Underwater photographyの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-05-20 【普通種の世界観】タテジマハビギンポの青白抜き&フグの子 このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-05-20

撮影地]アニラオ 

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

珍しく珊瑚エリアを潜ったら思いのほか水が青く、私には珍しい青抜き。

でも、ただの青抜きでもなく白のボケを加算して撮影

f:id:nezurou:20180520232647j:image

普通種だけど独自の世界観表現できた。

f:id:nezurou:20180520232643j:image

バディは黒いフグの幼魚を撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-05-19 【標準ライト】ドトSPウミウシ&黒ヘアリ−フロッグフィッシュ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-05-19

撮影地]アニラオ 

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

このシーズン多いのが和名英名ともにないウミウシDoto.spである。

f:id:nezurou:20180520000421j:image

大概こういった華やかというか込み入ったところにいるので、撮りづらいが撮れば画になるウミウシである。

f:id:nezurou:20180520000419j:image

バディはレアキャラの黒ヘアリーフロッグフィッシュを撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-05-18 【鬱蒼のケヤリ畑】ミンベニハゼの抱卵&月光のタツ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-05-18

撮影地]アニラオ 

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

わがホームであるアニラオの砂地ではケヤリムシ類の棲管に営巣するミンジンベハゼが多い。

この日見たミジンベハゼもこの場所に営巣しハッチアウト間近と思われる卵を宿していた。

現地ガイドもその辺はツボを心得ており、卵と親ハゼを撮らせようとケヤリの花(実際には花ではないが)をしぼませようと頑張ってくれた。

それでも、ひとしきり撮り終えると、抱卵の生態シーンよりも満開のケヤリの花畑を撮りたくなって、待つことしばし。

f:id:nezurou:20180518232911j:image

卵の産み付け場所がちょうどケヤリの花の直下だったので、十分に卵を映すとこはできなかったが、つがいの2匹のハゼと見事な花ぶりのケヤリ畑の絵になった。

f:id:nezurou:20180518232905j:image

バディは光源を入れ込んだタツノオトシゴの仲間を撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-05-13 【人工色と天然色の妙】花園のワレカラ&ナギサノツユ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-05-13

撮影地]アニラオ 

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

このGW中は流れがきつくマクロ撮影の私にはなかなか厳しい日が続いた。

しかし激しい流れの中でも小さなワレカラたちが豊作で他に被写体に困っても、下を向けばほぼワレカラがいて楽しませてくれた。

f:id:nezurou:20180513232617j:image

だから流れで満足に動けなくてもサンゴヒドラなどきれいな背景に彼らがいれば、絵になる状況に恵まれたのである。

f:id:nezurou:20180513232614j:image

バディは小さなウミウシ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-05-12 【Spinning】青抜きガラスハゼ&ハナイカ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-05-12

撮影地]アニラオ 

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

めったに行かない外洋性のポイントにて撮影

狙いのボロカサゴは見つからず多数のダイバーが海底をさまよっていたが、自分には珍しく外洋性で青く抜けた水も新鮮であった。

f:id:nezurou:20180512233312j:image

だからめったにやらない青抜きでも、自分らしいエフェクトを加算した。さわやかな青のスピンニングを表現できた。

f:id:nezurou:20180512233309j:image

バディはハナイカのペアを撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-05-09 【青×朱の対比】カミソリウオのペア&シマヒメヤマノカミYG このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-05-09

撮影地]アニラオ 

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

朱色のカミソリウオのペアを見つけた。

現地ガイドも私の撮り方をすっかりわかっていて、使用体制に入ったライトは使い方を理解して手伝ってくれる。

まあ、その間被写体探しが当然できないので、痛しかゆしのところはあるのだが。

f:id:nezurou:20180509203959j:image

この写真も現地ガイドが私の意図を汲んでライティングしたもの。

結果、青に溶ける朱色の魚の良い色の対比が生まれた。

f:id:nezurou:20180509203955j:image

バディはミノカサゴの仲間の幼魚を撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-05-06 【ライティング撮影の妙】ヘアリーフロッグフィッシュ&ミジンベニハ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-05-06

