エゾリスの会 非公式ブログ! RSSフィード

北海道帯広の環境系まちづくり団体「エゾリスの会」非公式ブログ。http://d.hatena.ne.jp/noken/20070517 や[会の紹介]をご覧ください。公園など公共的空間で野生動物に餌をやらないで下さい!  公式HPはこちら→ http://ezori3.wix.com/ezori
 
 

2016-05-22 エゾリスセンサス1

noken2016-05-22

[][]今年のエゾリスセンサス開始

エゾリスの生息状況から、「帯広の森」の自然の状況を推し量ろうとするもので、

1997年から続いています。

5班に分かれて「帯広の森」の様々な環境を網羅したルートで調査します。

年4回あり、今回はその1回目です。

f:id:noken:20160522084938j:image

毎年一回目は春の花の盛りの中を調査することになりますが、

今年は暑さのせいで成長が早いと感じました。

f:id:noken:20160522085658j:image

f:id:noken:20160522085009j:image

上の画像のリスは昭和58年植樹林で確認しました。

どの班が見たリスもすべて成獣でした。

そういえば昭和58年植樹林では、このようにナタで切ったような木をよく見掛けます。

伐った木の分布をよく見ても、その方針が伝わってきません。

この伐り口は危ないので、やめて欲しいと思っています。

f:id:noken:20160522082454j:image

この場所は、林も林床も植えたりせず、自然に回復してきているところです。

ここでも1頭のエゾリスを見ました。

f:id:noken:20160522091136j:image

ニリンソウにカラフトタカネキマダラセセリがとまっていました。

このチョウは日本ではほぼ道東にしか分布していません。

f:id:noken:20160522081243j:image

第2回は5月29日(日)6:30 「帯広の森」はぐくーむ集合です。

歩ける人、意欲のある人ならどなたでも参加できます。

2016-05-05 5月の活動予定

noken2016-05-05

[]5月の活動予定

      *画像は春を代表するチョウ ミヤマセセリ

5月14日(土)

 17:00〜 エゾリスの会総会 (帯広の森・はぐくーむ)

 里山の新年会でも好評の「奥平米穀」さんのおにぎりを食べながら、今年1年を展望しましょう!

 ◎マイ食器・カップをお持ちください。

5月15日(日)

  5:00〜 モニ1000 鳥類調査 

  9:00〜 里山P オオアワダチソウ抜き 

            残すべき植物種の周りの外来種を抑制します。

        ◎マイ・カップをお忘れなきよう!

 13:00〜 モニ1000 チョウ類調査

過去の植生管理の様子!

http://d.hatena.ne.jp/noken/20110705

これがオオアワダチソウの根です。

f:id:noken:20110619102351j:image f:id:noken:20110619110745j:image

5月22日(日)

  6:30 集合 エゾリスセンサス

5月29日(日)

  6:30 エゾリスセンサス 集合ははぐくーむ駐車場です!

 10:00 モニ1000 チョウ調査 集合は里山活動地です。

 13:30 モニ1000 植物調査 集合は同じく里山活動地です。

気軽に参加できます。「里山をつくろうプロジェクト」ではお茶(だけ)係、活動記録(だけ)係、会報の原稿を書く(だけ)係、いずれも募集中です!(だけ)というのは作業はしなくてもいいんです!

2016-04-28 「月刊ISM」に餌付け問題記事続報 帯広 緑ヶ丘公園

noken2016-04-28

[][]「月刊ISM」に餌付け問題記事続報

4月14日のエントリの続報です。

http://d.hatena.ne.jp/noken/20160414

■エゾリスはかわいいけれど・・・ 野生動物を殺す「餌付け」 

http://ismsince1990.blog110.fc2.com/blog-entry-209.html

この内容のあらましを少し紹介します。

この冬、筆者が緑ヶ丘公園を散策しようと公園にはいったところ、エゾリスが6頭も筆者の周りに集まってきて、手が届く距離にいいるものもいた。そのうち一頭がふくらはぎをひっかいたので、思わす痛いと声を出した。長さ7センチほどのひっかき傷が残った。また別な一頭が太ももまで登ってきた。リスだけでなく鳥類も手乗りで餌付けされていたとのこと。

