スマートフォン用の表示で見る

小正月

一般

小正月

こしょうがつ

大正月(元日)に対し、旧暦の1月15日、または1月14日〜16日。新暦の1月15日に転じて指すことも。「二番正月」「女正月」とも。

大正月から小正月のまでの間を「松の内」と呼んでいたが、近年、その概念には地域差がある。

小豆粥

江戸時代から伝わる小正月の風習で、1月15日の朝に小豆を入れた粥を焚いて食べ、その年の豊作と無病息災を願うもの。小豆を含む七種の穀物を焚き合わせた粥を「七種粥」と言う。

関連行事