エゾリスの会 非公式ブログ! RSSフィード

北海道帯広の環境系まちづくり団体「エゾリスの会」非公式ブログ。http://d.hatena.ne.jp/noken/20070517 や[会の紹介]をご覧ください。公園など公共的空間で野生動物に餌をやらないで下さい!  公式HPはこちら→ http://ezori3.wix.com/ezori
 
 

2016-12-16 鳥インフルエンザまとめメモ 感染症の数だけリスクがある

noken2016-12-16

[][]鳥インフルエンザまとめメモ

ブログ管理人のメモも兼ねています。今後内容も増えるかも。

野生動物に餌を与えないで下さい。安直な娯楽に組み入れられた野生動物は哀れです。

やるなら理念と人間行動の管理体制をしっかり決め、公的な責任者を設定すべし。それが出来ないならただの野生の消耗だ。

http://d.hatena.ne.jp/noken/20161123

鳥とヒトとの感染症は鳥インフルエンザだけではありません。

オーム病 ニューカッスル病 サルモネラ感染症  

エルシニア症(仮性結核)  結核(マイコバクテリウム症)

吸血性ダニによる各種感染症

 ・「ワクモ」吸血による皮膚炎

 ・ツツガムシ科やナキンムシ科のダニによるウイルス感染症 ー 日本脳炎など

哺乳類まで含めると、書き切れません。合計30種類くらいでしょうか?

http://www.nih.go.jp/niid/ja/route/vertebrata.html

鳥インフルエンザについて書くとき、他にどれくらい感染症があるのか知ることは案外大事だと思います。

もし感染症が30あれば、ざっくり言えば餌付けなど接近、接触リスクは30倍になるわけです。

でも、野生鳥獣の密集を減らし、ヒト(&家禽家畜)との接触機会を断てばリスクは極端に小さくなります。

ーーーー

今回はおもに鳥インフルエンザについて自分へのメモの意味も含めてまとめておきます。

2007年までのまとめとしてはここが最もしっかりしていてわかりやすいと思います。

鳥インフルエンザに対するバードライフ・インターナショナルからの声明(2007年2月9日)

http://www.wbsj.org/activity/conservation/infection/influenza/infl20070306/

我が国における高病原性鳥インフルエンザの発生状況について 家禽:農水省

http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/tori/H28AI/h26_hpai_kokunai.html

高病原性鳥インフルエンザに関する情報 野生鳥類:環境省

http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/bird_flu/

これまで話題になった各型

H1N1 2009年に発生し、人間の間で流行した新型インフルエンザ Aソ連型ともいわれる。

ブタの間で流行していたインフルエンザがヒトに感染し広がったもの。

2009/10シーズン以降全く報告されていない(国立感染症研究所

http://www.nih.go.jp/niid/images/idsc/disease/influ/fludoco1415.pdf

ヒト感染した場合の症状は比較的軽いが、「スペインかぜ」はこの型の一つにもかかわらず変異によって致死性が高まり、2年間で5000万人から1億人の死者が発生した。

H7N9 鳥に対しては低病原性(ほとんど症状がない)であるにもかかわらず、ヒトに感染した場合の死亡例がある。2013年上海でヒトへの感染が見つかり、以後、60の感染13の死亡例が報告された。

中国の家禽の生肉市場と感染に深い関係があり、政府はこの市場を廃止しようとしている。2013年にヒト→ヒト感染による死亡例が報道されたが、ごくまれな例である。

http://www.cnn.co.jp/world/35035706.html

また2016.12にH7N7 H7N2が韓国で検出されています。韓国では他にH5N6 H5N8 が今期検出されています。

一体どんな防疫体制なのだろうか。韓国では全国の家禽の1/4を処分する事態になっている。

http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Dm_detail.htm?No=61970

アメリカではH7N2がネコ380匹と獣医師に感染している。

感染ルートは不明だが院内感染を匂わせる記事。

http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/8/18769.html

H5N1 2005年中国青海湖で数千羽の野生鳥類(インドガン、ズグロカモメ)が死亡した際のインフルエンザウイルス。

http://www.wbsj.org/activity/conservation/infection/influenza/infl20051109/

この湖では、家禽化されたインドガンを用い、希少種の野生復帰を試みていた。

また、2003年から4年にかけて韓国、日本の家禽で大流行した。

もしヒトへの感染力を持つように変異したらスペインかぜ以上の被害が出ると予測されているが、

現在のところ否定的な見解が強い。いままでの大流行が、すべてブタを経由したものであり、鳥から直接感染したものは、よほど鳥と濃密な接触をしたものや、遺伝的特徴から重篤化しやすかったものと考えられているからである。

