Hatena::ブログ(Diary)

西野神社 社務日誌

3000-00-03 [表紙]

西野神社

人気blogランキングへ このバナー、もしくは各記事文末に貼ってある「人気blogRanking」のバナーをクリックすると、このブログが「人気ブログランキング」にランクインされますので、お手数ですが、どちらかのバナーを一日一回クリックして戴けると、とても嬉しいです。御協力宜しくお願い致します!

記事一覧 過去の記事を検索する場合はここをクリックして下さい。主要な記事がカテゴリー別に分類されています。

◆ この記事は、このブログの「表紙」として常にトップに表示されます。

◆ コメントは大歓迎ですが、この記事にコメントを付けるのは御遠慮下さい。誠に勝手ながら、この記事に付けられたコメントは削除、もしくは他の記事へ移動させて頂きます。

◆ このブログを担当している私は西野神社の一職員(権禰宜)です。宮司に対しての質問・問い合わせ等は、このブログではなく掲示板の方にお願い致します。

2016-08-21 野点の修礼

今年の秋まつりでは、「西野神社氏子青年会 皐月会」の企画・主催により、初めて野点(のだて)が行われる事となり、今日は午後から当社参集殿にて、その打ち合わせや修礼(しゅらい)が行われました。
野点とは、屋外で自然を楽しみながら、堅苦しくなく抹茶を頂くお茶会の事で、秋まつり期間中の来月18日の午前10時から午後3時にかけて、当社境内(神輿殿前を予定)にて行います。
ちなみに、修礼というのは、練習やリハーサルなどの事です。

以下の写真は、いずれも本日行われた、野点のその修礼の様子です。当日は、地元の高校茶道部に所属する高校生達10人がお手伝いに来てくれる事になっておりますが、今日の修礼には、そのうちの2人も参加してくれました。

西野神社秋まつり 野点の修礼

西野神社秋まつり 野点の修礼

西野神社秋まつり 野点の修礼

西野神社秋まつり 野点の修礼

西野神社秋まつり 野点の修礼

西野神社秋まつり 野点の修礼

当日の野点は、皆様に気軽にお立ち寄り頂いて、抹茶の味覚を堪能しながら野点の雰囲気を楽しんで戴くために行いますので、事前の申し込み等は不要で、参加費も無料です。
但し、単なる抹茶サービスとして行うものではなく、茶道の作法に基づいてその説明等をしながら行うため、一回(一セット)の野点に参加できる人数には限りがあります。満席の場合は先着順となるため、もし満席のため参加出来なかった方は、次の野点が始まるまで少し待って戴く事も有り得ますので、申し訳ありませんがその点は予め御了承下さい。


(田頭)

人気blogランキングへ

2016-08-18 秋まつりの紹介ページが完成しました

来月17・18両日に行われる、本年の「西野神社 秋まつり」の概要については、先月10日付の記事でも紹介致しましたが、秋まつりについて更に詳しい内容のページが、当社サイト内にアップされました。下のバナーボタン)を押すと、そのページにジャンプするので、是非御一読下さい。

秋まつりの紹介ページ

秋まつり期間中の2日間、境内では様々な神事や奉納行事等が行われますので、来月の17・18日のいずれかの日は、もしくは両日は、是非御家族お揃いの上、西野神社へお越し下さい。
西野神社年間行事の中で最大の行事である秋まつり(西野神社例祭)まで、あと丁度一ヶ月です!

(田頭)

人気blogランキングへ

2016-08-14 西野神社奥津城夏季霊祭

西野神社から車で40分程の距離にある、南区藤野藤野聖山園には、故人の御霊(みたま)を無縁にする事なく永代に亘り神道式での祭祀を執行する事を目的に当社が平成13年に建立した奥津城(神式のお墓)があるのですが、今日は午前9時30分からその奥津城で、宮司と私の2人奉仕により「西野神社奥津城夏季霊祭」が斎行されました。
この夏季霊祭は、お盆に於ける恒例の行事(霊祭)として、毎年この時期に行っております。

西野神社奥津城夏季霊祭

西野神社奥津城夏季霊祭

札幌で生まれ育ったものの、仕事やその他の都合で普段は札幌を離れているという方も、この時期だけはお盆休みを利用して札幌に帰省しているという方が多く、今夏の西野神社奥津城夏季霊祭には、奥津城に鎮まっておられる御霊(みたま)の御遺族の方々など約30人が参列して下さり、どなたも心静かに故人を偲んでおられました。


