Underwater photographyの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-02-26 【クリスタル】小さなエビ&パロナシュリンプ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2017-02-26

撮影地]アニラオ 

[水深]-10m

カメラNIKON D7200

f:id:nezurou:20170226194436j:image

極小のエビ撮影した。

種類などは不明だが透明感が美しい。

f:id:nezurou:20170226194435j:image

バディもエビの仲間を撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2017-02-24 【B&W】バサラカクレエビ&セスジミノウミウシ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2017-02-24

撮影地]アニラオ 

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

f:id:nezurou:20170224235752j:image

先日は思いっきり色を加えての撮影だったが、今回はモノクロ

元々白いウミシダとエビなのでモノクロには最適なのである。

f:id:nezurou:20170224235750j:image


バディは深場で見つけたウミウシ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2017-02-21 【RGB】コールマンズシュリンプ&ブラックスポットダムゼル このエントリーを含むブックマーク

nezurou2017-02-21

撮影地]アニラオ 

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

f:id:nezurou:20170221234148j:image

挑戦的写真

カラークリエイトしてみた。

f:id:nezurou:20170221234146j:image

バディはきれいな背景のスズメダイ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2017-02-19 【月光】イソバナカクレエビ&コウイカの仲間 このエントリーを含むブックマーク

nezurou2017-02-19

撮影地]アニラオ 

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

f:id:nezurou:20170219190145j:image

通常の撮影ではNGである光源を入れ込んでの撮影に挑戦した。

当然のように明るいLEDライト被写体の露出を合わせるのが困難なのであるが、これはこれで面白いのではないか。

f:id:nezurou:20170219190143j:image

バディは海藻にに寄り添っていたコウイカの仲間を撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2017-02-15 【円型滲み】クロスズメダイ幼魚&オドリカクレエビ黒抜き このエントリーを含むブックマーク

nezurou2017-02-15

撮影地]アニラオ 

[水深]-15m

カメラNIKON D800E

f:id:nezurou:20170215210615j:image

減圧潜水時間も厳しくなり、浅瀬へと退避してくるとバディはスズメダイを熱心に撮影していた。

幼魚のうちはとても美しく、目を引くクロスズメダイだった。

その名前のとおり成魚になると真っ黒な体色になるスズメダイで、正直成魚を意識して観察したことが全くない。

その短い美しい一瞬を特徴的な背景で撮影してみた。

この撮影方法も今後定番撮影技法として多用していきたい。

f:id:nezurou:20170215210613j:image

バディは小さなオドリカクレビ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2017-02-11 【Blue】ピグミーシーホース&アロポントニアボロッキー このエントリーを含むブックマーク

nezurou2017-02-11

撮影地]アニラオ 

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

f:id:nezurou:20170211233502j:image

人気の被写体ピグミーシーホースの列に並んだ。

列に並ぶのは正直苦手。

人と競合すると大抵嫌になる。

撮らないこともしばしばである。

でも、最後に少し撮る時間が回ってきたので、少し自分らしく撮影

よくあることだけど、人の撮影は邪魔しないように、それでもすぐ横で撮影の順番を待っていると、平気で後から来た人に順番抜かされて、もう自分に回ってくることがないとか、撮ってる最中に横入りされてしっかり邪魔されることがある。

今回は撮ってる被写体カメラの間に顔を突っ込んで被写体確認するダイバーに出会った。

でも、気づかぬうちにきっと自分も誰かの邪魔したりしているのだろうし、そういうことにいちいち腹を立ててはいけないし、おおらかな心で臨まなければいけないと思う。

意外と水中撮影メンタル世界なのである。

f:id:nezurou:20170211233501j:image

バディはイイジマフクロウに生息するきれいなエビ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2017-02-08 【ナイトスコープ】シマヒメヤマノカミYG&ヒトデヤドリエビ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2017-02-08

撮影地]アニラオ 

[水深]-10m

カメラNIKON D7200

レンズAF-S Micro-Nikkor 60mm f/2.8G

今回カエルアンコウ偏愛ダイバーさんとご一緒したので、当然のようにヘアリーフロッグフィッシュを探してあちらこちらへ。。。

現地ガイドも目撃例なく、何とかという思いで普段潜らないポイントへ潜ったりと大変だったと思う。

特段カエルアンコウに思い入れのない私にとっても、若干振り回された感はあったのだが、そこは団体行動であり、その場に応じて腐らずにできることをやらなければという思いを改にした。