撮影地]アニラオ 

[水深]-12m

カメラNIKON D7200

人気の被写体であるヘアリーフロッグフィッシュを撮影した。

いつも試行錯誤を繰り返している被写体であるが、シンプルかつインパクトあるらいライティンにて撮影した。

f:id:nezurou:20180507012617j:image

顔を中心にライティングするのだが角度によっては瞳が青く光り、これぞストロボ光では出しにくいライティング撮影の妙だと思った。

f:id:nezurou:20180507012614j:image

バディは大好きなミジンベハゼ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-05-04 【青の逆光】テンジクダイと【満開】ピグミーシーホース このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-05-04

撮影地]アニラオ 

[水深]-12m

カメラNIKON D7200

現地での撮りおろし。

朝一番で撮り直しに向かった珍しいウミウシに再度出会えるも撃沈。

一番に撮り始めて10カットほどで他のゲスト引き継ぐも、全員が撮り終わる頃には、なんと30分経過。

全く撮れた感はなかったが、ここは堪えて次の被写体へ。

f:id:nezurou:20180504185306j:image

海底のボトルを覗くと1匹のテンジクダイがいた。ミジンじゃないからといってスルーせずに撮影開始。

青光と白光のミックスがよい感じになった。

f:id:nezurou:20180504185303j:image

2本目バディはピグミー待ちの最後に並んだ結果、見事にポリプが全開になった!


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-05-02 【月光と逆光】ヒドラの木にワレカラとミジンベニハゼ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-05-02

撮影地]アニラオ 

[水深]-12m

カメラNIKON D7200

現地での撮りおろし。

現地入りして数日経つが毎日流れがきつく、そろそろ落ち着いてほしいものである。

さて、写真今日激流の中で撮影したワレカラである。

激流の中わざわざという感もあるが、きれいなヒドラの木だったのでどうしても撮りたかったのである。

f:id:nezurou:20180502185136j:image

それにしてもワレカラが小さい。説明が必要な段階でいまひとつか?

しかし大伸ばしならきっといける。そう思うことにした。

f:id:nezurou:20180502185133j:image

バディはきれいなビンにいたミジンベハゼ撮影



1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-05-01 ブログコラボ企画◆偶然の産物 このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-05-01

毎月1日はブログコラボデー

今回のテーマは「偶然の産物」。

今回の写真は先日撮影したもの。

いつもの砂地を潜っていると、ガイドが指す先には普通、海草珊瑚の仲間についているはずのウミタケハゼ

でも、いつもと何かが違う。

f:id:nezurou:20180501072626j:image

何についていうのかとまじまじと見てみると、あろうことか砂から顔を出しているウミヘビの頭に乗っている。

おそらく両者の関係性からは捕食と被捕食の関係が想像でいるが、たぶん何らかの事情で住処をなくしたウミタケハゼが偶然居合わせたウミヘビをそれとは知らずについたのであろう。

早く気づいてほしいけど、もっと撮りたいというフォトグラファー習性のほうが勝ってしまった。



このブログ記事は、次のブログコラボしています。

仁の水中写真 -Jin's Photo-

http://wataridori3.blog15.fc2.com/

デジDive

http://www.dive.hippy.jp/


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-04-25 【BlueTopaz】オセレイトフロッグフィッシュ&ヨコエビ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-04-25

撮影地]アニラオ 

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

カエルアンコウを青の玉ボケ撮影した。

f:id:nezurou:20180426000018j:image

多色の玉ボケ研究してきたところではあるが、シンプルな単色の玉ボケ被写体のオレンジ色を際立たせて美しい。

f:id:nezurou:20180426000015j:image

バディはホヤの中にいるヨコエビ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-04-22 【Blue&Spot】ミズヒキガニ&カエルアンコウ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-04-22