水禽の死亡は2002年香港以降と書かれている。

「H5N1高病原性鳥インフルエンザと青海湖」

http://www.eiken.co.jp/modern_media/backnumber/pdf/MM1606_04.pdf

H5N8 2014年に北半球の渡り鳥と家禽で感染が多く見られた。日本でも農場での発生がある。ヒトへの感染実績はない。

実は今年の流行はこのN8ではないかとみられていたようだ。

H5N6 2016年の今シーズンに非常に広い範囲で流行している型。

韓国ではかなりの家禽が被害に遭っているが、日本では多くの野鳥で発見されているにも関わらず、家禽の被害は韓国と比べてずっと少ない。残念ながら北海道清水町やガードが堅いはずの宮崎で被害が出てしまったが……。

ヒトへの感染実績はいくつかあり、死亡例もある。(WHO)

http://www.who.int/csr/don/07-december-2016-ah5n6-china/en/

いくつかの猛禽類で感染が見られていることから、その餌となる生物にも感染していると考えるのが自然で、日本列島の広く細かい範囲に感染が広がったということになる。ハヤブサ(エサは小鳥)、フクロウ(エサはネズミ)、カンムリカイツブリ(餌は魚だが、これは水や底質経由かも知れない)など。

韓国ではこのH5N6がネコの死体から検出された。

https://this.kiji.is/187860618967877111?c=39546741839462401

「鳥インフルエンザ A(H5N6):東および東南アジアにおける人獣共通 鳥インフルエンザの脅威発生についての最新追加情報」

http://www.vet.kagoshima-u.ac.jp/kadai/V-PUB/okamaoto/vetpub/Dr_Okamoto/Forum2/HPAI%20in%20the%20World/Avian%20influenza%20A(H5N6).pdf

ーーーーーーーーー

・野鳥からでも家禽からでも人間が直接感染するためには、かなり濃密な長期間の接触が必要(日本の環境では野鳥からの「感染」はほぼ無理)。

・しかし、人が「運搬役」になることは大いにある。鶏舎へ、あるいは別な餌付け場へと運搬してしまう。

・家禽の死体がそのまま大量にぶら下がっているような環境に、長時間晒されると人への感染の可能性が高まる。

・集めるな!鳥獣も、人間も集まると感染症を利する。学級閉鎖をなぜするのか?これを理解して欲しい。餌付けの中でも人間をコントロールしていない不特定多数の野放図な餌付けは最悪である。

・いまの餌付けは餌付けのための餌付けが多い。継続したいのなら鳥類だけではなくその環境を第一に考え人間をコントロールできる体制をつくるのが最低限の責任。

・ヒトの移動によって、ウイルスが移動する。衣服、道具、靴の裏、車のタイヤ(韓国では幹線道路沿いにアヒルへの感染が起こっている。)。養鶏場での管理がきびしいのは当然のことだが、餌付け場所間のウイルス移動に人間が関わっているリスクを考慮すべし。

・インフルエンザで「死なない」「病気にならない」鳥類がインフルエンザを運ぶ。インフルエンザで死ぬような鳥は、ウイルスの運搬には適さないことはわかるだろう。つまり、スズメでもインフルエンザを運びうる。

・水鳥の餌付け場には、エサが穀物の場合多くのスズメが訪れている。パンなどの場合はカラスやトビが来る。これらがウイルスの運搬をする可能性は第一に考える必要がある。

・カモ類が直接鶏舎に侵入出来ないだろう。間に小鳥やネズミなど別な生物が存在していることは常識的に推測されている。(猛禽やフクロウの感染も、これを裏付けている。)

