。静香ちゃんが汚されなかったのはいいけど、素奈緒を救ったアイディアは最初から最後まで

静香ちゃんのものにしてほしかったんだよ!!分かるかこの気持ち。せっかくの百合フラグをラストで台無しにしてくれて・・・

ホントお前は百合の敵だな。キャラ的にはそんなに嫌いじゃないけどさ、何かと百合展開の邪魔するのだけはやめてほしい。頼むから。

でもまぁレオは「アイディアを出しただけ」で実際行動してクラスメイト1人1人に声をかけたのは静香ちゃんだから・・・

素奈緒が文化祭で演劇出来るようになったのは静香ちゃんのおかげです。署名貰う光景が見れなかったのは残念だけど、

静香ちゃんは自分の功績をもう少し誇っても良いかと思います。そんなに落ち込まなくてもね。

次回以降は対馬レオ関係で素奈緒が荒れそう。そうなると静香ちゃんとの「ロミオとジュリエット」の演劇に支障をきたしそうで怖いです。

「つよきす Cool×Sweet」の萌えキャラランクはこちら。

静香>ほのか>>>>>素奈緒>>>紀子>>>>>カニ娘>よっぴー>ツンデレの壁>その他 (百合の敵:対馬レオ)

2006-08-28

今日のうたわれるもの ★★★★★

(C)2006 AQUAPLUS/うたわれるもの製作委員会


クーヤ:「余は自らの意志で決意した。全土へと報ぜよ。」

クーヤ:「このアムルリネウルカ・クーヤはこれより全土を統一すると!!」

燃える超展開キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

クーヤの宣言で始まったクンネカムンの大侵攻。

全土統一に燃えるクンネカムンの猛攻はとどまる事を知りません。

その大侵攻を一時食い止めたのはウルトリィとカミュ姉妹の父親ワーベを皇とする宗教國家オンカミヤムカイの魔法攻撃。

さすがの最強ロボ軍団もグラビトンの攻撃にはなすすべもなく・・・

クーヤ達を助け、宗教國家オンカミヤムカイを一瞬にして

滅ぼしたディー。ワーベに「まさか貴方様は・・・」と言わせる

ほどのこの男・・・奴こそが黒幕、奴こそが神であり、ハクオロの

半身ではないでしょうか?シケリペチムの時も暗躍していた奴が

何を目的に動いているのか注目せずにはいられません。

あのトウカでさえ牽制するのが精一杯だなんて・・・

これまで連戦連勝のトゥスクル軍も今度ばかりは一筋縄ではいかない様子。

それだけクンネカムンの最強ロボ軍団が反則的に強い!!生身では太刀打ち出来そうに無いくらいに。

ハクオロ:「都を放棄する!!」

ハクオロ:「だがこれで終わるつもりはない。みんな必ず生き延びろよ!!」

ハクオロかっこいいよハクオロ!!

逃げ台詞だけど迫力あるなぁ。勝つ為の強い意志が感じられて良いです。

カルラやウルトリィなどの最強戦力で足止めなるか!?次回も気になって仕方ありません。っておいっ!!

アルちゃん死んじゃうよ〜!!

その怒りでスーパーハクオロ3になるのか!!

何このハクオロ完全覚醒フラグ。シケリペチムで起きた覚醒どころじゃなくなるぞ。

でもまぁハクオロが完全覚醒しない限り、あの最強ロボ軍団を倒せそうにないわなw

今日のゼロの使い魔 ★★★☆☆

(C)2006 ヤマグチノボル・メディアファクトリー/ゼロの使い魔製作委員会


どうみても浮気現場の目撃シーンです。

本当にありがとうございました。

シエスタちゃんマジギレしてるよ!!

怒りを抑えて平静を装うとしてる表情がまた何とも・・・

この娘・・・爆発したらとんでもない事になりそうだな(^^;)

ルイズがおかしくなったのは惚れ薬を飲んだからと真実を言うも、

逆効果で、かえってシエスタちゃんを怒らせてしまう才人w

シエスタ:「別にそんな嘘つかなくても私気にしませんから。」

シエスタ:「平民の私だって知ってますよ。」

シエスタ:「人の心を変える薬が法律で禁止されてる事くらい。」

前回進展した仲もちょっとした誤解で破局寸前に・・・

まずはこの誤解を解かないと険悪ムードは収まりそうにありません。

2人がどうなるのか俺気にしてるから!!

今まで眼中にも無かったけど・・・

モンモンも可愛いね!!(≧∇≦)

でも浮気はしないよ。浮気したらシエスタちゃんに殺されちゃう(^^;)

浮気されたくなかったから惚れ薬飲ませようとしたってとこが良いな。

ゼロの使い魔」の萌えキャラランクはこちら。

シエスタ>アンリエッタ>>>モンモランシー>ジェシカ

>王族&メイドの壁>ルイズ>>>タバサ>フーケ>その他

元に戻ったら忘れるかと思ったけど・・・

全部覚えてた!ツンデレ全開テラワロスwww

姫様は夜這いしに来たんだよね?

次回は姫様とルイズと才人の3P来るのかなぁ?楽しみ♪

よく見えんが・・・黒幕キタコレ!!

フーケを従えるクロムウェルとかいう奴がアニメのラスボスっぽいな。

2006-08-27

Innocent Blue カルテ2 ★★★★☆

(C)2006 LiLiM DARKNESS /ひまじん


ひゃあああああああッ!!!萌えぇーーッ!超萌え〜!!はぁぁぁ〜ぁ(*´д`*)

すごい・・・ドキドキする・・・一目で祐美たんの虜になっちゃったよおおおッツ!!

はぁはぁ・・・俺の目に狂いは無かった・・・原作ゲームもやっといて良かった・・・

献身的で健気な妹すっごく良いね・・・兄想いの妹はいつ見ても最高だよ・・・

俺を看護して!!アソコを特看して!!俺のを舐めて!!性欲みなぎる〜!!

はぅ〜、祐美たんオメガかぁいいよ〜!お持ち帰り〜っ!!

カルテ1の時から期待して原作ゲームもこの娘目当てで手を付けた作品だけど、尾崎祐美ちゃんホントに素晴らしいよ。

もう何回抜いたかな。覚えてないや・・・18禁アニメで堪能したのはこの前の「痴漢物語 前編」以来。というか今年の18禁アニメで

私が当たりだと思ったのは今のところ「痴漢物語 前編」と「Innocent Blue カルテ2」だけです。

看護学生というポジションも良いけど、やっぱ一番リピドーを刺激するのは兄想いな妹ってとこだよなぁ。

塔馬美由紀ちゃん・・・朝倉音夢ちゃん・・・森崎琴美ちゃん・・・

妹キャラ最高!!ブラコン妹は全員俺の嫁!!18禁アニメは特に萌えてこそナンボの世界。祐美ちゃんがエロ可愛かった所は予想以上、

ゲーム版以上に満足してます。それと神がかりに胸が揺れていたのもすっごく良かったです。ひまじん有難う!!

ただ原作と違って妹陵辱・寝取られ要素がかなりの率で省かれていたのは残念。

まず祐美ちゃんを調教する外道は仁村だけじゃない。イケメンの水野だって他の男だって祐美ちゃんを・・・

祐美ちゃんの兄で主人公の博人もただのやられっぱなしのヘタレでは無かった気がします。

ヒロインについては桜木香苗というもう1人の幼馴染が居なかった事にされているのが何とも。別に萌えキャラじゃないので、

居なくても差し障りはありませんが。ちなみにこのカルテ2の流れを簡単に言うと、

祐美ちゃんの妄想エッチ→希美陵辱→希美陵辱→祐美ちゃん陵辱ビデオの鑑賞(主に愛撫)

→祐美ちゃん陵辱→希美×祐美×博人の百合&セックル(祐美ちゃんの純愛)

こんな感じ。ラストの百合&セックルはかなり良かったので、それまでの陵辱過程がイチモツを

ブチ込んで嫌がらせるだけ、仁村が手前堪能してるだけだったのは激しく不満です。

女の堕とし方がなっちゃいねぇんだよ!!

「催眠学園」の村越を見習え!村越を!!

希美と祐美ちゃんは肉欲なディープ百合!!(≧∇≦)

気持ち良さより兄への想いを選んだ祐美ちゃん最高!!

肉欲なディープ百合・・・「IMMORAL 下巻」以来でしょうか。原作でもこんなに素晴らしい百合シーンは無いというのに、

この辺りは18禁アニメを作っているひまじんの十八番なのだと思います。

今回私が惹かれて、惚れてやまないのはこの祐美ちゃんの言葉。

祐美:「先生のじゃ大きすぎるけど、お兄ちゃんのだとちょうどいい・・・」

祐美:「でもちょっと物足りないけど・・・だけどお兄ちゃんの事が好きだからガマン出来るよぉ・・・」

祐美たん!!祐美たん!!あぁ、俺の愛しき祐美たん!!

ガマンしなくてもいいんだよ。俺のはおっきいんだから!!

まったく、博人の奴が羨ましい限り。ポジション代わってくれと言いたいです。だって・・・

祐美たんに愛され、アソコとアソコをズボズボするのは俺の役目!!俺しか居ないんだよ!!

「Innocent Blue」の18禁アニメはこれで終了?Hシーン最優先のひまじんアニメだからベストEDなんて無いんだろうけど・・・

「Innocent Blue」に関してはこのまま終わった方が良いような気がする。不満点があるとはいえ、

この続きを作ったら蛇足になるのが目に見えてるし、形はどうあれ、兄と妹のラブラブED・・・

祐美ちゃんの想いが叶ったEDになったのは、ひまじんにしては珍しいハッピーエンドといえます。

次のオカズはお前だあああっ!!

Blueシリーズでまだ18禁アニメ化されてない・・・

私がお持ち帰りしていない娘は「ANGELS BLUE」の姉妹と、

「BLUE BOX」で追加される2人の姉妹。

特に来栖春菜ちゃんがかなりツボなだけに、

残りの作品もひまじんでアニメ化して欲しいです。

とその前にまずはゲームでヤらないと(*´д`*)ハァハァ

2006-08-26

今日のふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! ★★★☆☆

(C)BIRTHDAY・NAS・TV TOKYO


ナナミンのふたご姫ほのぼの感想〜♪

こんにちはナナミです。今週もふたご姫の見どころをチェキしたいと思います。

今回はずばり頭にう○こを乗せてるおっさんに6才児がイタズラされるというお話・・・・・・なわけないw

シャシャ&カーラ久しぶり!!

ふしぎ星に行って成長し、ファンゴとフラグ立ったβ様と

今まで通りの付き合いなのか、それとも何か変化が

見られるようになるのか、注目せずにはいられません。

エドワルド:「目と目が合ったこの瞬間、お前はもう僕の虜だ。」

エド様の決め台詞は今回も炸裂!ノーチェから始まり、ソロ、ウンチークと次々に憑依するも作戦はことごとく失敗。

野郎に憑依してるからか面白くありません。狙われたシフォンというくらいだからシフォンが虜にされる番だと思っていたのに・・・

何でシフォンに憑依しなかったんだよ!!黒ソフィー、黒リオーネと良い流れで来てたというのにさ。

がっかりさせてくれるな・・・はっ、そうか!そういう事だったのか!!

変態パピヨンだけに美幼女は興味無かったんだな!!

奴にも好き嫌いがある。そうとしか思えない。でなければ、憑依したウンチークに逆らったシフォンを本気で殺そうとはしないはず。

まぁエド様が頭悪い線も捨て切れないか。「本番はこれからだ」って、負け犬の台詞を吐くくらいだし。

いつも以上に回りくどいやり方だったけど・・・間接的に操られるのは珍しいパターンだと思います。

ふたご姫の萌えキャラランクはこちら。

ソフィー>レイン>ファイン>シフォン>リオーネ>カーラ>シャシャ>フラン>レモン>エリザベータ>アルテッサ>その他

な〜ぜか〜不意に〜胸がとき〜めいた〜♪

「百合友」と書いて「おともだち」と読むのはこのアニメが授けた光の答え。

ファイン&レインの友情百合パワーに目覚めたシフォンに萌えずにはいられない。そう、私こういうのを待っていたんです。

ファイン:「ありがとうシフォン。」

レイン:「私達のこと、そんなに想ってくれてたのね。」

シフォン:「怒ってないの?」

ファイン&レイン:「ぜんぜーん。だって私達、百合友じゃない。」

シフォン:「あったかい。これが百合友って事?ふしぎふしぎ♪涙が止まらないわ。」

ファイン&レインとシフォンは最高の百合友!!(≧∇≦)

2006-08-25

今週のZEGAPAIN -ゼーガペイン- ★★★☆☆

(C)サンライズ・プロジェクトサーガ・テレビ東京


ハッピーエンドを迎える為の条件キタコレ!!

一足早くハッピーエンドを迎えたひぐらし原作に続いて、ゼーガペインもハッピーエンドに向けて急展開。

シマ司令により最終作戦開始の宣言が行なわれます。

シマ:「結論から言おう。遂に最終作戦を決行する時が来た。」←もう21話だし。それと今更言うのも何だけど司令って手塚部長に似てるw

シマ:「人類の総力を結集して北極機関サーバーを叩き脅威を取り除く。」←敵の本拠地に攻め入ってアビスやシン達を潰すと。

シマ:「そして彼らの量子ポータルを使い、我々は月へ行く。」←オケアノスでは行けない理由とかあったっけ?

シマ:「ずっとこの時を待っていた。月へ行けば我々の長年の夢が実現する。」←人類復活の鍵は月にあり!!

シマ:「人類は肉体を持つ生命体として現実世界に復活出来る。」←ちょwwwそんな事が可能なら早く言えよwwww

ちなみにシマ司令と手塚部長の決定的な違いは人心掌握が出来てるかどうかだったり。

シマ:「私を信じろ!!」←不審な行動ばかり取ってた奴に信じろって言われてもなぁ。

ルーシェン:「無謀な。意志の統一も出来ないまま(ry」←ほら言われちゃった。人心掌握出来ない生徒会長w

メイウー:「遂に、遂にこの時が来たのね!!」

メイイェン:「お姉ちゃん!!」

メイウー:「メイイェン!!」

シマ&シズノに疑念を抱いているルーシェンやクリスが半信半疑で

厳しい表情しているのとは対照的に、姉妹&キョウは大喜び。

XORチームの方がバトル良さげ・・・

というかフォセッタが帰って来たよ!!

明るさ全開のフォセッタは久々に見た気がするなぁ。

シンに潰されたフォセッタとは別のAIなんだろうけど。

トガとかサラとかはゲームのキャラなのでアニメで

ちょっと見ただけでは何とも・・・ただトガは雰囲気や

中の人の影響でハセヲに似ているような気がします(^^;)

アビスが問いかけるのは・・・ナーガ!?

ゼーガ世界をこんな状態にした張本人ナーガは

今何処に居るのか、気にせずにはいられません。

クロシオ:「僕は第三の道を選びます。」

クロシオ:「ガルズオルムに降伏します。」

クロシオ:「但し条件は2つ。生命の保証と彼らのテクノロジーで

      僕達を復元者として復活させる事」

何言い出してんのこの人はwww

まぁ分からなくもないけどね。人に近い形で、永遠に近い命。

そんなものが手に入るんだったら俺だって欲しいよ。

クロシオ:「なぜ言い切れる!?」

クロシオ:「あなた方にガルズオルムの何が分かるんだ?」

シマ:「分かる。少なくても君よりは。なぜなら・・・」

おいっ!「ぐはっ」じゃねぇよ!!超展開目前で倒れるんなコラ!!

シマの正体ネタを後数話引っ張るつもり?まったくもう・・・

焦らしプレイ(・A・)イクナイ!!

ぶっちゃけシマってナーガの半身だろ?

俺もリョーコも可哀想すぎる・・・

このままじゃ俺もリョーコも潰れちゃうよー!!

>完全復活しているように見えるのは気のせい?(前回の感想より。)

はい。気のせいでしたよ。リョーコちゃんは本当はすっごく辛いのに、大好きなキョウが辛い思いしない為に明るく振舞おうとしてるだけ。

シズノ先輩と一緒になった方が良いというのも・・・良いわきゃ無いんです。

ただ今のリョーコちゃんにはキョウを不幸に導く事しか出来ない。人間に戻れるフラグが立っても

リョーコちゃんは元通りに戻れる保証が無いのだから。シマ司令が努力すると言ったところで気休めにもなりません。

いやほんとキョウよりリョーコの方が潰れそう。真のハッピーエンドはガルズオルムを倒し、キョウ達が人間に戻れて・・・

尚且つリョーコちゃんも完全復活する事。キョウ×リョーコで終わるのが大前提。

シマ司令は肝心な場面で倒れちゃうし、人類復活のフラグが立ってもこのアニメまだまだ絶望路線です。

2006-08-24

今日のいぬかみっ! ★★★☆☆

(C)有沢まみず・メディアワークス/犬神使い派遣協会


ツインテールでお子様・・・ふさふさ尻尾・・・ニーソックス・・・

キュロットスカート・・・つぶらな瞳・・・つやつやほっぺ・・・つるぺた・・・

ともはね萌えーーーッ!!

是非とも俺の将来の嫁になってくれ!!

ともはねたん可愛いなぁもうっ!!

別にキャラが被るってわけじゃないけど、天然でロリ可愛いところが

「勝利だー!!しゃんしゃん♪」やってた頃のアイシアを思い出したよ。

ってなわけで今回はともはねを主人公にしたお話。

ともはね:「絶対啓太様を見つけてきますからね。」

赤道斎や大妖狐との決戦が目前と迫る中、美少女が居れば所構わず

出てくる啓太が突然失踪した事でともはねの啓太探しが始まります。

この娘が川平薫の妹か!!

