Hatena::ブログ(Diary)

堀川紀夫のアート日記

2015-01-24

新しいブログを始めました

18:25

1月6日付けで新しいブログ「Art Site Horikawa」を開始しました。その後、スローなペースで取組んできていますが、一応お知らせします。
とりあえず。
http://d.hatena.ne.jp/niigata-art226+next-world/

昨年秋のギャラリー湯山での「サイトと野性」展もブログになっています。ご覧下さい。

http://d.hatena.ne.jp/niigata-art226+yuyama/

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/niigata-art226/20150124

2014-11-01

新しいブログへ

| 09:02

息子の結婚式・披露宴を終えたことで、私達の子供3人全員が第2の人生をスタートしてくれたことになります。これで、私の人生&アート活動の歩みも中締めを迎えたと考えています。
このブログを始めたのは2009年3月31日。3日坊主で終わるのではないかと言われもしましたが、その後数日間休んだだけで続けて来ることができ、本日で2606記事をカウントしました。しかし、毎年同じ話題を繰り返すことやコピペで終わらせてしまうこと、内容の拙さが多々あり、続けること中心主義で反省点も多く残されました。
いずれにしても、この中締めの意識を元に、一旦終了し、新たなブログへ移行したいと考えております。
今日のページビューには1344666とあります。沢山の皆さんに見ていただいたことに心より感謝申し上げます。このブログをご覧いただき本当にありがとうございました。新たな出発まで、しばらく時間を取りたいと考えています。
とりあえずの最後を、吉祥のイメージある画像4枚で飾らせていただきます。
f:id:niigata-art226:20141101090138j:image
f:id:niigata-art226:20141101090137j:image
f:id:niigata-art226:20141101090134j:image
f:id:niigata-art226:20141101090657j:image

hirohiro 2014/12/07 05:48 こんにちは はじめまして。
ジャスパージョーンズを調べていたらたまたま堀川さんのサイトにたどり着きました。 60年代以降のアートについて色々と勉強になりました。
ありがとうございます

niigata-art226niigata-art226 2014/12/08 19:12 ジャスパージョーンズを調べておられて、私のどの記事がヒットしたのでしょうか。
何れにしてもコメントをいただきありがとうございました。
このブログ、11.1で中締めしていますが年内に別の表題で再開したいと考えています。
これまでは毎日の継続を重視して来ましたが、これからは継続より内容面を大切にしたいものと考えています。
堀川紀夫

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/niigata-art226/20141101

2014-10-31

息子の結婚式−5

| 15:14

昨日に続けて絵葉書4種類を掲載します。
妙高山頂に5月〜6月にあらわれる雪形「山の字」。妙高市の旧関山村一円から見える。
f:id:niigata-art226:20141031012716j:image:w640
上越市南西部に位置する丸みを帯びた南葉山。標高949m。4〜5月に雪形「種まき爺さん」が現れる。
f:id:niigata-art226:20141031012756j:image:w640
高田公園の桜木に雪の華。
f:id:niigata-art226:20141031012718j:image:w640
日本海。冬は厳しく春夏は穏やか。上越市郷津海岸で撮影。
f:id:niigata-art226:20141031012712j:image:w640
今日で10月の終わりです。朝夕、随分と寒くなりました。昨日、少し早めですコタツを出しました。まだ電気は通さないですが、足を入れて防寒しています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/niigata-art226/20141031

2014-10-30

息子の結婚式−4

| 05:20

息子夫婦の門出の弥栄を願い、二人をこれまで育んで来た森羅万象の中から吉兆の形象を取り込んで絵葉書にデザインしました。10種類作成しました。その中の4種類を掲載します。
富士山新幹線三島駅辺りから取材。宝永山が正面に位置する。
f:id:niigata-art226:20141030052134j:image:w640
妙高山標高2,454mで越後富士の異名を持つ。北信五岳の最高峰で、かつ近隣の火打山、焼山と共に頸城三山を形成する。4月〜5月にかけて外輪山の神奈山(1,909m)の中腹に春の風物「はね馬」が現れる。
f:id:niigata-art226:20141030052132j:image:w640
高田公園三重櫓とソメイヨシノ。「日本三大夜桜」で知られている。
f:id:niigata-art226:20141030052129j:image:w640
上越市夷浜海岸の突堤先端より撮影。米山の頂から昇る夏至の日の出。
f:id:niigata-art226:20141030052127j:image:w640

