Underwater photographyの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-08-13 【逆光】フィコカリスシムランス&【点灯火】カエルアンコウ  このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-08-13

撮影地バリ島

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

7月に行ったトランバンでの写真

5mmほどの小さなエビを逆光で撮影した。

f:id:nezurou:20180813233705j:image

このエビの正解と思える撮影方法が未だ見つからない。

f:id:nezurou:20180813233702j:image

バディはカエルアンコウスポットライト撮影



1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-08-12 【Smile】ハリセンボン若魚の正面&【SPOT】フリソデエビ  このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-08-12

撮影地柏島

[水深]-10m

カメラNIKON D7200

今回の柏島では慣れない海でもあるしスナップ中心に撮ろうと思っていた。

いつものアニラオでは砂地をなめるように潜っているが、ここではサンゴの隙間を覗いたり、根の上で海の青を入れ込んだりと、立体的な撮影スタイルとなる。

いつもと違う勝手での撮影であるが、それもきっと来シーズンホームに戻った時の糧になると思っている。

f:id:nezurou:20180812193400j:image

私はサンゴの下に隠れていたハリセンボン撮影

f:id:nezurou:20180812193357j:image

バディは岩陰のフリソデエビ撮影



1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-08-11 【陰影】緑とヒメイソイギンチャクエビ&ロボコンエビ  このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-08-11

撮影地柏島

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

柏島に来たらハゼを撮りたいから慣れない105mmを使用した。

もともとの計画ではフルサイズのカメラに105mmのつもりが、光接続のTTL不正確でやむなくAPS−C(電気接続ね)に105mmとなった。

あまりの画角の狭さに四苦八苦したが2日目からはまあまあの使用感に。

それでも得意のエビカニは正直ピントが見切れず、やはり望遠は向いていないと痛感したのであった。

f:id:nezurou:20180811235627j:image

私はイソギンチャクにいたエビ撮影

f:id:nezurou:20180811235624j:image

バディ岩の切れ目にいたコシオリエビ撮影



1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-08-10 【爽青】俗称タルマワシの単体&【角度】ドーナツマツカサウミウシ  このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-08-10

撮影地]トランバン

[水深]-25m

カメラNIKON D7200

バリで撮りたいヨコエビの仲間。

少し深いポイントだがそこそこの数がいて、ホヤについていたりするので何かと絵にしやすい。

f:id:nezurou:20180810230854j:image

5mmくらいの被写体なので最短までしっかり寄って撮影した。

f:id:nezurou:20180810230851j:image

バディはやはりここで撮りたいウミウシNO1のドーナツマツカサを撮影

バディはアカスジウミタケハゼの欠伸を撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-08-08 【球体Bokeh】ミヤケテグリ&【咆哮】アカスジウミタケハゼ  このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-08-08

撮影地柏島

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

柏島で岩陰を除くとミヤケテグリによく出会う。

f:id:nezurou:20180808232038j:image

ヒレが良く開いたタイミングでシャッターを切ることができた。

f:id:nezurou:20180808232035j:image

バディはアカスジウミタケハゼの欠伸を撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-08-06 【密集群】ゴンズイの青抜き&【満開】スケロクウミタケハゼ  このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-08-06

撮影地]栢島

[水深]-10m

カメラNIKON D7200

普通に見かけるゴンズイであるが、今回は密集したまま中層で観察できた。

f:id:nezurou:20180806231020j:image

青く抜けた水をバックに撮るのは気持ちのいいもので、しばらく忘れていた絵作りだと思った。

f:id:nezurou:20180806231014j:image

バディは満開のトサカとスケロクウミタケハゼを撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-08-04 【春色】蒼天と桜のオルトマンワラエビと&アオサハギの幼魚 このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-08-04

撮影地柏島 

[水深]-18m

カメラNIKON D7200

高知県柏島に来ている。

温帯の海に潜るのは久しぶりであり、東京から遠いこの地での旅行気分と特有の環境に、しばし身をおける喜びを感じている。

f:id:nezurou:20180804224250j:image

f:id:nezurou:20180804224247j:image

私はウミトサカオルトマンワラエビ、バディはアオサハギの幼魚を撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-08-01 ブログコラボ企画◆ただよう○○ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-08-01

