Hatena::ブログ(Diary)

西野神社 社務日誌

2015-12-23 年末年始態勢スタート!

神社が年間で最も忙しいのは、例祭(西野神社の場合は秋まつり)の準備期間と例祭当日、そして、年末年始の期間(年の瀬と初詣シーズン)ですが、今年も、その最大の繁忙期のひとつである「年末年始」のシーズンに、ついに突入しました!

当社では、昨日までは平時の体勢でしたが、畏くも天長節(今上陛下の御誕生日)でもある本日からは、本格的に年末年始態勢が始動しました。
以下は、当社に於けるこの度の年末年始の情報(授与品の頒布時間や御祈祷の受付時間)です。年末年始に当社へ来られる方は、御参照下さい。


◆授与所の窓口を開ける時間 (おふだやお守りなどの授与品を頒布する時間)

【12月23〜31日】 09:00〜17:00
【1月1日】 00:00〜21:00
【1月2日】 09:00〜20:00
【1月3日】 09:00〜19:00
【1月4〜15日】 09:00〜17:00
【1月16日】 この日は授与品の在庫確認作業等のため、授与所の窓口は開けません (授与品の頒布は社務所の窓口で行います)
【1月17日以降】 平時の体勢(10:00〜17:00)


◆御祈祷の受付時間 (社務所玄関で受付しております)

【12月31日まで】 09:00〜16:30
【1月1日】 00:00〜01:30、10:00〜16:30
【1月2日以降】 09:00〜16:30
【備考】 元日は09:00から歳旦祭が斎行されるため、10:00以前の御祈祷は出来ません。尚、例年元日の午前中は大変混み合います。
1月5・6両日の午前中は、会社・団体等の昇殿参拝の予約が複数入っているため、予約無しで個人で御祈祷を受けられる方には、多少お待ち戴く事があります。


授与所の窓口は、上記のように、今日から、どんど焼きが行われる小正月(来月15日)までの24日間は、毎日午前9時から午後5時まで開け(三が日については窓口を開ける時間を更に延長します)、おふだお守り等、各種授与品の頒布を行います。
また、今日から大晦日までの9日間は、業者さんにより授与所の一画で、注連縄・注連飾り等のお正月の各種飾り物の販売も行われます。
以下の写真4枚は、いずれも今日撮影した当社授与所の様子です。

年末の授与所

西野神社 年末の授与所窓口

西野神社 年末の授与所窓口

西野神社 年末の境内

今日から来月15日までの24日間は、毎日、助勤の女性達も授与所に詰めて奉仕をしてくれます。助勤の女性達は、年内は私服に白色の雑衣という恰好で奉仕しますが、元旦からは、巫女の装束(白衣と緋袴)を着装して奉仕して貰います。


以下の写真2枚は、いずれも今日撮影したものではなく、数年前の年末に撮影したものですが、年末の授与所の注連縄・注連飾り等の、販売窓口はこのような感じになります。ちなみに、これらの写真の手前の男性は、注連縄・注連飾り等の販売業者の方です。

西野神社 年末の授与所

平成22年末の授与所


(田頭)

人気blogランキングへ