Underwater photographyの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-12-03 【ブラックウォーター】貝の仲間&ハナイカ幼体のバトル このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-12-03

撮影地]アニラオ 

[水深]-3m

カメラNIKON D800E

レンズAF-S Micro-Nikkor60mm f/2.8G

f:id:nezurou:20161203231505j:image

いつものアニラオにて調査ダイブと称して-3m程度の浅瀬でブラックウォーターダイブを敢行。。。

浅場のナイトで90分のロングダイブ

特別なものは出なかったけど、時々やってみるのもいいかもしれない。

f:id:nezurou:20161203231504j:image

バディは日中にハナイカの幼体を撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-12-01 ブログコラボ企画◆誕生! このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-12-01

毎月1日、同じテーマでアップする、水中写真ブログコラボ企画

今月のテーマは『誕生!』。

 

水中写真といえば本来自然や生態をテーマとするのが王道であり、それを極めている先輩諸氏には頭が下がるし、

私自身もそういう写真を撮ってみたい。

けれど自然、さらに生態写真ともなれば限られた時間、場所での勝負になるし、予定通りに行かないことの方が

むしろ多いだろう。。。

私が通うアニラオでも生態シーンを求めて、毎晩ナイトダイブに出掛ける強者出会ったこともある。

それだけ努力と根気が必要なのだろう。

私のように深く潜ったり、厳しい条件での撮影求めないけれど、どこか違った絵作りに注力しているものからすると、

今回のようなシーンは実は苦手だったりするのである。

f:id:nezurou:20161201234157j:image

今回私が選んだ写真甲殻類一種でワレカラの子育てシーンである。

この生き物はメスが抱卵し、幼体が生まれると自らの体にまとって育てるという珍しい習性がある。

その昆虫のような見た目と小ささから、ファンダイバーからはあまり振り向かれない被写体であるけれど、

こんの小さな生き物の世界にも社会性のようなものがあり、こんなシーンに出会うとちょっとうれしくなるのである。

f:id:nezurou:20161201234156j:image

このブログ記事は、次のブログコラボしています。


仁の水中写真 -Jin's Photo-

http://wataridori3.blog15.fc2.com/

Sari Dive日記

http://saridive.exblog.jp/

潜りたおし

http://moguri2525.exblog.jp/

デジDive

http://www.dive.hippy.jp/



1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-11-28 【クリスタルライティング】ヨコエビの仲間&アナモリチュウコシオリ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-11-28

撮影地]アニラオ 

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

レンズAF-S Micro-Nikkor60mm f/2.8G

f:id:nezurou:20161128232207j:image

ホヤを見ると大概覗いてみる。。。

セブではカクレエビの仲間をたくさん見つけることができるが、なぜかここアニラオでは

ヨコエビの仲間が多い。

いつもはスルーする被写体だが敢えて撮ってみたら、正面顔は蜂のような顔だった。。。

f:id:nezurou:20161128232205j:image

バディはロボコンと呼ばれるコシオリエビ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-11-25 【Blue&Red】アカネダルマハゼYG&セダカカワハギYG このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-11-25

撮影地]アニラオ 

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

レンズAF-S Micro-Nikkor60mm f/2.8G

f:id:nezurou:20161125234909j:image

小さなエダサンゴの中に小さなハゼを発見。

カラフルにその住処を演出してみた。

少しは楽し気に写しこむことができただろうか。。。

f:id:nezurou:20161125234908j:image

バディは極小のセダカカワハギの幼魚を撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-11-16 【青白】アカスジカクレエビ&【珍】ケラトソマ・アッレニ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-11-16

撮影地]アニラオ 

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

レンズAF-S Micro-Nikkor60mm f/2.8G

f:id:nezurou:20161116212537j:image

この辺りの海ではごく普通に生息するこの小さなカクレエビ

ポリプがたくさん咲いて美しかった。

真っ白なポリプを青く染めて撮影してみた。

f:id:nezurou:20161116212534j:image

バディは珍しいウミウシ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-11-14 Bule SuperMoon このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-11-14

[撮影地東京 

[水深]+3m

カメラNIKON D300S

レンズ]Sigma170-500mm F6.3DG

f:id:nezurou:20161114230407j:image

数日前からスーパームーンの予告が流れていたが、本日の天気予報は雨の予報。

観察するなら今夜がおすすめとの言葉を信じ、雲の切れ間からのぞいた月を手持ちでAFで割と適当に撮影した。

どうもこのレンズAF精度が微妙で、やはりシャープ画像は得られなかったが一応記録程度には撮れたのかな。

WBをぐっと下げて青い月に仕上げてみた。


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-11-13 【群れ】無数のモエギハゼSP&アカスジウミタケハゼ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-11-13