・ハエなどの昆虫も短距離なら運び屋になりうる(ハエからもウイルスが見つかっているが、体内に保っていたものではないかもしれない)

2004年高病原性鳥インフルエンザ国内流行地で採集されたクロバエ類からのH5N1亜型インフルエンザウイルスの検出と分離

http://idsc.nih.go.jp/iasr/26/303/kj3031.html

・北海道のような冷涼な環境では、このウイルスは死なずに長期間野外に存在できる。

改めて申し上げますが、インフルエンザは数ある感染症の一つにすぎません。

リスクは感染症の数だけあるのです。

あそびや娯楽で野生生物を集めたり接触したりすることは、その生き物とその場にいた市民を悪者にしてしまう可能性を高めます。

餌やり、折り合わず 安曇野・鳥インフル不検出

http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20161215/KT161214FTI090028000.php

行政のお願いをはねつける形で身勝手な理屈で餌付けを再開しています。

これまでハクチョウの餌付けを観光資源として奨励してきた行政が強く出られないのでしょう。

やりたい人にお任せする形の「餌付け」などは、野生生物や自然の仕組みを十分に理解せずに行っている例がほとんどですから、簡単に任せていいとは思いません。

この感染が広がった状況で陰性だったからと餌付けを始めるヒトの気が知れない。その後その場所でハクチョウが死んだら、その鳥の運が悪かったんだなどというのだろうか。責任というものをどう考えているのだろう?

犬の飼い方を知らない人に、犬を簡単に飼わせるだろうか?それと同じことだ。

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)ウイルスが北海道のマダニより発見

http://d.hatena.ne.jp/noken/20140225

特に公共地では野生動物への餌付けはやめて下さい。

http://d.hatena.ne.jp/noken/20161123

また、公共の場所で餌付けを目撃されたら、その場所の管理者にお知らせし、対策を促して下さい。市民の声で行政は動きます。

2016-12-14 12月18日(日)鳥類調査&間伐です

[][]12月18日(日)鳥類調査&間伐です

12月18日(日)「帯広の森」モニ1000里地鳥類調査

 7:30から開始します。 ラインセンサスで15分おきに3班出発させ、最も遅い班は8:00発となります。

 1時間以上は歩くことになります。

「帯広の森」は成長している途中の森ですから、特に派手なものがでるわけではありません。普通にいる鳥が、どれくらいいるのか見るのです。

・各植樹林の評価 と目標となる自然林と比較。

・長年モニタリングによってこれらを明らかにする。

・森とかかわる次の世代に活動をつなげていく。

 などが目的です。

f:id:noken:20161214231917j:image ヒガラはよく見られ(聞かれ?)ます。

同日 9:00からの「里山をつくろうプロジェクト」では最も重要な作業である「間伐」を行います。

生長させる木を決め、樹種を整え、林床の明るさをコントロールし、次世代の森の基盤をつくっていく作業です。

(林業的にいうと材を売らないので除伐なんだろうけど、林業してるつもりはない)

大きな木を伐るときでも、後始末がありますので、指示にしたがっていただけるかぎり(危険はなんにつけありますので)、誰でも参加できます。

f:id:noken:20130217113957j:image

この二つの活動は、つながっています。

自分たちが成長に関わっている林を、野生生物側からの評価を知るために、自分たちで調べるのです。

また、木を伐り倒す作業そのものは、想像以上に心に残ります。

伐木を直接見たことがない人は、ぜひ参加してみて下さい! お茶タイムがあるので、保温マイカップ持参で。

午前中で終わります。

モニタリングサイト1000里地調査の詳細はこちらへ

 http://www.nacsj.or.jp/project/moni1000/about.html

ちなみに冬季2度目のセンサスは1月22日(日)に行います。この日は調査のあと、新年会をやりますよ。

2016-12-06 再編集)エゾリスの会の紹介

noken2016-12-06

[]エゾリスの会の紹介

このエントリはブログ開始時の内容を再編集し、エゾリスの会の紹介を行うものです。

例えば「エゾリスの会のおもな活動」 http://d.hatena.ne.jp/noken/20070517 などが骨格になっています。

 また、公式ホームページにもまとめて記載されていますのでご覧下さい。

 http://ezori3.wixsite.com/ezori

エゾリスの会は「環境系まちづくり団体」です。

 エゾリスをはじめとする小動物とよりよく共存できる人間社会(とりわけ、帯広市)を目指して、

 観察会、展示会、調査、提言、いろんな作業、学習、そして遊びを行います。

 自分の地域に根を張って活動していきたい人がもっと多くなるといいなぁと思っております。

入会方法などはこちら! http://d.hatena.ne.jp/noken/20070514

 f:id:noken:20061119101647j:image:right

 

