Hatena::ブログ(Diary)

西野神社 社務日誌

3000-00-03 [表紙]

西野神社

人気blogランキングへ このバナー、もしくは各記事文末に貼ってある「人気blogRanking」のバナーをクリックすると、このブログが「人気ブログランキング」にランクインされますので、お手数ですが、どちらかのバナーを一日一回クリックして戴けると、とても嬉しいです。御協力宜しくお願い致します!

記事一覧 過去の記事を検索する場合はここをクリックして下さい。主要な記事がカテゴリー別に分類されています。

◆ この記事は、このブログの「表紙」として常にトップに表示されます。

◆ コメントは大歓迎ですが、この記事にコメントを付けるのは御遠慮下さい。誠に勝手ながら、この記事に付けられたコメントは削除、もしくは他の記事へ移動させて頂きます。

◆ このブログを担当している私は西野神社の一職員(権禰宜)です。宮司に対しての質問・問い合わせ等は、このブログではなく掲示板の方にお願い致します。

2016-05-25 西野神社境内の草花

少し前まで当社境内満開を迎えていた八重桜の花は、既にその大半が散ってしまいましたが、今は、それに代わって別の草花が色とりどりに咲き誇っており、北海道での春から初夏にかけてのこの時期特有の、美しくも森厳なる境内の風致を保持しております。

以下の写真は、いずれも本日の午前9時半頃に撮影した境内の風景です。もし宜しければ、皆様方も是非、当社境内の草花等の景観を御覧にお越し下さい。草花がお好きな方であれば、きっと、心が癒されると思います。

平成28年5月25日の西野神社境内

平成28年5月25日の西野神社境内

平成28年5月25日の西野神社境内

平成28年5月25日の西野神社境内

平成28年5月25日の西野神社境内

平成28年5月25日の西野神社境内

平成28年5月25日の西野神社境内

平成28年5月25日の西野神社境内

平成28年5月25日の西野神社境内

なお、上の写真の一部には、一般の参拝者は原則として立ち入る事が出来ない場所(中庭など)も含まれているので、その点、御了承下さい。


(田頭)

人気blogランキングへ

2016-05-24 実務研究会の関係者御一行様が札幌に来られました

昨年6月19日付の記事では、初めて札幌の地で開催された「現代神社と実務研究会」の研修会の内容を詳述致しましたが、その「現代神社と実務研究会」の、北海道地区の担当者様から、先日、以下の内容の御案内を頂戴致しました。

現代神社と実務研究会 在道の会員の皆様へ

拝啓 御社頭益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
常日頃より、現代神社と実務研究会の運営に御理解、御協力を賜り厚く御礼申し上げます。
扨、今回北海道神社庁五区(宗谷・網走・紋別)では五区総会並びに五区主管の神職研修会を平成二十八年五月二十三日(月・友引)に北海道神社庁研修室にて有職故実の御研究をなされている八條忠基先生(綺陽装束研究所主宰)を御呼びいたしまして開催いたします。
その折に当研究会の金子善光先生が御一緒に和の幸せ情報誌『和合』の竹森良一編集長と共に御来道いたします。
そこで当研究会在道の皆様には八條先生、竹森編集長も交え今後の活動についてかたる懇親会を左記の通り開催いたしますので御案内をさせていただきました。また、翌二十三日(月・友引)には八條先生の研修会にも是非ご参加下さるようお願いいたします。 敬具

一、日時 平成二十八年五月二十二日(日・先勝)
一、場所 ○○○○


というわけで、綺陽装束研究所主宰で有職故実研究家の八條忠基先生と、雑誌「WAGO -和合-」編集長である竹森良一先生、そして、今までこのブログでも何度か紹介させて頂いている金子善光先生(中野島稲荷神社をはじめ川崎市内の複数の神社で日々宮司として奉仕され、國學院大學では講師として祝詞作文の授業も受け持っておられます)のお三方を北海道にお招きして、今月22日に札幌市内のお店で懇親会が、翌23日には北海道神社庁の庁舎で研修会が、それぞれ開催される事となり、私も同会の会員として、その懇親会と研修会の両方に出席してまいりました。

以下の写真2枚は、いずれも22日(一昨日)の夜に開催された懇親会の様子で、この懇親会には、道外から来られた前出の来賓の先生お三方や、私達道内の会員神職、その他関係者など、11人の方々が出席されました。
私にとっては、いつもの飲み会よりは年齢も立場も私よりも上の方々が多く(私よりも年下の人は一人しかいませんでした)、正直な所、懇親会が始まったばかりの時は結構緊張しておりましたが、実際には、その緊張を打ち消す程の実に和気藹々とした雰囲気で、とても充実した楽しい懇親会でした。
特に、翌日の研修会では講師も務めて下さった八條先生とは、大変有り難い事にこの懇親会の席でいろいろなお話をさせて頂きました。有職故実に関して私が今まで疑問に思っていたいろいろな事に対して、全て理路整然と的確に即答して下さり、本当に面白かったです!