そして、数年ぶりに潜ったシルトの砂泥地で撮影したのがこの一枚。

年末の台風の影響か、海底は荒涼とした砂漠のような風景であったが、生き残った小さなイソギンチャクに小さな幼魚が寄り添っていた。

そのまだ透明感のある体色を表現すべく注力した。するとまるでブラックウォーター撮影したかのような透明感を表現することができた。

f:id:nezurou:20170208235955j:image

バディはオレンジ色のヒトデに寄生する小さなエビ撮影

f:id:nezurou:20170208235952j:image


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2017-02-01 ブログコラボ企画◆「おしゃれ」 このエントリーを含むブックマーク

nezurou2017-02-01

毎月1日、同じテーマでアップする、水中写真ブログコラボ企画

今月のテーマは『おしゃれ』。

 

近頃その造形や色彩に魅せられて被写体に選ぶのがウミウシの仲間である。

以前はナメクジの仲間だからって偏見があったのだけど、一度そんな見方を払拭すると

その美しさは格別でわざわざウミウシリクエストをするときもある。

最近伊豆でもウミウシ専門ってサービスがあるのを知って、その種類の多さやししゃんの美しさに

行ってみたいと思う今日この頃である。

けど、日本の冬は寒く、それはそれでハードルが高いのである。

f:id:nezurou:20170201190823j:image

今回の写真はアニラオの海底で出会った「クチナシツノザヤウミウシ」。

ピカチュー愛称で人気のウミウシの仲間である。

オレンジ色の柄模様に紫色触角を持ちなんとも「おしゃれ」なウミウシである。

すぐそばにもう一個体いたので、繁殖目的かとその時は思った。

そういえばウミウシは雌雄同体で交接するんだっけな。。。


このブログ記事は、次のブログコラボしています。


仁の水中写真 -Jin's Photo-

http://wataridori3.blog15.fc2.com/

Sari Dive日記

http://saridive.exblog.jp/

潜りたおし

http://moguri2525.exblog.jp/

デジDive

http://www.dive.hippy.jp/



1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2017-01-29 【抽象】オーロライソギンチャク&トゲツノメエビ*2 このエントリーを含むブックマーク

nezurou2017-01-29

撮影地]アニラオ 

[水深]-20m

カメラNIKON D7200

レンズAF-S Micro-Nikkor 60mm f/2.8G

f:id:nezurou:20170129225721j:image

前回の撮影で新しいライト撮影に挑戦したのだが、光量不足は否めず満足のいく撮影とはならなかった。

しかし、ライト特性としてはやはり特筆すべきものがあり、その発色は悪くない。

スローシャッターによる抽象画はどうだろうか、という一枚。

f:id:nezurou:20170129225718j:image

バディはトゲツノメエビを撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2017-01-27 【白印象】ウィル・エウフィリウスVir euphyllius&ミジンベニハゼ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2017-01-27

撮影地]アニラオ 

[水深]-10m

カメラNIKON D7200

レンズAF-S Micro-Nikkor 60mm f/2.8G

f:id:nezurou:20170127192556j:image

正月のアニラオでの撮影

ガレ場のサンゴにいつものエビを発見。

いつも普通に見かけるのに実はカザリイソギンチャクエビ

って思ってたエビネット必死に調べたらVir euphylliusって学名エビでした。Vir colmaniっていうのもいるらしく、

以前もブログに乗せながらごまかしていたやつ。

さすがに図鑑買おうかと思っている。

f:id:nezurou:20170127192554j:image

バディはミジンベハゼ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2017-01-22 【ワイドマクロ】掃き溜めのボロカサゴ&ウミシダ盛り合わせ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2017-01-22

撮影地]アニラオ 

[水深]-10m

カメラNIKON D800E

レンズTokina AT-X105 DX Fisheye10-17mm

f:id:nezurou:20170122235425j:image

f:id:nezurou:20170122235423j:image

正月のアニラオでの撮影

ボロカサゴの出現を聞いていたので、今回は珍しく一台をワイドセッティングで臨んだ。

約束通りの被写体には出会えたのだが、生憎の海の濁りと被写体生活ごみの中に鎮座していたので、残念な結果に。

色々とアングルを探していると、ああ〜そういえば僕はダイバーだったのだと再認識した。


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2017-01-17 【黒背景】ペリクリメナエウス ストルチ&タテジマヘビギンポ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2017-01-17

撮影地]アニラオ 

[水深]-10m

カメラNIKON 7200

レンズAF-S Micro-Nikkor60mm f/2.8G

f:id:nezurou:20170117230953j:image

グリーンホヤの内部に生息する小さなカクレエビが、日中珍しく顔を出していた。

ホヤエビ以外はうるさく感じたので、周りを黒く落として撮影

f:id:nezurou:20170117230952j:image

バディはイバラカンザシタテジマヘビギンポ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2017-01-14 【点光のステージ】極小テンスモドキ&スカシモエビ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2017-01-14