(田頭)

人気blogランキングへ

2016-08-12 門出仕が権禰宜になりました

今年の3月に宮城県塩竈市にある「志波彦神社・鹽竈神社神職養成所」を卒業して階位(神職の資格)を取得し、翌4月に当社に職員として入社した、北海道神社庁管内神社の神職の中では恐らく最年少と思われる現在20歳の門(かど)君が、今月1日付で、「西野神社出仕」から「西野神社権禰宜」へと昇格しました。

西野神社権禰宜に任ずる辞令

今月10日には、北海道神社庁の庁舎で辞令伝達式が行われ、今月から当社の権禰宜となった門君と、もうひとりの神職さん(某神社の権禰宜だったその方は、別の神社へ宮司として転任されたらしく、今回はその辞令伝達を受けに来られました。ちなみのその方は、私にとっては京都國學院での先輩、私の妻にとっては京都國學院での同期に当たります)の二人が、その伝達式に出席し、正式に辞令を受けてきました。

ちなみに、「出仕とか権禰宜って一体何ですか?」という方は、以下の記事を御一読下さい。今から10年程前に私がアップした記事ですが、神職の職階についてはこちらのほうで詳しく解説させて頂いております。
http://d.hatena.ne.jp/nisinojinnjya/20060318


門君は、当社の権禰宜になった事で、神職身分は「三級」となり(権正階以上の階位を持つ者が権禰宜になると自動的に三級になります)、それに伴い、今月からは穿く袴の色も、それまでの松葉色(ほぼ緑色)から、神職身分に応じて浅葱色(ほぼ水色)へと変わりました。

西野神社 門(かど)権禰宜

なお、出仕については、そもそも神職身分が無いので袴の色についての規定は無く、必ずしもそうとは限りませんが一般的には、出仕は松葉色もしくは白色の袴を穿く事が多いです。


ちなみに、私は平成16年4月に当社に入社して出仕となり、翌月に権禰宜となり、その後は、平成23年4月に越川権禰宜が平成27年4月に田頭権禰宜(私の妻)が、それぞれ当社の神職となっておりますが、越川権禰宜や私の妻の場合は、出仕にはならず、当社に入社した時点から権禰宜でした。
越川権禰宜の場合は、関東の神社で数年間権禰宜として奉仕していた事があり、私の妻の場合は、関西の神社(神職は宮司一人しか在籍していない、小さなお宮ではありましたが)で数年間宮司として奉仕していた事があり、つまり2人は、当社の神職になる以前から神職としての経歴があったため、出仕にはならず直ぐに権禰宜になったのです。
というわけで、当社で出仕が権禰宜へと昇格するのは、平成16年の私の事例以来、実に12年ぶりとなります!

なお、この度の辞令により、当社の神職7人の職階別内訳は、宮司1人、権禰宜6人となり、出仕はいなくなりました。


(田頭)

人気blogランキングへ

弥彦弥彦 2016/08/20 13:36 ご活躍を!ワタシは本人ではありませんが、弥彦には予備自衛官の神職も在しております。 志高き御神職となられるよう、一般人でも予備自衛官になる制度、ご参考になされば、と思います。
http://www.mod.go.jp/gsdf/jieikanbosyu/recruit/15.html

2016-08-09 71年目の長崎原爆忌と、ヒロシマ・ナガサキの違い

今月6日付の記事で紹介したように、今月6日は広島原爆忌(広島原爆の日)でしたが、それから3日が経った本日は、長崎原爆忌(長崎原爆の日)です。

丁度71年前の今日、昭和20年8月9日の午前11時2分、広島に投下されたウラン原子爆弾リトルボーイ」の1.5倍の威力を持つプルトニウム型原子爆弾「ファットマン」が、米軍のB-29爆撃機「ボックスカー」により長崎に投下され、その熱線や爆風などにより、当時の長崎市の人口24万人のうち約74,000人もの尊い人命が失われました。

長崎への原爆投下

その忌まわしい日から71年目を迎えた長崎市では、今日午前、市内の平和公園で、市の主催により長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典が開かれ、被爆者や遺族、安倍晋三首相アメリカロシアなど核兵器保有国を含む53ヶ国の政府代表者、長崎市民など約5,600人が参列し、平和への祈りを捧げました。
また、原爆投下時刻の午前11時2分には、「長崎の鐘」が響く中、参列者全員により黙祷が捧げられました。