平成28年5月 「現代神社と実務研究会」関係者懇親会

平成28年5月 「現代神社と実務研究会」関係者懇親会

ちなみに、私は金子先生とは今まで何度もお会いしておりますが(今年の2月にも東京でお会いしております)、いずれも東京川崎横浜など関東でお会いしており、私の地元である北海道でお会いしたのは、実は今回が初めてでした。


そして、翌23日(つまり昨日ですが)の午後2時からは、北海道神社庁の庁舎内研修室で「第二回 北海道神社庁五区 神職研修会」として、「日本の行事食 〜自然との調和〜」という演題の、八條先生による御講演が行われました。
この度の研修会の受講生は25名で、北海道神社庁五区(宗谷・網走・紋別の3支部)の主管により開催された研修会である事から受講生の大半はやはり五区の神職さん達で、そのため一区(札幌支部)に所属している私としては、「今自分がここにいてもいいのかな?」という戸惑いも無きにしも非ずでしたが、前述のように、今回は「現代神社と実務研究会」の繋がりから、有り難くも本研修会の御案内を担当者様から頂いておりましたので、私は同会の会員としての立場から、この研修会に出席させて頂きました。

平成28年5月 北海道神社庁5区神職研修会

研修会では、前半は主に、演題ともなった日本の伝統的な行事食と、私達日本人がいかに自然と調和を図って生きてきたか、という事について、そして後半は、装束、特に小直衣(このうし)や狩衣(かりぎぬ)について、講演が行われました。
八條先生は大変博識な方ですが、ただ知識が豊富なだけでなく、話し方もお上手で、更にユーモアのセンスにも長けており、とても密度の濃い本当に有意義な研修会でした。
八條先生が仰っていた「有職故実は、勉強すればするほど謙虚になる」というお言葉が、有職故実の世界の奥深さが感じられて特に印象に残りました。

平成28年5月 北海道神社庁5区神職研修会

平成28年5月 北海道神社庁5区神職研修会

下の写真は、小直衣という、狩衣に袍や直衣のような襴(らん)を縫い付けた装束について、八條先生が解説されているところです。
小直衣は、神社本庁の定める「神職の祭祀服装に関する規程」では、第五条の条文「神事又は礼典の場合には、斎服、狩衣、常服、浄衣その他の祭祀に適する服装を用ふることができる」の、「その他」に該当する装束です。私自身は一度も著た事はありません。

平成28年5月 北海道神社庁5区神職研修会

下の写真は、雨天泥濘時の狩衣の「押折」について、八條先生が解説されているところです。

平成28年5月 北海道神社庁5区神職研修会

下の写真は、狩衣の袖括りの露先の結び方について、八條先生が実演しながら解説されている様子です。

平成28年5月 北海道神社庁5区神職研修会


そして、その研修会の翌日、つまり今日ですが、本日の午前10時頃には、道外から来られている前出の来賓お三方(八條先生、竹森編集長、金子先生)と、「現代神社と実務研究会」の道内役員お二方(実務研究会の理事でもある小清水神社若松宮司さんと、同会の幹事でもある置戸神社の藤川権禰宜さん)の5名の皆様方が、札幌を発ってそれぞれ帰途に就く前に当社にも立ち寄って下さいました。
日程的な都合から(かなり時間が押しているようでした)、当社には20分少々しか滞在して戴けませんでしたが、宮司や私が社殿内を案内したり社務所の応接室で少しお話しをさせて頂くなどしました。下の写真は、本日、当社の拝殿内で撮影した写真です。

平成28年5月 「現代神社と実務研究会」関係者御一行様 西野神社来社

ちなみに、下の写真は、昨年6月に「現代神社と実務研究会の研修会」の御一行様が当社を正式参拝された際に、当社の拝殿前で撮影されたものです。

現代神社と実務研究会 研修旅行(西野神社参拝)

八條先生、竹森編集長、金子先生、若松宮司さん、藤川権禰宜さん、本日は大変御多忙の中、ようこそ当社へお参り下さいました。
また、一昨日の懇親会から今日の当社訪問に至るまでのこの3日間、何かとお世話になりました。いろいろと御配慮戴き、本当にありがとうございました
また次に皆様方にお会い出来る機会を、心より楽しみにしております!


(田頭)

人気blogランキングへ

T.IT.I 2016/05/24 22:30 いつも拝読させていただいております。通勤途中に笠間神社(人形町)があるので毎朝寄っていきます。宮司の姿を見るとすがすがしくなり元気がでます。大それた願い事はしていませんが、雑念が消え精神が安定するのは確かだと思います。

田頭田頭 2016/05/25 15:50 >T.I様

こんにちは。
いつも読んで下さっているとの事、ありがとうございます。
人形町というのは、東京の人形町でしょうか?