いやほんと見た目は薫と同じだな。

後はこの娘がどんなタイプかによって萌えるかどうかが決まるけど、

それが分かるとしてもクライマックス辺りになりそうなのが残念。

なでしこちゃんは薫と今日もラブラブか。

別に良いんだけどね。でも他の犬神達から見たら・・・

啓太は話が進むごとにみんなから好かれる存在に

なってるけどなでしこちゃんはどうだろう?

今のところ仲良さそうに接してるのはともはねだけなんじゃ?

俺の新堂ケイちゃんが帰ってきたよ!!

前に比べてロリっぽさが無くなってきてる気がするけどまぁいいか。

年齢的にはもう大人だし、なでしこちゃんに次ぐ嫁候補かな(*´д`*)ハァハァ

「いぬかみっ!」の萌えキャラランクはこちら。

なでしこ>ともはね>新堂ケイ>フラノ

>ようこ>いまり&さよか>>>>>その他

さすが変態王www

女装も欠かさないwwww

啓太様、大好き♪

ともはねがそうはっきり言ったわけじゃないですが、

心の中で言ったのは間違いないだろうし、今回の話を通じて

ともはねの啓太に対する好感度がかなり上がったのは事実です。

啓太×ようこはガチだけど、啓太×ともはねも悪くないね。というか

今回の話を通じて俺もともはねの事が今まで以上に好きになったよ。

今日の.hack//Roots ★★★☆☆

(C).hack Conglomerate


「死の恐怖、PKKのハセヲだあぁぁぁぁぁッ!!」

そんな感じに盛り上がっていくと思ってたんだけど実際は・・・

見た目も行動もかっこ悪すぎ!!

面白味の無いDQNになっちまったな!!

パイ:「そのPCボディ、使うから返してほしいんだけど。」

パイ:「ハセヲに試してみたい事があるの。そのPCで。」

パイ:「期限は一週間、それ以上は待たないわ。」

クライアントの意思に背いた事で三郎は用済みに。

三郎が三郎で居られなくなるまで後一週間とパイに

宣告された三郎はハセヲに最後の勝負を挑みに行きます。

三郎:「アンタが他の奴に取られるのは嫌だ。」

ちょwww何気に告白してるwwww

そうだったのか。三郎はハセヲに恋してたと(ry

けどタビーといい、三郎といい、フィロといい、3rdフォームに

なってますますキチガイ化したハセヲのどこがいいんだか・・・。

三郎ダウン_| ̄|○

ルーツで唯一萌えられそうだった三郎が・・・

ハセヲの奴・・・見た目も行動もかっこ悪いくせに、

強さはいっちょまえにつけやがって!!

まぁそのくらいの強さが無いと三爪痕と渡り合えませんが。

というか三爪痕探すよりオーヴァン探した方が良いんじゃないか?

ちなみに太白曰く、ハロルドの質問の正解者・・・

痛みの森を本当にクリアーしたのはハセヲだそうな。

やっぱり太白の武器はあまり使えないようで(^^;)

話題のPC三爪痕修理中w

ますますこいつが何者か分からなくなってきたな。

少なくてもカイトもしくはシューゴ本人では無いだろうけど。

境界トンネルもどきのアレはバグ部分の修正をしてたそうだし、

三爪痕の目的や真意を知りたいなら結局ゲームやれという事ですか?

藤太:「お前は俺から情報を買うんだ。」

藤太:「商いは信用第一、俺を信じろ。いいな。」

暴走モードのハセヲに臆する事もなく、再びフラグ立て。

自分の出来る範囲内でハセヲや三爪痕の問題に介入しようとする

俵屋はさすが。これなら八咫やパイとまた接触する可能性も出てくるし、

商人魂を見せてくれる俵屋はPC変わってもかっこいいです。

2006-08-23

今日のラブゲッCHU〜ミラクル声優白書〜 ★★★☆☆

(C)小泉まりえ/アリコシステム


す、すげえ何この展開・・・修羅場もう終わりかよwww

きらレボの比じゃねえ。ネタアニメにも程があるwwww

修羅場前の養成所編まではカレイドスター路線を継ぐ主人公育成型の正統派アニメだと思っていたのに

私の目は最初から狂っていたとでも言いたいのでしょうか?桃子ちゃんが嫉妬心の重圧に苦しんで声を潰していく様子が痛々しくなれば、

祐理花ちゃんは祐理花ちゃんで、スケラブ=桃子ちゃんの図式に嫉妬してどんどん痛い子に。天音は桃子ちゃん側、

翼は祐理花ちゃん側に付いて、シスシスを2分するほどの修羅場の本戦が始まろうとした瞬間に事態収拾。祐理花ちゃん敗北決定(^^;)

ちょwwwもう修羅場終わりかよ!!これじゃ桔梗霧にもならねえwwww

あれだけ昼ドラみたいなドロドロ展開しといてこれは無いだろwwww

そうつっこまずにはいられません。江戸川さんの事務所問題といい、恋愛問題といい、あっさり片付けすぎ!!ネタアニメにも程があります。

「カレイドスター」にも「Canvas2」にも「ストパニ」にもなりはしない。声優白書はどこに向かおうとしているのか・・・

残ったのは嫉妬心による痛さ。 桃子ちゃんもそうだけど、祐理花ちゃんDQN扱いされてかわいそかわいそなのです。

まぁあの嘘を早めに暴露したのは正解だと思いますが。あのネタを引っ張れば引っ張るほど傷つくのは祐理花ちゃん本人なので・・・。

CM激しく必死だなwwww

ネタ化したのは本編だけじゃない。CMもまたかなりヤバス。

CM「やっちゃって〜♪」10連発はさすがにちょっとね(^^;)

というか放送枠のCMを全て声優白書の宣伝に使うとは・・・

これぞまさしく「やっちゃった」というやつですか?

声優白書の萌えゲー興味無いわけじゃないけど、

携帯でこんなのやってたら・・・・恥ずかしーっ!!(≧∇≦)

2006-08-22

今日のつよきす Cool×Sweet ★★★☆☆

(C)きゃんでぃそふと/つよきす製作委員会


あ゛ぁーっ!萌えぇーーッ!超萌え〜!!はぁぁぁ〜ぁ(*´д`*)

ほのかちゃんってば舌上手・・・狙いすぎだよぉ〜!!すごい・・・ドキドキする・・・

ペロペロペロペロ・・・あーん俺のも舐めてぇ!!俺のも舐めてぇ!!俺のも舐めてぇ!!

ほ、ほのかちゃん!ほのかちゃーん!!ほ、ほーっ、ホアアーッ!!ホアーッ!!

ほのかちゃん可愛すぎだよぉ!おん持ち帰りぃ〜っ!!

前回の「お兄ちゃんって呼んでいいですか?」に続いて今回もロリ可愛さ全開ほのかちゃんインパクト炸裂!!

りんご飴を舐め回す姿は男性陣の股間を膨張させるに十分すぎるほどの破壊力。スタッフが意図的に仕向けているとしか思えません。

もしそうだとすればスタッフのロリコン魂・・・意思を反映させたキャラがフカヒレ。

ほのかちゃんにりんご飴をあげるやり取りは手口が実に巧妙。周到に計画した上で犯行に及んだと見ていいと思います。

フカヒレ:「美人をなめまわすように見ても捕まらない。こんな素敵なイベント俺が見逃すわけないだろ!!えっへん。」

フカヒレ:「おっ!君ってもしかして近衛の妹?」

ほのか:「ほのかって言います。」

フカヒレ:「そうだ!これ、あげるよ。」

ほのか:「あは、りんご飴だ。ありがとうございます。」

フカヒレ心の声:「可愛い娘が一生懸命舐める姿っていいねえ。」

あは☆ほのかちゃんってば天然!ロリ可愛さは凶器!!

萌え死ぬー!!将来フェラ上手娘になれるよ!!(≧∇≦)

静香ちゃん&近衛姉妹は3人仲良く百合デート!!

途中まではすっごく良い展開だったのにーっ!!

憧れの犬神帆波に会える!!と有頂天な素奈緒。

「元気すぎる姉でごめんなさい。」と少し呆れ気味な妹ほのかちゃん。

ほのかちゃんとも仲良くなり、百合家族路線まっしぐらに突き進む静香ちゃん。

期待していた着物の「あ〜れ〜♪」が無くてちょっと残念だけど、ほのかちゃんのペロペロはそれを補い余すほどのものだったし、

エッチ度の高いミス松笠コンテストやフカヒレの介入など前半Aパートは私が求めた理想の展開で盛り上がってたんです。

それなのに・・・まつかさ祭を通じて3人のフラグが進展していけば良いなぁと思い始めた矢先、

素奈緒はミスコン見て疲れ切った静香ちゃんとほのかちゃんを放っておいたまま犬神帆波の元に行ってしまいます。

素奈緒が居なくなった事でまつかさ祭における3人百合フラグは消滅。

そればかりかレオと行動を共にして・・・後半Bパートは完全に素奈緒×対馬レオルートです。

なんかこういうのって私から言わせてもらえば、ギャルゲーで選択肢を間違えず進めていたのが、

途中一つ間違えたせいで望みもしないバッドエンドへまっしぐらという感覚に近いものがあります。

この場合どこで間違えたんだろう?

やっぱりミスコンかな。ミスコン参加した素奈緒はともかく、静香ちゃんとほのかちゃんはあんま興味なさげな感じだったしね。

レオのくせに・・・素奈緒と何密会してんだ!!

カニ娘達に密会現場を目撃される素奈緒とレオ。

別に素奈緒とレオが付き合うのが嫌ってわけじゃないけど・・・

その影響で静香ちゃんとほのかちゃんが疎かにされちゃたまりません。

ほのか:「誰かと一緒だったりして。」

静香:「もしかして対馬くん?えっ!?もしかして図星?」

ほのか:「へえ、お姉ちゃんがねぇ。」

素奈緒:「違うの!はぐれたあんた達を探すのを手伝ってくれただけで!!」

静香&ほのか:「それで金魚をねー♪」

素奈緒が居ない間にどんどん親睦を深めていく2人・・・

呼吸もピッタリ!静香ちゃんとほのかちゃんは百合!!

うん。これはこれで悪くない。EDの赤い糸に向けて静香ちゃん×ほのかちゃんのフラグは着々と進行中です。

それに比べて素奈緒はレオに夢中になればなるほど、ツンツンデレデレする頻度も増すばかり。これが本来の素奈緒かもしれませんが、

個人的には複雑。静香ちゃんはそれで良いと思ってるみたいだけど、なんか納得いかないっていうか。

あ、静香ちゃん&ほのかちゃんのつっこみは的を得ている分だけ笑えます。

「つよきす Cool×Sweet」の萌えキャラランクはこちら。

静香>ほのか>>>>>素奈緒>>>紀子>>>>>カニ娘>よっぴー>ツンデレの壁>その他 (百合の敵:対馬レオ)

2006-08-21

満足度と作品全体に対する評価は似て非なるもの。ランキングと辻褄合わないのも当然!!と言ってみる。

今日のゼロの使い魔 ★★★☆☆

(C)2006 ヤマグチノボル・メディアファクトリー/ゼロの使い魔製作委員会


絶対わざとだなw

シエスタちゃんが泥まみれ。

才人が狙ってやったとしか思えません。

一方のシエスタちゃんもこの後の展開を期待したから

わざとドジッ娘風味なメイドを演じているように見えます。

シエスタちゃんがみてるw

シエスタ:「へえ、素敵ですね。私も入りたいな。」

じゃぁ一緒に入ろう!!

可愛い顔でそう言われたら反応したくなるよなぁ。才人じゃなくても。

シエスタちゃんが脱いでるよ・・・

すごい・・・ドキドキする・・・

(*´д`*)ハァハァ

シエスタ:「才人さんは変な事する人じゃないって分かってますから。」

ちゃんと釘を刺しておくところもちゃっかりしてるなこの娘w

これ絶対誘ってる・・・誘ってるよね?

シエスタちゃんと混浴最高ーっ!!

とか才人は心の中で叫んでるに違いない。俺と今すぐ代わってくれ!!

た、堪らんぞぉっ!!

シエスタお前が好きだああああ!!

ありがちな水着して風呂じゃないのは良かったけど、

胸隠すところもちゃっかりしてる。乳首見せてあげても良いじゃん。

本気で才人を落とすならこのくらい恥じらってちゃダメだよ。

下半身をもぞもぞさせちゃって・・・

一体どうしたの?エッチしたくなった?

一番素敵なのは・・・

シエスタちゃんに決まってる!!

シエスタ:「一番素敵なのは貴方かも。」

告白も欠かさない!! シエスタちゃんはかなり出来る娘ですw

こ・・・これはすげえええええええ!!

ルイズ:「私がこんなに大好きなのに。」

な、なんだってー!!マジ惚れ薬でも飲まされたか?

ルイズのデレ全開・・・破壊力絶大だ!!この俺でもぐらっときたね。

次回予告のルイズ:「だい、だい、大好きなの。」

桐原きらはちゃんの真似か?そうなのか?ルイズ・・・侮れんな。

こりゃ混浴でフラグ立てたシエスタちゃんもうかうかしてられないぞ。

今日のうたわれるもの ★★★☆☆

(C)2006 AQUAPLUS/うたわれるもの製作委員会


ハクオロ:「そんな華奢な体でよくここまで潜り込めたものだ。」

出会ったばかりの女の子に対し、すぐに口説き文句で

落としにかかるなんて・・・

さすがハクオロ。好色皇の名も伊達ではありませんw

エルルゥがみてるw

ハクオロとクーヤ&サクヤの密会現場を目撃するエルルゥ。

修羅場の予感がするよ。中の人も凄いからね!!

速攻でバレちゃったけど・・・

エルルゥ面白可愛すぎ!!

サクヤは俺の室に決まってるだろ!!

サクヤのおてんばぶりがたまらん。

うたわれの中でサクヤが一番好きです。

うたわれるもの」の萌えキャラランクはこちら。

サクヤ>カミュっち>エルルゥ>アルちゃん

>ユズっち>ドリグラ>クーヤ>壁>その他

サクヤは俺の床上手娘!!(≧∇≦)

これが言いたかった・・・だから今回取り上げたといってもいい。

カミュっちとアルちゃんとユズっちは

友情で結ばれた百合友だかんね!!

カミュがアルちゃんに対して吸血鬼行動を取ったのは

何事かとポカーン状態だったけど、結果的に3人の仲がこれまで

以上に深まってホッと一安心。ただ黒い翼を持つカミュっちに

これからどんな試練が待ち受けているのか気になります。

最強ロボ軍団マジつえええええ!!

どこぞのPSPとは大違いだ!!

無邪気で明るい娘だったサクヤたんがこんなに辛い顔をするなんて。

そりゃそうだよなぁ・・・

クーヤ達の大虐殺ショーを目の当たりにして心を痛めないわけがない。

こんな時にゲンジマルのオヤジは何処ほっつき歩いてんだ?

まったく。肝心な場面で居ないのな。

明るかったサクヤたんに戻れる日は来るのか、クーヤとの

極上の百合な関係はどうなるのか次回も必見です。

2006-08-20

先週のザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 ★★★★★

(C)2006ザ・サード製作委員会


長かった道のりもついにフィナーレ。有難う妖精さん!!

ミリィはようやく本当の笑顔を取り戻したよ!!(≧∇≦)

ミリィ:「ねえお兄ちゃん。ほのちゃんのこと好き?」

ミリィ:「私は好き。こんなに優しいのにこんなに強くていつも一生懸命で。」

ミリィ:「どうしてなのかなぁ。自分の事じゃないのにどうしてこんなになるまで頑張れるのかな?」

ミリィ:「頑張っちゃダメなのかな?ほのちゃんみたいに私がなりたいって思ったらいけないのかな?」

「ほのちゃんのようになりたい」と願い続ける少女が悩み苦しんだのは自分の生き方。

キャパ以上の事を望み背伸びして頑張るも自分の無力さを知るたびに心は壊れていくばかり。そんな少女が妖精やカムイに導かれたのは

ツキカゲトンボが光の乱舞を踊る神秘的な場所・・・ツキカゲトンボという儚い生命が一生懸命生きようとする姿を見て少女は涙します。

火乃香:「笑ってくれたねミリィ。」

ミリィ:「ほのちゃん・・・?」

ミリィ:「ほのちゃーーーんっ!!」

火乃香:「命が舞っているの。みんなが生きたいと思って。だから綺麗で悲しくて。ずーっと見せたかったんだ。ミリィに。」

ミリィ:「ありがとうほのちゃん。ほんとにほんとに嬉しいよ。ほのちゃんとカムイのおかげ。」

うおおおおおっ!!めっちゃ感動して泣いてもぉたぁ!!

この場に火乃香が幽体離脱チックに現れたのが空気読みすぎですごく(・∀・)イイ!!これが奇跡というやつでしょうか?

奇跡は待っているだけじゃやってこない。火乃香がミリィに光景を見せたいと強い意志で願い続け、

妖精やカムイが純粋な2人の為に力を貸したからこそ、この奇跡を起こす事が出来たんです。くぅー痺れるー!!

ツキカゲトンボの姿、そしてイクスの言葉によってミリィは火乃香の強さ、自分がなりたかった人の本質にようやく気づきます。

イクス:「もし誰かを助ける力が無いとしても、見守り、一緒に居てあげる事は出来る。」

イクス:「それが見守られる者にとって大きな力になる事もあるのです。」

イクス:「火乃香さんがミリィの立場ならそうするはずです。決して無理をせず自分らしく。」

イクスのくせに生意気な、説得力ありすぎじゃないか!!