おもな活動

1.自然かんさつ会 

 最初のエントリを書いた当時は年2〜3回行っていましたが、帯広の森 はぐくーむが行う行事とバッティングすることが多くなり、別立てで観察会を行うことがなくなりました。

 その代わりと言ってはなんですが、そのほかの普段の活動(下記)は基本的にオープンで、事前の連絡をいただければ参加することが出来ます。やってることもかんさつ会みたいな要素も多々ありますし。

f:id:noken:20070225114205j:image:right

2.「帯広の森」小動物生息環境調査

  エゾリス調査(エゾリスセンサス)を春秋2回づつ、リスの巣の調査を1回行っています。

 これらの調査は一般の方でも参加できます。

 エゾリスセンサスはリスを見つけて地図に書き入れるだけです。いくらリスがたくさんいるとは言っても、

 1班あたり10頭出たりはしません。

 よく見る公園のペット化されたエゾリスでは無いのです。1頭ということもあります。ですから、リスをさがしながらの自然かんさつ会という感じです。

3.里山をつくろうプロジェクト 通称里山P f:id:noken:20030420224817j:image:right

 現在のエゾリスの会の基幹をなしている活動です。

 基本的には毎月第3日曜日行っています。変更もよくありますが。

  

 帯広の森の保育作業(森の将来像をふまえた管理・手入れ)と、そこから得られる森の恵みを楽しむもので、ゴミ拾い、間伐、炭焼き、補植や植え替え、植生回復実験のような作業と、セイヨウタンポポの根など雑草抜きを兼ねた料理、野草茶づくり、シイタケの栽培を試みたり、ただのたき火の会とか、以前は炭焼き&キャンプをしていました。正月は室内で新年会(初釜ありw)とゆるい発表会をしたりして楽しんでいます。f:id:noken:20050109112120j:image:rightf:id:noken:20050109120926j:image:right

会員でなくても年間1000円で参加することができますが、会員だとエゾリスの会会費500円のみと、お得になっております。

活動場所の地図です。スマホでは表示されないかも知れません。

地図上のマークをクリックすると情報が表示されます。


より大きな地図で エゾリスの会活動地1「帯広の森」 を表示

4.会報「エゾリス」の発行など

 会報は年4回発行しています。4Pから8Pくらいの会報のネタを、活動中取材し編集できる方を大募集中です。

 2007年度ごろから、野生動物などとふれあうマナーなどをのせた会のパンフレットを作ろうと思いながらも、

 なかなか実現しておりません。

5.例会 f:id:noken:20060319100810j:image:right

  活動を具体的に決めたり、話し合ったりする場で、基本的には毎月第一水曜日18:30から、4〜10月は

  帯広の森 はぐくーむで、その他の冬の時期は「とかちプラザ」で行っています。お茶や茶菓子をつまみ

  ながら楽しくやっておりますので気軽にお越し下さい。

6.モニタリングサイト1000里地調査 通称モニ1000

 モニタリングサイト1000とは

 平成14年3月策定の新・生物多様性国家戦略に基づき、より質の高い自然環境データを継続的に収集・蓄積するもので、「モニタリングサイト1000 (重要生態系監視地域モニタリング推進事業)」と名付けられています。

http://www.biodic.go.jp/moni1000.html

 珊瑚礁や鳥類など、いろいろな対象があるのですが、そのうち、このたび「帯広の森」で行われている「モニタリングサイト1000里地調査」とは、人の手が大きくかかわってできあがっている環境を対象にしたものです。