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/niigata-art226/20141030

2014-10-29

息子の結婚式−3

| 01:01

結婚披露宴の最後にワイフにプレゼントされた花束はまさに色とりどりの花が束に組まれていました。そのカバーと束を解き、幾つかの花瓶に分けて生け直しました。翌朝には水が上がり、花は生き生きとしてきていました。今、我が家はまさに華やかです。息子夫婦の幸せを祈り、この花たちの美しさを末永くこのブログに定着させておきます。
f:id:niigata-art226:20141029010044j:image:w640
f:id:niigata-art226:20141029010041j:image:w640
f:id:niigata-art226:20141029010038j:image:w640
f:id:niigata-art226:20141029010032j:image:w640
f:id:niigata-art226:20141029010026j:image:w640
f:id:niigata-art226:20141029010029j:image:w640
f:id:niigata-art226:20141029010035j:image:w640
本日はこれにて。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/niigata-art226/20141029

2014-10-28

トマソンStamp

| 02:26


赤瀬川原平さんを追悼し「トマソンstamp」を発行しました。トマソンさんは存命で現在63歳でいらっしゃいました。
f:id:niigata-art226:20141028022616j:image

wikipediaより
Gary Thomasson
1981年、読売ジャイアンツに入団。引退した王貞治の穴を埋める存在として期待された。しかしこの年、打率.261、本塁打20本を記録したものの、同時に三振132(当時の球団新記録)を喫し、大幅に期待を裏切り、「舶来扇風機」、「三振王」、「トマ損」、「害人」(外人のもじり)などと揶揄された。また、守備でも、同年の日本シリーズでは、失点にからむ失策を記録した。
2年目の1982年の出場は47試合にとどまり、さらに藤田元司監督とトラブルを起こしたため、同年限りで解雇
トマソンの名は、赤瀬川原平らが提唱した「不動産に付着して美しく保存されている無用物」という意味の「超芸術トマソン」という呼び名に転用された。

息子の結婚式−2

| 10:54

息子の結婚式の「引き出物の詩」です。やがて食されたり、呑まれたり、使用されたりして消費されるものですが、それぞれに結婚に順接するイメージやシンボルがデザインされています。それらを素直に解釈しつつ鑑賞したいと思います。
お嫁さんが高校生時代に過したことのある静岡県三島市のお菓子です。肌色系?で円形のパッケージにピンクのリボン、とても上品な色彩です。
f:id:niigata-art226:20141028105550j:image
メタリックな銀色の立方体の小さなパッケージです。正面にダイヤモンドのようにカットされた小さなハート形の飾りが付けられています。立方体(正六面体)は宇宙の尺度の基本であり、プラトンが尊重した多面体の一番目でもあります。
f:id:niigata-art226:20141028105543j:image
中身です。ハート形のクッキーが5個。縁起がいい数字ということです。
f:id:niigata-art226:20141028105540j:image
これは、息子の趣味の酒の世界につながるもので、「残草蓬莱(ざるそうほうらい)」という銘柄も意味深いですが、会社が神奈川県愛甲郡愛川町と愛の字が郡名と町名にあり、鶴と亀の絵柄がデザインされているお酒です。かなりの人気と個性ある銘柄とわかりました。酒は呑んでみて感想を書いてみたいのですが、呑んだ感想をどう書いたらよいか、酒ののどごし感の基本ワードを少し身につけたいものです。
調べてみましたら「残草(ざるそう)」とはキク科の総称と出ていました。菊は今の季節が旬の花です。蓬莱竹取物語に出て来ますが、神仙思想に関係する山で、富士山を指すというのもありました。
f:id:niigata-art226:20141028105537j:image
もう少し品物があるので、また明日。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/niigata-art226/20141028

2014-10-27

息子の結婚式

| 17:02

昨日、息子の結婚式が東京でありました。築地のホテルで泊まって、横トリでも見てこようと思っていたのですが、気疲れして作品などを見る気がなくなり、予定を変更して帰って来ました。
その帰りの電車の電子ニュースで、美術家赤瀬川原平さんが同じ日に亡くなられたことを知りました。私が1971年に「零円切手」をつくる際に赤瀬川さんの「零円札」を参照したことが思い出されます。赤瀬川さんの訃報に接し「生死は仏家の一大事、雪降る」(種田山頭火の句として私の頭に入っている)というフレーズが浮びました。慎んで赤瀬川原平さんのご冥福をお祈り申し上げます。
本日の画像は息子からワイフにプレゼントされた花束です。東京から運んできました。
f:id:niigata-art226:20141027170248j:image