撮影地]アニラオ 

[水深]-10m

カメラNIKON 7200

レンズAF-S Micro-Nikkor60mm f/2.8G

f:id:nezurou:20170114232629j:image

台風でダメージを受けた砂地で小さな命出会う。

テンスモドキの幼魚であろうか。

半透明な魚が近接撮影LEDライティングも恐れず、堂々と息づいていた。

こうした儚げな小さな命自然回復力を思わずにはいられない。

f:id:nezurou:20170114232628j:image

バディはスカシモエビ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2017-01-10 【蛍光グリーン】イソギンチャクモエビ&バサラカクレエビ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2017-01-10

撮影地]アニラオ 

[水深]-10m

カメラNIKON 7200

レンズAF-S Micro-Nikkor60mm f/2.8G

f:id:nezurou:20170110224844j:image

安価に購入した特殊なライトで新たな取組にチャレンジした。

ライト自体が低照度のため、メイン被写体との明るさのコントラストなどのコントロールが困難であまり満足のできる出来とはならなかったが、

概ね思っていたイメージに近いものが撮れることが確認できた。

次回も試してみたいと思う。

f:id:nezurou:20170110224843j:image

バディはウミシダに寄生するカクレエビ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2017-01-07 【緑幻想】極小ウミタケハゼ&ワレカラの子守り このエントリーを含むブックマーク

nezurou2017-01-07

撮影地]アニラオ 

[水深]-12m

カメラNIKON 7200

レンズAF-S Micro-Nikkor60mm f/2.8G

f:id:nezurou:20170107183752j:image

台風直後のアニラオとあって、いつもの砂地の生物たちは数が少なく苦戦を強いられた。

ガイド氏もネタがないのか、水中でほとんど生物を指ささない。

そのため、ほぼ自力探索に頼らざるを得ず、思うように撮れ高は上がらなかった。

でも、そのなかで見つけた何ということはない小さなハゼが空き瓶についているのを見つけた。

大きな期待もなく何気なく撮ってみると、いつもは邪魔者にしている砂粒が意外といい雰囲気を出していることに気づき、

その気づきを誇張表現してみたら、きれいなボケ味を出すことができた。

いつもと違うということは新しい発見を生む場合もあり、腐ってはいけないと再認識したのであった。


f:id:nezurou:20170107183751j:image

バディは子育て中のワレカラを撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-12-24 ブログコラボ企画◆キラキラ☆クリスマス このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-12-24

毎月1日、同じテーマでアップする、水中写真ブログコラボ企画

今月のテーマは『キラキラクリスマス』。

年末年始は忙しいので本日がブログコラボデー

もういい年だし、子供もいないし、宗教心がない私にはクリスマスだからって、特に気持ちが盛り上がることもなく、

普通の休日が確定なのだが、職場の同僚のほとんどが20代独身男女ばかりで、なんだか大いに焦ったり緊張したり

盛り上がってたりする。。。

違った意味焦燥感に駆られてたりする私にも、それはそれでちょっと楽しく、久しぶりに今夜は家族のために食事

作ってみようかと思っている。

本日のテーマは「キラキラクリスマス

聖なる夜のイルミネーションを意識して。

すべての人に幸せが訪れますようにMerryChristmas!

f:id:nezurou:20161224104153j:image

このブログ記事は、次のブログコラボしています。


仁の水中写真 -Jin's Photo-

http://wataridori3.blog15.fc2.com/

Sari Dive日記

http://saridive.exblog.jp/

潜りたおし

http://moguri2525.exblog.jp/

デジDive

http://www.dive.hippy.jp/



1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-12-18 【超ライティング】エダサンゴにゴールドのエビ&ペネクリメネススト このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-12-18

撮影地]アニラオ 

[水深]-8m

カメラNIKON 7200

レンズAF-S Micro-Nikkor60mm f/2.8G

f:id:nezurou:20161218231651j:image

エダサンゴの中の生物は正直撮りにくいということもあって、あまり撮影しない方だ。

それでも環境がそうで、そこにフォトジェニック被写体がいるのであれば、苦手も何も撮らなくては。。。

そしてどうにかサンゴの隙間からスポットライト差し入れて撮ったのがこの一枚である。

うまくいけばこの入り組んだサンゴの中の生き物を中心にライティングし、印象的に仕上げることも可能なのかもしれない。。。

f:id:nezurou:20161218231649j:image

バディはホヤエビの仲間を撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-12-17 【陰影】ウミエラとツキホシカクレエビ&レッドブローチドワーフゴ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-12-17