毎月1日はブログコラボデー

今回のテーマは「ただよう○○」。

ほとんど砂地専門の私であるため漂う被写体は専門外。

浮遊系というジャンルも確立され、素晴らしい写真に憧れる面はあるが、あまり撮ることができずにいる。

今回の写真は先月に行ったバリ島ランバン写真

f:id:nezurou:20180801231747j:image

唯一漂う被写体はメリベウミウシ

漂うというよりも全人を使って泳ぐ感じである。

触角なども確認しにくいアングルで、「ただよう」としては不十分だと思っていたところ、リゾートのプ−ルにハイビスカスの花が漂っていた。

f:id:nezurou:20180801231744j:image

むしろこちらがテーマにふさわしかったか。

このブログ記事は、次のブログコラボしています。

仁の水中写真 -Jin's Photo-

http://wataridori3.blog15.fc2.com/

デジDive

http://www.dive.hippy.jp/


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-07-30 【爽青×赤】スケロクウミタケハゼ&シムランスとウミウシ  このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-07-30

撮影地バリ島ランバン

[水深]-20m

カメラNIKON D7200

いつも砂地にいる生物を撮っているから、水が青く抜けた王道水中写真を撮ってない気がする。

と、珍しく赤色が見事なウミトサカが生えていて、そこにはハゼが付いていた。

f:id:nezurou:20180730234416j:image

ここは引いて環境を大きく入れ込んだ画にしたいと思った。

なんだか虫の眼レンズが欲しくなってきた。

f:id:nezurou:20180730234413j:image

バディは極小のエビウミウシ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-07-29 【Mirror】テンガンノツユ&豪華タルミノウミウシ  このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-07-29

撮影地バリ島ランバン

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

ランバンではウミウシが多く観察でき、それ専門に潜りに来るダイバーも多い。

もともと分類などは得意ではなく、魚や甲殻類ですら危ういのにウミウシなら、さらに難解と言わざるを得ない。

それでも現地の若いガイドたちは、難しいウミウシの名前を和名で紹介できるほど勉強しており、頭が下がる思いである。

f:id:nezurou:20180729193351j:image

このウミウシも「テンガンノツユ」と和名で紹介されたものである。

f:id:nezurou:20180729193348j:image

バディは豪華な配色のミノウミウシ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-07-26 【青とスポット】斑点二つのオセレイト&【滲み】カミソリウオ  このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-07-26

撮影地バリ島ランバン

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

今回のトランバンではたくさんのカエルアンコウ出会った。

飽きるほどたくさん見つかる。

いつものアニラオなら、眼状斑のあるこのオセレイトフロッグフィッシュがいたらすごくうれしいレベルだがたくさん出会えた。

f:id:nezurou:20180726202915j:image

中でもこの二つの斑点がある個体はあまり見たことがなくうれしい出会いであったものの、あまりにたくさんいるので集中力にかけたように思う。

f:id:nezurou:20180726202912j:image

バディはカミソリウオを特徴的なボケ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-07-24 【青×赤】イソコンペイトウガニ&シロクマカエルアンコウ  このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-07-24

撮影地バリ島ランバン

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

イソコンペイトウガニは、この棘ばった体つきが魅力的な甲殻類で好きである。

f:id:nezurou:20180724232746j:image

赤の体色には青色が映える。

f:id:nezurou:20180724233005j:image

バディはきれいなクマドリカエッルアンコウの幼魚を撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-07-22 【陰影】オレンジ色のヨコエビ&散歩中のホヤカクレエビ  このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-07-22