撮影地]アニラオ 

[水深]-10m

カメラNIKON D7200

ミズヒキガニを青色ミックス光にて撮影

こういう被写体は背景や砂地に同化してしまうので、工夫が必要である。

f:id:nezurou:20180422185919j:image

大成功とはいえないけどもう少しスポットが決まれば良い感じで撮れそうである。

f:id:nezurou:20180422185915j:image

バディはぶどう畑のカエルアンコウ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-04-19 【RGBuleで撮る】ハナイカの多色Bokeh&可愛いカニ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-04-19

撮影地]アニラオ 

[水深]-18m

カメラNIKON D7200

美しいハナイカを多色ボケにて撮影

f:id:nezurou:20180419204958j:image

少し違った表現になった。

f:id:nezurou:20180419204955j:image

バディは可愛いカニ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-04-15 【青とスポット】サガミツノメエビ&ウミエラカニダマシ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-04-15

撮影地]アニラオ 

[水深]-10m

カメラNIKON D7200

1センチに満たない小さなエビであるが、なかなかきれいなエビ

どうやったら絵になるかいつも思案するけれど、スポットくらいがいい感じ。

f:id:nezurou:20180415231955j:image

青光がアクセントになって悪くない。

f:id:nezurou:20180415231952j:image

バディはウミエラカニダマシ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-04-14 【滲み回転Bokeh】ミナミハコフグ?YG&【咆哮】カエルアンコウ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-04-14

撮影地]アニラオ 

[水深]-10m

カメラNIKON D7200

オレンジ色のハコフグの幼魚を見つけた。よく見かけるミナミハコフグだと鮮やかな黄色イメージだが、色彩が異なる。

個体差なのかもしれないが別種だとしたらちょっと嬉しい。

f:id:nezurou:20180414201015j:image

周辺をぼかしたいつもの技法撮影。良い雰囲気になった。

f:id:nezurou:20180414201011j:image

バディはカエルアンコウ青色+スポットライティングにて撮影

良いタイミングであくびしてくれた。


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-04-11 【RGB-Bokeh】ウィル・エウフィリウス&【顔】ヘアリ−フロッグ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-04-11

撮影地]アニラオ 

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

このイソギンチャクを注意深く観察するとかなり高い確率でこのエビを発見することができる。

普通に撮るのも僕らしくなく、RGBカラーの前ボケ撮影した。

f:id:nezurou:20180411202117j:image

ボケ被写体にかかりすぎてかシャープさに欠けたが、色合いが美しくでたので、これはこれで良いかもしれない。

f:id:nezurou:20180411202115j:image

バディはレアなヘアリーフロッグフィッシュを顔強調ライティング撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-04-08 【球体Bokeh】二枚貝のミジンベニハゼ&【紫】オランウータンクラブ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-04-08

撮影地]アニラオ 

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

アニラオの砂地で見られるミジンベハゼは実にいろいろな物に営巣する。

投棄された瓶や菓子袋、ココナツの殻、岩穴、パイプ類。

中でも自然物で絵になりそうで、なかなか正解が見つからないのがこの大きな二枚貝である。

f:id:nezurou:20180408081459j:image

この時はライティングではなくフラッシュを使用した周辺ボケを強調した写真である。

無理のないこのくらいの頃合いが実は正解なのかもしれない。

f:id:nezurou:20180408081456j:image

バディはきれいな紫のヤギついていたオランウータンクラブ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-04-04 【BlueMoon】コールマンと青の月&黄色ホウセキカサゴ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-04-04

撮影地]アニラオ 

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

f:id:nezurou:20180404190516j:image

ガイドのロナルドが何も言ってないのに用意してきた青の月。

翌月、現地のフォトコンテストがあったので、実験台にされた感もあるけどこれはこれで面白かった。

f:id:nezurou:20180404190512j:image

バディは黄色のホウセキカサゴとウミシダを撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-04-01 ブログコラボ企画◆「常識」 このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-04-01