撮影地]バリ 

[水深]-25m

カメラNIKON D800E

レンズAF-S VR Micro-Nikkor105mm f/2.8G

f:id:nezurou:20161113193359j:image

1年に一度通うバリ西部ダイビングスポット。

マンボウやらマンタやら大物とはおよそ無縁の泥地の多い特殊環境で、他のスポットでは-40mとかあるいはもっと潜らないと

出会えない珍しい魚たちに、いとも簡単出会うことができる。

ここのシークレットなポイントは-20m台にモエギハゼSPのコロニーがあり、数十匹が常に群れている。

しかし、ハゼ自体が1〜3センチと小さいことと、よく泳ぐ性質から、なかなかそのポイント凄さが伝わるような写真

つまりたくさんのハゼが写っている写真を撮ることができない。

この写真もわずか6匹が写りこんでるのだが、いつかこのハゼの群泳を撮影してみたいものだ。。。

f:id:nezurou:20161113193358j:image

バディはホヤにつくウミタケハゼ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-11-09 【周辺減光】アザミカクレモエビ&イバラカンザシ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-11-09

撮影地]アニラオ 

[水深]-10m

カメラNIKON D7200

レンズAF-S Micro-Nikkor 60mm f/2.8G

f:id:nezurou:20161109205345j:image

ウミアザミというサンゴの仲間に1センチほどの生息する小さなエビ

宿主であるウミアザミ擬態し同じ色のエビを際立たせるように周辺を減光させて撮影した。

f:id:nezurou:20161109205343j:image

バディはイバラカンザシを単体で撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-11-07 【曖昧と存在感】ナデシコカクレエビ&セグメントブレニー このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-11-07

撮影地]バリ 

[水深]-10m

カメラNIKON D800E

レンズAF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G

f:id:nezurou:20161107233429j:image

イソギンチャクに生息する特段珍しいこともないエビの仲間。。。

背景をぼかして曖昧な印象の中にエビ存在感を引き立たせることができただろうか。。。

f:id:nezurou:20161107233427j:image

バディはギンポの仲間を撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-11-06 【白印象】ハナハゼのペア&釣りオキゴンベ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-11-06

撮影地川奈 

[水深]-10m

カメラNIKON D7200

レンズ]Tamron60mm F2.0

f:id:nezurou:20161106230030j:image

久しぶりに川奈でひと潜り。

前日は海峡厳しく富戸ダイビングをキャンセル。

セルフダイビングとはいえ何ら成果を残せないことにジレンマを覚えずにはいられない。

それでもハナハゼは美しい。

次は105mmレンズストロボ携行で臨みたいものだ。。。

f:id:nezurou:20161106230029j:image

バディは釣り糸を加えたオキゴンベ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-11-02 【ネイチャー】ミナミハンドウイルカの親子 このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-11-02

撮影地御蔵島 

[水深]-1m

カメラNIKON D7200

レンズTokina AT-X105 DX Fisheye10-17mm

f:id:nezurou:20161103000124j:image

毎年6月に通う御蔵島の1枚。

生まれて数か月の子イルカはまだ色白であどけない表情である。


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-11-01 ブログコラボ企画◆水面下 このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-11-01

毎月1日、同じテーマでアップする、水中写真ブログコラボ企画

今月のテーマは『水面下』。

 

f:id:nezurou:20161101195502j:image

普段マクロレンズ装着のカメラを2台持ちで砂地を徘徊する潜り方が多いので、自分提案したテーマなのに実は難しいテーマである。。。

この年2013年の年末は一大決心して、インドネシア、デラワンに出かけた。

飛行機乗り換え2回、車移動、船移動を経て約25時間、あまりの長時間閉口したが、それなりに自然は豊かだし満天の星空に心奪われた。

ただ、どうしたことか同行者と現地で偶然一緒になった日本人(といっても知り合いなのだが)全員が、超マクロ派を自負する面々だったせいか、

名だたるワイドポイントには目もくれず、ひたすらマクロポイントに通っていたので、正直もったいないことをしたと思っている。

マクロ撮影をしている分には、正直近場の海外とあまり違いがないし、これほどの移動時間と航空運賃を支払うのはいささかもったいない

今回の1枚は数少ないワイド写真の中の1枚であり、汽水の湖でのスノーリングにより撮影

昼の休憩中にちょっと寄ったポイントであるが、この水面下の美しい光景をもっと撮りたかった。

もうおそらく訪れることはないのだろう。。。

f:id:nezurou:20161101195521j:image

夜には満天の星空が広がっていた。

このブログ記事は、次のブログコラボしています。


仁の水中写真 -Jin's Photo-

http://wataridori3.blog15.fc2.com/

Sari Dive日記

http://saridive.exblog.jp/

潜りたおし

http://moguri2525.exblog.jp/

デジDive

http://www.dive.hippy.jp/







1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-10-30 【星幻影】ホシゾラワラエビの青&子セジロクマノミ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-10-30