結局これなんだよな。ミリィに気づいてほしかった事は。ミリィはミリィらしく自分に出来る事を精一杯やればいい。

そうする事がミリィだけじゃなく火乃香の為にもなるし、火乃香に近づく一歩にもなる。

大好きなほのちゃんを心の底から応援してあげる事、見守ってあげる事も大切なんです。イクスの言葉は決定打になっただけで

ミリィはツキカゲトンボの姿を見た時から大切な事に薄々気づいていた模様。で無ければ下のような言葉は出てこないと思います。

ミリィ:「私は妖精さんやカムイを助けてあげたい。」

ミリィ:「私、ほのちゃんが好き。ほのちゃんと一緒に居たいし、ほのちゃんが傷つくのも絶対に嫌だよ。」

ミリィ:「でも、でもね。ほのちゃんはほのちゃんだから。ほのちゃんらしいほのちゃんが好き。だから・・・」

玉青ちゃんに続くガチ告白に俺の心はずっきゅ〜ん!!

俺もミリィらしいミリィが好きだから!!(≧∇≦)

自分の信念とミリィの愛の告白に突き動かされた火乃香は妖精とカムイを狙うレオンと再び対峙。そしてレオンを撃破。

あのレオンを研ぎ澄まされた一閃で倒す事が出来たのは言うまでもなくミリィのおかげ。

彼女の心からの応援が火乃香に伝わったから勝てたんです。

火乃香:「ありがとうミリィ。」

ミリィ:「え?私何も・・・やっぱり何も出来なくて・・・」

火乃香:「ずっと分かってたから。ミリィが見守ってくれたこと。分かってたから私、戦えた。」

うんうん。ガチ百合な様子が伝わってくるよ。それにしてもPSPはホント使えねえな。もはやギャグとしか思えんw

今回の件を通じてミリィはようやく本当の笑顔を取り戻した様子。

これはほのちゃんのお守りにならないと大人の玩具・・・銃を捨てたシーンは感動せずにはいられません。

ミリィ:「ほのちゃん、これ返すね。」

火乃香:「どうして?」

ミリィ:「ほんとはね、お守りのつもりだったの。これを持ってたらほのちゃんと一緒に居る気持ちになれるかなって。」

ミリィ:「でもやっぱりこんなのじゃ、ほのちゃんの代わりになんてならない。」

火乃香:「あったりまえじゃん!!」

ミリィ:「ツキカゲトンボ、覚えてる?」

火乃香:「一緒に見てた?」

ミリィ:「やっぱり!あの時一緒に居てくれたんだね!!」

火乃香:「いつだってそうだよ。だってミリィもいつも私と一緒じゃない。知らなかった?」

ミリィ:「ほのちゃん・・・大好きだよっ!!」

キ・・・キ・・・キ・・・キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

ミリィたんとほのちゃんは心と心が繋がった真の百合!!

そんな2人が俺は大好きだああああ!!

感動のグランドフィナーレ。ミリィとほのちゃんの百合は永遠に。「ザ・サード」最高!!

もう思い残す事は何もありません。ミリィの為に「ザ・サード」を見ている私にとっては今回が感動の最終回だったといえます。

今回の結末がこのアニメに出来る限界だろうし、それに次回以降ミリィの出番無くなりそうだしね・・・。

今日のひぐらしのなく頃に ★★★★★


はぅ〜、ひぐらしアニメ面白いよぉ〜!!

詩音に立ち向かった真・梨花たんはお持ち帰りいいい!!

限界突破こそしなかったけど満足度としては申し分のない出来。梨花たんの中の人の演技力も大したもので。はぁ、キャプしたいよ・・・。

綿流し編で受けた拷問の屈辱を返すため詩音に挑んでいった梨花たん、どうせ殺されるなら拷問より自殺を選んだ梨花たん、

めちゃめちゃ萌えかっこよかったです。このくらいのクオリティがあれば皆殺し編と祭囃し編のアニメも期待出来る。

要は話の尺があればいい。目明し編は全6話も使ってるからこれだけの話が作れるわけだし、

皆殺し編7話、祭囃し編7話の全14話で1クールの第二期を作ってほしいです。

主人公はもちろん梨花たん、ヒロインは羽入たん、主人公を助ける助っ人は圭一や赤坂・・・ひぐらしの骨頂は皆殺し編と祭囃し編で

集約されているようなものだからアニメ化しないと本当の意味でひぐらしのアニメ見てたとは言えないと思います。

2006-08-19

今週のストロベリー・パニック ★★★★☆

(C)公野櫻子・メディアワークス / いちご舎


玉青:「みんな・・・いいえ。私は・・・あなたのことが・・・好きなんです。」

好きなんです・・・好きなんです・・・好きなんです・・・好きなんです・・・好きなんです・・・

愛の告白&キスついにキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

玉青ちゃんと渚砂ちゃんは今期最強真の百合!!(≧∇≦)

これまで慎重派を通してきた玉青ちゃんだけに衝撃は計り知れません。玉青ちゃんの秘められた過去と愛の告白・・・

今回はまさにこの言葉に尽きるのではないでしょうか。玉青ちゃんラブの私としても願ってもない展開です。

切なすぎるよ玉青ちゃん!!

エトワール選が近づき各校とも緊張が高まる中、渚砂ちゃん周辺はどんよりとした空気のまま。

静馬と渚砂が引き起こした「エロワールショック」の影響はかなり大きく深刻なものになっています。具体的に言うとこんな感じで。

1、引き篭もり始めたエロワール静馬

渚砂の事を愛していたのか、ただ単に花織の代わりとして慰めてもらっていただけなのか・・・

その渚砂に逃げられ、答えも分からぬまま、花織を失った悲しみの重圧に再び押し潰されている。

2、空元気を振舞い始める渚砂

「そうだね、ご飯まだかなぁ。」など空気の読めない発言連発で痛さMAX。

心では泣いてる自分を見せまいと必死になってる様子は「声優白書」の苺原桃子に通じるものが。

3、愛しさと切なさと心強さと・・・玉青ちゃん&六条会長

再び引き篭もり始めた静馬を見てその彼女に心を寄せている六条会長が切ない表情するのは当然。玉青ちゃんも同様に、

空元気を振舞う渚砂ちゃん見てるのが辛いんです。ましてや恋敵の事で心を痛めてるなんて・・・

正直やるせない気持ちでいっぱいなのではないでしょうか。

今まで静馬に対して何かと遠慮していた玉青ちゃんだけど今は違う。

渚砂ちゃんがこれ以上悲しまないようにと静馬との接触を意図的に避けるようになります。

(*´д`*)ハァハァ

玉青ちゃんの胸だよ・・・すごい・・・ドキドキする・・・

た、堪らんぞぉっ!!玉青おおお!!お前が好きだああああ!!

お前が欲しいいいいいい!!(≧∇≦)

この前の「つよきす」ほどハイテンションにはならなかったけど玉青ちゃんのシャワーシーンはもちろん永久保存版!!

なんかもう後ろから抱き着いてそのままセックルに突入したくてしょうがないです。この気持ちはもう止まりません!何とかしてください!!

千華留:「渚砂ちゃんを元気にするなら・・・そう、美味しい物を作ってあげるのがいいんじゃない?」

千華留の一言で絆奈ちゃんと愉快な仲間達による渚砂お姉様の元気を取り戻す作戦が始まります。

蕾:「いくら渚砂様が食べるのが好きでも・・・」

千代:「いえ、そうですね。渚砂様はお腹が一杯になれば元気になります!」

絆奈:「ね、そう思うでしょ。渚砂さんなら!」

檸檬:「渚砂様ならあるわね。」

籠女:「パーシバルも渚砂お姉様ならあるって。」

蕾:「そうですね。渚砂様ならありですね。」

全員:「渚砂様なら!!」

ちょwwwあんたら渚砂を何だと思ってんだwwww

特に千代ちゃんアンタ・・・やっぱ中等部は最高だわ!!

他の娘はともかく、千代ちゃんの一言はアレだぞ。

自分が心を寄せるお姉様の事をお腹一杯になれば元気になれる単純娘として見ていたなんて。でも悪意は全く無いわけだしな。許す!!

中等部5人娘の中で籠女ちゃんが何気に賢かったり、よく渚砂の事を見てたり、今回も愉快な仲間達は見所満載で面白かったです。

それに比べて「ひかり&よるよる」コンビは最悪な方向にまっしぐら。夜々ちゃんの敗北が確定していく様子は彼女が可哀想でなりません。

トドメとなりそうなのは夜々ちゃんが光莉にちょこっと触れようとした瞬間、光莉が夜々ちゃんの事をまるで害虫のごとく避けた所。

夜々ちゃんテラカワイソスwwww

光莉最低の糞女だな。夜々を害虫扱いしやがって!!

さすがの私もこれには切れたので汚い言葉なのは勘弁してください。

しっかしまぁ、渚砂といい、光莉といい・・・ここ最近株が急降下しっぱなしじゃないですか。

2人ともこんなに嫌な女だったかなと思うほどに。もてると人が変わるとまでは言わないけど少しは絆奈ちゃんを見習うべきだと思います。

絆奈ちゃんはいつでも自然体だから・・・檸檬ちゃんとガチ百合で添い寝シーンとか微笑ましいです。

渚砂:「私ミアトルに来なければよかった。」

渚砂:「ミアトルに来なければ静馬様に会う事もこんな気持ちになる事も無かったのに。ミアトルに来なければ・・・」

玉青:「そんな事言わないでください!!」

渚砂:「玉青ちゃん?」

玉青:「ちょっとだけ話を聞いてください。ある女の子のお話・・・」

渚砂:「ある女の子?」

玉青:「数年前にいちご舎に入った1年生のお話です。その子にはなぜか同室の子が居ませんでした。」

玉青:「いつかもう1人来て2人になる、そう聞かされていましたがもう1人の女の子はなかなか来ませんでした。」

玉青:「その子は早くもう1人の子が来てくれないかとずっと待っていたんです。きっと毎日が楽しくなるだろうって。」

玉青:「でももう1人の子は結局来ませんでした・・・。」

玉青:「3年後ミアトルに編入生が来て、いちご舎の同じ部屋になるという知らせが来たのです。そしてその子はやってきました。」

玉青:「いらっしゃい。渚砂ちゃん。」

玉青:「その子が来てからは想像していた以上に楽しくて賑やかな日々でした。」

玉青:「それにその子の周りにはいつも笑顔と明るさが溢れています。みんな元気を貰って笑顔になれるんです。」

渚砂:「玉青ちゃん・・・」

玉青:「ありがとうございました。渚砂ちゃん。貴女が来てくれて本当に良かった。」

玉青:「だからミアトルに来なければよかったなんて言わないでください。」

玉青:「渚砂ちゃんは大事な方の笑顔を取り戻す事は出来なかったかもしれません。」

玉青:「でもそれ以上の笑顔を貴女は周りにくださったのですよ。」

玉青:「元気を出してください。みんなが願ってます。」

渚砂:「みんな・・・?」

玉青:「みんな渚砂ちゃんのこと好きなんですよ。」

渚砂:「玉青ちゃん・・・」

<盗み聞きしてた中等部5人組登場。そして・・・>

渚砂:「みんなありがとう。みんな心配かけてごめんね。お茶にしましょ。」

渚砂:「お茶会よ!!」

出会った当初から玉青ちゃんが渚砂ちゃんを意識してた理由・・・

そういう事だったんだね。今まで1人でずっと寂しい思いをしてたから・・・

玉青ちゃんには渚砂ちゃんが必要!!愛し合うのは運命!!

2人はガチ百合マックスハート!!(≧∇≦)

玉青ちゃんの告白はハッピーエンドを迎えるキーワードとして非常に大切なので全文掲載します。

そう、玉青ちゃんにとって渚砂ちゃんは必要。もし2人がくっつかないEDになったら、渚砂ちゃんが静馬の下に行ってしまったら・・・

玉青ちゃんはまた1人に逆戻りしてしまうんです。今回のように絆奈ちゃんと愉快な仲間達

(中等部5人組)が励ましたところで玉青ちゃんの心の隙間を埋められるはずがない。本当の明るさが戻る事はないと思います。

再び孤独に陥る・・・こんな結末があっていいわけがありません!!

静馬には彼女を支えてくれる六条会長が居るんだし、これ以上望んでほしくない。

今回の「玉青ちゃんの告白」が最終話まで台無しにならずに済むかどうかでストパニの評価は全然違ったものになりそうです。

まぁとりあえず、今回は玉青ちゃんに大手が来なくて良かったなぁと。夜々の方はもう詰み将棋になってますが・・・。

「ストロベリー・パニック」の萌えキャラランクはこちら。

玉青>絆奈>花織>蕾>千代>檸檬>籠女>千華留>千早>夜々>桃実>その他>要>天音>渚砂>静馬>光莉

今日のふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! ★★★☆☆

(C)BIRTHDAY・NAS・TV TOKYO


ナナミンのふたご姫ほのぼの感想〜♪

こんにちはナナミです。今週もふたご姫の見どころをチェキしたいと思います。

エドワルド:「目と目が合ったこの瞬間、お前はもう僕の虜だ。」

俺の嫁が次々と汚されていく・・・

今度はリオーネが虜にされちゃったよ!!

エロ可愛かった黒ソフィーたんに続くか注目せずにはいられない。

じゃなくてこの変態パピヨンを早く何とかしないと

汚されていく娘が増えるばかり。由々しき問題です。

うーん・・・黒リオーネたん個人的にはびみょー・・・

陰湿すぎて引いたし、元に戻っても無印の頃と何か違う・・・

黒化もそうだけど、つり目はデフォのままだしなぁ。彼女をマンセーしてた無印の頃と比べて何か違う気がするよ。

何だろう・・・雰囲気が変わったから?確かに前と比べて明るい。ただその代償で彼女が悩んだりする描写が減ってきてる。

ぶっちゃけメルバ&フランの回以降は脇役に徹してたしな。

ハッ!そうか、そういうことか!!結局キャラが立ってるかどうかの問題なんだ。アルテッサとソフィーはプリンセスの中でも

ふたご姫に次いでキャラが濃いから出番少なくてもやっていけてるけど、他のプリンセスはそうじゃない。

リオーネたんはまだしもミルロやタネタネプリンセスなんて(ry

この点についてはエドワルド様の憑依・・・黒化におけるクオリティも同様。

変態パピヨンが憑依して面白いキャラになるかどうかは対象キャラのクオリティに依存するんだと思います。

トーマと黒ソフィーのクオリティが高かったのは元々黒・・・濃い部分を持っていたからです。

黒リオーネ:「嫌だわ。このスイカ石よ。ファインとレインって意外と意地悪なのね。」

黒リオーネ:「いつの間に石のスイカとすり替えたの?せっかくの楽しい気分が台無しだわ!!」

黒リオーネ:「また貴女達の仕業?こんな機械でみんなを脅かすなんて。悪ふざけにも程があるわ。」

黒リオーネ:「酷いわファイン。ファンゴをわざと狙うなんて。」

黒リオーネ:「ファインもレインも一体どういうつもり?ファンゴを何度も酷い目に遭わせて。2人とも本当はファンゴの事が嫌いなのね。」

こんなのリオーネたんじゃねえ!悪ふざけにも程がある!!

彼女らしくない三文芝居続けてればバレても当然だ!!

天然レインたんテラオモシロスwww

これが後藤邑子ワールドってやつか!!

レインはもっと出来る娘だと思ってたんだけどな。

ぽんこつというか運動音痴というかダメっ娘というか・・・

七海やみくるに代表されるこの天然ぶりがたまりませんw

最近のレインちゃんは回を重ねるごとに

面白い娘へと成長しているような気がします。

逆にファインが勇ましく見えるぞ!!

久々に登場のティオきゅん。

かつての栄光は声優交代とともに消え去っちゃったけど・・・

変態パピヨンの使い魔に襲われた時、怖がりながらも妹を

引っ張りながら逃げようとしてたこのシーンは何気に(・∀・)イイ!!

リオーネたんに憑依してた事がばれたエドワルド様は・・・

例のごとく使い魔を召喚!!・・・がしかし、

どうみてもち○こです。本当にありがとうございました。

エドワルド様の変態度も日に日にアップしてますw

ふたご姫の帰国って結局の所この2人のフラグを立てさせるのが

目的だったんじゃ・・・とここ数話を見る限り思えてならない。

個人的にはエドワルド様の黒化に目が行きがちだったけど、

よく振り返ると2人の印象は随分変わったなぁと。

特にβ様の「○○の女神」ネタとか、勘違いは今後も必見ですw

今日のおとぎ銃士 赤ずきん ★★☆☆☆

(C)2006 Konami Digital Entertainment/赤ずきん製作委員会


俺の嫁グレーテルちゃんコネ━━━━(゚A゚)━━━━!!

それが全て・・・とは言わないけど正直痛いのは事実。彼女がこのままいらない子として出てこなくなってしまうのは我慢なりません。

だから言ったのに。数回の失敗で咎めるクソ兄貴なんかさっさと見限って草太達の仲間になれと。

少なくても草太達と一緒に居れば出番はあるわけだから・・・。

あ、ちなみにハーメルンとかの童話はあまりよく知らないのでスルーします。アリスとか出てきたら面白そうだけどw

はぅ〜、りんごたんかぁいいよぉ!!

お持ち帰りーっ!!(≧∇≦)

これがお持ち帰りの実態・・・かもしれません。

余計なもんまでくっついてきちゃったけどまあいいか。とりあえず、

りんごたんには床上手になってもらおうかな( ̄ー ̄)ニヤリッ

赤ずきん:「エルデ帰りでお肌もつるつる♪」

三銃士全員:「いち、に、さん、じゅ〜すぃ〜♪」

このネタ毎週やんのかよw

決めポーズもういいから・・・

自分達はしつこいくらい毎週決めポーズ決めてるのに・・・

ランダージョらブレーメン遊撃隊の決めポーズはやらせない。

白雪:「長い。」

いばら:「下手糞。」

赤ずきん:「真似するな。」

ヴァル:「以上。」

おまえら何気に酷いなw

りんご:「くっつくなコラッ!!」

りんごたんの嫉妬描写は

いつ見ても(・∀・)イイ!!