本日はこれにて。

富井玲子富井玲子 2014/10/27 18:46 堀川さんに連れられて、石子順三の展覧会に府中に行ったときが赤瀬川さんにお会いした最後でした。あの時はお元気そうで。。。開会式の開場で、一番最後の列の折りたたみ椅子に座られたので、病後でお気の毒と思い私の席をお譲りしりょうとしたら、隣の席の方が気をきかせて席を立ってくださって、私は赤瀬川さんと一緒に座って、開会式の挨拶を聞きました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/niigata-art226/20141027

2014-10-26

「サイトと野性」展記録集表紙

| 04:58

「サイトと野性」展の記録集を作成しています。昨日、原稿全てが出そろい、レイアウト等の最終チェック作業をしています。表紙が出来ましたので掲載します。
f:id:niigata-art226:20141026045748j:image
本日は、我が家の一世一代の大行事、息子の結婚式と披露宴があり、東京に出かけて来ます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/niigata-art226/20141026

2014-10-25

「サイトと野性」展の記事

| 08:41

本日の新潟日報にNiigata Review欄に美術評論家福住廉さんによる「サイトと野性」展の紹介記事が載りました。記事に取り上げていただいた新潟日報とご多用の中取材においでいただいた福住さんに感謝しつつ掲載させていただきます。
これで、私の描いていた最初の企画立案から展覧会開催、レビュー→一般化へのサイクルが一応終わり、安堵しています。もう一つ、これらのサイクルを要約した記録集の作成がのこっています。それを会期中に成し遂げたいものと考えています。
「サイトと野性」展は11月3日まで。ギャラリー湯山会場は本日を入れてあと5日。まつだい農舞台会場は水曜日が休みであと9日間です。皆様、秋の行楽を兼ねて十日町市松代と松之山においで下さい。
f:id:niigata-art226:20141025084117j:image
写真がモノクロでしたので、原版のカラー写真をお見せします。f:id:niigata-art226:20141025084538j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/niigata-art226/20141025

2014-10-24

道頓堀グリコ新看板

| 10:24

コピペです。

世界の名所を次々走る、6代目「グリコ看板」
読売新聞 10月24日(金)0時25分配信

 大阪道頓堀の観光名所「グリコ看板」がリニューアルされ、23日、点灯式が行われた。
 両手を上げて疾走するランナーのデザインはこれまで通りだが、今回初めて省エネ性能の高い発光ダイオード(LED)を採用し、日本や世界の名所を背景に次々と映し出せるようになった。

 看板は1935年に設置され、今回で6代目。高さ20メートル、幅10・38メートルで、約14万4000個のLEDを使っている。背景には、大阪城など地元の名所に固定していた先代と異なり、富士山や、ロンドンの大時計「ビッグベン」などを自在に流せるようになった。

 点灯時間は午後6時〜午前0時で、15分おきに5パターンの映像(各2分)を放映するという。

最終更新:10月24日(金)0時25分

背景に富士山など世界各地の名所を自在に流せるようになりました。
6代目のグリコ看板。写真はWeb検索より。
f:id:niigata-art226:20141024102410j:image
f:id:niigata-art226:20141024102407j:image
f:id:niigata-art226:20141024102409j:image
f:id:niigata-art226:20141024102408j:image

コピペをさせてもらってから、ふと思いついて近くのスーパーまで行ってグリコのキャラメルを買って来ました。レシートには「グリコ4粒」とあり、値段は税別で88円でした。ちなみに、このようなグリコ製品を買ったのは生まれて初めてと思います。中身のキャラメルはハート形でした。おまけの「アソビグリコ」が10種類あるので集めてみようと思いました。笑い!!!にしておきます。
f:id:niigata-art226:20141024111544j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/niigata-art226/20141024

2014-10-23

身辺雑記(10月23日)

| 17:41

今日は中越地震10周年メモリアルデーです。色々と思い出すことがありました。翌日に余震の恐れをものともせずというか、あまり深く考えずに合唱祭を開催してしまったことが一番強く記憶に刻まれています。合唱祭のプログラムの合間に余震があり一瞬ぎくりとしました。「体育館の天井から何んの落下もなくてよかった」としみじみと振り返る次第です。
今日は午前に、新聞の切り抜きなどの整理を昼食後は釣りに出かけましたが、全く釣果無し。頭を空っぽにしてD埠頭で4時間くらい過して来ました。
f:id:niigata-art226:20141023174103j:image:w640
f:id:niigata-art226:20141023174104j:image:w640