撮影地]リロアン 

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

レンズAF-S Micro-Nikkor 60mm f/2.8G

f:id:nezurou:20161030231647j:image

ホシゾラワラエビは先日の柏島の写真で出したオルトマンワラエビとの近似種である。

足の模様で見分けがつくのだが、普段ライティングでの撮影に飽き足らなくなり、

その足の小さな斑点模様を生かしてみようと思った。

するとどうだろう、なんということのない足の斑状模様がその名前の通り星空のようなボケ味となって表現することができた。

f:id:nezurou:20161030231646j:image

バディは小さなセジロクマノミ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-10-28 【生体発光】ハマクマノミとイソギンチャク&カクレエビ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-10-28

撮影地]アニラオ 

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

レンズAF-S Micro-Nikkor 60mm f/2.8G

f:id:nezurou:20161028232603j:image

バブルコーラルで多用していたライティングクマノミイソギンチャクで試してみた。

激しく動く魚相手なので難儀したが、バブルコーラル同様にライティングのの工夫で面白い色合いを出すことができた。

次はエビイソギンチャクで試してみよう。

f:id:nezurou:20161028232602j:image

バディはウミシダに生息するカクレエビ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-10-26 【明暗と輝度】オルトマンワラエビ&ナンヨウハギ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-10-26

撮影地]柏島 

[水深]-15m

カメラNIKON D800E

レンズAF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G

f:id:nezurou:20161026233931j:image

普段見かけるこの種の生息場所は赤系のウミトサカなどであり、ビビットな色味でとても好きな被写体である。

しかし今回であったこの個体は何故か薄暗い岩陰に身を隠すように生息していた。。。

岩の奥にはガンガゼが同居していた。

この岩陰の住人にスポットライトを当てるような感覚撮影した。

いつもとは全く違った雰囲気になったのではないか。

f:id:nezurou:20161026233930j:image

バディはナンヨウハギの幼魚撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-10-24 【斜陽】カクレエビの一種&アークフィンシュリンプゴビー このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-10-24

撮影地]バリ 

[水深]-15m

カメラNIKON D800E

レンズAF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G

f:id:nezurou:20161024231940j:image

筒状海綿を見かけると必ずと言っていいほど中を覗いてしまう。

中にはエビなどの住人が多く観察できるためだ。

筒の中にいるのだから、うまく被写体に光源を当てるのは至難の業なのだが、私はほぼ外側からライティングする。

そうすると海綿を通してLEDライトにはない白熱灯のような暖色系の光が被写体を照らしてくれるためだ。

撮影データは色々と厳しくなるがこの暖かなイメージが昔から好きだ。

f:id:nezurou:20161024231939j:image

バディはダテハゼの仲間をペアで撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-10-22 【ライティング】セスジミノウミウシ&セボシウミタケハゼ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-10-22

撮影地]アニラオ 

[水深]-18m

カメラNIKON D7200

レンズAF-S Micro-Nikkor 60mm f/2.8G

f:id:nezurou:20161022202601j:image

以前はあまり関心のなかったウミウシであるが、いろいろと工夫を凝らした写真を撮るようになってからは、

動きの少ない格好の被写体であり、多種多様な形状、色彩からとても好きになった。

このミノウミウシの仲間も華麗な美しさを持っており、「真っ黒な背景に一輪挿し」の構図ががふさわしいを思った。

f:id:nezurou:20161022202559j:image

バディは珍しい黄色ホヤに乗るウミタケハゼを撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-10-19 【Blue Sky】シリウスベニハゼ&ピグミーシードラゴン@バリ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-10-19

撮影地]バリ 

[水深]-10m

カメラNIKON D800E

レンズAF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G

f:id:nezurou:20161019210221j:image

この地ではシリウスベニハゼは超普通種で、水深も-10m程度から観察できる。

通常、-20m前後あるいはもっと深くに生息する種であることから、ここがいかに特殊な環境なのかが理解できる。

この写真撮影地点は-10m程度で、漁具と思われる籠の裏側にいるところを撮影したもの。

このハゼを青抜きで撮影きる機会はそうあるものではあるまい。

f:id:nezurou:20161019210220j:image

バディはピグミーシードラゴンを撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-10-16 【広角】BLUE EARTH&ハダカハオコゼ@バリ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-10-16