撮影地バリ島ランバン

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

今回のバリで撮りたかったヨコエビの仲間。

最初に出会ったのはこれである。

ミエラについていてくれたらよかったのだが、あいにくのポジション

f:id:nezurou:20180722230941j:image

仕方なくウミエラヨコエビライトを当てて撮影した。

f:id:nezurou:20180722230936j:image

バディはホヤから出ているホヤカクレエビ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-07-20 【生態と青】カンナツノザヤウミウシ&アオモウミウシ属の一種 8 このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-07-20

 [撮影地バリ島ランバン

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

ツノザヤウミウシの交接シーンに出会った。

生態を伝えるシーンだから普通に撮るべきかもしれないが、やはり自由に撮りたい。

f:id:nezurou:20180720233322j:image

交接器が半透明で美しく、青が良く生えたと思う。

f:id:nezurou:20180720233319j:image

バディはアオモウミウシの仲間を撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-07-18 【漆黒の美】キエルケエレガンス&【濃色】フリソデエビ  このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-07-18

撮影地バリ島ランバン

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

今日ウミウシ写真

珍しいウミウシで撮りたい被写体である。しかし、いつも相手にしている被写体よりも大きいし、そのせいかライティング何となくシャキッとしない。

f:id:nezurou:20180718234155j:image

真っ黒の中にただ白が生えるので、思い切ってフラッシュを用いて撮影した。

この透明感にはこの撮り方が正解のようである。

f:id:nezurou:20180718234152j:image

バディはフリソデエビ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-07-16 【青炎】紫点のツノザヤウミウシ&タルマワシ  このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-07-16

撮影地バリ島ランバン

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

珍しいツノザヤウミウシの仲間を撮影した。

この個体で1.5センチほどの大きさである。

f:id:nezurou:20180716235002j:image

RG-blue system03の高演色.verで撮影したが、やはり色の濃度が高く赤寄り過ぎるため現像の段階で加工が必要である。

f:id:nezurou:20180716234959j:image

バディはタルマワシと呼ばれるヨコエビの仲間を撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-07-15 【スポットライティング】卵守のウミハケハゼ&ホヤカクレエビ  このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-07-15

撮影地バリ島ランバン

[水深]-20m

カメラNIKON D7200

バリで撮りたいシーンの一つはふんだんに生えているホヤとその他の生物のシーン。

昨年豊富だったホヤも今年は少なめなようで、バリエーションに富んだシーンは望めなかった。

f:id:nezurou:20180715234040j:image

しかし、現地ガイドも頑張ってくれて、僕の好みの網目のホヤハゼエビのシーンを見つけてくれた。

私は卵を守るハゼ、バディはホヤカクレエビ撮影

f:id:nezurou:20180715234037j:image


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-07-13 【光輪】トゲツノメエビのコロナ&バイオレットボクサーシュリンプ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-07-13

撮影地バリ 

[水深]-18m

カメラNIKON D7200

このエビ見たらテンションあがる。

ここでは頼めばほぼ見せてくれるほど個体数が多い。

いつもの僕なら色々試すのだが水中が忙しくてこれが限界。

f:id:nezurou:20180714000621j:image

でも、今シーズン新技「光輪」

f:id:nezurou:20180714000618j:imageバディはバイオレットボクサーシュリンプ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-07-12 【青の水中花】ヒドラの花とヨコエビ&トゲツノメエビ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-07-12

撮影地バリ 

[水深]-12m

カメラNIKON D7200

砂地のヒドラについていたヨコエビの仲間が今回のお気に入り

f:id:nezurou:20180712225239j:image

角度を変えれば花火のようにも見える。

これはバリエーションを楽しめそうである。

f:id:nezurou:20180712225236j:image

バディはトゲツノメエビ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-07-11 【Splash】イソギンチャクモエビと純白イソギンチャクart このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-07-11

撮影地バリ 

[水深]-12m

カメラNIKON D7200

バリ島ランバンにきている。

慣れない海ゆえにうまくいかないこともあるが、新しい出会いや発見もある。

滞在最初の1枚はごくごく普通種。

f:id:nezurou:20180711212934j:image

わざわざシルト系の砂地に潜ったのに、これに刺さってしまった。

白のイソギンチャクの妖艶さが僕の心に刺さった。


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-07-07 【ドルフィンスイム】ミナミハンドウイルカとスノーケラー このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-07-07