最近こういう見せ場も少なくなってきてるだけに

何とかしてもらいたいものです。

おとぎ銃士 赤ずきん」の萌えキャラランクはこちら。

グレーテル(静森えりか)>世話焼きりんご>>>

>>>>赤ずきん>>>白雪>>>小夜>>>その他

ナナミンの野望 関東U局視聴網羅編その1


あきらめかけた夢がまた見えてくる〜♪

ケーブルTVの業者が視聴状況の確認に来たから色々話したけど・・・

今使ってるケーブルTVから専用のデジタルチューナー借りて、テレ玉が入ってるコースを新たに有料契約すれば

テレ玉デジタルも見れるようになるらしい。デジタルの電波流してたなら早く言えよ!!

アナログだけだと今日まで思い込んでたんだから。とつっこみたいのは置いといて、さっそくコース申し込んだので

手続きや設定工事が終わる9月中にテレ玉が見れるようになるそうです(やったー!!

コースに無い千葉テレビも受信して電波流してくださいと今日その業者の方にリクエストしましたが果たしてどうなる事やら・・・。

U局のデジタルが網羅出来るようになれば本当にケーブル会社のおかげ。有難う○○ケーブル!!

今は手続き等が終わるまで期待して待ってます。というかそうなったらわざわざウチのベランダに立てたアンテナ必要無くなるじゃん。

2006-08-18

今週のZEGAPAIN -ゼーガペイン- ★★★☆☆

(C)サンライズ・プロジェクトサーガ・テレビ東京


舞浜鯖は月面基地にあったんかい!!

現ガルズオルム本拠地では無いけれど、敵勢力の真っ只中に

ある事に変わりない。木を隠すなら森の中とは良く言ったものです。

リョーコ:「先輩とキョウちゃん付き合ってたんですよね?」

シズノ:「私は今も好きよ。キョウの事を。」

リョーコちゃんの問い詰めとシズノ先輩の宣戦布告。

普段なら修羅場キターと盛り上がる場面なのに・・・

どうもそういう気になれないというか、2人とも切ない。

リョーコちゃんは「感情が無いから聞けたの」という台詞と

現実世界の本人(感情ある方)がその後ウエットダメージで

引き篭もってしまったのが痛々しくてならないし、

シズノ先輩はシズノ先輩で、過去のキョウを今でも

引きずっているところがどこぞのエロワールみたいで(ry

前キョウ:「俺達はこうして触れ合える。だろ?シズノ。」

あ、ありえねえええええ!!

どうみても前キョウは今のキョウとは根本的に違います。

何このキザ野郎って感じ?かっこよさそうな事言ってあっさりキスするし、

なんかこういう奴嫌い。今のキョウがヘタレだとしても断然良いです。

シマ:「もう時は止められない!」

ちょwwwシマ司令wwww

今にも消滅しそうな勢いじゃん。一体どうしたよ?

シマとシズノは他のセレブラントと何かが違うのは

間違いないけどそれが何なのか判明するまでは静観。

シマかシズノがナーガ関係者だったらマジ笑います。

落ち込んでると思いきや・・・

リョーコちゃん元気そうだよリョーコちゃん!!

次回予告を見る限り、リョーコちゃんがサーバー内でも現実世界でも感情を持った状態・・・

完全復活しているように見えるのは気のせい?シズノとの一件以降ウエットダメージで

引き篭もってしまったリョーコちゃんがどういう顔して出てくるのか、これからどんな行動していくのか注目です。

2006-08-17

今日のいぬかみっ! ★★★☆☆

(C)有沢まみず・メディアワークス/犬神使い派遣協会


なでしこもともはねもかぁ〜いぃ〜よぉ!!

おん持ち帰りぃ〜っ!!(≧∇≦)

そんな私の叫びを意識してか(してない、

今回2人の見せ場はこれだけ。あまりにも物足りない。

2人が変態に狙われなきゃ意味無いんです(おいっ!

いつでも脱いでくれる18禁キャラのフラノちゃんw

この娘の積極的スタンス良いな。

最近フラノちゃん株急上昇してます。

「いぬかみっ!」の萌えキャラランクはこちら。

なでしこ>ともはね>フラノ>ようこ

>新堂ケイ>いまり&さよか>>>>>その他

変態師匠アンタ最高だよ!!

かっこよさそうな台詞を言いながら神技で下着泥してるのが面白すぎ。

この人真性のマゾです絶対。ある意味超変態の赤道斎を超えてますw

ただそんな変態師匠にも欠点が。ロリキャラ代表のともはねを

狙わなかった事と俺のなでしこちゃんを狙わなかったのはかなり痛い。

ともはねを狙わない・・・児ポ法を気にしてるようでは変態名乗れません。

なでしこを狙わなかったのは・・・変態師匠のスカウター壊れてましたか?

エッチな風が吹いたって見えなきゃ

なでしこちゃんが居なけりゃ意味ねー!!

せんだんとなでしこを入れ替えてください。お願いします。

今日の.hack//Roots ★★★☆☆

(C).hack Conglomerate


愛すべきマスコットキャラ・・・

俵屋が帰ってキタ━━━(゚∀゚)━━━ッ!!

俵屋が主人公だったし、今回はまさにこれに尽きます。

しっかし俵屋が留学の決まった大学生だったとは衝撃の事実。

個人的にはもっと年齢が上な商売人とか、あるいは三郎とか

思っていただけに複雑な心境。ただ大学生と判明しただけなので

性別ははっきりしてません。藤太が本名なら男だろうけど・・・

俵屋のプレイヤーが女の子なら良いなと思ってる私です。

パイ:「エンダーって誰よ。人違いも程ほどにしてくれる?」

藤太:「言葉を変えても分かるんだよ。」

藤太:「どんだけ一緒にやってたと思ってんだ。」

俵屋とエンダーの再会良いね!!

声聞けば分かるというのは置いといて・・・

それを抜きにパイ=エンダーを一瞬で見抜いたのは凄い。

なんだかんだいってTaN時代の付き合いは伊達じゃなかったと。

俵屋言うこと格好良い!・・・が弱っ!!

あれだけかっこつけておいて管理者に助けられちゃ立場ないじゃん。

普通のキャラならそう思うところだけど、俵屋=藤太は銀漢を継ぐ

愛すべきマスコットキャラなのでこれで構いません。

そもそも新PCで始めてるんだからレベル低いのは当然。

俵屋なら以前の強さが今もあると勘違いしててもおかしくないのが(ry

八咫:「借りはきっちりと返したぞ。」

俵屋と直毘の再会も良いね!!

いやほんとこのアニメは人間関係を押さえてるなと感心。

俵屋の復讐劇に終わらず、八咫が罪滅ぼしの意味で俵屋に

手を貸したのもこれはこれで悪くないです。

まぁ自分はアカウント抹消食らったのに、直毘=八咫が

計画通りに行動してるのは納得いかないだろうけど、

そこで問い詰めせず、八咫なりの好意を素直に受け取るところは

俵屋の人としての大きさというものが感じ取れます。

ところで本来の主人公ハセヲとヒロインのタビーは何処に?(^^;)

ひぐらしのなく頃に(「祭囃し編」を終えて その2) ※ネタバレ注意!


うーん、やっぱ納得いかんわ。何で記憶継承させないのよ。

圭一によるルールZ打倒・・・あぁその通り。つまり鉄平帰ってくるのは仲間結束&ルールZ破りに必要なフラグだったはず。

皆編でそれやったから祭編でそれやらないというのはどうかと思う。ルールZ破りをお魎の一言で片付けられちゃたまらんw

ルールZ破りと同じフラグを立てる余裕が無かったのならせめて記憶継承すべきだったと思うよ。

罪編で圭一が覚醒した意味が無くなるし、 皆編で梨花ちゃんが圭一の記憶継承に期待してた描写も、

梨花ちゃんの無残な死に方も水の泡。そう考えれば考えるほど梨花ちゃんと赤坂をくっつけさせるためという気がしてならないんだよな。

継承させてれば梨花ちゃんは赤坂より圭一の方を頼りにしただろうし。そりゃ沙都子の罪を残したくなかったというのもあるんだろうけど。

2006-08-16

今日のラブゲッCHU〜ミラクル声優白書〜 ★★★☆☆

(C)小泉まりえ/アリコシステム


待ち望んでいた展開のはずなのに納得出来ない・・・

声優白書で「Canvas2」みたいな恋愛劇やられてもな!!

別にやっちゃいけないって事は無いけど、ここまで勝負の行方がはっきりしてる恋愛劇も珍しい。

祐理花が仕事の合間に電話をかけたり、お土産を買ったり、アタリとフラグを立てる必死さに感心するものの、

「アタリが本当に好きなのは桃子」という描写が何度も出ている以上、祐理花の報われない努力を見ているのが辛い。

どうみても祐理花は「Canvas2」の桔梗霧の二の舞街道まっしぐらです。本当にありがとうございました。

いや、先が見えてもなお報われない努力してる意味では「D.C.S.S.」の白河ことりに近いかもしれません。

そもそも声優白書はこういうアニメでは無かったはず。

声優になるため養成所でステップアップしていく桃子ちゃん達の日常を映していくアニメだったはずです。

少なくても1クール目はそういう展開。シスシス誕生の辺りから「声優」要素が失われてきた感じでしょうか。

桃子と祐理花ちゃんがスポットを浴びる代償に他のメンバーがいらない子扱いされるようになったのはそれはそれで問題だと思います。

分かりやすい修羅場キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

これってギャグだよね?ちゃんとしたオチがあるんだよね?そうだと言ってよ!!

アタリが倒れた時はあんなにすれ違いさせておいて今回ばったりというのは何とも。

桃子ちゃんの空元気も、祐理花ちゃんの桃子ちゃんを敵視する行動(例えば写真隠し)も痛々しくて見てられません。

だって俺2人とも好きだからどっちも叩けないじゃん!!

今更こんな事を言うのは反感食らうかもしれませんが、今でなら桔梗霧の気持ちが分かる・・・

結果的にエリスちゃんが勝って万歳したけど、それまでの過程を見ていけば2人とも切ないシーンが幾つもあったんです。

その点においては声優白書の2クール目も同じだと思います。

少し前まで祐理花ちゃんを意識する桃子ちゃんが嫌な女に見えたり、今は切なかったり。

とにかく私としては声優白書の場合、どっちも叩けないしどちらかが桔梗霧の二の舞になる結末は嫌なんです。

最終的に祐理花ちゃんがそうなる運命だと今の時点で予測出来るのがまた・・・

それに比べたらストパニは良いですよ。相手を嫌うだけの理由があるし、結末はどうなるのか花織の一件で本当に分からなくなったので。

まぁアレでしょうか。一番悪いのは酔った勢いで祐理花ちゃんと一線を越えたアタリ。

実際は何もしてないわけだけど、アタリが祐理花ちゃんの口車に乗せられてヤっちゃったと思い込み、

自分の本心を隠すようになったのが一番悪い。本当に好きなのが桃子ちゃんならその事を1日も早く本人に言うべきだと思います。

時間が長くなれば長くなるほど切り捨てられる方(恐らく祐理花ちゃん)はその時間の分だけ傷つくわけだから・・・。

この娘ってある意味一番美味しいよな。

恋愛劇とは全く関係ない所に居るのに自分の出番・・・

ポジションはちゃんとキープしてる所がちゃっかりしてるw

江戸川がラムダを辞めて別の事務所を作り出しそうな感じだけど

真っ先に引き抜かれそうなのがこの仲村夕海ちゃんだと思います。

この娘賢いしね。ラムダへの忠誠より自分を生かしてくれそうな

人の下につきそう。そんな仲村夕海ちゃんもまた私は好きです。

「ラブゲッCHU〜ミラクル声優白書〜」の萌えキャラランクはこちら。

祐理花>桃子>仲村夕海>>>>>りんか>翼>>>天音

ひぐらしのなく頃に(「祭囃し編」を終えて その1) ※ネタバレ注意!


祭囃し編クリアー!!

※シナリオもネタバレに含むと思うので画像は極力小さくしてます。

12時間ぶっ続けでようやく・・・長かった・・・

鬼隠し編からやってる方は特にそう感じているのではないでしょうか?私はアニメ綿流し編の頃にゲームを始めた口ですが。

皆殺し編が運命に立ち向かう梨花ちゃんの意思&圭一達愉快な仲間達に感動し、最期の結末に涙したとするなら、

最終章の祭囃し編は感動半分、そして不満半分といった所。

梨花ちゃんがハッピーエンドを迎えるためのプロセスは以前指摘した点の半分以上は当たっていて

赤坂の神懸かった強さとかっこよさには何度も感動に打ち震え、時に涙したものです。

赤坂は漢の中の漢!!赤坂めっちゃかっけえええええ!!

今まで梨花ちゃんとの約束を果たせなかった男が今回ついに果たしにやってくる。これだけでも凄いのにあの山狗達から

梨花ちゃんを救い出した彼の超人的な活躍はほんと凄かった。真の英雄とはまさに赤坂の事を言うのだと思います。

ただその代償となってしまったのが皆殺し編で大活躍した圭一であり、レナであり、園崎本家であり・・・

特に梨花×赤坂のフラグがガチになった事で梨花×圭一のフラグが消滅した感じになったのは

そちらのファンの方からは嘆くべき事かもしれません。まぁ自分は梨花×赤坂なのでその辺は良いのだけれど。

問題は別にある。感動したのは赤坂の活躍と富竹や入江の協力、羽入たんの思いがけない行動・・・

その対極をなす不満要素は皆殺し編の存在意義をなくしてしまったという致命的なミス・・・ ↓極度のネタバレなので伏せ字

何で梨花ちゃんの記憶を引き継がせなかったんだよ!!

祭囃し編では梨花ちゃんを始め、圭一達みんなの○○が重要になってくると思ったのに・・・

これではその後の結末が良い方向に向いていようとも、皆殺し編のクライマックスが水の泡です。いくら彼女が覚えていたといってもね。

後、鷹野ではない本当の黒幕の存在。憎むべき対象なのにそいつ(そいつら)を叩きのめさずに終わったのも不満。

あの鷹野でさえ犯行に至る悲しい動機があったというのに、私利私欲だかなんだか知らないけど、

こういうどうみても「悪」な奴こそ野放しにしておいてはいけないと思います。

それ以外は文句ないかな。終わり良ければ全て良しってやつ?今まで影の薄かった魅音も活躍したしね。

入江先生のメイドインヘヴンといい、赤坂の超空手といい、物語は至ってシリアスなのに笑える要素が多かったのは良かったところです。

新たに分かった事実で驚かされたのは梨花ちゃん両親の死の真相とか、悟史くん関係の結末かな。

羽入の超展開も「絶対ありえねえ!」と驚かされたけどw

シリーズを通して・・・いや、暇潰し編、鬼曝し編(漫画)、皆殺し編、祭囃し編を経て私は赤坂と梨花ちゃんが大好き。

赤坂は近年稀に見るヘタレ要素ゼロの最強主人公だったし、梨花ちゃんは100年ループの悲劇に同情と惹かれるものを持ったし、

うん2人ともすっごく良いね。今は無理だろうけど、梨花ちゃんが赤坂の養女になる展開もありではないでしょうか?

詩音×悟史、梨花×赤坂、富竹×鷹野・・・圭一は魅音とレナのどっちが本命なんだよ!!

レナの過去の暴走とか圭一のカップル相手についてはうやむやのままですかそうですか。沙都子ちゃんは・・・ほらあの人が居るから・・・

そんな事を考えつつ、まだ消化しきれてない物足りなさは2周目をプレイして、かけら正規ルートの裏エンディングで補おうかと思ってます。

今からでも遅くない。それはアニメだって同じ。皆殺し編と祭囃し編のアニメ化激しく希望です。

はぅ〜、梨花ちゃんはやっぱり最高だよぉ!!

お持ち帰りーっ!!(≧∇≦)

2006-08-15

今日のつよきす Cool×Sweet ★★★★★

(C)きゃんでぃそふと/つよきす製作委員会


「つよきす Cool×Sweet」は今期最強の萌えアニメ!!

ライダー素奈緒が脱がされる→レオ登場→レオと素奈緒ラブラブ・・・と思いきや夢オチ→素奈緒と静香ちゃんは極上の百合!!

アバンから今回は超展開やってくれるなぁと思ったけど、まさに今回は第3話以来の当たり回。

いつもと様子が違う素奈緒の事を心配する静香ちゃん、静香ちゃん&紀子ちゃんとのお泊り会、女の子同士の裸の付き合い、

ほのかちゃんのお兄ちゃん発言、テスト開始の挿入歌・・・なんだか萌え特化しすぎて神懸かってます。

アバンの見所はライダー素奈緒でもレオとラブラブでもなく、クラスメイトがみんな見てる前で

堂々と素奈緒ちゃんと静香ちゃんが抱き合ってる場面。2人の関係はもうここまで進んでいたんです。

素奈緒と静香ちゃんはクラスメイトも認める真の百合!!

(*´д`*)ハァハァ

静香ちゃんの胸だよ・・・

すごい・・・ドキドキする・・・

た、堪らんぞぉっ!!

静香あああ!!お前が好きだああああ!!

お前が欲しいいいいいい!!(≧∇≦)

はぁはぁ・・・さすが俺の嫁・・・スタイルすっごく良いね!!