撮影地]アニラオ 

[水深]-18m

カメラNIKON 7200

レンズAF-S Micro-Nikkor60mm f/2.8G

f:id:nezurou:20161217184133j:image

私の好きな生物ホストの恐らく一番であるウミエラ

これがあると必ず何かついていないか確認する。

今回は小さなカクレエビ、オソラクツキホシカクレビがウミエラの隙間から顔をのぞかせていた。

いたってシンプルに黒抜きライティングにて撮影

やはりウミエラの造形は美しく、水中撮影にはぜひ取り入れたい被写体である。

f:id:nezurou:20161217184132j:image

バディは美しいベニハゼの仲間を撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-12-13 【周辺流れ+スポット】トウアカクマノミ&オレンジ色バサラカクレエ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-12-13

撮影地]アニラオ 

[水深]-10m

カメラNIKON 7200

レンズAF-S Micro-Nikkor60mm f/2.8G

f:id:nezurou:20161213235657j:image

クマノミを落ち着いたトーンでライティング撮影した。

シンプルな色味と画面構成も悪くない。

f:id:nezurou:20161213235656j:image

バディはウミシダに住むカクレエビ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-12-10 【赤色プラス】青紫ヤギとアカスジカクレエビ&チンンアゴ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-12-10

撮影地]アニラオ 

[水深]-15m

カメラNIKON 7200

レンズAF-S Micro-Nikkor60mm f/2.8G

f:id:nezurou:20161210234648j:image

青紫色の美しいヤギに小さなエビ

そのままで青の世界だったので、赤色をミックス。

f:id:nezurou:20161210234647j:image

バディはチンアナゴ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-12-07 【特殊Bokeh】ハナイカ&トウアカクマノミの卵守り このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-12-07

撮影地]アニラオ 

[水深]-3m

カメラNIKON D800E

レンズAF-S Micro-Nikkor105mm f/2.8G

f:id:nezurou:20161207235759j:image

最近はよく出会えるハナイカ。

普通に撮るのは、もう正解の気がしなくて、今回色々試したけれどどれもしっくりこない。

結局スナップ写真変化形が満足の仕上がりとなった。

f:id:nezurou:20161207235757j:image

バディはハッチアウト寸前のトウアカクマノミ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-12-03 【ブラックウォーター】貝の仲間&ハナイカ幼体のバトル このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-12-03

撮影地]アニラオ 

[水深]-3m

カメラNIKON D800E

レンズAF-S Micro-Nikkor60mm f/2.8G

f:id:nezurou:20161203231505j:image

いつものアニラオにて調査ダイブと称して-3m程度の浅瀬でブラックウォーターダイブを敢行。。。

浅場のナイトで90分のロングダイブ

特別なものは出なかったけど、時々やってみるのもいいかもしれない。

f:id:nezurou:20161203231504j:image

バディは日中にハナイカの幼体を撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-12-01 ブログコラボ企画◆誕生! このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-12-01

毎月1日、同じテーマでアップする、水中写真ブログコラボ企画

今月のテーマは『誕生!』。

 

水中写真といえば本来自然や生態をテーマとするのが王道であり、それを極めている先輩諸氏には頭が下がるし、

私自身もそういう写真を撮ってみたい。

けれど自然、さらに生態写真ともなれば限られた時間、場所での勝負になるし、予定通りに行かないことの方が

むしろ多いだろう。。。

私が通うアニラオでも生態シーンを求めて、毎晩ナイトダイブに出掛ける強者出会ったこともある。

それだけ努力と根気が必要なのだろう。

私のように深く潜ったり、厳しい条件での撮影求めないけれど、どこか違った絵作りに注力しているものからすると、

今回のようなシーンは実は苦手だったりするのである。

f:id:nezurou:20161201234157j:image

今回私が選んだ写真甲殻類一種でワレカラの子育てシーンである。

この生き物はメスが抱卵し、幼体が生まれると自らの体にまとって育てるという珍しい習性がある。

その昆虫のような見た目と小ささから、ファンダイバーからはあまり振り向かれない被写体であるけれど、

こんの小さな生き物の世界にも社会性のようなものがあり、こんなシーンに出会うとちょっとうれしくなるのである。

f:id:nezurou:20161201234156j:image

このブログ記事は、次のブログコラボしています。


仁の水中写真 -Jin's Photo-

http://wataridori3.blog15.fc2.com/

Sari Dive日記

http://saridive.exblog.jp/

潜りたおし

http://moguri2525.exblog.jp/

デジDive

http://www.dive.hippy.jp/



1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-11-28 【クリスタルライティング】ヨコエビの仲間&アナモリチュウコシオリ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-11-28