撮影地御蔵島 

[水深]-5m

カメラNIKON D7200

先日行った御蔵島

f:id:nezurou:20180707225154j:image

f:id:nezurou:20180707225151j:image

やはりもう少し日程取って長くいたいと思う。

ワイドレンズに後ろ髪をひかれながら、明日にはまたマクロレンズに切り替えて、気持ちも切り替えて撮影しなければ。

生きるための仕事とやりたいことの両立で撮影に臨むのに、なんだか仕事に行くのとあまり変わらない思いの自分が居たりする。


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-07-03 【陰影】バイオレットボクサーとミミックオクトパス このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-07-03

撮影地]アニラオ 

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

そろそろ、水中マクロに戻るのでおさらいの意味も込めていつものアニラオの写真

f:id:nezurou:20180704000557j:image

f:id:nezurou:20180704000553j:image

私はバイオレットボクサーシュリンプトラフシャコをバディは砂から顔を出したミミックオクトパス撮影した。

秋にはホームに戻るが、それまで、いくつか転戦していくことになる。


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-07-01 ブログコラボ企画◆ちびっこ「水のとき出展作品」 このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-07-01

毎月1日はブログコラボデー

今回のテーマは「ちびっこ」。

今回はつい先日まで開催していた写真展「水のとき」に出展していた作品テーマが合致してそうなので、出展作品の公開と合わせてブログコラボの場でも発表したいと思う。

撮影地はいつものアニラオのリゾート近くのいつもの砂地。

水深は7〜8mの浅場で、もう上がろうかというときにガイドのロナルドが指す先には1センチほどの小さな穴と何やら蠢く小さな生き物。

f:id:nezurou:20180701182055j:image

最初に見たときは小さな子供だけが見えていたため、シャコのハッチアウトのシーンだとは気づかなかった。

巣穴が1センチだということから、どれほどの小ささかは理解してもらえるだろう。

やがて親シャコが巣穴から顔を出すと、優しく巣立ちを促すというよりは、かなり荒々しく、子供たちの塊を振り回し始めた。

f:id:nezurou:20180701182053j:image

すると1匹、また1匹と青い眼をした子供たちは巣立っていった。

f:id:nezurou:20180701182050j:image

こういうシーンに出会えることも水中撮影の醍醐味である。

このブログ記事は、次のブログコラボしています。

仁の水中写真 -Jin's Photo-

http://wataridori3.blog15.fc2.com/

デジDive

http://www.dive.hippy.jp/


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-06-30 【人と自然】ミナミハンドウイルカとスノーケル女子 このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-06-30

撮影地御蔵島 

[水深]-5

カメラNIKON D7200

東京地方は早くも梅雨明けとのこと。

燦燦とした太陽の下をスイムしたかったなんて思い始めてるけど、もう次の撮影準備に入るタイミングなので、気持ちを切り替えていかなければ。

でも、昨夜もしっかり泳ぎ込んだけれど。

さて今日写真イルカスノーケラーである。

f:id:nezurou:20180630203209j:image

長くスクーバ世界にいる私はスノーケラーの人たちをあまり知らない。

毎年御蔵出会うフリーダイバーや、ドルフィン専門のスイマーとも違う、ファンダイバーと同じくくりで旅と海を楽しむ若いスノーケラーに初めて出会った気がする。

普段ならイルカと人の構成を間違いなく狙うのであるが、まだ少し冷たい水温でも水着で元気に明るくスイムを楽しむ姿に若干物怖じし、カメラを向けられずにいたのである。

f:id:nezurou:20180630203302j:image


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-06-27 【視線】イルカと泳ぐために過ごしてきた一年間 このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-06-27