胸の大きさは紀子ちゃんに負けるけど相手が悪かっただけ。

そう、紀子ちゃんがこんなに胸おっきいなんて想定外だったから。

素奈緒と静香ちゃんと紀子ちゃんは

2−Aが誇る極上のトリプル百合!!

「つよきすっ♪」アイキャッチ最高!!

1〜2分の頻度でアイキャッチが入ろうとも、

こういうサービスカットを見せてくれるのなら無問題。

女の子同士の裸の付き合い最高、何度でも抜けます(おい!

それはそうとこのアイキャッチよく見ると素奈緒の胸おっきいなw

はう〜っ、ほのかちゃんかぁいいよぅ〜!!

お持ちかぇりぃいぃぃぃ!!!!!(≧∇≦)

今になってようやく分かった事がある。

ほのかちゃんってどことなくセラムンのちびうさに似てるんだよな。

美幼女(美少女)で無邪気なところなんか特に。そう考えてみると俺って

10年以上も前からお持ち帰り願望があったのかもしれない。

ちなみに今回のサービスはこれだけでは終わりません。

第7話最大の見所は間違いなく次のこれでしょう!!

ほのか:「お兄ちゃんって呼んでいいですか?」

萌えぇーーッ!超萌え〜!!

はぁぁぁ〜ぁ!!(≧∇≦)

ほのかちゃん可愛すぎ!!

ちょ、マジ萌え悶え死ぬとこだったよ!!

ほのかちゃんの「お兄ちゃん」は反則!可愛さは凶器!

その犯罪級の萌えこそ宇宙が授けた光の答えですw

前回の島篭りの一件以来、素奈緒の様子がおかしいと心配する静香ちゃん。

いかじまダイコン騒動などを通じて静香ちゃん(+紀子ちゃん)による素奈緒問い詰めが始まります。

静香:「対馬くんと何かあったの?」

静香:「なんかいつもの素奈緒じゃないね。」

静香:「素奈緒が素奈緒らしくない件について。」

静香:「何で対馬くんに怒ってるの?」

静香:「でもいつもならトサカきたーって怒ってるよ。」

静香:「今日の素奈緒、怒り方がヤな感じだった。」

素奈緒の微妙な心情の変化をここまで察してるなんて

さすが俺の嫁!!素奈緒の事よく見てるね!!

前から思っていたけど静香ちゃんの観察眼は大したもの。また素奈緒が生徒会に絡むと

自分は蚊帳の外になるのに、それに対して全く不平不満を言わないところなんか心が広いです。

ほのか:「テスト勉強頑張ってくださいね。」

静香:「ありがとうほのかちゃん。」

ほのかちゃんお願い!静香ちゃんの事を

静香お姉ちゃんって呼んで!!(≧∇≦)

前回立ったほのかちゃんと静香ちゃんのフラグが今回ちゃんと生かされていたのは良い。

後は2人の仲がもっともっと親密になってEDカットの関係になれば・・・。

家まで押しかけてきた静香ちゃん&紀子ちゃんに対し、レオや大根を嫌う真相を語り出す素奈緒。

静香:「言ってスッキリしちゃおうよ素奈緒!」・・・やべ、なんかこの台詞も別の意味でめちゃ萌えた!

素奈緒:「嫌いなのよ。大根が嫌いなのよ。小さい頃あいつに大根って言われてから大根が嫌いになったのっ!!」

レオの言った大根がトラウマ・・・素奈緒の話は女の子同士の裸の付き合いに突入していきます。

お泊り会最高!!俺こういう展開待ってたんだよっ!!

こう見えても素奈緒達は高校2年生。思春期真っ盛りな女子高生ガールズハイなんです。

今回はレオの話で夢中だったようだけど、それが無ければ気になったのではないでしょうか。

例えば紀子ちゃんの胸がおっきい事とか、静香ちゃんのスタイルが良い事とか、静香ちゃんや紀子ちゃんは誰かを想って

自慰した事があるとか、これが地上波のアニメじゃなければ胸の触りっことか、アソコの感度を確かめ合ったりとか、

レズセックルまがいな展開にまで発展してもおかしくなかったはずだと私は思います。

そう思えば思うほど惜しい。湯気ジャミングも無かったし、乳首が見れない事を除けば良い感じだったのに。でもまぁ、

裸の付き合いや一夜を共にした事によって素奈緒と静香ちゃん(+紀子ちゃん)の百合関係が飛躍的に発展したのは間違いないです。

そして朝。興奮冷めやらぬ中、萌えまっしぐらな超展開はレオの近衛家訪問によって再びやってきます。

今度の主役は妹ほのかちゃん。

レオを見た途端、ほのかちゃんの表情が・・・レオに向けてラブラブ光線発してる!?あのレオに一目惚れするなんてやっぱり姉妹か。

(ちなみにほのかちゃんがレオと初対面なのは当然。素奈緒とレオが幼馴染で過ごしていた頃はほのかちゃん生まれてないはずだから。

素奈緒とほのかちゃんは7歳も離れているので。)素奈緒ちゃんは素奈緒ちゃんでエッチな格好してるし・・・

たいへんたいへん!!

このままじゃ近衛姉妹がレオに汚されちゃうよー!!

レオの野郎、レオの野郎、レオの野郎、レオの野郎、レオの野郎、レオの野郎、レオの野郎・・・

俺のほのかちゃんを汚してみろ・・・絶対ぜったいぜーったい!!許さないんだからああああああああああ!!

ほのか:「どうぞ対馬さん♪」

レオ:「ありがとうほのかちゃん。」

ほのか:「いえ。あ、あのぉ対馬さん♪」

ほのか:「お兄ちゃんって呼んでいいですか?」

萌えぇーーッ!超萌え〜!!はぁぁぁ〜ぁ!!

ほのかちゃん可愛すぎ!!(≧∇≦)

これさっきも言ったって?良いじゃないか!!

ほのかちゃんの服装や萌え表情だけでも満足してたところで、トドメと言わんばかりに「お兄ちゃん」だぞ!!

対馬レオフィルターが働いたのを差し引いたとしても、この可愛さはもはや犯罪としか言いようがない。

ほのかちゃんマジすげえ。狙ってやってるのかはしんないけど、妹キャラの特権を余す事無くフル活用してる。

それに自分の事を「ほのか」と言ってるところも妹ロリキャラ好きとしてはたまらん。

ほのかちゃんと双璧をなす「ザ・サード」のミリィちゃんが自分の事を「ミリィ」と言わなくなっただけに尚更ね・・・。

しっかしレオって奴はほんと羨ましい奴だな。生徒会連中のお気に入りで近衛姉妹には好かれてさ。ポジション俺と代わってくれよ!!

はぁ・・・まぁいいか。ほのかちゃんに手を出してない内はまだ見逃しておくよ。

これでもし俺の嫁や妹を傷物にしてくれた時はどうなるか分かってるよね?

そんなこんなで第7話も後半。始まってから約18分でようやく今回のタイトルにもあるテストが始まります。素奈緒による挿入歌とともに。

スナオ・プリンセスの挿入歌キタ━━━(゚∀゚)━━━ッ!!

この歌すっごく良い!!さすが水樹奈々最高だあああ!!

うんうん。やっぱり声優が歌う歌は良いね。水樹奈々ちゃんが歌う歌なら尚更だよ。スナオ・プリンセスもう何十回も聞いてるよ。

いきなり入った挿入歌で尺短いのを誤魔化しているような気がしないでもないけど、テスト対決の方は素奈緒達2−Aが圧勝で終了。

2−Cはカニ娘達がカンニングという卑怯な真似を使っても足を引っ張る娘達によって無残な結果に終わったようです。

ただ個人の成績で行くと姫が全教科満点だったり(あ、ありえねえーっ!!)、

肝心の素奈緒はレオの事で頭がいっぱいでテストに集中出来ず、赤点を取ってしまった模様。

あぁ無様・・・男に関わるとロクな目に遭いません。静香ちゃんを見習え静香ちゃんを!!

素奈緒はレオの事ばかり気にしてないで、今回女の友情を大事にした静香ちゃんを見習うべきだと思います。

ほのか:「お姉ちゃん。次はほのかの番だよ。」

ほのか:「あ〜れ〜♪」

はぅ〜、俺もほのかちゃんをクルクル回したいっ!!

今度は浴衣?次回も楽しみです。「つよきす Cool×Sweet」の萌えキャラランクはこちら。

静香>ほのか>>>>>素奈緒>>>紀子>>>>>カニ娘>よっぴー>ツンデレの壁>その他 (百合の敵:対馬レオ)

2006-08-14

痴漢物語 前編 ★★★★★

(C)デジタルワークス


これが小学生日記というやつか。小学生同士の初体験、

すっごくいい!俺のカウパーだだ漏れだよ!!(≧∇≦)

ねっとりと絡みつくコンデンスミルクが何度でも・・・いやほんと久々の当たりだわ。

18禁アニメでこれだけ堪能したのは昨年の「IMMORAL」以来じゃないかな。

純愛セックルと陵辱セックルのどちらが堪能出来るかと言われれば寝取られ陵辱セックルだけど、

今回みたいな小学生同士のお互いを慰めるようなラブラブセックルも新鮮だし、夏音ちゃんによる鈴丸くん筆おろしもかなり(・∀・)イイ!!

特に夏音ちゃんの「バカ鈴離れなさいってば。大きすぎるのよ!無理無理無理だってばぁっ!!」は年相応の反応で素晴らしかったです。

最近の18禁アニメはひまじんか又はミルキーで、バニラはブルーゲイルやBISHOPに見捨てられてもうダメかと思ってましたが、

バニラオリジナルでこれだけの物を作られるのならまだまだ捨てたもんではありません。

痴漢物語なのに「全然痴漢してないじゃん!!」とつっこむのは野暮というものか・・・

今回完結しててもおかしくないこの作品はまだ前編。痴漢物語というからには後編ではクラスメイトの夏音ちゃん虐めが

性的虐めへと発展してしまうのでしょうか?

鈴丸:「大丈夫。もう夏音ちゃんの心が壊れるような事なんて無いようにするから。僕がそうするから。」

鈴丸GJ!!お前かっこよすぎだよ!!鈴丸くんも今回めちゃめちゃ良かっただけに

後編でも男らしさをキープして夏音ちゃんの心を守り通す事が出来るのか、甘酸っぱい恋の行方はどうなるのか気になります。

夏音ちゃんかぁ〜いぃ〜よぉ!おん持ち帰りぃ〜っ!!

今日のゼロの使い魔 ★★★☆☆

(C)2006 ヤマグチノボル・メディアファクトリー/ゼロの使い魔製作委員会


閲覧者の中に「ゼロの使い魔」(特にシエスタちゃんとアンリエッタ姫様)のエロ画像や同人誌を見かけたら私の所に来なさい。以上。

↑涼宮ハルヒ風に言ってみる。またまたこのネタか!とか言うのはナンセンスです。そんなわけで「ゼロの使い魔」に限らず、

私の好きなキャラが描かれているサイト、本を出しそうなサークルを見かけたら教えてください。お願いします。

今回シエスタちゃん出てこなかったけど、姫さんの一件やジェシカちゃんの積極的アピールでお腹いっぱいです。

ちなみにこのジェシカちゃんとシエスタちゃんは従姉妹なんだとか。アニメ本編で触れられる機会は今後あるのでしょうか?

次回は最近出番が少ない俺のシエスタちゃんの見せ場。才人とシエスタちゃんの混浴が・・・ワクワクが止まりません。

ゼロの使い魔」の萌えキャラランクはこちら。

シエスタ>アンリエッタ>>>>>ジェシカ>王族&メイドの壁>ルイズ>>>>>フーケ>長門もどき>その他

頬へのキスは友情のキス。

首へのキスは欲情のキス。

唇へのキスは愛情のキス。

手の甲へのキスは忠誠のキス。

忠誠の誓いのキスにと手を差し伸べる姫様。

ちょw手出すのめちゃはえええwww

「忠誠のキス」の意味を知らない才人はキスのOKサインに即反応。

姫様を抱きかかえるのめっちゃ早い。手馴れてるとしか思えません。

忠誠のキスを求めただけなのに

才人に突然抱き抱えられて姫さん動揺中。

動揺してる姫様がまた可愛いーっ!!

唇と唇のキスキタ━━━(゚∀゚)━━━ッ!!

いくらキスして良いと言われたからって

瞬時に唇へのキス・・・

一体どこのエロゲ主人公だよ!!

姫様の唇を奪った才人は勝ち誇ったような表情。

これが才人流の「お持ち帰りー!!」というやつ?

手を出すスピードだけなら啓太以上かもしれません。

姫様陥落。

あぁ・・・これがきっかけで姫様も才人スキーに

なってしまうのだろうか?アンリエッタ×ルイズの百合を

応援してる私としては複雑・・・いやそんな事より問題は才人。

ヘタレてなく、男らしい主人公だからって女に手を出すスピードも

早いのはどうかと思う。お持ち帰りしたいのはよーく分かるけど、

才人にはシエスタちゃんが居るんだから浮気は(・A・)イクナイ!!

かわいこちゃんがいっぱいだよ!!

どの娘をお持ち帰りしようか迷っちゃう!!

前回のチップレース優勝者ってアンリエッタ姫様?

雰囲気は違うけど、この娘アンリエッタ姫様に見える。

原作ではこの辺りはっきり書かれているのかな?

ルイズオモシロスwwww

シャナとの決定的な違いはやっぱこれだよな。

正直シエスタちゃんとアンリエッタ姫様好きな私としては

ルイズは邪魔な存在だけど、ルイズの百面相は見てて面白いと思うもん。

だからシャナみたいに毛嫌いする事はたぶん・・・というか、

才人の恋愛関係がドロドロになる前にアニメは終わりそう。

ジェシカちゃん胸おっきいんだね。俺どっちでもイけるよ!!

貧乳なら貧乳の、巨乳なら巨乳の魅力があるからね。とりあえず、

ジェシカちゃんにパフパフされたいっ!!

うおおおおおおお!エッチな展開キター!!

ジェシカちゃん。俺に色々教えてよっ!!

はっ!何を言ってるんだ俺は。

俺には専属メイドのシエスタちゃんが居るというのに。

姫さんに浮気したり、今度はジェシカちゃんに浮気したり、

これじゃ才人の事言えないじゃないか。ちっとは自重しろ俺!!

けどジェシカちゃんも罪な娘だよ。そのおっきい胸をちらつかせて

エッチな表情で迫るなんてさ。胸触らせてくれるばかりか、

今にもエッチさせてくれそうな勢いじゃん。

自らお持ち帰りされるように狙ってるのは反則だから・・・。

2006-08-13

2006年夏コミ報告


はうー、コミケは良いねえ!すっごく良いよぉ〜!!

ひぐらしはもちろん、おん持ち帰りぃ〜っ!!(≧∇≦)

そんなわけで今年も行ってきましたよ夏コミ。

例年の如く、会場はグルグル回って本読んで良さげなのが

あったら買ってコミケで買えなかった分はアキバの虎とメッセで

補完という流れですが。肝心のひぐらしは会場では買えな・・・

虎の穴の16時販売で買う事に。かなり甘く見てたな。

ひぐらし祭囃し編買うのにこんなに苦労するとは。

久々にドラクエ轡船奪な行列を体験したよっ!!

店頭販売で道路に並んで待つこと1時間程度。その後、

虎の中にまともに入れる状態じゃなかったのは焦ったかな。

ひぐらし買えたのは良いとして、今年の夏コミ本はなぁ・・・

ハルヒ多すぎだ!!あっちもこっちもハルヒハルヒハルヒ!!

ハルヒだらけで頭痛くなったじゃないか!!

そんな私もキョン妹と朝倉涼子の本やCG集は

お持ち帰りしたけどw

赤ずきん本やゼロの使い魔の本は少しあったくらい。

ストパニは微妙、うたわれも・・・つよきすは静香ちゃんと

ほのかちゃん居ないからスルー。声優白書どこにも無いよ!!

先週のザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 ★★★☆☆

(C)2006ザ・サード製作委員会


銃弄りしてる時だけ笑顔だなんて・・・

俺のミリィたんがイケナイ娘になっちゃうよ!!

でもすっごく可愛いの。だからね、お持ち帰りー!!

違う。こんなの間違ってる。大人の玩具に触れて喜ぶミリィたんは俺のミリィたんじゃない。その笑顔は本当の笑顔じゃないよ。

だけどこの黒っぽい可愛さは何?まるで拠り所を無くして自暴自棄になった美幼女がセックルし始めてその快楽に溺れていくような・・・

「すごい・・・すごいよ・・・ねぇほのちゃん!!」と銃を撃った喜びに打ち震えるミリィたんからはそんなエッチな印象を受けます。

火乃香って戦ってる時は勇ましいけど、恋愛とかエッチな事に関してはてんでダメそう。

ミリィたん×ほのちゃんで行為に及んだ際はミリィたんが終始リードするのではないでしょうか?

ミリィたん攻め、ほのちゃん受けのエロ画像とか同人誌、夏コミでは全く気配すらありませんでしたが、見てみたいです。

こんな事ばかり頭に浮かぶ俺もうダメポ_| ̄|○

いやそれを差し引いたとしても最近のザ・サードは重苦しい話が続いて素直に喜べないからなぁ。

ほのちゃんとミリィたんはいつでもラブラブでいてほしいのに、まだ微妙な隔たりがあって・・・

2人が真の百合カップルになる為の愛の試練は一体いつまで続くんだ!!

どれだけ切ない想いをすればいいんだよ!!と言わずにはいられません。

火乃香:「ミリィ、それ気をつけないと。」

ミリィ:「大丈夫、セーフティかけてる。」

セーフティかければ良いってもんじゃない。黒可愛いミリィたんに萌えまくってる俺だって

本心ではミリィたんに銃は必要ないと思ってる。これ以上イケナイ娘になっちゃうのもそれはそれで問題だかんね!!

