PowerShell Memo

このサイトはPowerShell(MSH/Monad)奮闘記です

管理人「newpops吉岡洋」が
「PowerShell(旧名:MSH/Monad)」の研究結果を日々綴っていきます。

【お知らせ】
この日記からPowerShellのTipsを抽出し「PowerShell FAQ」として整理しました。


2005-12-11

[]MSHのデバッグ手法(6)

「Trap」構文を利用して例外処理を実装する場合、通常、Trap対象とする例外クラスの指定が必要です。*1

そのため、スクリプトでエラーが発生した時に、例外クラスの名前がすぐに分かると便利です。

発生した例外クラス名を調べる

get-exception.msh
param([int]$index=0)

if($error.count -ne 0)
{
    # インデックスが範囲外の場合は処理しない
    if($index -gt $error.count - 1) {return}
    
    $thisError = $error[$index]
    if ($thisError -is [System.Management.Automation.RuntimeException])
    {
        $thisError.InnerException.GetType().FullName
    }
    elseif ($thisError -is [System.Management.Automation.ErrorRecord])
    {
        $thisError.CategoryInfo
    }
}

利用方法

get-exception [index]

  • 例外クラスの情報を取得します。
  • [index]は$errorのindexです。
    • 「0」→最後に発生した例外クラスの情報を取得
    • 「1」→最後から2番目に発生した例外クラスの情報を取得
    • [index]を省略するとデフォルト値の「0」が使われます。
RuntimeExceptionの例
MSH C:\> 1/0
Attempted to divide by zero.
At line:1 char:3
+ 1/0 <<<<
MSH C:\> get-exception
System.DivideByZeroException
ErrorRecordの例
MSH C:\> set-location z:
set-location : Cannot find drive. A drive with name 'z' does not exist.
At line:1 char:13
+ set-location  <<<< z:
MSH C:\> get-exception


Category   : ObjectNotFound
Activity   : set-location
Reason     : DriveNotFoundException
TargetName : z
TargetType : String

*1:例外クラスを指定しない記述も可能です。その場合、全ての例外を捕捉してしまうため、細かな制御はできません。