長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典


ところで、被爆地を表す地名としての「ヒロシマ」と「ナガサキ」は世界的にも有名ですが、そのヒロシマとナガサキの違い、広島に投下された原爆と長崎に投下された原爆の違いというのは、具体的には何だったのでしょうか。この点については、日本人でも意外と知らない方が少なくないようなので、以下に、両者の違いを表形式でまとめてみました。

広島型原爆と長崎型原爆の違い

広島型原爆長崎型原爆
コードネームリトルボーイファットマン
爆弾の燃料ウランプルトニウム
爆発の威力TNT換算で約15キロトンTNT換算で約22キロトン
投下した爆撃機B-29(エノラ・ゲイ)B-29(ボックスカー)
爆発地点市の中心部市の北西部
当時の人口約35万人約24万人
死者数約14万人約7万4千人
負傷者数約7万9千人約7万5千人
消失面積13.2平方km6.7平方km

広島の原爆と長崎の原爆を比較すると、使用された燃料、爆発時の破壊力、被害状況などが異なっており、こういうふうに一言でまとめてしまうのはやや乱暴かもしれませんが、簡潔にざっくり言うと、より被害が大きかったのが広島原爆で、より破壊力が大きかったのが長崎原爆、と言えます。

広島に投下された原爆の約1.5倍もの威力を持つ原爆が使われた長崎のほうが、実際には被害が少なかったのですが、その要因としては、長崎市は山で囲まれた地形でそれらの山々によって熱線や爆風が遮断された(それに対して広島は河口に向かって広く開けている地形)、長崎の原爆は市の中心部ではなく市街地から北西に外れた所で投下された、人口も広島に比べると長崎は少なかった、などが挙げられます。


以下は、本日、『オバマは長崎に来なかった ― 71年目の長崎「最後の被爆都市」の意味』というタイトルYahoo!ニュースにアップされていたニュース記事(取材・文 ライター高瀬毅氏)から、一部を転載したものです。これも、ヒロシマとナガサキの違いやその意味を考える上で、参考になる文章だと思います。
ちなみに、記事中のRECNAの中村さんとは、長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)准教授中村桂子さんの事です。

ドイツの戦争犯罪を裁いたニュルンベルク裁判の主席検事で米軍准将、テルフォード・テイラーは、「広島の是非については議論の余地がある。だが長崎を正当化するもっともらしい理由を聞いたことがない」と述べている。

原爆開発史や原爆投下の道程を研究しているスタンフォード大学のバートン・バーンスタイン教授はこう言う。
「1発目の原爆投下の必要性をどのように考えるかはともかく、8月9日に長崎に落とされた2発目の原爆はほぼ間違いなく不必要なものだった」(『核の戦後史』より)

長崎に落とされた原爆によって、昭和20年末までに7万数千人が亡くなっている。14万人以上が犠牲となった広島が人類史上最初の被爆地なら、長崎は現時点において「最後の被爆地」ということになる。

「その意味は大きい。だからこそナガサキは、命の問題を考える多くの人たちのハブ(拠点)のような存在になるし、そういう情報を発信していくべきだと思う」
RECNAの中村さんはそう強調する。


人類史上、実戦で核兵器が使用されたのは、昭和20年8月6日に広島へ投下された原爆と、同年9日に長崎へ投下された原爆の2発だけですが、広島が最初の被爆地となった事から、長崎はどうしても「2回目の被爆地」というイメージを抱かれてしまう事が多く、その結果、長崎は広島に比べるとやや軽くみられてきたという感は残念ながら否定出来ません。
しかし、「長崎は2回目の被爆地」ではなく、「長崎は人類史上最後の被爆地」と考えると、ナガサキという言葉が持つ意味は、確かに大きく変わってくるように思えます。

最後にもう一点、補足すると、広島と長崎それぞれの反核運動や核廃絶運動などに対する姿勢の違いは、「怒りの広島、祈りの長崎」と表現される事もあります。
これは、広島原爆の代表文学である峠三吉さんの原爆詩集「にんげんをかえせ」が、被爆者の怒りを表しており、一方、長崎原爆の代表文学である永井隆さんの「長崎の鐘」は世界平和を訴える作品であり、また、長崎は歴史的にキリスト教信者が多く、世界平和を祈る印象が強いためと云われています。
勿論、これはあくまでもステレオタイプひとつであり、実際には、広島市民が平和を祈らないわけでも、長崎市民が怒っていないわけでもありません。


(田頭)

人気blogランキングへ