http://www.nacsj.or.jp/project/moni1000/about.html

 「帯広の森」はコアサイトとなっており、鳥類 植物 カエル チョウ 哺乳類(センサーカメラ) 植生図作成 の6項目を行います。

これらの活動を網羅すると、たくさんの活動数になります。こんな感じw

f:id:noken:20100808085557j:image

7.参加の心得

「がんばらない!」

 たくさんの活動数があり、一日に4種類の活動をすることもありますが、そのすべてに出ている人は

 ほとんどいないと思って下さい。自分の好きな活動を選んで参加すればいいのです。

 いま一番求められている人材は、広報とお茶係です。活動の合間にはおおむねお茶休憩があります。

 純粋にお茶だけ、お茶セットを預かり、皆が作業している間はお茶の準備だけして、後片付けもお願いしたい。それだけやってくれたらとても嬉しいです。

f:id:noken:20050522115722j:image:right

 里山Pでは伐木などもやりますので、がんばらないことは事故リスクの軽減にもなります。

 がんばらないことは、楽しみを仕事にしてしまわないことにつながり、活動の持続をもたらします。

 ですから、長い間「帯広の森」と付き合っていけるのです。

2016-11-23 再掲 おすすめしません野生動物への餌付け

noken2016-11-23

[][]再掲 おすすめしません野生動物への餌付け

このエントリは基本的には2010年1月25日の再掲です。

http://d.hatena.ne.jp/noken/20100125

しかし、上記の時期を書いた時点ではまだ、餌台に餌を置く程度で、エサが足りないと思い込んでいる人(実際にはエサを含め環境なりに個体数が調節されるのでやる必要がない)による行動が主でした。

しかし、最近の餌付けの傾向としては、「自分自身に対して馴らしたい」という強い利己的な行動が見られるようになり、それはカラスやカモなど他の動物への行動に拡大していく傾向がありました。

これを踏まえて書き直してあります。

公共的な場所での野生動物への餌付けはしないでください。ルールが公的に設定されている場合にはそれを尊重して下さい。個人の庭では、野生動物や生態系に「迷惑」をかけないよう、(財)日本野鳥の会や旭山動物園「人と野生生物の関わりを考える会」の提言、または野生動物の公的専門機関にお尋ねください。

 その理由は以下の通りです。

1.必要がありません

  もともと野生動物は自立しており、餌付けの必要がありません。

  餌付けは、人間にとっては何か意味をもつ場合もあると思います。しかしそれは、人間の都合にすぎません。餌付けは「いま多い種」「人間に慣れやすい種」をさらに優遇していますが、これは全く不必要なことです。

2.公共の場所はあなたの庭ではありません

  自然の様子を変える、動物の行動を勝手に変える、勝手に公園を改変する、カスを掃除しない、私物を置きっ放しにする、見たくもない餌付けシーンを得意げに見せつけられる、意見するとスゴまれる。一切の責任をとらない。

  これが餌付けする人の実態です。

3.リスが増えればリスの交通事故も増えるでしょう

  帯広では「人間が餌でリスを不自然にふやしては車でひいている」状態です。餌付け人はそれに気がついているのでしょうか?公園の中ですら車にひかれている状態なのに、無責任だと思います。まちの姿として恥ずかしい。

4.環境教育上悪影響がある

  「野生動物にはエサをやるものだ」という間違った情報を流布しています。

  特に子供たちにそのように思い込ませるのは良くないと思います。

5.植生が変わっています

  緑ヶ丘公園では餌付けが多すぎ、リスが自分でうめたクルミをあまり掘り出さないことが観察されています。このため、クルミの木がたくさん植え込みから生え、公園に植えたツツジなどが枯れています。

6.調査による自然環境の評価を不正確にする

  餌付けをした環境で自然を正しく評価できるでしょうか?

  餌付けとは野生動物の数や場所を「餌付け人に都合がいいように」操作することが目的です。強く操作された生物を調べて自然を調べたと言えるでしょうか。リスを調べても自然環境の評価に結びつかないということになるかもしれません。

7.感染症や中毒の問題 最もおそろしい!

