エゾリスの会 非公式ブログ! RSSフィード

北海道帯広の環境系まちづくり団体「エゾリスの会」非公式ブログ。http://d.hatena.ne.jp/noken/20070517 や[会の紹介]をご覧ください。公園など公共的空間で野生動物に餌をやらないで下さい!  公式HPはこちら→ http://ezori3.wix.com/ezori
 
 

2017-07-24 速報「感染症」野良猫に噛まれてSFTS感染・死亡

noken2017-07-24

[][]「感染症」野良猫に噛まれてSFTS感染・死亡

驚きました。エゾリスも現実に人間を噛んでいるからです。

これまで多くのエントリで野生動物への餌付けについて、そのリスクを書いてきましたが、

現実はその先を行ってしまいました。恐ろしいという実感・・・

猫に噛まれてSFTSで死亡、ということは、エゾリスに噛まれても似たような事態になることは容易に考えられます。

そして現実に噛まれている一般の方はいます。

「マダニウイルス 動物から初の感染例か 50代女性死亡」 7月24日 17時25分 NHK

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170724/k10011072191000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_015

厚生労働省によりますと、去年の夏、西日本の50代の女性が、弱った野良猫を動物病院に連れて行った際に手をかまれ、およそ10日後にSFTSを発症して死亡したということです。」

実は、呼びかけにもかかわらず公園でもっぱら餌付けを行っている方の中には「グローブ」をしている方がいます。エゾリスが衛生的でないことを知っているんです。(ならば、やらなければいいのに)

しかし、エゾリスは持ち物や行動で「人間(というもの)にエサがある」と認識します。(人間がエサをくれる ではないと思っています)

つまり、餌付けに関係のない人にも接近します。

エゾリスは案外大きいので、駆け寄ってくると怖い感じもしますが、

そのかわいさに、つい手を差し出したり、その辺に落ちているクルミ(餌付け過多のため餌付け場では落ちていることもある)を持って差し出す、ということもあるでしょう。

エゾリスは(今のところ)攻撃性のある個体はいませんが(北米のハイイロリスでは数名のけが人を出す攻撃性を発揮した個体がいます)、ヒトの指をかじってみる個体はいます。歯はとても鋭いので簡単に怪我しますし、実際に噛まれた方もいます。

自分はグローブしておいて、他の人が噛まれる可能性を高めるようなことをしているのです。公園という公共の場で! 

も一度書きますが「噛む可能性・衛生的でない可能性」をわかっているのだから、多のヒトが噛まれる可能性に目をつぶる(他にもいろいろ目をつぶっているとは思いますが)のは「未必の故意」であろう、ということです。それが公共地であれば尚更です。

ところが、グローブが効かない状況が出てきました。

犬の唾液からの感染です。

マダニ感染症「犬からヒト」初確認 徳島の男性、既に回復

2017/10/10 18:13

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22077920Q7A011C1CR8000/

上の画像を見て下さい。

プライバシー保護のため極限まで画像を粗くして色も変えておりますが、小さな子がいる家族に、後ろの方が餌付けを勧めているところです。公園を普通に歩いていても、こんな風にすすめられることが結構あります。ここでもし、小さな子が噛まれたら、誰の責任になるのでしょう?

餌付け人は責任をとる気はないでしょうね。

そのような餌付け野生動物は「リードをつけていない犬の散歩」と似ています。

違いは「責任者の所在が見えやすいかどうか」です。

ペットを飼うと生じる責任はなぜ、野生動物への餌付けでは問われないのでしょう?

勝手に寄ってきたエゾリス。

f:id:noken:20141112083854j:image

野生動物へは個人では責任はとりきれないのです。

個人それぞれのむいてる方向だってばらばら、やり方もバラバラ、結果もわからない。だから思い思いに餌をやってはいけないのです。生態云々の問題の前に、もしペットだったらこうすることが野生動物では不問なのか?それはまともなのか? 考えて欲しい。

エゾリスに人間を噛むような行動をさせているのは「餌付け人」です。

その行為に責任がとれるでしょうか?

