Art Site Horikawa

2018-05-24

Tensegrity の展開(20180524)

Tensegrityの原理を応用しどのようにオリジナルな部分を創出して行くかで悩みつつ進んでいます。
今日は糸鋸でジグザグ型のストラットをつくって組み上げてみました。ストレートなストラットとは違った趣が出て来ました。ストラットの長さは20cmです。
Strut⊃3
f:id:niigata-art226:20180524131139j:image
Strut⊃5
f:id:niigata-art226:20180524131138j:image

2018-05-23

朝焼け

夷浜の突堤にて。4時15分撮影。
海面に朝焼けの色が写って価値ある景色でした。
f:id:niigata-art226:20180523122416j:image
アジ狙いの朝釣りでしたが全くダメでした。出だしが遅すぎました。夕方で狙うしかないようです。
とりあえず。
(その後、漁港の方へ移動しイワシ50匹くらい釣り上げてしまいました。Y先輩へ20匹届け、Fさんには焼いて6匹、Mさんには8匹、Sさんに7匹お裾分けしました。)

2018-05-22

新作展開

IoTの方法の応用を前提とした一応の新作展開です。自己評価としては80点以上はありますがそれ以上は超えて行けない作品と捉えています。あらたな意味性に誘うもう一つの重要な要素が必要と考えて庭に設置し、ひらめきの訪れを待っている次第です。
タイトルは「7つの峰」
f:id:niigata-art226:20180522165606j:image

f:id:niigata-art226:20180522165605j:image

f:id:niigata-art226:20180522165603j:image

f:id:niigata-art226:20180522165604j:image

f:id:niigata-art226:20180522165607j:image


今日は朝4時15分頃出発で朝釣りへ。C岸壁で米山右下からの日の出に立ち会いました。4時45分頃でした。前半はコノシロ一匹。その後漁船の係留ポイントへ移動し見学しているとイワシの群れがやって来て釣れ出したので加わって竿を投入。1/3袋くらいの餌を使った時点で10匹釣り上げました。30分後くらいに群れが移動したようなので港の入口方面へ100mくらいのところで改めて観察していると40mくらい沖のところで跳ね回っている群れがいました。意を決して餌を一袋買いに行って来ました。結果としてはその後30匹以上釣り上げました。一時は入れ食い状態で忙しく動きました。帰宅したのは10時過ぎ。5時間以上の釣り三昧でした。明日からイワシは狙わないようにします。
f:id:niigata-art226:20180522171602j:image
9時過ぎくらいに撮影。水面の小さなうねりへの陽光の反射が係留船に写って海辺の景色の情感を高めていました。
f:id:niigata-art226:20180522171603j:image
帰路バイパスから一般道へ下りる信号待ちで撮影。
f:id:niigata-art226:20180522171604j:image
本日はこれにて。

2018-05-21

釣り三昧(20180521)

今日は0時30分過ぎに目が覚めてしまいました。その後は熟睡できなく3時半頃までうつらうつらと過し、どうしようもないので朝釣りへ出発。美しい朝焼けを見ました。
f:id:niigata-art226:20180521130634j:image
いつものポイントで釣り始めましたが釣果は全くゼロ。2時間かけて餌一袋を終了したので諦めて帰ろうとしたのですが東端のポイントが気になり、どんな状態か様子見に寄るとなんとイワシが湧いていました。そこであわてて竿を投入。後はもうめちゃくちゃな釣り方で群れめがけて竿を投げかかったら引き上げるの繰り返し。20匹くらい釣ったら群れが中程に移動して行ったのでそれを追いかけて5匹くらいゲット。その後姿をくらましたので元の場所に戻ったのかともう一度東端へ行くとそこで湧いていました。又同じように群れが来るとそれをめがけて投入の繰り返し。
f:id:niigata-art226:20180521130635j:image
釣り上げたイワシは合計60匹以上。釣り上げたというよりは引っ掛けて獲ったという感じですが。これ迄で最高の漁でした。事後の魚さばきなどの処理が大変でした。
f:id:niigata-art226:20180521130636j:image
大漁の場合は気分を良くして周囲に配ります。親戚用に大きめのイワシセットを用意しました。
f:id:niigata-art226:20180521130637j:image
そのまま冷凍。ミンチにして冷凍。ミンチにして小麦粉を混ぜて蒸かしてかまぼにする。ぬたでたべる。塩焼きでたべる。塩を利かせてメザシづくりして冷凍保存等。とにかく、新鮮なうちにイワシを沢山食べたいと思います。
イワシはもう沢山です。一年分釣ってしまったようです。
とりあえず。

2018-05-20

日常の非日常(20180520)

この数日間で屋敷の竹の子を20本くらい採取して食しました。雨が降り、そして天気になり、ある花は咲き終わり、そして別の花が咲いてくれます。ささやかな庭の自然の営み、咲く花が増えてくれ手嬉しいです。
一本の枝から3本の花が咲いています。
f:id:niigata-art226:20180520110103j:image
2個目の蓮の花。
f:id:niigata-art226:20180520110100j:image
少しオレンジの入った種類。
f:id:niigata-art226:20180520110101j:image
アトリエ棟の敷地に以前の住人によって植えられていたオレンジ色のばら。
f:id:niigata-art226:20180520110102j:image
同じ班内のFさんからいただいた紫ラン。
f:id:niigata-art226:20180520110104j:image
ホームセンターで買って来た白ラン。
f:id:niigata-art226:20180520110105j:image
朝食後、先日植えたキュウリの棚をつくりました。今年のキウリはどのような出来になるでしょうか。うどん粉病等の病気にならないように願うのみです。
f:id:niigata-art226:20180520111048j:image