撮影地御蔵島 

[水深]-5

カメラNIKON D7200

同じ東京都にある島とはいえ年に1-2回のドルフィンスイム。

タンクを背負わないから残圧とか減圧とかに縛られず、自由気持ち撮影できる。

しかし、自由とは裏腹に泳力の差がそのまま撮影結果に出たりするわけで、この一年休まず泳ぎ続けてきた。

一年前と比べれば息も上がらないし、足が攣ったりもしない。

それなりに一年頑張った成果は出た。

それでも、普段はフィンなしのスイムなので、フィンを履けば数倍の負荷がかかるし、波や流れ、そしてカメラを持てばプールのようには全く泳げない。

f:id:nezurou:20180627194440j:image

ひとまず次の撮影からは、スクーバに戻ってしまうため、一旦カメラも組み替えて、いつもの小さな生き物が相手になる。

でも、やはりドルフィンスイムは魅力があり、また一年先になるかもしれないのに今週から泳ぎ始めている。

また、元気な君たちに会うため、少しでも長く同じ時間を過ごすことができるように。


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-06-24 【絡み合い】ミナミハンドウイルカのオスたち このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-06-24

撮影地御蔵島 

[水深]-5

カメラNIKON D7200

1泊2日の強行軍御蔵島に向かった。

予定通りであれば初日の朝に島には入れるはずが、海況悪く八丈島まで流された。

結果昼に着岸できたからよかったものの、2本しか泳げなかったのは心残りであり、また1年後となると、どこかでもう一回くらいは行きたいと思わずにはいられない。

さて、悪天候の中イルカツアー自体も「条件付き」とのなかで泳いだ初日はやはり厳しく、イルカたちも淡白でなかなか近づくことができなかった。

f:id:nezurou:20180624202326j:image

しかし、唯一人を気にせずに絡み合いに没頭するオスイルカたちに会い、なんとか絵になる写真を撮ることができた。

絡み合いの「交尾練習」との部分を除けばであるが。。。

f:id:nezurou:20180624202323j:image

f:id:nezurou:20180624202320j:image

夕方女性陣のゲストに夕景モデルをお願いしていたら、島のギタリストが現れた。


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-06-21 【天然色彩】バブルコーラルシュリンプ&【Bokeh】カエルアンコウ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-06-21

撮影地]アニラオ 

[水深]-15

カメラNIKON D7200

バブルコーラルエビ撮影した。

f:id:nezurou:20180621193738j:image

このサンゴは色付けしなくてもライトの当て方で色々な色が出てきて好きだ。

f:id:nezurou:20180621193639j:image

バディはカエルアンコウの幼魚を撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-06-19 【Blue】リボンリーフゴビー&【spot】ハルゲルダ・バタンガス このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-06-19

撮影地]アニラオ 

[水深]-12m

カメラNIKON D7200

私のホームであるアニラオでも人気のイレズミハゼの仲間。

人気だし一個体は一人しか撮れないので、個体数が少ない時はほぼ撮らない。

しかし、珍しく順番が回ってきたので、ここは自分らしい技法撮影した。

f:id:nezurou:20180619234450j:image

途中ライティングに限界がきて困っていると、すかさずガイドがアシストしてくれた。

f:id:nezurou:20180619234446j:image

バディは和名のないウミウシ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-06-17 【琉】クリアクーナーシュリンプ&【表裏】ワレカラ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-06-17

撮影地]アニラオ 

[水深]-12m

カメラNIKON D7200

撮るネタがないと思い何気ない被写体撮影

f:id:nezurou:20180618001445j:image

背景と塵が面白く写り込んでいい感じ。

f:id:nezurou:20180618001442j:image

バディは表裏のワレカラを撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-06-16 【モノトーン】パロナシュリンプのシンクロ&ホヤカクレエビ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-06-16

撮影地]アニラオ 

[水深]-12m

カメラNIKON D7200

とかく絵になりにくい擬態名人のパロナシュリンプ

f:id:nezurou:20180616234621j:image

横から行けば姿はばっちり。欲を言えばもっと絞りたい。

f:id:nezurou:20180616234616j:image

バディはホヤカクレエビ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村