出来ません。一つだけ、餌付けをやめることをのぞいては。

もしエゾリスが原因で病気などが生じたら、手のひらを返したようにエゾリスを殺すのでしょうか?キツネを殺しているように。

過去のエントリ

2014-02-25 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)ウイルスが北海道のマダニより発見

http://d.hatena.ne.jp/noken/20140225

2016-11-23 再掲 おすすめしません野生動物への餌付け

http://d.hatena.ne.jp/noken/20161123

2017-05-10 追記SFTS:「ダニ媒介脳炎」とエゾリスは餌付けを通じて接触しうる

http://d.hatena.ne.jp/noken/20170510

国立感染症研究所

動物におけるSFTSウイルス感染状況

https://www.niid.go.jp/niid/ja/iasr-sp/2342-related-articles/related-articles-433/6320-dj433a.html

2017-07-02 楽しかった!「帯広の森」の川の中を歩こう!

noken2017-07-02

[]楽しかった!「帯広の森」の川の中を歩こう!

6月25日(日)帯広の街の中に奇跡的に残った「自然に蛇行する川」第2柏林台川を歩きました!

「帯広の森」の自然はおもには東西に伸びる段丘沿いに残っていますが、「第2柏林台川」はこの段丘と北端を共有する最大の自然林を持ち、「帯広の森」の自然を南北につなげる背骨のような役割を果たしています。

f:id:noken:20170702222713j:image

ここを子どもから大人まで、生きものを見ながら歩いてみました。

ヤマメやニジマス、フクドジョウがいました。

f:id:noken:20170702223537j:image

f:id:noken:20170625095816j:image

普通の観察会はいろいろと説明したり、見せ方の要領をつかったりするのですが今回は違いました。

ただ歩きただ観るだけでお腹いっぱい楽しめた感じです。

これは来年もやらないとね、と皆さんとお話しして終わりました。

それまで何度も歩いて見ようと思います。

オニヤンマのヤゴ

f:id:noken:20170625102220j:image

f:id:noken:20170702221939j:image

そして、「帯広の森」を出ると、急にただの水路のようになってしまいます。

帯広の自然と街の姿を物語る光景です。余計に川の姿が奇跡的に思えます。

f:id:noken:20170521140857j:image

2017-06-07 6月25日(日)「帯広の森」の川の中を歩こう!

noken2017-06-07

[]6月25日(日)「帯広の森」の川の中を歩こう!

自然かんさつ会のお知らせです。

「帯広の森」のど真ん中を流れる第2柏林台川は、川の自然な蛇行が街のそばでみられる希有な流れです。

その中を観察しながら歩こうという企画です。

https://www.facebook.com/yukiyoshi.ikeda/posts/1331214930327441?pnref=story

申し込み連絡先など会の基本情報はこちら!

http://d.hatena.ne.jp/noken/20070514

6月25日(日) 9:00〜12:00

募集 : 先着15名

保険料 100円

〆切 : 6/22(木)

集合 : カラオケドウジョ!チュンチュン さん 南東向かい駐車場(帯広市西20条南6丁目)

(「帯広の森」のトイレ付き駐車場です)オレンジ色の P で表示。

https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1EzgYQmO_Yq5_PLewx6fSUne4YUw&ll=42.899872846134826%2C143.143685758522&z=17


下見しましたけど、陸からみるのとは全然違って歩くだけで感動しました。

f:id:noken:20170521140455j:image

最近はやりの防水カメラで初チャレンジでも魚の写真が撮れました!