2018-05-19

Tensegrityより(180518)

以前Tensegrityについてのコメントでサイクロイド型という言葉を用いていましが間違っていました。スパイラル型が正しいことが分かりました。
このTensegrityは時々組立のトレーニングをしないと途中で正しい手順が分からなくなってしまいます。Strut10のトレーニングをしていた数日前、完成した作品を見ていてこれ迄に見えたものと違った展開が閃きました。TensegrityからでたTensegrityもどきと言える作品です。Tensegrityで出来ている三角形を実体に置き換え引っ張り構造を減らし、その分をほぞ組で補って組み上げた形で、見栄えが彫刻的になりました。この作例では引っ張り材が必要なくなりました。これらの三角形の組合わせで色々な展開が出来そうです。

 掲載の作例は同じ形を八つ組み合わせています。形と形の接点を追うとスパイラルが見えて来ました。平面的な形を現場で組み立てて完成します。片付け、搬出も容易でインスタレーション的な展開例です。タイトルを「八つの峰」としました。
f:id:niigata-art226:20180519095743j:image

f:id:niigata-art226:20180519095742j:image

f:id:niigata-art226:20180519095741j:image

f:id:niigata-art226:20180519095740j:image

f:id:niigata-art226:20180519095739j:image

2018-05-18

海の情景

昨日の午前はS君の葬儀に出席。午後は3時くらい迄アート制作。夕刻に釣りに出かけたのですが、釣果は全くゼロ。フグも掛りませんでした。海風が吹き、灰色の雲が姿を変えつつ上空を動いて行きました。気になる雲を撮影。

f:id:niigata-art226:20180518093655j:image
海に行っても魚が釣れないと気分は晴れません。昨日は気分の晴れない日でした。

2018-05-17

日所の非日常(2018.5.17)

昨日撮影の花々です。
地植えをしてからしっかり根を下ろして毎年咲いてくれます。
f:id:niigata-art226:20180517074537j:image
濃い紫のミヤコワスレ
f:id:niigata-art226:20180517074538j:image
キスゲ科の仲間です。
f:id:niigata-art226:20180517074540j:image
同じ花芽から2つ目の花が咲いてくれました。
f:id:niigata-art226:20180517074539j:image
何処からか飛んで来て根付いたオダマキ
f:id:niigata-art226:20180517074541j:image
近所の先輩Sさんからいただいた睡蓮
f:id:niigata-art226:20180517074542j:image
今日は、昨日紹介のS君の本葬です。お別れして来ます。

2018-05-16

日常の非日常

歴史は毎日刻印されます。昨日5月15日、S君が亡くなられたという連絡を受けました。S君とは高校からの同級生で教員仲間。身近な存在だったので寂しさも一入です。本日の通夜と明日の本葬に出席しお別れして来ます。
そんな昨日だからなおさら、海に行きたいという思いが募りました。3時半頃にOさんと示し合わせてD突堤へ行き日没迄頑張るも釣果なし。日没の光景を眺めながらS君のことを偲びました。
f:id:niigata-art226:20180516123651j:image
日没の直前です。太陽は有り難きかな!
f:id:niigata-art226:20180516123652j:image
日没終了後のタイミングで飛行機雲が見えました。S君の魂が飛んで行くその軌跡のように見えました。
ちなみに、この写真の右に写っている二人連れのみにいいアジが2匹釣れました。
f:id:niigata-art226:20180516125733j:image
これは本日の朝のC岸壁での撮影。昨日の残りの釣り餌で5時頃から竿を投入。諦めかけて釣り場所を移動しようとしたその瞬間浮きが沈む歓喜の瞬間が訪れました。獲物はイワシイワシはウロコが沢山飛び散ります。クーラーボックスの中でイワシをかき混ぜてウロコを落としその水を流した後の光景です。題して「草間調ウロコ絵」なんちゃって。
f:id:niigata-art226:20180516123653j:image
新鮮なイワシはぬたで食します。一日塩で寝かせて明日食します。

2018-05-15

Tensegrityよりの展開

一つ上の次元でのTensegrityを求めている。これまでは、材質、色、形、大きさ等の要素を工夫して来た。単なるTensegrityのユーザーのレベルから一歩踏み出し次のステップを踏むことを考えて来た。
昨日、TensegrityのStrut10のスパイラル型(サイクロイド型は間違いなので訂正)のおさらいをしていて閃くものがあり、早速Strut3を手始めに試してみた。
ゴムひもによるStrut10
f:id:niigata-art226:20180515141427j:image
紙の作品を組み合わせる。
f:id:niigata-art226:20180515141426j:image
テトロン紐によるStrut5。これだとゴムより耐久性が強い。
f:id:niigata-art226:20180515141428j:image
Strut3の組合わせ構造の3つの面を実体化して再び組み合わせる。引き算と足し算しているのですがうまく説明できません。
f:id:niigata-art226:20180515141431j:image
上記と同じ構造。
f:id:niigata-art226:20180515141432j:image
Strut4
f:id:niigata-art226:20180515141433j:image
Strut5
f:id:niigata-art226:20180515141434j:image
Strut3
f:id:niigata-art226:20180515141436j:image
正三角を6つ組み合わせて円形を成す。アーチ構造の仕組みが利用された形になった。
f:id:niigata-art226:20180515141437j:image

細長い三角形に穴をあけて、その穴に一つの頂点を差し込んで力点・支点・作用点をつくり出して立たせる形に組合る作品。結構気に入ったかたちになった。タイトルをどうするかなど、これから考えます。
f:id:niigata-art226:20180515141430j:image
Tensegrityの原理を元にしたアレンジ作品がどんどんできそうです。
本日はこれにて。

ページビュー
38515