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/niigata-art226/20141023

2014-10-22

金葉展への新作出品

| 08:38

教員OBの仲間の会による金葉展(21~22日)、会場は市民プラザに出品しています。毎年、この機会を前向きに捉え、新作を出品するように努めています。
9月21日のワークショップに使用したルネ・マグリット絵画から飛び出させた「PAYSAGE」のフレームを使って絵画=壁掛け作品に仕立ててみました。この方法でかなり多様に展開可能と考えています。
f:id:niigata-art226:20141022083746j:image
CGです。ポピュラーな話題にしました。
f:id:niigata-art226:20141022083745j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/niigata-art226/20141022

2014-10-21

季節の移ろい

| 09:29

我が家の玄関の真正面から朝の光が差し込んできます。家の東側にある住宅の隙間から日の出するからです。上着を着けないと寒く感じます。毎年、季節の移ろいを感じるこの時期です。

f:id:niigata-art226:20141021092824j:image

政治のことが何か変な流れになって来ています。昨日、第一次安倍内閣の閣僚辞任ドミノ劇の悪夢か茶番劇を思い出す小淵経済産業大臣松島法務大臣の連続辞任がありました。
久しぶりのE-Stampです。小淵さん、もう一度出直して下さい。別のテーマを「横と正面」としておきます。
f:id:niigata-art226:20141021092825j:image
松島法務大臣の辞任発言の中で「うちわを、イベントで配られて捨てられるたぐいのものである」というものがありましたが、これは「うちわを差別する」発言です。この世の全てのものはそれなりの目的、使命の為に生産されています。「たぐいのもの」という表現はうちわの生産者に大変失礼であると思うものです。
f:id:niigata-art226:20141021093653j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/niigata-art226/20141021

2014-10-20

脇野田駅移設

| 07:59

脇野田駅が新しい上越妙高駅に隣接する位置に移設されました。
f:id:niigata-art226:20141020075831j:image:w640
f:id:niigata-art226:20141020075832j:image:w640
西側の待ち合い的な2階のスペース。頸城の連山が楽しめます。今後、視界を遮る高層建築が出現するとどうなるのか心配を感じた次第。
f:id:niigata-art226:20141020075833j:image:w640
式典はもう終了していました。くす玉を取り外す作業をしています。
f:id:niigata-art226:20141020075834j:image:w640
脇野田駅改札口です。この駅名は来年3月までの命です。
f:id:niigata-art226:20141020075835j:image:w640
東側上越妙高駅正面入口の吹抜け。木材を使った8角形のイメージは東京駅のようです。悪い感じではありません。いい感じでした。
f:id:niigata-art226:20141020075836j:image:w640
移設を祝って食やアート的なイベントが開催されていました。色々なユルキャラが闊歩していました。トキは有名です。左は兼継くんです。相当前の「愛」スターです。名札を付けていました。そうでないと、もう分かりません。
f:id:niigata-art226:20141020075837j:image:w640

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/niigata-art226/20141020

2014-10-19

253号線上にて

| 09:06

昨日、ギャラリー湯山の当番に行く為にでR253を運転していて、青野十文字近くから対向車線に次々とクラシック的なスポーツカーが現れてきました。運転しながら撮影。あまりよくありませんが、浦川原のヤマイチでおにぎりを買うついでに一枚かなり大きく撮影することが出来ました。ラジオを聞くと一昨日に原宿を出発して来たクラシックカーレース「ラ・フェスタ ミッレ・ミリア 2014」だと紹介していました。世の中には色々な趣味の人がいるものです。
(追加:このレースの正式名称は「La Festa Mille Milglia 2014」!!)

f:id:niigata-art226:20141019090313j:image:w640
f:id:niigata-art226:20141019090314j:image:w640
f:id:niigata-art226:20141019090315j:image:w640
f:id:niigata-art226:20141019090316j:image:w640
ギャラリー湯山にて。よい天気でチョウが飛んで来ていました。
f:id:niigata-art226:20141019090318j:image:w640
f:id:niigata-art226:20141019090317j:image:w640
ギャラリー湯山の当番で日差しがある時は良いのですが日差しが入らなくなると急に寒くなります。風も涼しさから寒さになり、そろそろ暖房が必要ということはそろそろシーズンも終わりということです。「サイトと野性」展も 11月3日まで。あと6日です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/niigata-art226/20141019