本番では何とかして皆さんに魚の姿を見てもらいたいと思っています。

f:id:noken:20170521144959j:image

2017-06-04 6月11日の活動予定

noken2017-06-04

[][]6月11日の活動予定(チョウ調査この日に順延

本日のモニ1000チョウ調査は息が白いほど寒かったので中止し、6/11 13:00に順延しました。

このため6月11日の活動は以下のようになります。

6月11日(日) 5:00〜 モニ1000 鳥類調査 

3班つくって15分ごとの時間差でラインセンサスを行います。3班目は育成を兼ねております。

初心者の方もどうぞ。

f:id:noken:20170528163933j:image

6月11日(日) 9:00〜 里山P 草抜き&草刈り(表土移植地とその周辺)

これはモニ1000では無いのですが、10年以上前に稲田小学校横の道路拡幅のおりにカシワ林の表土を帯広の森に移植した場所があります(土嚢袋で500袋)。この手入れを行います。植生コントロールに興味のある方は特にどうぞ。畑仕事のようなことが好きな方にも向いています。特に頭を使うことはありません。指示はするので知識も必要ありません。

表土移植当時の画像(15年以上前です)

f:id:noken:20170604225704j:image

現在の様子

f:id:noken:20150705091401j:image

6月11日(日)13:00〜 モニ1000 チョウ類調査

モニ1000調査の中でも一番長いルートの調査ですが、途中で抜けてもかまいません。私的には一番好きな調査ですが、今回はでられずに残念です。18日にもあります。見つけたり捕まえたりして、同定責任者が同定すし、記録用紙に書く調査です。今年は多そうなウスバアゲハやカラスアゲハ類などの他に、ミドリシジミ類などの発生季節です。池田が出られないので、特に網持って走れるヒト、歓迎です。

ウスバアゲハ

f:id:noken:20170604231529j:image

お好みの活動を選んで参加して下さっても結構です!

連絡先など会の基本情報はこちら!

http://d.hatena.ne.jp/noken/20070514

2017-05-29 アワダチソウに克つ:航空法伐採跡地

[]アワダチソウに克つ:航空法伐採跡地

バックの林の生長具合も興味深いですが、大きな木以外は一つ一つ目印を立てたものです。

詳細は下の記事で。

画像は、ほとんど同じ場所でオオアワダチソウの繁茂で木が生えていないところです。

2012年11月 アワダチソウの繁茂がわかります。

f:id:noken:20121118104048j:image

2016年5月

f:id:noken:20160515095921j:image

2017年5月

f:id:noken:20170528102922j:image

下は2012年の記事です現在の様子と比べてみたくて再掲しました。

------------------

http://d.hatena.ne.jp/noken/20120613

航空法伐採跡地の植生管理ですが、5月に1000個の目印を立てた萌芽、実生、在来草本、在来種の播種や実生の移植場所等のまわりのオオアワダチソウ等の外来種を中心に草抜きを行いました。

全ての草を抜くのではなく、目印の周囲を抜くことによって、機械刈りしやすくするのです。

f:id:noken:20120610091044j:image f:id:noken:20120610091523j:image

機械刈りの欠点は、全ての植物を刈ってしまう可能性があることです。この場合、目的の植生まで回復する道のりが遠くなってしまいます。

帯広の森のカシワ林を想定した場所ではとくに「丸刈り」すると、オオアワダチソウ等外来種の勢いが強くなり、これではもはや何のための場所なのかわからなくなってしまいます。

航空法伐採跡地では、高木になるはずの木を低く、あるいは灌木類で低い層を作り、その下には在来植生を導入することで、帯広の森の目的である「原風景」を復元することが目標です。

目標とする植生が、帯広本来の植生(潜在植生)に近いと、現在の状態から誘導するには、経験と勉強、そして時間と手のチカラが必要になってきます。しかし、そこで得られた経験や知恵、知識、そして何よりも人のつながりは未来へ残すべき大切な遺産と言えるでしょう。

………とはいえ、1000カ所以上もあるんです。大変なんですよ!でも、地道に楽しみを見つけながら続けていると不思議と進んでいるものなのです。

ーーーーーーーー