毎月1日はブログコラボデー

今回のテーマは「常識」。

僕が良く潜る砂地の海底で時々こんな感じの物体を見かけます。

f:id:nezurou:20180401084740j:image

これはゴカイ類の卵であることが知られています。

 

f:id:nezurou:20180401084818j:image

以前は見かけてもスルーしていましたが、ウミウシなどを絡めて撮るといい感じです。

 

f:id:nezurou:20180401084815j:image

稀にこの卵を食べるウミウシが居たりするとテンションが上がります。

 

f:id:nezurou:20180401084812j:image

そして先日ずっと探してたすごい奴を発見した。それは色彩変化と思われる赤青緑のトリカラーの卵塊!

まるでカラフルな欧米ソフトクリーム

次回も砂地でカラフルなソフトクリームを探してみよう。


このブログ記事は、次のブログコラボしています。

仁の水中写真 -Jin's Photo-

http://wataridori3.blog15.fc2.com/

デジDive

http://www.dive.hippy.jp/


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-03-29 【回転Bokeh】オレンジのカエルアンコウ&透明のエビ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-03-29

撮影地]バリ 

[水深]-15m

カメラNIKON D800E

バリで撮影したカエルアンコウの仲間。

単調な砂地にいたので少しエフェクトを効かせて撮影した。

f:id:nezurou:20180329193931j:image

回転を思わせるボケを作り出すことができた。

f:id:nezurou:20180329193928j:image

バディは透明のエビソフト撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-03-27 【青の玉Bokeh】黒コーラルシュリンプ&オオアリモウミウシ属の一種5 このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-03-27

撮影地]バリ 

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

バリで撮影したブラックコーラルシュリンプ

このポイントにはたくさんの個体がいて思う存分とることができた。

f:id:nezurou:20180327225937j:image

背景に青の点光源を置いての撮影

独創的な絵作りになったのではないか。

f:id:nezurou:20180327225934j:image

バディはきれいなウミウシ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-03-26 【ナチュラル】ミジンベニハゼのペア&ヘアリーフロッグフィッシュ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-03-26

撮影地]アニラオ 

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

ジンベハゼのペアをナティラルなライティング撮影した。

というのもご覧のとおり住処の瓶はびっしりと生物が付着しており、ほぼ透過光は使えなかったからだ。

f:id:nezurou:20180326234729j:image

でも、同時に顔を出した2匹のハゼがなんとも良い表情を出してくれた。

f:id:nezurou:20180326234726j:image

バディは カエルアンコウの仲間を撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-03-24 【ピンクとコラボ】カエルとナギサノツユ& テイラーファイルフィッ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-03-24

撮影地]アニラオ 

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

海藻一種で食卓でもおなじみのウミブドウの上にカエルアンコウがいた。

色のボケを加えていつも通りの撮影をした。

画像をチェックしていて気付いたのではあるが、海ブドウの上には小さなウミウシが付いていた。

f:id:nezurou:20180324093320j:image

f:id:nezurou:20180324093526j:image

図らずも異色のコラボとなった

f:id:nezurou:20180324093317j:image

バディは テイラーファイルフィッシュと思われるハギの幼魚を撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-03-21 【青×赤の流星】ビシャモンエビ【青スポット】オセレイトフロッグフ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-03-21

撮影地]アニラオ 

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

流れのあるドロップオフにいたビシャモンエビ撮影した。

現地のダイブマスターがエビライティングしてくれたのに加え、前日同様片手のダブルライティング

f:id:nezurou:20180321233219j:image

流れる塵を着色したかったのだが、そうそう上手くいくものでもなく、未完成に終わったが不用意にシャッタースピードが遅くなったからか、流星のような意図しない効果が生まれた。

f:id:nezurou:20180321233216j:image

バディは青色の中のカエルアンコウ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-03-20 【青スポット】サクラコシオリエビ【玉ボケ】ウサギモウミウシ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-03-20