本来の自然の質、量に見合った状況以上に増殖し、警戒心を失わせられたエゾリスの事故リスクの増大だけではなく、この事例が知床のヒグマ、シマフクロウ、キツネへの餌付けまでつながる話であることを述べておられます。そして、「自称カメラマンたちはそんなお手軽な「自然写真」を自慢するのだろうか」と結ばれていました。

餌付けをしたことで、公園のリスが来訪者に小さいとはいえ傷を負わしています。

以前の記事でも書きましたが、かわいく見えてもリスは不潔です。

リスに登られたくないのに登られた人はほかにもいると思いますよ。

人に近づくような餌付けをした人は、なんの責任もとりません。とる気も無いのでは?

不特定多数の人が思い思いに餌をやるような状況では、責任の所在も曖昧です。

では誰が責任を持つべきでしょうか?

現在緑ヶ丘公園 ( http://www.city.obihiro.hokkaido.jp/midoritohna/midoritohana-index.html ) では、エゾリスや小鳥、カモだけではなく、カラスなどにも餌付けをする人が複数いる状況になっています。また、帯広市自らその「環境基本計画」で、餌付けをしないことを勧めているにもかかわらず、公共地である公園の私物の餌台が何年もそのまま…どころか増えている現状です。

http://d.hatena.ne.jp/noken/20150816

その結果、このように雑誌に書かれるまでになってしまいました。

「帯広の恥」だと私は思いますが、お読みになった皆さんはいかがでしょうか。

2016-04-24 モニ1000植物開始&カエル最終日&ゴミひろい実施

noken2016-04-24

[][]モニ1000植物開始&カエル最終日&ゴミひろい実施

昨日とはうってかわった暖かい日差しの中で調査できました。

カエル卵塊は数個を追加したのみで、やはり打ち止めでした。

みんなでゴミを拾いながらの調査となりました。

今年から帯広の森にかかわる予定の学生サークルの皆さんのおかげで、たくさんゴミが回収できました。

件の川のゴミは、行政の方で収集処分したとのことでした。

f:id:noken:20160424102559j:image

途中、ツチハンミョウの仲間を見ることが出来ました。

触ると、水ぶくれが出来るような毒をにじみ出しますので、みかけたら気をつけて下さい。

種類によっては秋に発生するものもおります。

f:id:noken:20160424102434j:image

植物調査は昨年より4月調査を始めているのですが、おかげでミズバショウの開花を確認できました。

f:id:noken:20160424145412j:image

次回5月14日の総会

そして、15日は早朝5:00からのモニ1000里地鳥類調査 9:00里山P 13:00チョウ調査です。

いそがしい季節がやって来ました。

2016-04-23 モニ1000植物開始&カエル最終日&ゴミひろい

noken2016-04-23

[][]モニ1000植物開始&カエル最終日&ゴミひろい

もう明日のことで恐縮ですが、

4月24日(日) 9:00〜 モニ1000カエル調査 今年度の最終日です。

産卵数は昨年と同数に達したので、ほとんど打ち止めと思われますが、毎年遅れて生む個体がいくつもおりますので調査します。

また、雨で見送ったゴミ拾いですが、袋は用意していきます。

13:30〜16:00 モニ1000植物調査

今年の初回です。ちょうど春の花々が咲き出していて、嬉しい時期です。

これから植物を覚えようという方には、はなばなしい割には種類が少ないので、良いタイミングですよ!

お誘い合わせの上、ご参加下さいませ。

どちらも里山活動地集合です。

参加連絡先は[会の紹介]カテゴリか、公式ホームページへどうぞ!

http://ezori3.wix.com/ezori

M

モニ1000里地調査とは環境省の事業です。

https://www.nacsj.or.jp/project/moni1000/about.html

M

環境省は「帯広の森」を生物多様性保全上重要な里地里山」に選定しています。

http://www.env.go.jp/nature/satoyama/01_hokkaido/no1-1.html

M

許可や協議なく木を伐ったり、動植物を採集したり(山菜も)、野生動物への餌付けなどはやめて下さい。

ゴミは持ち帰って下さい!