撮影地]バリ 

[水深]-0.3m

カメラNIKON D7200

レンズTokina AT-X105 DX Fisheye10-17mm

f:id:nezurou:20161016232859j:image

最近ワイドレンズを持つ機会がずいぶん減ったように思う。

毎年通うバリ西部の周辺では、いわゆる泥地のポイントが多く、それゆえに珍しいハゼなどの小物類が多く見られることから

一部のマニアック被写体を求めるダイバーが集まるダイブサイトでもある。

それはそれでよいのだけれど、僕はここに来るといつもワイドレンズを持っていく。

魚群サンゴ礁を撮りたいからではなく、マングローブの林が至る所にあり、海の森が手軽に撮影できるからだ。

今回もマングローブを狙ってみたものの、生憎の小潮で水が引きすぎたために思うような撮影とはならなかった。

しかし、失意の中カメラを通して水面を見上げると、そこには抜けるような青空が広がっており、気が付けば夢中でシャッターを切っていた。

まるで、小さな水の惑星撮影しているかのような錯覚にとらわれていた。。。

f:id:nezurou:20161016232858j:image

バディはハダカハオコゼ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-10-15 【明暗】ヒトデナカセとヤドリエビ&ミツボシクロスズメの産卵@アニ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-10-15

撮影地]アニラオ 

[水深]-20m

カメラNIKON D7200

レンズAF-S Micro-Nikkor 60mm f/2.8G

f:id:nezurou:20161015233834j:image

フィリピンでよく見かけるアオヒトデには大概小さなヒトデヤドリエビが生息している。

同じようにヒトデに規制する貝の仲間を併せて撮影した。

見事に取りついたこの貝は簡単に取り去ることはできない食いつき方で、ヒトデ本人にしてみれば、

まさに「ヒトデ泣かせ」といったじょうなのであろう。。。

f:id:nezurou:20161015233833j:image

バディはスズメダイの産卵シーンを撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-10-12 【青炎】タテジマヘビギンポ&白系ボロカサゴ@アニラオ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-10-12

撮影地]アニラオ 

[水深]-10m

カメラNIKON D800E

レンズAF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G

f:id:nezurou:20161012231419j:image

比較的浅い水深のサンゴや岩の上でよく見かける普通種のタテジマヘビギンポであるが、

その表情は豊かで、お気に入りの場所に何度でも戻ってきてくれるありがたい被写体でもある。

いつもならスカッと抜けた気持ちのいい青い海を背景に選ぶのであるが、ここはやはりホームのアニラオである以上、

どこか独自性のある表情で撮影したい。

この時は近頃使い始めた新しい表現の「白幻想」をブルーアレンジにて撮影してみた。

まるで青い炎のような美しい背景が生まれた。

f:id:nezurou:20161012231417j:image

バディは珍しいボロカサゴ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-10-04 【黒抜き】ボロカサゴ&アケボノハゼ@柏島 このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-10-04

撮影地]柏島 

[水深]-20m

カメラNIKON D800E

レンズAF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G

f:id:nezurou:20161004193512j:image

レア系被写体であるボロカサゴ

今回は何のひねりもなく素直に撮影した。

ただそれだけで体色や形状が美しいから、真っ黒な背景がベストだと思う。

ホントはいっぱい撮りたくても人気の被写体時間が取れなかったってこともある。。。

f:id:nezurou:20161004193510j:image

バディは浅瀬でアケボノハゼ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-10-01 ブログコラボ企画◆ブラック&ホワイト このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-10-01

毎月1日、同じテーマでアップする、水中写真ブログコラボ企画

今月のテーマは『ブラックホワイト』です。

 

B&W。

海中の生物や色彩を表現するのが水中写真王道なのかもしれないが、色彩を排除した白と黒世界表現手法の一つとして多くの可能性を

感じている。

f:id:nezurou:20161001233530j:image

今回の写真ウツボ

伊豆撮影したウツボスナップ写真

普通すぎてなんの派手さもない魚だけれど、その肌の質感と咆哮を思わせるアクションは、カラーで撮った本来の被写体の色合いはかえって余計な要素であり、白と黒と陰影の表現こそがむしろふさわしい。