物語は砂漠の狼カムイを守る為に立ちはだかった火乃香が襲撃者レオンに敗れるというシリアス展開まっしぐら。

瀕死になった火乃香を目の前にして、ミリィたんは涙。冷静なボギーですら今回は興奮を隠せず声を荒らげ・・・

いつものミリィたんに戻ったような気もするけど、こんな場面で戻っても複雑な心境になるだけ。

涙するミリィたんを見れば見るほど胸が張り裂けそうになります。

最悪なのは言うまでもなく空気の読めないレオン。人間離れした能力はもはや反則、火乃香が敗れたのも無理ないです。

でも同じ手を2度も食らうほのちゃんではありません。

カムイの力で復活するなら砂漠の妖精や砂漠の狼カムイを守るため、恩返しするためにレオンと再び戦うのは必須。

レオンのレーザーにはどう対抗するのか?

そこであのPSPですよPSP!!PSPに乗っていればレオンのレーザーから身を守る事が出来るはず。

次回予告で既にネタバレされてますが、砂漠の妖精や狼、そしてミリィたんの為にほのちゃん頑張れ!!

レオンを倒し、砂漠の妖精と会った後は再びミリィたん×ほのちゃんのラブラブ展開が復活するものと期待してます。

ミリィたんは将来の俺の嫁!!(≧∇≦)

今回の話でますますミリィたんラブになった私。

ミリィたんは「つよきす」の近衛ほのかちゃんとともに将来の嫁候補ですw はうー、成長が待ち遠しいよぉ〜!!

2006-08-12

「ひとまず3人揃ったならいくわよ。」 「見せてやる。愛と勇気の女の子パワー♪」 「いち、に、さん、じゅ〜すぃ〜♪」

来年リリカルなのはの新作でずっきゅ〜んと見れるんだよね!TVアニメで見れると信じていいんだよね!?

俺のはやてちゃんが帰ってくるー!!

今日のおとぎ銃士 赤ずきん ★★★☆☆

(C)2006 Konami Digital Entertainment/赤ずきん製作委員会


グレーテルちゃんは俺の嫁!!(≧∇≦)

今回の話からりんごちゃんとグレーテルちゃんの萌え度が逆転したような気がする。

おとぎ銃士 赤ずきん」の萌えキャラランクはこちら。

グレーテル(静森えりか)>世話焼きりんご>>>>>>>赤ずきん>>>白雪>>>小夜>>>その他

りんごちゃんをお持ち帰りして監禁かい!!

一体ナニをする気なんだグレーテルちゃん。

赤ずきん:「卑怯よグレーテル。」

赤ずきん:「こんな真似は自分に自信が無い人がやる事だよ。」

グレーテル:「なんですって!いちいち気に触ることを!!」

見てれば分かるでしょ。グレーテルちゃんは激しく必死なの!!

物語が始まってからたった1ヶ月、数回の失敗でグレーテルちゃんは

いらない子扱いされちゃったんだからもう後がないんだよ。

悪いのはいらない子の烙印を押したヘンゼル。こんなに早く

手下を見捨てる悪は他のアニメ見てもそうたくさんは居ないしな。

はうー、美幼女りんごたん可愛いよう!!

お持ちかえりいいいっ!!

美幼女の頃からりんごちゃんの可愛さはもはや犯罪級!!

お持ち帰りするっきゃありません!!

草太とりんごたんラブラブだあああ!!

羨ましすぎるよ草太・・・俺と代わって!!

いつの間にか3対1で戦ってる赤ずきんの方が卑怯なんだけどw

グレーテルちゃんでも3人をまとめて戦うのは分が悪いよな。

それで負けてるようなもんだし、グレーテルちゃんの力不足じゃないよ。

グレーテル:「おとなしくしなさい。」

グレーテル:「この娘がどうなってもいいの?」

りんご:「何するの?離して。」

どうなっても良くないけど、何でそこまでりんごちゃんに絡むの?

もしかしてグレーテル×りんごちゃんのフラグ立ってる!?(はうー

グレーテルちゃん(´・ω・)カワイソス

りんごちゃんを突き落とすようなクソ兄貴なんか見限って

草太や赤ずきん達の仲間になろうよ。それが良いって絶対。

超展開キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

すべり台に乗ってお伽世界へレッツゴー!!

すべり台からというのが狙いすぎてて笑えるw

いきなり草太パパが現れて妙に物分りが良かったり、

りんごちゃんの両親が放置されてるのが気になるけど。

草太はともかく、りんごちゃん自分の意思で

行けるんだったら最初からそうすれば良かったじゃん。

てっきり家族が心配するからとか、そういう理由があるから

と思ったのに。りんごちゃんが暫く留守にするというのは

草太パパがりんごちゃんの家族に伝えるんだろうか?

今日のふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! ★★★★☆

(C)BIRTHDAY・NAS・TV TOKYO


ナナミンのふたご姫ほのぼの感想〜♪

こんにちはナナミです。今週もふたご姫の見どころをチェキしたいと思います。

エドワルド:「目と目が合ったこの瞬間、お前はもう僕の虜だ。」

大変大変!俺のソフィーたんが・・・

エドワルドの虜にされちゃったよー!!

>リオーネちゃんやソフィーちゃんに取り憑けば面白いのに。

エリザベータが取り憑かれる前の時にそう言ったけど・・・

まさかこうも早く実現するとはなぁ。ワクワクが止まらない!!

俺のソフィーたんはどうなってしまうんだ?

黒ソフィー:「ブライト、2人だけでお話したいの。ねえお願い。」

黒ソフィーたん最高!!(≧∇≦)

その囁くような口調で言葉責めされたい(*´д`*)ハァハァ

攻めに転じた黒ソフィーたんエロすぎです。

アウラー:「いつものソフィーらしくないなぁ。」

ファイン:「アウラーもそう思う?」

レイン:「恋だわ。ソフィーはブライト様に恋してる。」

すぐそういう発想に結びつける・・・

さすがレイン。淫乱の素質があると俺の見込み通り!!

黒ソフィーの様子を見てレインは勝手に誤解しちゃってるけど

ありえないから。ソフィーはいつだって

アルテッサ一筋、これはガチだかんね!!

何このウェディングwww

これは絶対無い!!・・・とは言い切れないか。

ソフィーならアルテッサの気をひかせるために

偽装結婚式くらいやりかねん。というか実際本人が結婚で

そういう展開を望んでいた事実に俺の心はときめいたよ!!

はうー、黒ソフィーたんかぁ〜いぃ〜よぉ!!

おん持ち帰りぃ〜っ!!(≧∇≦)

今回はとにもかくにも黒ソフィーたん祭り。

黒ソフィーたんがブライトを誘惑しているシーンは何度見ても抜けます。それだけエロいっ!!

夏コミは間に合わなかったけど・・・冬コミまでには是非とも黒ソフィー本を!!

でもまぁ、黒ソフィーはエドワルド様だけの力じゃないだろうな。恐らく普段は天然ボケボケなソフィーたんだけど・・・

ドSな一面も持ってたんだよ!!操られたフリして本性現していたと言えなくもない!!

まったく。レインは淫乱だし、ソフィーたんはドSだし、エッチな娘ばかり。そこが良いんだけどね(おい!!

ちなみにエリザベータが憑依された時とは違ってソフィーの場合は中の人がちゃんと黒ボイスで喋っていたのが(・∀・)イイ!!

声優の演技力はこういうところでものを言うんだろうなと改めて実感した私です。

ソフィーたんは俺の嫁!!(≧∇≦)

黒ソフィーたんはすっごく良いし、この数時間で何度も抜いて堪能したけど、やっぱいつもの天然ボケボケなソフィーたんが良い。

ソフィー:「私とブライト様が結婚・・・?」

ソフィー:「結婚って本人が知らない間に決まっちゃうものなのね。」

ソフィー:「知らなかったわ。」

ソフィー:「あら、でもそうするとアルテッサとは姉妹になるのね。」

ソフィー:「お姉さまって呼んでくれるかしら。」

ソフィー:「姉妹漫才ってのも素敵ね。楽しみだわ〜♪」

やっぱりw

自分の体を見ず知らずの野郎に乗っ取られて悪さされてるのに本人は全く気付かず天然のまま。さすが俺のソフィーたん。GJだよ!!

ソフィー:「そっか。私、夢を見ていたんだわ。真夏の夜の夢。」

今まで起きた出来事を夢でやり過ごすとは・・・エリザベータに引けを取らない大物だ!!

アウラー:「本当に何も覚えてないのか?」

ソフィー:「ええ、まったく。一体何があったのかしら?(笑顔で」

笑顔でそう話すソフィーたんが素敵♪

ソフィーたんは良いとして、問題はアウラーだよ!!「本当に何も覚えてないのか」ってさ・・・

アンタもこの前取り憑かれて何も覚えてなかったろwww

やっぱ兄妹、天然ボケボケなところがよく似てるwwww

そんなこんなで今回ソフィーたんの事がいっそう好きになったナナミンなのでした。

ふたご姫の萌えキャラランクはこちら。

ソフィー>レイン>ファイン>リオーネ>シフォン>カーラ>シャシャ>フラン>レモン>アルテッサ>エリザベータ>その他

レインの百面相テラワロスwwww

ブライトが結婚すると思い込んで百面相状態になってたレインも面白かったな。何度笑った事か。

無印の頃はファインの方が優遇されてたし、主人公ぽかったけど今は立場が完全に逆転してる。

最近はレインがどんなリアクションを取ってくれるかと期待している部分があります。

これも中の人の実力かな?「はのね」の人すっごく良いよ!!みくるといい、レインといい・・・

去年声優ランキングで3位にしたけど今年もヤってくれるね!!

今回は誤解で済んだけど、本当にブライト好きな娘が現れたらレインはどうするんだろう?

リオーネちゃん辺りが狙ってそうな気がしないでもないけど。まぁそれよりブライトが問題だな。

無印の頃はあれだけファインの事をつけまわしていたのに、今じゃ無反応だしさ。

黒ソフィーたんの誘惑にしたって、いつものソフィーたんじゃない事に気付けよ!!

それすらも気づけないとは・・・根本的な部分は変わってない。何も知らないおぼっちゃんのまんま。それでいて欲望が溜まると黒化して。

エドワルド様が取り憑いたら黒ブライト復活しそうだよマジでw

エドワルド様って頭悪いというか、せこい悪さしか思いつかない。

やり方によってはいくらでもふたご姫を追い詰められるのになぁ。勿体無いよ!!

今回の話にしても、黒ソフィーでブライトとの結婚を進めればアルテッサも出てきて友情に亀裂が生じただろうし、

もっとはっきり言えばファインかレインに取り憑いた方が手っ取り早くないか?天使の力の影響で乗っ取れないかもしれないけど、

その考えに至ろうともしないのはちょっとね。次回はリオーネちゃんに取り憑くって?黒ソフィーたんに続けば良いけどどうなる事やら・・・

本当に強いのはエリザベータ様って事でFA?

エドワルド様がふしぎ星壊滅を狙ってあれこれ工作して、その都度失敗してるというのを・・・

β様はクーラーのリモコン一つで出来るんだもんな!!

これって笑うところだよね?

黒ブライトとか闇の力とかエドワルド様とか、あれだけ苦労するふしぎ星壊滅をリモコン一つで出来るエリザベータ様こそ最強ですw

2006-08-11

今週のZEGAPAIN -ゼーガペイン- ★★★☆☆

(C)サンライズ・プロジェクトサーガ・テレビ東京


エロすぎだよリョーコちゃん!!(≧∇≦)

これまでもそれを思わせるシーンは幾つもあったけど今回はもっと凄い。

シリアスな展開にも関わらず、ネタに走ってしまうのは・・・意図的に狙ってるとしか思えないです。

キョウ:「イかせねえ!!」

ただヤるだけのセックルはしない。

とことん奉仕させる気か。なんて奴なんだまったく。

付き合わされる方は大変だよ。

シマ:「かかった!」

生徒会長・・・眼鏡キラーンで喜んでるんだけどw

何か怪しげな罠でも仕掛けているのか?

シマ:「もういい。手を出すな。ヤらせろ!!」

シマ:「・・・に触れさせれば丸裸に出来る。そういう仕掛けだ。」

画期的なエロ仕掛けキタコレwww

リョーコ:「焦らさないで。キョウちゃんならヤれる!!」

キョウがイかせねえとか言うもんだから・・・

リョーコちゃんは今すぐヤってほしいんだよおおお!!

リョーコ:「深くっ!!」

挿入キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

リョーコ:「もっと深くっ!!」

リョーコちゃんエロかぁいいよ!!

お持ち帰りー!!(≧∇≦)

リョーコ:「キョウちゃん・・・」

何?まだ何かあるの?

リョーコ:「一緒にイきたい!!」

キョウ:「俺だって。けど、みんな丸ごとヤらなきゃ!!」

ハァハァ(*´д`*)もうたまらん!!

リョーコちゃんがここまで尽くしているというのに。

みんな丸ごと?キョウはメイウーやおミズまでヤる魂胆かよ。

絶望の2人を見ての通り、舞浜サーバーが襲撃される衝撃的な

展開だったのに、リョーコちゃんのエロボイスが頭から離れません。

そのせいで頭の中はエロヘヴンの世界が・・・

どうすればいいんだよ!!というか鯖消滅してないじゃん!!

シズノが居たから鯖が助かったというより舞浜サーバー自体に何らかの

隠し要素があるみたい。さすがアリカも出てくる舞乙サーバーwwww

人類にとって最も安全で最も危険な場所って・・・

鯖はガルズオルムの本拠地やナーガと関係でもあるとか?

シズノやシマの正体とともに激しく気になります。

ところでルーシェン達は仕事サボリ?

シズノを問い詰めるならもっと手っ取り早くする方法もあるだろうに。

2006-08-10

今日のいぬかみっ! ★★★☆☆

(C)有沢まみず・メディアワークス/犬神使い派遣協会


ようこもともはねちゃんもかぁ〜いぃ〜よぉ!!

おん持ち帰りぃ〜っ!!(≧∇≦)

啓太はようことともはねちゃんには興味無いみたいだからお持ち帰りしてもいいよね?

啓太の事が好きという意味ではライバル同士なのに、ようことともはねが百合チックになってるのが(・∀・)イイ!!

それにお風呂で裸というシチュエーションがたまりません。後は湯気ジャミングとわざとらしい胸隠しさえなければ・・・。

今回なでしこちゃん分が足りなかったものの、ようこ&ともはねちゃんと「脱いだら凄いんです」のフラノちゃんで堪能出来そうですw

思うツボか・・・ダジャレにされちゃうのはアレだけど要は使い方次第。

上手く使えば啓太が望んでいたハーレム帝国だって作れるわけだし・・・思うツボ欲しいよっ!!

「いぬかみっ!」の萌えキャラランクはこちら。

なでしこ>ともはね>ようこ>フラノ>新堂ケイ>いまり&さよか>>>>その他

フラノ:「啓太様に喜んでいただくために手っ取り早く、脱ぎます。」

フラノ:「大丈夫ですよ♪フラノちゃんは他のおぼこちゃんと違って

     大人ですから。過激なサービスくらい平気なのです。」

フラノ:「18禁キャラなのですよ。」

覚醒(イ)ったあああああああっ!!

なっ・・・

フラノちゃんはいつでも脱いでくれる18禁キャラ・・・

こんなにもエッチな娘だったなんて・・・

俺感激したよ!!今まで眼中にしてなくてごめん。

だから俺にも「サービスサービス♪」お願いね。

啓太と仮名さんはうほっ!!

へんたいへんたいへんたいだー♪

常人では思いつかないような変態プレイの数々。

さすが超変態の2人。やる事が人智を超えてますw

今日の.hack//Roots ★★★☆☆

(C).hack Conglomerate


「我、汝に問う。我らが娘は健やかなりしか?答えよ。」

ハロルドキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

どうみても管理システムはハロルドで、我らが娘とは

アウラの事です。本当にありがとうございました。

これはつまり「THE WORLD R:2」でも「THE WORLD」を生みし親、

ハロルドのAIとシステムが健在だという事でFA?

その管理システムの問いに対し、太白とハセヲの回答は・・・

太白:「残念ながら私は貴方の娘を知らない。」

太白:「だが健やかである事を望み、願う!」

ハセヲ:「なんだそれ。知るか!」

ハセヲ:「誰だよお前!娘ってなんだよっ!!」

ハセヲはヘタレすぎwww

とはいえ、武器を貰った太白よりPCを進化させてもらった

ハセヲの方が得してそうなところをみるとハセヲの回答が

正しかったのかもしれません。

パイ:「貴方は何も分かってないのよ。」

三郎:「分かってないって言うんなら分からせろって!」

三郎:「納得のいかない仕事を黙々とやらされるのは

    リアルだけで十分だから。」

ぶち切れた三郎もすごく良いね!!

あのエンダー(パイ)相手にこれだけの反論が出来る

三郎はホント大した娘です。

「リアルだけで十分だから」という台詞はリアルで苦労してる?

ただの下僕には成り下がらない三郎ってリアルではどんな娘なのか、

そもそも本当に女性なのか気になります。

ハセヲ3rdフォーム覚醒キタコレwww

ハセヲの覚醒は待ち望んでいた展開だけれど、こういう形で

するとは想像してなかったなぁ。恐るべしハロルドマジック!!

ハセヲが因子所有者というのはモルガナ因子(碑文使い)って

事でしょうか?この覚醒で三爪痕とどれだけ渡り合えるか見ものです。

2006-08-09

今週のつよきす Cool×Sweet ★★★☆☆

(C)きゃんでぃそふと/つよきす製作委員会


ひまわり畑に佇むほのかちゃん

かぁいいよう!お持ち帰りぃ〜っ!!