私は宮司ではありませんが、私も氏子・崇敬者の皆様方から「宮司の姿を見るとすがすがしくなり元気がでます」と言われるような、無言の教化が出来る神職になれるよう、日々精進していきたいと思います!

2016-05-18 八重桜が身頃を迎えております

現在、当社の境内では、この時期を象徴する八重桜サトザクラ)が見頃を迎えております。西野は都心部よりも標高が高いため、同じ札幌市内でもこの辺り一帯の八重桜は、他の地域よりもやや遅れて咲くのです。
以下の写真は、いずれも本日撮影した、当社境内の八重桜です。

平成28年5月 西野神社境内の八重桜

平成28年5月 西野神社境内の八重桜

平成28年5月 西野神社境内の八重桜

平成28年5月 西野神社境内の八重桜

平成28年5月 西野神社境内の八重桜

平成28年5月 西野神社境内の八重桜

エゾヤマザクラ(写真は今月4日付の記事に掲載しています)の花弁ピンク色ではあるのですが、どちらかというと白っぽくて淡い色であり、それに対して八重桜の花弁は、かなり濃いピンク色なので、どちらの桜が好きかは人によって好みが分かれる所ではあります。

当社の八重桜も満開となり、札幌の季節は、そろそろ春から初夏へと差し掛かりつつあります。例年通りであれば、札幌の最高気温も今月中には25℃を超える日が出始め、恐らく今月下旬頃には一旦夏日を迎える事となるでしょう。


(田頭)

人気blogランキングへ

2016-05-14 渡辺直美さんが番組収録のため西野神社へ来て下さいました

お笑いタレント・女性ピン芸人として多方面で活躍されている渡辺直美さんが、毎回ゲストとともに様々なディープな会話を繰り広げる「ハラホリ」というトーク番組が、毎週金曜日の深夜0時からBSアサヒで放送されておりますが、そのハラホリで使われる映像の収録が、今日の午後3時過ぎ頃、当社境内で行われました。

渡辺直美さんと、もうひとりのゲストの女性(大変失礼ながら、私は、名前は存じ上げない方でした。但し年齢は18歳との事です)の2人が、道内のいろいろな場所を回るというロケで、今回は、二人で西野神社を参拝して下さいました。
まず鳥居をくぐって境内に入り、参道を歩き、そして手水舎で手や口を清めてから、拝殿向拝で「二礼二拍手一礼」の作法でお参りし、拝礼後、おみくじを引き、授与所前でそのおみくじを内容を確認する、という場面が撮影されました。
私は、その二人が当社滞在中に、神社に関する事で分からない事や質問したい事を思い付いた場合、その場でそれに対応するという役で、境内で二人に同行させて頂きました。私の話しているシーンが実際に番組の中で使われるのかどうかは分かりませんが。

平成28年5月 BSアサヒ「ハラホリ」西野神社ロケ

平成28年5月 BSアサヒ「ハラホリ」西野神社ロケ

平成28年5月 BSアサヒ「ハラホリ」西野神社ロケ

渡辺直美さんは、カメラがまわっていない時でも、周囲の人達(近くにいる参拝者や私など)にきちんと挨拶をされる礼儀正しい方で、もうひとりの女性の方も、たまたま参拝に来ていた小学生や中学生のグループと笑顔で話されるなど気さくな方で、また二人とも、収録が終わった後は、参拝者からの求めに応じて気軽に写真撮影にも応じていたりと、なかなか感じの良い人達でした。
ちなみに、今日撮影した映像は、6月下旬頃に放送される予定との事です。


以下は、今回の撮影時にたまたま境内にいらした参拝者の方々が、この件について御自身のツイッターツイートした内容です。
https://twitter.com/____m8825/status/731379965099282432
https://twitter.com/imomushi87/status/731383237965029376
https://twitter.com/fuma_____03/status/731482574133047296
https://twitter.com/c_y_2000/status/731510667908251649


(田頭)

人気blogランキングへ

2016-05-10 西野神社で開花を迎えている春の草木

一昨日から今日にかけて、西野神社境内及び西野神社前で撮影した、各所で咲き誇る草木風景です。只今、春真っ盛りです!
ちなみに、1枚目の写真には、梅の木の後ろ(道路の向こう側)で、消防士の方々がホースやハシゴ等を使って真剣に訓練をしている様子も写っています。

平成28年5月上旬 西野神社境内の風景

平成28年5月上旬 西野神社境内の風景

平成28年5月上旬 西野神社境内の風景

平成28年5月上旬 西野神社境内の風景

平成28年5月上旬 西野神社前の風景


(田頭)

人気blogランキングへ