撮影地]アニラオ 

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

サクラコシオリエビがたくさんついている海綿を見つけた。

普通に撮ってもどうかなと思い、ライティングを試みるも被写体は中層付近にいるし、空いてる手は1本しかない。

f:id:nezurou:20180320231214j:image

そこでライト2本持ちを試みた。かなり無茶な試みであるが意外と使えると思った。

f:id:nezurou:20180320231211j:image

バディは5ミリくらいの小さなウミウシ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-03-17 【ピンスポット】フイリフサツノミノウミウシ【スナップ】ケヤリとメ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-03-17

撮影地]アニラオ 

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

海藻の上にいた小さなウミウシ撮影した。

最近ホームであるアニラオでもライティングが流行ってきて、近頃はガイドたちも進んでライティングのお手伝いをしたがる。

このウミウシも1センチほどの小さな被写体だが、被写体に合わせて極細のスポットライトを迷わず照射

f:id:nezurou:20180317155306j:image

おかげで良いシーンを抑えることができた。

f:id:nezurou:20180317155303j:image

バディは構図重視でケヤリの木の下のベニハゼ撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-03-14 【ワイドマクロ】金ホウセキカサゴ【スポット】ツルガチゴミノウミウ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-03-14

撮影地]アニラオ 

[水深]-20m

カメラNIKON D800E

ホウセキカサゴの目撃情報をもとに普段潜らないポイントに入った。

ピンク宝石を狙っていったのであるが、あいにくの不在。

先に見つけてくれた黄色個体を久しぶりのワイドレンズ撮影

体長15センチ足らずの小さな被写体だったため、やや引き気味の印象に仕上がった。

f:id:nezurou:20180314192418j:image

しかし宝石とは聞いていたものの、皮弁の多い外観はどことなくボロカサゴに近く、ネット図鑑などで調べると、眼前の2対の皮弁の有無が主な違いらしく、一応ホウセキカサゴに落ち着いた。

f:id:nezurou:20180314192629j:image

ちなみに以前撮影したボロカサゴ画像がこれである。やっぱり似ている。

 

f:id:nezurou:20180314192415j:image

バディは小さなウミウシ自力発見して撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-03-10 【新多色Bokeh】アロポントニアブロッキーとツマジロオコゼ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-03-10

撮影地]アニラオ 

[水深]-12m

カメラNIKON D7200

現地での撮りおろし。

イイジマフクロウニにいてアニラオで見られる甲殻類代表格はコールマンシュリンプであるが、このエビも美しく好きなエビである。

f:id:nezurou:20180310193249j:image

今回の撮影で新しく準備してきた撮りかたで撮影。きれいな多色のボケを出すことができた。

f:id:nezurou:20180310193246j:image

バディはツマジロオコゼを撮影



1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-03-09 【ミクロの世界】甲殻類の仲間と白クマカエルアンコウ このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-03-09

撮影地]アニラオ 

[水深]-12m

カメラNIKON D7200

現地での撮りおろし。

2mm位の甲殻類の仲間を撮影した。

f:id:nezurou:20180309220650j:image

以前からこの手の甲殻類(動物性プランクトン)がいるのは知っていたが、この柄は初めてでありがんばって撮影

拡大すれ髭も生えてて面白姿である。

f:id:nezurou:20180309220647j:image

バディは白いクマドリカエルアンコウを撮影



1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2018-03-07 【Snow-Bokeh】ウミウシカクレエビ【極小】ヨコエビの仲間 このエントリーを含むブックマーク

nezurou2018-03-07

撮影地]アニラオ 

[水深]-15m

カメラNIKON D7200

黒いナマコに乗ったウミウシカクレエビを見つけた。

ウミウシカクレエビの名のとおり、ウミウシについていたりするエビなのだが、私はほとんどその姿を見たことがなく、大概はナマコに乗っている。一度でいいからきれいなウミウシに乗ってるところをさわやかに撮ってみたいものである。

f:id:nezurou:20180307191203j:image

f:id:nezurou:20180307191158j:image

バディはホヤの中にいたヨコエビの仲間を撮影


1日ワンクリックご協力をお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村