撮影地]アニラオ 

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

レンズAF-S Micro-Nikkor60mm f/2.8G

f:id:nezurou:20161128232207j:image

ホヤを見ると大概覗いてみる。。。

セブではカクレエビの仲間をたくさん見つけることができるが、なぜかここアニラオでは

ヨコエビの仲間が多い。

いつもはスルーする被写体だが敢えて撮ってみたら、正面顔は蜂のような顔だった。。。

f:id:nezurou:20161128232205j:image

バディはロボコンと呼ばれるコシオリエビ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-11-25 【Blue&Red】アカネダルマハゼYG&セダカカワハギYG このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-11-25

撮影地]アニラオ 

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

レンズAF-S Micro-Nikkor60mm f/2.8G

f:id:nezurou:20161125234909j:image

小さなエダサンゴの中に小さなハゼを発見。

カラフルにその住処を演出してみた。

少しは楽し気に写しこむことができただろうか。。。

f:id:nezurou:20161125234908j:image

バディは極小のセダカカワハギの幼魚を撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-11-16 【青白】アカスジカクレエビ&【珍】ケラトソマ・アッレニ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-11-16

撮影地]アニラオ 

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

レンズAF-S Micro-Nikkor60mm f/2.8G

f:id:nezurou:20161116212537j:image

この辺りの海ではごく普通に生息するこの小さなカクレエビ

ポリプがたくさん咲いて美しかった。

真っ白なポリプを青く染めて撮影してみた。

f:id:nezurou:20161116212534j:image

バディは珍しいウミウシ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-11-14 Bule SuperMoon このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-11-14

[撮影地東京 

[水深]+3m

カメラNIKON D300S

レンズ]Sigma170-500mm F6.3DG

f:id:nezurou:20161114230407j:image

数日前からスーパームーンの予告が流れていたが、本日の天気予報は雨の予報。

観察するなら今夜がおすすめとの言葉を信じ、雲の切れ間からのぞいた月を手持ちでAFで割と適当に撮影した。

どうもこのレンズAF精度が微妙で、やはりシャープ画像は得られなかったが一応記録程度には撮れたのかな。

WBをぐっと下げて青い月に仕上げてみた。


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-11-13 【群れ】無数のモエギハゼSP&アカスジウミタケハゼ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-11-13

撮影地]バリ 

[水深]-25m

カメラNIKON D800E

レンズAF-S VR Micro-Nikkor105mm f/2.8G

f:id:nezurou:20161113193359j:image

1年に一度通うバリ西部ダイビングスポット。

マンボウやらマンタやら大物とはおよそ無縁の泥地の多い特殊環境で、他のスポットでは-40mとかあるいはもっと潜らないと

出会えない珍しい魚たちに、いとも簡単出会うことができる。

ここのシークレットなポイントは-20m台にモエギハゼSPのコロニーがあり、数十匹が常に群れている。

しかし、ハゼ自体が1〜3センチと小さいことと、よく泳ぐ性質から、なかなかそのポイント凄さが伝わるような写真

つまりたくさんのハゼが写っている写真を撮ることができない。

この写真もわずか6匹が写りこんでるのだが、いつかこのハゼの群泳を撮影してみたいものだ。。。

f:id:nezurou:20161113193358j:image

バディはホヤにつくウミタケハゼ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-11-09 【周辺減光】アザミカクレモエビ&イバラカンザシ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-11-09

撮影地]アニラオ 

[水深]-10m

カメラNIKON D7200

レンズAF-S Micro-Nikkor 60mm f/2.8G

f:id:nezurou:20161109205345j:image

ウミアザミというサンゴの仲間に1センチほどの生息する小さなエビ

宿主であるウミアザミ擬態し同じ色のエビを際立たせるように周辺を減光させて撮影した。

f:id:nezurou:20161109205343j:image

バディはイバラカンザシを単体で撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-11-07 【曖昧と存在感】ナデシコカクレエビ&セグメントブレニー このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-11-07

撮影地]バリ 

[水深]-10m

カメラNIKON D800E

レンズAF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G

f:id:nezurou:20161107233429j:image

イソギンチャクに生息する特段珍しいこともないエビの仲間。。。

背景をぼかして曖昧な印象の中にエビ存在感を引き立たせることができただろうか。。。

f:id:nezurou:20161107233427j:image

バディはギンポの仲間を撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村