Hatena::ブログ(Diary)

成瀬洋平の素描日記

 

2016-09-07

秋山JOY、ROCK&SNOW、CLIMBING-net

今月発売の雑誌のいろいろです。

f:id:naruseyohei:20160907193227j:image:w360

f:id:naruseyohei:20160907193226j:image:w360

まずは『秋山JOY』。

昨年取材した早月尾根のルポを書かせていただいております。

ちょうど一年前の9月の取材、もう紅葉が見事に始まっていました。

f:id:naruseyohei:20160907193225j:image:w360

f:id:naruseyohei:20160907193224j:image:w360

お次は、クライミング専門誌の『ROCK&SNOW』。

KENWOODの「エブリオR」という防水防塵のアウトドア仕様ビデオカメラのタイアップのお仕事に参加させていただきました。

「エブリオR」を持って瑞牆山のボルダーを登りに行ったときの様子です。

ビデオカメラ取材ですから、動画もあります→

http://www.climbing-net.com/special/everior_bouldering/

本屋さんで見かけたらぜひ手に取ってみてください。

2016-08-23

上高地スケッチ講座

すでに締め切り日を過ぎましたが、

まだ少し空きがございますのでしばらく受付を継続することになりました。

ご興味のある方はぜひ!

2016-08-17

上高地スケッチ絵画講座

日本山岳ガイド協会主催の上高地スケッチ絵画講座、

第2回目を9月10日、11日に開催いたします。

秋の気配が始まった上高地でゆっくり絵を描きましょう!

ご応募お待ちしています。

http://www.jfmga.com/pdf/28kamikochi_shizenkouza.pdf

2016-07-15

coyote星野道夫特集号

f:id:naruseyohei:20160715094302j:image:w360

f:id:naruseyohei:20160715094301j:image:w360

f:id:naruseyohei:20160715094259j:image:w360

山から帰ると、届いていました。

永久保存版の一冊。

ずっしり詰まった物語、ゆっくりじっくり読みたいと思います。

グレゴリーとのお仕事で南東アラスカを歩いた記事を描かせていただいています。

ぜひ手にとってみてください。

http://www.switch-store.net/smp/item/CO0059.html

学生時代、バンクーバーからホワイトホースまで、インサイドパッセージを旅したり、今回特集されている、カナダのハイダ・グワイ(クイーン・シャーロット諸島)を何度か訪れました。

その後、自分のテーマは環太平洋の民話世界をめぐって日本の東北地方のサケの伝承「サケのオオスケ譚」に終着したのですが、すべての出発点は星野道夫さんでした。

そして、7月29日(金)には、春に新しくオープンしたグレゴリー原宿で、『SWITCH』『Coyote』編集長の新井敏記さんとトークイベントを行なわせていただきます。

2008年、星野さんのメモリアルトーテムポールを建てに南東アラスカのシトカを訪れたのも新井さんとのご縁でした。

自分には身に余るイベントですが、みなさんにたのしんでいただけるようがんばりますので、ぜひぜひお越し下さいませ。

また、イベント当日から8月21日まで、グレゴリー原宿にて今回描いた原画を展示させていただきます。

イベントに来られなかった方もぜひ!

南東アラスカの絵のポストカードも販売予定です。

以下、イベント詳細です。

どうぞよろしくお願いいたします!

http://www.gregory.jp/blog/trailtalk01

——————————————————————————

7月15日に発売となる『Coyote No.59 - 星野道夫の遙かなる旅特集号 - 』にて南東アラスカを歩いてきたイラストレーターの成瀬洋平さん。これまで数多くの星野道夫さんの物語を紡いで特集を組んできた、雑誌『SWITCH』『Coyote』編集長の新井敏記さん。

グレゴリー原宿にて行われるトークイベント「Trail Talk」の記念すべき第一弾はこのお二人の対談です。多くのスライドやイラストを交えながら、二人のアラスカについてお聞きしましょう。

ゲスト

新井敏記

1985年『SWITCH』、2004年『Coyote』、2012年『MONKEY』を創刊する。著書に『SWITCH STORIES 』『片山豊 黎明』『モンタナ急行の乗客』『池澤夏樹 アジアの感情』『鏡の荒野』『夏の水先案内人』など。

成瀬洋平

山を歩いて見聞きしたことを絵や文章で表現する。故郷の森にセルフビルドしたスタジオで制作を行いながら、各地の岩場へクライミングに出かける日々。展覧会やスケッチ登山イベントも精力的に行っている。

場所:グレゴリー原宿

東京都渋谷区神宮前6丁目17−11 JPR原宿ビル1階

日時:2016年7月29日(金) 19:30 – 21:00

定員:40名(要予約)

申し込みは原宿店にて受け付けています。

電話:03-6427-5651

2016-07-14

日曜美術館

先日の日曜日、日曜美術館は吉田博特集でした。

放映に合わせて、日曜美術館HPでも吉田博が取り上げられていますが、そのコラムに参加させていただきました。

http://www.nhk.or.jp/nichibi-blog/sp/400/248652.html

日曜美術館に関われるなんて夢にも思ってませんでした。

とても光栄です。

テレビも次の日曜日に再放送されます。

ぜひご覧くださいませ。