「つよきすっ♪」アイキャッチ最高!!

なんかアイキャッチが本編を食いそうな勢いですが・・・

私はそれでも構いません。そう、お持ち帰りさえ出来れば!!

最近嫁の静香ちゃんや妹のほのかちゃんの出番が削られてきてるだけに、

アイキャッチであっても元気な姿を見せてくれるのは貴重です。

バター犬と戯れてるほのかちゃん♪

はうー、俺もほのかちゃんとワンワンして

ペロペロと舐めてもらいたいよぉー!!

浅田静香は俺の嫁!!(≧∇≦)

さすが俺の嫁!!アイキャッチ映りが良いね。

周りのてんとうむしがちょっと気になるわけだけど。

はっまさかっ!獣姦ならぬ虫姦プレイが御所望なの?

なんてマニアックな・・・俺そういう属性ないよ。どうしよう?

うおいっ!館長は一体何者だよ!!

いきなり「かめはめ波」放ちやがったぞ!!

思わずお茶を吹き出してしまったじゃないか!!

「つよきす」はそういう系のアニメではないという価値観があったので

体よく裏切られた印象。いや予想の斜め上を行く展開に圧倒されてます。

乙女:「大根は素晴らしいものだ。」

乙女:「大地を割りながらまっすぐに育っていく強い意志と

    白く瑞々しい美しさを兼ね備えている。」

乙女:「大根は至高の植物だ。」

レオ:「だよね?俺は乙女さんにそう教わったけど。」

ちょwwwお前ら天然すぎwwww

カニ娘に常識を解かれるようではどうしようもないですw

静香ちゃんとほのかちゃんのフラグ遂に立ったよ!!

クー娘は山に登って写真撮影、素奈緒は館長に拉致られた状況の中で静香ちゃんの近衛家訪問。

静香:「素奈緒居ますか?」

ほのか:「えっと・・・」

静香:「島・・・篭り・・・」

そのまま2人は意気投合。静香ちゃんは素奈緒ちゃんを待つ暇潰しにとほのかちゃんと将棋する事に。

素奈緒ちゃんが留守だったのは残念で仕方無いけれど、ここで静香ちゃんとほのかちゃんのフラグが立ったのは不幸中の幸いと言えます。

EDのカットでも示している通り、静香ちゃんとほのかちゃんがすぐに親しくなり、フラグが立つのは必然だったわけで。

後は素奈緒ちゃんを含めた百合家族を築き上げていくだけです。

たぶん静香ちゃんは素奈緒ちゃんと一緒に夏休みの宿題をやったり、夏のバカンスを楽しみにして来たんだろうなぁ。

それなのに素奈緒ちゃんと来たら・・・拉致られたのは本人の本意ではないと重々分かってるし、

災難だったと言う他ないけど、この期に乗じてレオとツンデレフラグを立ててたのは納得いかん。

「ゼロの使い魔」のルイズがツンから一転してデレし始めたかと思ったら今度は素奈緒ちゃんかよ・・・

静香ちゃんを放置してレオとデレデレする素奈緒ちゃんはあまり見たくありません。静香ちゃんと約束していたのなら尚更。

というかそもそもレオってこのアニメでは空気みたいなものだったんじゃないですか?(^^;)

「つよきす Cool×Sweet」の萌えキャラランクはこちら。

静香>ほのか>>>>>素奈緒>>>紀子>>>>>よっぴー>>>カニ娘>>>>>ツンデレの壁>その他

素奈緒:「静香、手伝って!!」

静香:「ダメッ!!」

静香:「休み明けにはテストもあるんだから。自分でやらないと!!」

素奈緒:「そんなー」

静香ちゃん怒ってるよね絶対!!

やっぱり一緒に宿題やろうと思って来たんだろうな。

それをすっぽかされたらこういうオチになるのも当然。

拉致られたのは素奈緒ちゃんのせいじゃないけど・・・

レオとツンデレフラグ立ててたんだから今回は同情しないよ。

2006-08-08

今日のストロベリー・パニック ★★★★★

(C)公野櫻子・メディアワークス / いちご舎


切なすぎるよ玉青ちゃん!!

傷心の渚砂ちゃんの側に居てあげたいだろうに

今は見守るだけしか出来ない。2〜3枚のカットで台詞無し、

ここ最近の玉青ちゃんの扱いが酷すぎます。

まぁそんな展開になるのは先週から予想していたので

今回は端から期待していなかったわけですが・・・

終わってみれば予想外の超展開。

エトワール嫌いな私がのめりこむほど

涙無しでは見られない感動的なエピソードです。

舌と舌を絡め合う情熱的なキス!!

花園静馬と桜木花織はディープ百合!!

2人のディープキスをよくぞここまで・・・

女同士の愛し合い方を時に激しく時に切なく見せてくれるところが

マリみてとの違いであり、このアニメならではの魅力だと思います。

セックルキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

深夜に木陰で青姦テラエロスwwww

すげえ。マジすげえよストパニ!!

あそこまで濃厚なディープキスだけでもすごいのに、

セックル後のカットまで持ってくるとは神懸かってる。

もうイくっきゃありません。ある意味18禁以上のクオリティw

これもエロワールのなせる業なんでしょうか?

とにもかくにも病弱かおりんはオメガ可愛いーっ!!

深雪×静馬×花織はガチ。これぞ宇宙が授けた光の答え。

少し前まではエロワールのパートナーなんて静馬みたいなもんだと勝手に思い込んで嫌っていた私ですが、

今回の話でその悪いイメージは完全に払拭されたといっていい。病弱ながらも健気に、精一杯生きようとした姿、

周り(静馬と深雪)を温める優しい心を持つ花織は八神はやてちゃんに通じるものがあってか彼女を見るたびに感涙させられたものです。

静馬とのフラグは文句のつけどころがないほどのガチ。深雪を加えて三角関係修羅場に突入しそうな展開も、

他のヒロインだったら事態が悪化して二股とか泥沼化しておかしくなかった場面もかおりんの澄んだ心で回避したのは賞賛に値します。

いやほんと静馬に一途でありながら、深雪への気遣いがちゃんと出来るのは大したもの。渚砂ちゃんはこういうところを見習うべきです。

静馬と花織が両想いになってから1年後、2人の幸せな時間の終わりを告げるがごとく、かおりんを蝕む病魔は末期状態に。

そんな状況下で臨んだエトワール選は深雪の裏工作で2人が(愛の象徴、絆の証とも言える)エトワールになれても、

そのすぐ後にかおりんが死んじゃったら元も子もありません。残された者が一生消える事のない悲しみを抱えるだけなのに・・・

今なら静馬の気持ちが少しは分かります。だからこそ言わずにはいられない。

渚砂ちゃんをかおりんの代わりにするのは絶対間違ってるから!!かおりんを忘れなくていい。

その悲しみを支えてくれる人と一緒になればいい。居るでしょ静馬のすぐ側に。

今回の話を見てますます深雪とくっつくべきと思ったよ!!

静馬と花織と深雪の3人が過ごした日々を大切にしたいのであれば尚更。

花織との思い出を背負って静馬と深雪が一緒になるのが一番良い。それでミアトルの問題は解決です。

次回予告の玉青:「夕べはよく眠れましたか?渚砂ちゃん。」

次回予告の渚砂:「うん有難う。ね、玉青ちゃん。私お願いがあるんだ。」

次回予告の玉青:「何でしょう?」

次回予告の渚砂:「私、今までずっと玉青ちゃんに迷惑ばっかりかけてきたよね。」

次回予告の渚砂:「いつも私ばっかり・・・それに色んな悩み事を聞いてもらったり。」

次回予告の玉青:「そんな。全部私が好きでしてた事ですから。」

次回予告の渚砂:「だからね・・・私に玉青ちゃんの話を聞かせてよ。」

次回はいつものストパニが帰ってくる!!

絆奈ちゃんに蕾ちゃん、そして玉青ちゃん・・・タイトルは告白。玉青ちゃん派にとっては天国か?それとも地獄か?

玉青ちゃんがどんな話を聞かせてくれるのか(かおりんとの関係は?)、渚砂ちゃんとのフラグがどうなるのか

(静馬×花織のようなディープキスやセックルが玉青×渚砂で来たら神!!)注目せずにはいられません。

次回は作画も良さそうだしめちゃめちゃ楽しみな反面、王手が来そうで不安でもあります。

「ストロベリー・パニック」の萌えキャラランクはこちら。

玉青>絆奈>花織>千早>蕾>千華留>千代>夜々>檸檬>籠女>光莉>桃実>その他>要>天音>静馬>渚砂

2006-08-07

今日のゼロの使い魔 ★★☆☆☆

(C)2006 ヤマグチノボル・メディアファクトリー/ゼロの使い魔製作委員会


閲覧者の中に「ゼロの使い魔」(特にシエスタちゃんやアンリエッタちゃん)のエロ画像や同人誌を見かけたら私の所に来なさい。以上。

↑涼宮ハルヒ風に言ってみる。またこのネタか!とか言うのはナンセンスです。そんなわけで「ゼロの使い魔」に限らず、

私の好きなキャラが描かれているサイト、夏コミ等で本を出しそうなサークルを見かけたら教えてください。お願いします。

破壊の杖を「えいっえいっ!」振り回してる

ルイズオモシロスwwww

初めてルイズに萌えた瞬間かもしれない。これ改造絵にしたら

アソコをしごいてるカットになるんじゃないだろうか(^^;)

才人かっけえええええええ!!

星辰剣を使いこなしたかと思えば、次はロケットランチャーでゴーレム粉砕。

剣を使うのも一苦労してた坂井悠二とは大違いです。

やはり才人はかっこいい男、シエスタが惚れるのも無理はありません。

フーケの正体って秘書のねーちゃんかい!!

これは予想してなかっただけに驚きの真実。

灯台下暗しというやつでしょうか。まぁそれは良いとして・・・

フーケよわっ!!いくら才人が強いからってこんなにあっさり

勝負がついてしまったのは何か拍子抜けしてしまいます。

ルイズのデレ全開キタコレwwww

第5話までのツンから一転してのデレ。

さすがの才人もルイズの真っ赤な顔を見せられてはなすすべもありません。

でも私は違うから。私が本当に好きなのはシエスタちゃんだから!!

今回シエスタやアンリエッタが出てこなかったのは激しく不満。

ルイズのデレを見せられたって誤魔化されはしないですw

このシエスタちゃんにちょっと似た娘は誰?

話に聞くジェシカって娘?どんな娘なのか分からないけど

なんだかエロっぽくて良い感じだよ。

こりゃ次回は期待出来そうだね!!

2006-08-06

SOLTYREI(Extra Episode) ★★★☆☆

(C)2005 Shuzilow.HA・GONZO/ソルティーロックプロジェクト


TV未放映エピソードはハートフルコメディな1時間ドラマ。

カーシャとミランダさんは

血縁関係を超えた真の百合!!

>聞くところによると第25話と第26話があるそうで。

>超展開を繰り返したこのアニメで蛇足になる事は無いと思いますが、残り2話があるのならどんな話になるのか気になるのは当然です。

>願わくば物語の都合上ラストの方で蔑ろにされたアクセラ、インテグラ、ラリーにスポットを当ててほしい。

>それが出来ればもう他に言う事はありません。TV未放映の第25話と第26話を見るのは

>いつになるか分かりませんが、第24話までの感動に浸りつつ、見れる日を楽しみに待ってます。

※「SOLTYREI」クライマックスの感想はこちらをチェック。

楽しみに待つこと約4ヶ月。待望のTV未放映エピソードのリリースは意外に早かったかもしれません。

想像していたのはTV最終話その後。実際はローズがロイの住むアパートへやってきてまだ間もない頃のお話。

事業部長アシュレイはもちろん、爆弾魔やジェレミーが暴れ出す前の出来事がこのエピソードの舞台です。

話が違う!!俺はアクセラやインテグラがその後どうなったか、ソルティやカーシャが元気にやっているか、それが気になってるんだよ!!

TV未放映は第25話、第26話と聞いていたし、今回の話は2クール目に入る前にやっておくべき内容だったと思うので

色々納得行かないのは山々ですが・・・ミランダ×カーシャ親子の絆、ラリーの知られざる子安臭など見れたのは収穫だと思います。

カーシャが居てくれて良かった。

カーシャが居てくれたから最後の最後まで萌え楽しむ事が出来たんだと思う。

カーシャ有難う。大好きだよカーシャ。

やっぱりカーシャは最高!!(≧∇≦)

はうー、お持ち帰りいいいいい!!

9歳児だって構わない!!夢見がちな年頃大いに結構!!俺がカーシャを幸せにしてみせる!!

カーシャの将来が楽しみ・・・ってTV最終話のエピローグではカーシャ14歳になってたな。あの時確かこう言ったはず。

「カーシャは優秀な秘書・・・私の秘書にしたいです」と。その想いは今も変わっていません。

ミランダさんとカーシャの親子の絆が未放映エピソードのメインテーマであり、見所の一つですが注目したい点はそれだけじゃない。

中華娘とその母親が起こした結婚勘違い騒動はロイをデレデレにしたり、ラリーをキモいキャラにしたりと見ていて笑えます。

<ラリーの名台詞その1>

ラリー:「すまないがそれは出来ない。」

中華娘:「えー?どうしてですか?」

ラリー:「たとえフリだとしても恋人役をやってしまえばきっと君は俺から離れられなくなってしまう。」

中華娘:「いやん、素敵♪」

<ラリーの名台詞その2>

ラリー:「盗賊の俺を昼間にこんな所に呼び出すなんて困ったお嬢さんだ。」

中華娘:「いやん、素敵♪」

ラリー:「さぁどこへ行こうか。ハニー。」

中華娘:「いやん、どこへでも連れてって♪」

うわぁ、ラリーさぶっwwwきもっwwww

いつから子安臭の漂う変態キャラになったんだよ!!

自分のかっこ良さに酔いしれて寒い発言連発してるところが子安キャラまんま。

中の人が子安さんというわけでもないのに、この寒さときたら・・・

いやほんと最後の最後で意外な伏兵が現れたという感じ。ユートどころではありません。

そのラリーに釣られる中華娘のミーハーぶりも大したもの。どうみてもラリーと中華娘は世間騒がせなバカップルです。本当に(ry

中華娘の母親は娘に比べればマシですが、ロイとの関係は満更でも無かったような・・・

ミランダさんが居なかったら2人は再婚したかもしれません。それほどフラグが立っていたといいましょうか。

子が子なら親も親。中華娘の男に惚れやすい体質は母親譲りなんだと思います。

ロイは中華娘の母親から亡き妻の面影を見たり、ソルティとローズの為にプレゼントを買ってあげたり終始デレデレしていたのが印象的。

ツンデレヒロインは多いけれど、ツンデレおじさんは珍しいだけに貴重な存在ですw

ありがとうカーシャ!!頑張ってアクセラ!!そして・・・

ソルティまた会う日まで!!

果たしてまた会う日が来るのかどうか分からないけど、

「SOLTYREI」の感想はこれで終わり。「みんな、幸せになぁれー♪」

というソルティとともに締めたいと思います。

2006-08-05

今日のおとぎ銃士 赤ずきん ★★★☆☆

(C)2006 Konami Digital Entertainment/赤ずきん製作委員会


赤ずきん:「草太は絶対に私達が守る!」

また守る宣言か。ロリポップといい、このアニメといい、

主人公が羨ましい限り。出来れば代わってほしいです。

「ボク行くよ。メルヘヴンへ!!」じゃなく、

ファンダヴェーレ行きを決めた草太に対して・・・

りんご:「ダメ、絶対ダメ!!」

りんご:「どうしてって、知らない世界なんて危ないし怖いし

     何が起きるか分かんないんだゾ。」

りんご:「それにキャンプはどうするのよ。毎年一緒に行ってるのに。」

りんご:「夏休みの宿題は?私写せないじゃん。」

りんご:「とにかく絶対ダメ!!絶対反対!!」

草太の事を心配し、草太と離れたくないりんごちゃんは猛反対。

当然といえば当然だし、ツンツンモード全開なりんごちゃんは

可愛いのですが、釘宮ボイスで「ダメったらダメなの!!」とか

言われるとシャナを思い出してしまうのが何とも(^^;)

「足りないのは草太くんだ。お料理って誰かに食べさせたいって

 人が居ないと美味しく作れないものでしょ。」

「最高の調味料はいかにまごころを込めて作るか、でしょ!」

りんごちゃんのお友達2人は良い事言うなぁ。

きらレボといい、ケロロ軍曹といい、このアニメといい、

ヒロインのお友達のクオリティが高い。

ただの脇役キャラなのがホント勿体なく感じます。

3人揃って「じゅ〜すぃ〜♪」は最初は笑えたけど、

同じネタを繰り返して使われるとさすがに寒いなw

決めポーズするならウェピーの「ミルクで乾杯♪」

くらいインパクトあるものがほしいです。

な、グレーテルがりんごちゃんをお持ち帰りしてるwwww

超展開の予感。これは黒りんご化への伏線となるか!?

私のお持ち帰りがアニメの内容まで影響し始めたとか?(違うって

このまま草太が赤ずきん達と一緒にファンダヴェーレに行ってしまったら自分の出番が無くなる。りんごちゃんが「ついていく」と

草太に頼んでもどうにもならない問題なので、本人やりんごちゃんファンから見れば死活問題と言わざるをえません。

一方のグレーテルちゃんも兄の信用を失ってブラコン妹としてはどん底の状態。このままだと自分は捨てられるとかなり焦ってます。

そんな追い詰められた2人の再会がもたらすのは出番さらばの決定打か、一発逆転への可能性か?