  エゾリスはノミだけでも数十頭が寄生している場合があり、その他に、ダニ、シラミもいます。餌付けによってリスの密度が高まるれば、寄生虫を利することになります。これらの寄生虫はライム病 マダニ媒介性の回帰熱 日本紅斑熱(リケッチア)重症熱性血小板減少症候群(SFTS),ツツガムシ病を媒介します。また、ペストや狂犬病についての恐怖感から、北米大陸ではリスがたいへん恐れられているようです。

  自然な頭数以上に動物をふやすことは、これらの危険を増やすことになります。カラスやキツネに餌を与える行為も目撃されていますが、迷惑を被るのは餌付け人ではなく、他の人だということがおわかりでないようです。

  もしエゾリスが「害獣」扱いになったら・・・

9.動物がなれすぎ 傷害が発生

  人間は「野生動物があまり逃げない」というレベルで満足すべきでしょう。

  それ以上接近させること(手渡し餌)など、人間の欲を満足させるための行動でしかない。

  接近しすぎたリスによって噛み傷(ひどく化膿する場合があります)や登られただけで足にひっかき傷をおった方がいます。

  その責任は餌付けした方にありますよね。

 参照 2016年4月14日のエントリ 「月刊ISM」に餌付け問題記事

 http://d.hatena.ne.jp/noken/20160414

10.餌付けを見て不愉快になる人もいます

 餌付けは誰のため?何のため?ただ自分の所有欲を満たすためだけのものを公共的な場所におかれるのはいい気持ちではありません。

 近づいてこないリスに不満だから、エサで近づけている。これは公共の風景の勝手な改変です。そんなリスなんか見たくないとおっしゃる人はたくさんいます。トラブルを避けて面と向かって言わないだけです。それをいいことに野生動物や餌付け場所を私物化するのは大いに不愉快です。

 某所では、写真を撮る人がにナキウサギにリンゴやヒマワリをあげているとか・・・。原生花園でキツネの写真を撮るために積み上げたドッグフードの山をみると、ホントにがっかりします。

 エサと生ゴミは何がちがうのか?自然から見ればたいして変わらない。

 画像はかびたパンをカモにやる人です。注意しても全く聞く耳を持ちませんでした。

11.責任が発生しますよ!

 餌付けをすればそこに「責任」が発生します。自然はわからないことの方が多いので、何も完璧である必要はありませんが、「責任の発生」「どのような責任があるか」について自覚する必要はあると思います。

 野生動物はペットじゃない。野生を尊重し、遊びで餌をやって喜ぶ対象にすべきではないと思います。ペット飼うときも覚悟がいるのですから、野生動物も当然です。なぜ野生動物へだけ、エサやりっ放しであとは責任はないと思いこまれているのでしょう?愛玩動物で満足しましょう。

無責任状態の今のままでは「ペット以下の消耗品」ではないか?

餌付けとは野生動物の人工化です。

12.鳥がたくさん来る→自然の生息地から奪っているだけ?

 実際に、カモが来なくなったとおっしゃる方がいます。わき水の、キレイな池がお家のそばにある方です。

 エサでたくさん集まって来るということは、ほかから奪っているということに気がつきましょう。奪われた場所から見れば、(時限的にであっても)生態系から欠けたわけですから、半分殺されたようなものです。餌付けする人は、そういうことに気がついていないと思います。

13.問題を増やしている

 この問題にどれほど時間を浪費させられていることか!

 自然環境の保全の上で、一番問題があるのはもちろん生息地の破壊です。餌付け問題はそれらに比べれば小さいと考える方も多いでしょう。しかし、この「小さい問題」があるために、自然の評価が妨げられ、数少ない研究者が時間を奪われ、自然への理解が妨げられ、また、その説明に必要な分だけ時間が伸びているのです。私もこれを書くために、下調べから勉強から含め、数日使っているのです。

餌付けとは「欲」の発露です。このような環境保全上の障害となるような「欲」はコントロールされるべきだと思います。

最近。例えば日本鳥学会のようなところでも餌付け問題がとりあげられるようになりましたが、大きな問題であると広く認知されるまではまだ時間がかかりそうです。

関連エントリ(このほか、PCの方は上部の検索窓に 餌付け と入力し、検索して下さい)