写真は引き算だということに実感としてわかり始めた今、B&W写真に新しい可能性を感じずにはいられない。。。

このブログ記事は、次のブログコラボしています。


仁の水中写真 -Jin's Photo-

http://wataridori3.blog15.fc2.com/

Sari Dive日記

http://saridive.exblog.jp/

潜りたおし

http://moguri2525.exblog.jp/

デジDive

http://www.dive.hippy.jp/


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-09-29 【静寂の白】ケラマハナダイYG&セボシウミタケハゼ@バリ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-09-29

撮影地]バリ 

[水深]-15m

カメラNIKON D800E

レンズAF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G

f:id:nezurou:20160929233253j:image

真っ白なガヤの群生地出会ったハナダイの幼魚を撮影

白い静寂に紅一点のイメージが映えたと思う。

f:id:nezurou:20160929233251j:image

バディはホヤハゼ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-09-26 【青輪】クシノハカクレエビ&白バサラカクレエビ@バリ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-09-26

撮影地]バリ 

[水深]-15m

カメラNIKON D800E

レンズAF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G

f:id:nezurou:20160926235700j:image

筒状海綿に生息するカクレエビの仲間を撮影した。

いつもの落ち着いた色合いの海綿に少しだけ色味を加えて撮影

f:id:nezurou:20160926235658j:image

バディはウミシダい生息するカクレエビの仲間を撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-09-23 孤高なる成長そして希望@バリ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-09-23

撮影地]バリ 

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

レンズTokina AT-X105 DX Fisheye10-17mm

f:id:nezurou:20160923234113j:image

最近気が付いた自分の好みの被写体

マングローブ

天を目指す小さいが力強い若芽撮影した。

コバルト色不可思議な夕景は、それの孤高さをさりげなく演出していた。。。


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-09-21 【青白】スパインチークアネモネフィッシュ&メタリックシュ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-09-21

撮影地]バリ 

[水深]-15m

カメラNIKON D800E

レンズAF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G

f:id:nezurou:20160921233105j:image

今回訪れたバリ島でもサンゴの白化が深刻で、死んだ枝サンゴや、サンゴにとって天敵の一面もあるオニヒトデが多く見られた。。。

クマノミが住むイソギンチャクサンゴの仲間で、海水温が上がれば褐虫藻が抜け出して、文字通り白化する。

イソギンチャクにとっては言うまでもなく危機的な状況なのではあるのだが、そのえもいわれぬ透明な白色の美しさには心を奪われずにはいられない。

ひとしれず普通の撮影を終えた後、その純白の儚げなクマノミの住処に青色を添えて撮影してみた。

その儚さをほんの少し忘れるために。。。

f:id:nezurou:20160921233104j:image

バディはメタリックシュリンプゴビーを撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-09-19 【周辺減光】イソギンチャクエビ&ホヤカクレエビ@バリ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-09-19

撮影地]バリ 

[水深]-15m

カメラNIKON D800E

レンズAF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G

f:id:nezurou:20160919234452j:image

このところハイコントラスト写真だけではなく、全体の曖昧さの中に芯を残すイメージを模索し始めている。

絞りを開放気味に明るくふんわりとした暖色系流行のようではあるが、私のイメージはそうではない。

もっともっと自分らしくというイメージをただひたすら模索し続けているのだ。

答えは未だ出ぬままだあるのだけれど。。。

私が撮影したのは日本でも普通に観察できるイソギンチャクエビ

f:id:nezurou:20160919234451j:image

バディはホヤカクレエビ撮影ライティング担当は私。


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-09-18 【Diffusion】透明水と太陽の拡散@バリ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-09-18

撮影地]バリ 

[水深]-5m

カメラNIKON D7200

レンズTokina AT-X105 DX Fisheye10-17mm

f:id:nezurou:20160919004710j:image

久しぶりに手にしたワイドレンズで透明な海を眺めてみると、

限りなくクリアな水と無表情な白い砂地が広がっていた。

だから、そこに足りないもう一つを加えてみたくなった。。。

生物の登場しない水中写真にも一つの可能性を感じた瞬間であった。



1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2016-09-09 【瞳】二枚貝の仲間&ミジンのタマゴ守り このエントリーを含むブックマーク

nezurou2016-09-09

撮影地]アニラオ 

[水深]-10m

カメラNIKON D7200

レンズTamron 60mmF2.0

f:id:nezurou:20160909223937j:image

ふとした瞬間に感じた視線二枚貝からのものでした、。

バディはミジンベハゼのペアを撮影

f:id:nezurou:20160909223936j:image

二枚貝の殻で卵を守っていました。。。



1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村