グレーテルちゃんが草太側につくとか、りんごちゃんが黒りんごとして敵になるとか、一発逆転の可能性ならば望む展開なんですが、

早くも出番さらばの決定打になるようなら最悪。話の内容がだんだん盛り下がってきてるだけに

これ以上盛り下がるような展開は避けてほしいところです。

今日のふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! ★★★☆☆


ナナミンのふたご姫ほのぼの感想〜♪

こんにちはナナミです。今週もふたご姫の見どころをチェキしたいと思います。

エドワルド:「目と目が合ったこの瞬間、お前はもう僕の虜だ。」

エドワルド様の全面公開来たね。何このパピヨンって印象だけど。

黒幕なんだからダアク様みたいにもう少し登場を焦らしてもいいのに。

しっかしまぁふしぎ星までついてくるとは・・・

エドワルド様のふたご姫ストーカーぶりも相当なものだな。

「この学園に〜など必要ない!!」のトーマに比べると

クオリティ落ちるけど、ストーカー面においてはいい勝負w

ちょwww

なんでミルロ達まで一緒に星帰りしてるの?

おかしいじゃないか!前回の居残り組の中に居なかったのにさ。

ファインやレインと一緒の列車で星帰りしてるなんてありえない。

前回あんたらはどこで何してたんだとつっこみたい。

ここまで扱いが酷いともうスタッフに嫌われてるとしか思えません。

ママン可愛いよママン!!(≧∇≦)

ファインも大人になったらママンみたいな水着が似合う可愛らしい

女性になるのかな?将来が楽しみです。もちろんレインもね♪

ファンゴかっけえええええええ!!

無印のシェイドのポジションを完全に持っていったな。

今のシェイドはへタレてるだけに、ファイン&レインを

助けるファンゴの活躍はかっこよくて見逃せません。

ちなみにそのファンゴに接する時のトゥルース王が

王様らしくない振舞いだったのが笑えます。

エドワルドにとり憑かれてもダーク化せず、その後は何事も

無かったように振舞うエリザベータ様はある意味大物?

次回はレインの見せ場クル━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

ブライト様がまたまた浮気して今度はソフィーと結婚だってー?

ま、まさか出来ちゃった結婚とか?レインがもの凄い表情してたり、次回のふたご姫は注目せずにはいられません。

それとエドワルド様が次誰にとり憑くのかというのも見逃せないポイント。

・かつてのトーマみたいな心に憎しみを抱いている者じゃないと憑依しても長続きしない

・憑依後のクオリティはそのとり憑く相手の能力に依存する

・エドワルド様は家族や親しい者に裏切られたか、そういうのを憎んでいる(だから自分と似た境遇だったトーマと同調してた?)

今のところエドワルド様について分かっているのはこんな感じでしょうか。

黒ブライト様やトーマに比べてエドワルド様は小物臭が漂っているだけに超展開を見せてほしいところです。

2006-08-04

今日のザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 ★★★☆☆

(C)2006ザ・サード製作委員会


ほのちゃんとミリィが真の百合カップルになる為に!!

涙という名のハードル越えて・・・そうこれは愛の試練!!

ミリィフラグが立ちまくりだった今回の話は待ち望んでいた展開でしたが、実際見てみると愛や繋がりについて考えさせられる内容。

真の百合カップルになるにも一筋縄でいくものではなく、心のわだかまりなどハードルを越えなくてはならないという印象を抱いた話です。

そうあってか今回は百合キターと喜ぶよりもほのちゃんとミリィのすれ違いが痛々しかった・・・

ほのちゃんとミリィの心境とすれ違いをまとめるとこんな感じでしょうか?

<火乃香>

・誰よりもミリィを大切に思うからこそ心配し、なるべく彼女を危険から遠ざけたいと考えている

・自分と同じ道をミリィに歩ませたくない。ミリィには普通の日常を送ってほしいと思ってる

これらがほのちゃんとミリィがずっと一緒に行動していられない主な理由。それに身を守る術とはいえ、

生物を危める銃をミリィが持つ事を良しとしない。その場面でほのちゃんが表情を曇らせたのはそんな理由からだと思います。

<ミリィ>

・誰よりもほのちゃんが大好きだから一緒に居たい。1日も早く自立して役に立ちたい

・賢いが故に今の自分が無力で役に立てないと気付いている。心配かけたくないと思っている

・エスメルの元で暮らす事になったのもほのちゃんに迷惑かけたくないという気持ちの表れ

ミリィ:「ほのちゃんの邪魔になるんだったら、ついてこなきゃ良かった。」

ミリィ:「勝手に、勝手に心配しないで。1人で、私だって1人で頑張れるのに。1人で一生懸命やって、ほのちゃんみたいになりたいのに!」

ミリィ:「心配なんかしなくていいよ。ほのちゃんの邪魔になるんなら一緒に居なくたっていいっ!!」

ミリィ:「ほのちゃんなんか大嫌いだっ!!」

大嫌い・・・大嫌い・・・大嫌い・・・Σ( ̄ロ ̄lll)ガビーン

大嫌いなんて嘘つき・・・大好き素直になれない・・・だけだよね?分かってはいるんだけど、

ミリィちゃんの口からそんな事言われてると鬱になるよ。どっちが良い悪いかじゃなくて、なんて言ったら良いのかな?

ほのちゃんが不器用というか、ミリィを傷つけまいと配慮してる事がかえって傷つけちゃってるみたいな・・・

やはりこういう場面で必要になってくるのは相手に対してかけてあげられる言葉でしょうか?

差し障りの無い言葉で誤魔化すのではなく、自分の真の想いを伝えようとしなければ相手に伝わるはずもありません。

突如現れた砂漠の怪物にミリィが襲われるも、謎の狼とともにほのちゃんはミリィを見事救出。

最近面白味を感じなかったほのちゃんのバトルも今回は白熱したな・・・これも愛の力が成す業?いやそれよりムックル並の動きで

ミリィを救い出した謎の狼を褒め称えるべきでしょうか?どこぞの「肉じゃが希望」な狼にも見習ってほしいものです。

ミリィ:「ほのちゃん・・・ごめんなさい。嫌いって言ったの嘘なの。」

ミリィ:「ほのちゃんが、ほのちゃんが好きなのに邪魔になっちゃうよ。」

ミリィ:「私何も出来ないから、ほのちゃんの邪魔になっちゃうから・・・。」

ほのちゃんとミリィは極上の百合だけど何か切ないっ!!

幸福への痛み。どれだけ苦しめば幸せになれるんだ!!

大嫌い発言のフォローがすぐに来たのは嬉しいけど、ミリィが死んだ父親以上に大好きなほのちゃんの事を想っていて、

大好きな故にその障害に悩み苦しんでいるのが見ていてつらい。泣き続けて目の周りを赤くしちゃって・・・

どうすれば2人は幸せなカップルになれるのでしょうか?

ここでほのちゃんが「邪魔になんかなっていない」と言っても気を遣ってるだけと思われるのはほのちゃん自身の発言通り。

難しい。良い解決法が見当たりませんが、「邪魔になったって、迷惑かけたっていい。私の幸せはミリィと一緒に居る事なんだ」

というようなほのちゃんの正直な気持ちをミリィにぶつける事が今のほのちゃんに必要なのではないかと思います。

それと今回ミリィを励ましてくれた妖精にも注目。ミリィと妖精が出会った時、何がどう変わるのか必見です。

2006-08-03

今日のいぬかみっ! ★★★★☆

(C)有沢まみず・メディアワークス/犬神使い派遣協会


たいへんたいへんたいへんと放送禁止で走ればー♪

EDテロキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

本編の内容に影響もとい汚染されてか、へんたいさん達がEDボイコット。腹いてえ!!

どうみても放送出来るような映像ではありません。本当にありがとうございました。

キングオブ変態その1、赤道斎。

赤道斎:「私は裸体を晒してはおらぬぞ。」

赤道斎:「プライドという服を着ているのだ。」

さすが超変態!言う事が常人とは違いますw

キングオブ変態その2、川平啓太。

超変態大魔導師に自らの後継者と言わせた

啓太も疑う余地もない最強の変態王。

「となグラ」の勇治どころではありませんw

うわぁ、へんたいさんがいっぱいだよー♪

なでしこちゃんエロ可愛くていじめたくなるよ!!(≧∇≦)

「となグラ」の香月ちゃんといい、「いぬかみっ!」のなでしこちゃんといい、変態に迫られた時のリアクションが素晴らしすぎ。

嫌がってるのにそれがかえって誘っているようなエロさがあるんです。だからいじめたくなる。今なら啓太や勇治の気持ちがよく分かります。

また中の人の演技力も見事なもの。

「いやぁ、みないで・・・」と今回なでしこちゃんが自分の願望を晒された恥ずかしさのあまり、喘ぎ声をあげていたシーンは確実に抜ける!!

なでしこちゃんの中の人が名塚佳織さんなので、鳳仙エリスちゃんに変換すれば堪能度も2倍です。

なでしこちゃん可愛いな。ホントお持ち帰りして俺のメス犬にしたいよ(げふんげふん

なでしこちゃんでちょっと気になったのは彼女が何らかの理由でバトルするのを避けている点。

最初の頃から伏線はありましたが・・・今の感じでは薫が大ピンチにでもならない限り、なでしこちゃんはバトルしないと思います。

避けられれば避けられるほど見たくなるのが人の常。薫が攻撃されても何も出来ず、表情を曇らせるくらいだから

バトルモードになると暴走するとか何かあるんでしょう。クライマックスでも構わないので、なでしこちゃんのバトルモードは見てみたいです。

「いぬかみっ!」の萌えキャラランクはこちら。

なでしこ>>>ともはね>ようこ>>>新堂ケイ>>>>>その他

兄そっくりな川平薫の妹が居るらしいですが、アニメでは出番はあるのでしょうか?どんな娘なのか気になってます。

2006-08-02

今週のつよきす Cool×Sweet ★★☆☆☆

(C)きゃんでぃそふと/つよきす製作委員会


浅田静香ちゃんは俺の嫁だというのに・・・

俺の嫁コネー!!今回の出番アバンだけかよ!!

オリジナル設定でアニメスタッフに愛されていると思わせておいてのこの仕打ち。原作キャラが出しゃばり始めてからの空気化・・・

このままだと要所要所で好待遇を受けながら最後までレギュラーになれなかった(最初はメインキャラと同等の扱いだったのが、

神楽が出てきた辺りからポジションを奪われて出番が激減した)「あずまんが大王」のかおりんと同じ運命を辿りそうで嫌です。

今回だけだよね?たまたま中の人の都合が悪かっただけだよね?次回は大丈夫そう信じてます。

・アバンにおける名探偵助手の浅田静香ちゃん。

静香:「名探偵シャーロック素奈緒、本当に大丈夫でしょうか?」

静香:「あっ!き・・・金庫が・・・」

マジこれだけだもんな・・・。

本編の方も素奈緒ちゃん以外の原作キャラが出しゃばり始めた第4話から急降下。

素奈緒ちゃんと無理に絡ませる必要なんて無いんだ・・・原作キャラなど必要ないっ!!レオとか居なくても支障はありません。

カニ娘とのバイト話はそんなに悪くは無かったものの、取り上げるまでもないなという印象。

正直今回はアバンの方が面白い。シャーロック素奈緒と助手の静香ちゃんの物語は丸1話使ったものを見てみたいです。

夢オチだっていい。素奈緒ちゃんにとって静香ちゃんは真っ先に夢に出てくるほど大切な人なのだから・・・。

クー娘だってカレー食べに来たのにさ・・・

なんで静香ちゃんだけ来なかったんだよ!!

色んな人達が姫の紹介でカレー食べに来ていたから静香ちゃんも

来るとばかり・・・今か今かと待ちわびたのに来ねえ!!

これも姫の嫌がらせですかそうですか。最悪だ!!

クーだけしか言ってないのに、紀子ちゃんの発言を

翻訳出来る村田くんは立派。レオよりよっぽどキャラ立ってます。

ほのか:「また変な夢でも見たの?とにかく早く食べてくれないと片付けが出来ないよ。」

ほのか:「夏バテしちゃうから朝は無理にでも食べないといけないんだよ。」

はうー、ほのかちゃんかぁいいよう!!お持ち帰りーっ!!

今回満足度が★1つにならずに済んだのはほのかちゃんの見せ場がそれなりにあったおかげ。小学4年生だって構いません。

「ママは小学4年生」良いじゃないですか!!姉の事を心配してやまない世話焼き妹ほのかちゃん最高!!

お持ち帰りして御主人様と呼ばせたり、お散歩したり色んな事したいです。

夏バテしちゃうから朝は無理にでも食べないと・・・朝は私も苦手なんですが、ほのかちゃんに

そう言われたら何が何でも食べますよ。もうほのかちゃん自身を食べそうな勢いで(おい!

面倒見の良いほのかちゃんへの好感度はもちろん上昇中。今や美幼女・美少女の中でキョン妹以上、ミリィちゃんに迫る勢いがあります。

「つよきすっ♪」アイキャッチも良いね。抑えきれない性欲〜♪特に近衛姉妹の入浴シーンは堪能せずにはいられません。

ほのか:「お姉ちゃん夕ご飯だよ。ん?な、何やってるの?」

素奈緒:「何って照明のテストよ。」

ほのか:「照明って懐中電灯じゃない。」

素奈緒:「短期バイトじゃ・・・これが限界。」

結局懐中電灯しか買えなかったとさ。ちゃんちゃん。

素奈緒ちゃんと静香ちゃんのやり取りは最高だけど、ほのかちゃんとのやり取りも捨てがたい。

こうなればやはり俺の嫁メインの話を・・・静香ちゃんとほのかちゃんメインの話が見たくてしょうがないです。

「つよきす Cool×Sweet」の萌えキャラランクはこちら。

静香>ほのか>>>>>素奈緒>>>紀子>>>>>よっぴー>>>>>>>>>>ツンデレの壁>その他

2006-08-01

今日のストロベリー・パニック ★☆☆☆☆

(C)公野櫻子・メディアワークス / いちご舎


予想通り!いや違うな。エロワールドすら来なかったし、

ストパニはいつから昼の連ドラになったんだよっ!!

はっきり言って今回内容が無さすぎてそれ以外言いようがないぞ。

玉青ちゃんの約束をキャンセルしてまで強行したエロワールとの紅葉狩りデートの収穫って・・・

・もう1人のエトワールの名は桜木花織。下級生で静馬とはガチ百合な関係だった。

・静馬は花織の事を愛していて今でも忘れられない。渚砂を花織の代わりとしか見てない。

・自分(渚砂)は花織にはなれない。静馬の本心を知って混乱し、静馬の元から逃げ出す渚砂。

要点これだけじゃん。自分は代役として求められていただけと気付かされれば渚砂ちゃんがショック受けて当然。

未練たらたらと言わんばかりに昔の女と面影を重ねている奴なんかさっさと別れてしまえばいい。それが渚砂ちゃんのためです。

いやマジで。渚砂ちゃんの居る意味が無いし・・・そもそも静馬の別荘に何しに行ったんだよ!!

もう1人のエトワールの事を聞き出す予定が聞き出せたのは名前と年齢だけかい。エロワールドも桜木花織の回想も来ないとは

まったく1話かけて何やってるんだか。無駄に1話使うなよ。正直今回の話見なくてもさほど支障ないと思います。

スピカ&ル・リム来ねえ。玉青ちゃんの出番もこんだけ。

でもただじゃ転ばない玉青ちゃん!逆転フラグキタコレ!?

傷心の渚砂ちゃんを玉青ちゃんが全身で受け止めるシーンは良い。

玉青ちゃん=エリス、エロワール静馬=霧による「Canvas2」仕込みの逆転フラグが立ったかもしれません。

玉青ちゃんは空気読みすぎというか要領良すぎというか、状況に応じてどう対処すれば良いかをきちんと理解してる。

さすが俺の玉青ちゃん!!頭が良くて優しくて良い娘で・・・バスケット置いたまま帰って来ちゃうような娘には見習ってほしい所です。

ところで今回ちょっと気になった事なんですが、渚砂ちゃんが来る前の玉青ちゃんのルームメイトって桜木花織だったりしませんか?

もう1人のエトワールの話するのを玉青ちゃんが渋ったのは彼女にも何か関係があるように思えてなりません。

エロワール静馬のように面影を重ねてるとか、まぁそんなのは玉青ちゃんには一切無いと信じてますが(^^;)

次回は涙の雨やんでくれないかな?こんなつまらない昼の連ドラはさっさと終わって、陰謀蠢くエトワール戦が見たいです。

この娘がエロワール静馬が愛してやまない桜木花織ちゃん。

想像していたよりもずっと可愛らしい娘だな。

花織ちゃんの身に何が起きたのか!?真相は次回以降に

お預けですかそうですか・・・ネタ引っ張る意味あるのかよ!!

 | 
                               
最近のコメント
                               



                   ■視聴アニメ番組表
       ※UHF局アニメはtvkとテレ玉ベース。

                ■当サイトを閲覧するにあたって
当サイトのアニメ情報、感想その他を閲覧した事によって
実際問題が生じたとしてもこちらは全く責任を持ちません。
全て自分の、閲覧した本人の責任であるという事を
しっかりと自覚した上で、お楽しみください。


■著作権ガイドライン

※当サイトでは著作権を侵害する目的で
 画像を利用することはしておりません。

※画像を著作権法第三十二条が定める引用の定義に基づき、
 拝借させていただいております。

※なお、著作権者側から申し立てがあった場合は、速やかに従います。

著作権法第32条(引用)
公表された著作物は、引用して利用することができる。
この場合においてその引用は、公正な慣行に合致するものであり、
かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で
行なわれるものでなければならない。



(C)FLIGHT-PLAN / BANPRESTO