おすすめしません野生動物への餌付け

http://d.hatena.ne.jp/noken/20100125

マスコミの認識不足について

http://d.hatena.ne.jp/noken/20070801

帯広市環境基本計画に「野生動物に餌付けをしない」指針

http://d.hatena.ne.jp/noken/20150816

マダニ媒介SFTSウイルス北上中

http://d.hatena.ne.jp/noken/20140221

エゾリスにはマダニやノミがついています

http://d.hatena.ne.jp/noken/20130904

餌付けがエゾリスを殺すこともある

http://d.hatena.ne.jp/noken/20111210

野生動物への餌付けをしないで下さい(帯広の森)

http://d.hatena.ne.jp/noken/20131119

旭山動物園の提言紹介

http://d.hatena.ne.jp/noken/20150821

2016-10-17 池の手入れ&エゾリスセンサス予告

[]池の手入れをしました&エゾリスセンサス予告

過去の池の手入れのようす。

http://d.hatena.ne.jp/noken/20150914

ここは、園路によって緩い斜面の水がさえぎられ、湿地になっていたところにアマガエルやトンボが集まりだしたため、数年前に掘り下げていただいて池にしたところです。

エゾアカガエル ニホンアマガエル エゾサンショウウオの3種類が生息する他には見られない池になっています。

トンボも大型から小型のものまで生息しています。

しかし、放置すると堆積して池がなくなってしまったり、管理がたいへんになってしまうため、多少堆積をすくい、草刈りをしています。

毎年夏場に干上がってしまいますが、今年は雨が多かったため、水深が深く保たれていました。

このことが来年の様子にどう影響するか注目しています。

来年度は帯広畜産大学のサークルが管理の軸となる予定です。

手入れ前の様子。

f:id:noken:20161017204835j:image

久々にたくさんの参加で、初参加も多く嬉しかったです。

f:id:noken:20161017204834j:image

小型のゲンゴロウ、この池は大型のものもいます。

f:id:noken:20161017204833j:image

ルリボシヤンマのヤゴ この他にイトトンボやアカトンボかエゾトンボ系の小さなヤゴがいました。

f:id:noken:20161017204832j:image

ミズカマキリがいました。杭の上にのせてしばらくたつと、空高く飛んでいきました。

この日一番の盛り上がりでした。

f:id:noken:20161017204831j:image

半分から奥はカヤツリグサ科の植物を草刈りしています。

更に奥まで草刈りましたが、そこまでやって来年は手入れ前の状態に戻ると思います。

池の中で草刈りしている手前の方は大学生ですが、実家が農家とのことでこのテの作業が素晴らしく身についていてみんな感心していました。

f:id:noken:20161017204830j:image

ルリボシヤンマのメスが産卵に来ていました。

f:id:noken:20161017204828j:image

f:id:noken:20161017204829j:image

10月まで水位が高かったので、多くのエゾアカガエルが冬眠に来るものと思われます。

来年春の産卵調査が楽しみです。

次回活動

エゾリスセンサス 10月23日(日)・29日(土)

エゾリスの巣の調査 10月23日(日)

「帯広の森」は、植樹した林を含む400haの森を、目標とする植生に近づけていく作業を軸としています。

この森に小動物がどのように生息しているかを調べることは、森づくりの評価として重要なことです。

この調査は、エゾリスの生息状況にその指標を求めたものです。

帯広の森を5班に分かれて踏査し、観察したエゾリスの位置を地図上に記録します。難しくはないです(笑)。

十数年継続しており、エゾリスの観察頻度の動態にある程度の規則性が感じられるデータが取れています。

10月23日(日)6:30集合〜  秋1回目 

10時から巣の調査です。昭和55年植樹区(はぐくーむの北東側)で調べます。

10月29日(土)6:30集合〜  秋2回目 

両日とも帯広の森・はぐくーむ駐車場に集合して下さい。*時間に遅れたら置いていきます。

5班に分かれるため、コースによって終わる時間はまちまちで、最も遅い斑は10時です。小雨決行。

朝露がすごいので、長靴、雨具は必須ですが、用事はエゾリスを見つけるだけなのでw観察会気分で参加出来ます。